otb さん プロフィール

  •  
otbさん: ワンタップバイ インベスター
ハンドル名otb さん
ブログタイトルワンタップバイ インベスター
ブログURLhttps://otb-investor.hatenablog.com/
サイト紹介文ワンタップバイで投資家デビュー! このスマホ証券が扱っている銘柄について書きつづっていきます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 85日(平均6.9回/週) - 参加 2018/09/19 02:03

otb さんのブログ記事

  • ゴールドマン・サックスについて
  • GSは、140年以上もの歴史を誇る老舗企業であり、米国ニューヨーク州に本社を構える国際金融グループであります。種としては、株式、不動産、債券に通貨を取引しており、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用に保険・投資銀行と幅広い業務を扱っています。2008年に起こったリーマンショックにより、GSはかなりのダメージを受けましたが、あの有名なウォーレン・バフェット氏率いるバークシャーハサウェイ [続きを読む]
  • こ、今度はファーウェイショック…
  • G20閉幕後、プラ転になったのも束の間、三日連続で下落相場となり、すぐさまマイ転してしまいました(;^ω^)原因としては、最近 ファーウェイ創業者の娘である「孟晩舟」副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたとのことで、一時的とは言え、落ち着いた(?)米中貿易戦争の激化が再び懸念されたことによる売りが相次いだことが主な原因。逮捕された理由は、ファーウェ [続きを読む]
  • 12月 配当金
  • さぁ、今年ラストの配当金が入ってきましたよ〜♪12 / 5現在まで、ビザ 28円インテル 47円ファイザー 153円合計 228円ワンタップバイ運用 配当金合計 848円お次はどこから入ってくるのかな〜(*^▽^*) [続きを読む]
  • ワンタップバイ運用6ヵ月目
  • ワンタップバイにて投資を始めて半年目になりました。そして、長いようで短かった一年がまた過ぎようとしています。最近、閉幕したG20では、注目されていた米国と中国の貿易戦争はひとまず大きな混乱もなく「一時休戦」といった形で終えたようであり、市場ではポジティブに捉えられ株価が全体的に上昇、自身もプラ転しました。2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する関税25%への引き上げを「現時点で」見送り、20 [続きを読む]
  • アドビについて
  • アドビは米国カリフォルニア州に本社を構えるコンピュータソフトウェアメーカーであり、製品の技術・開発、販売をしています。PDFファイル閲覧のための「Acrobat Reader」、画像編集アプリソフトの「フォトショップ」が有名です。最近では、アドビもまたクラウド化に注力しており、クリエイティブクラウド契約でソフトの使い放題や、アプリの使用範囲拡大といった業務の多角化を行っています。M&Aにも力をいれており、 [続きを読む]
  • エヌビディアについて
  • エヌビディアは米国カリフォルニア州に本社を構える半導体メーカーであり、主にGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット=画像処理半導体)を開発・販売しています。この機器の役割として、演算処理やグラフィックス処理の高速化が可能になり、PCはもちろん、モバイル機器にも多く使われています。製品用途として他にはデータセンター、仮想通貨のデータ処理に自動運転技術と幅広く手掛けています。エヌビディアの売 [続きを読む]
  • ワンタップバイ 銘柄追加!!
  • 2018年11月27日にワンタップバイにて日本株6、米国株8銘柄が新たに追加されました。日本株証券コード  業種  銘柄 4063  特殊化学品  信越化学工業 4751  広告代理店  サイバーエージェント 6594  電子部品  日本電産 6963  半導体素子  ローム 8035  半導体製造  東京エレクトロン 9984  通信事業者  ソフトバンクグループ米国株ティッカー    業種          銘柄 ADBE アプリケーショ [続きを読む]
  • とうとう含み損20000の世界へ…
  • いや〜下がりますね〜見事なまでに下がってしまいました。ハイテク株関連は全て大幅な下落。アップル172ドル、アマゾン1502ドル、マイクロソフト103ドル、フェイスブック131ドル…果てしなく下がっていくような勢いですね(;^ω^)ハイテク関連の強気相場はやはり終わってしまったと見るべきのようですが、実際の米国経済は依然として好調のようであり、ここまで下がってしまう原因はやはり米国外にありそうです。こ [続きを読む]
  • 今度は日産ルノーショックですか?
  •    今日もまた米国株が大きく下がりました…最近、米国市場の元気が無い気がします。ポジティブに捉えるならば、こういった時期にいかに下落した優良株を仕込めるかで、将来大きな資産を築けるかどうかの分かれ道になるのでしょうけども。さて、ワンタップバイでも投資することのできる日本株(実質ルノー傘下ですが)「日産」では、データ不正などでよくメディアに取り沙汰されていますが、今回またまたとんでもないことが起 [続きを読む]
  • アップルについて②
  • こちらのアップル関連記事の追記になります。こちらも合わせてどうぞ本日もアップル株は下落を続け、記録上190を下回ってしまいました。今後、アップルショックがどれだけ尾を引いてしまうのか、さらにアップル株の下落が進んでしまうのか、判断が難しいところではあります。そしてiPhoneの売上台数増加は今後も難しく、それがアップルの成長鈍化になるのだと…。ですが、実はアップルはそういったことを見越してい [続きを読む]
  • アップルショックでマイ転再び…(;^ω^)
  •  米中間選挙が終わり、市場が落ち着いてプラ転になったのも束の間、再び重い展開となってきました…。最近、アップルショックと呼ばれる現象が市場をざわつかせているようです。アップル関連の悪いニュースにより、またまたハイテク関連を中心とした「つられ安」が起こっています。アップルは今なお、売上高の構成比率の約60%を占めているのがiPhoneだと言われています。しかし、世界的にスマホ需要は停滞ぎみ(飽 [続きを読む]
  • 大幅なプラ転 キタ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!!
  •  やっとこさ、含み損から含み益に戻りました!アマゾンが1480ドルの時、それだけで含み損が1万1千超えの時はどうなることかヒヤヒヤもんでした(笑)アマゾンだけはまだ重い感じではありますが。今年中に2000ドル回復して欲しいなー…また、ハイテク株関連は全て暴落していたため、その時期の全体含み損では1万5千ほどであり、ワンタップバイ運用開始から初めての暴落市場を経験することができ、良い体験になったの [続きを読む]
  • ワンタップバイ運用5ヵ月目
  • 運用5ヵ月目にあたり、今後投資を続けていく米国株銘柄を少々修正していこうと思います。現在の含み益がマイナス10000円オーバー、投資元本が約286000円、残現金8000円。10月下旬あたりから、ハイテク株を中心に暴落が続いています。特にアマゾンに至っては、10月30日に株価1480ドルを記録、9月4日に2050ドルあったのがウソのようです(笑)原因としては色々考えられる訳ですが、思い当たること [続きを読む]
  • ゼネラル・エレクトリックについて その②
  • GEその①はこちらへ米国市場は10月中旬辺りから下落相場が続いており、嫌な予感はしていましたが…とうとうGE株価10ドル未満を記録してしまいました…。この株価は2009年以来の安値のようです。GE再編のため、2018年10月始め頃にGEのCEOであった「ジョン・フラナリー」氏から、米医療機器メーカー「ダナハー」を復活させ、新たな手腕が期待される「H・ローレンス・カルプ」氏(55)が新CEOに指 [続きを読む]
  • 楽天について
  • 楽天は、国内大手のIT系企業であり、楽天市場というインターネットショッピングモールやポータルサイト(トラベル、エンタメ、ブックス、マネー、暮らし情報など)と幅広く手掛けています。また、最近では携帯電話事業参入(現在1.7GHz帯免許獲得)を発表、2019年10月をめどにサービス開始予定であり、プラン次第では月額1980円代と格安料金プランがあり、ドコモやau、ソフトバンクと価格競争に発展、大手キャ [続きを読む]
  • セコムについて
  • セコムは、日本初にして首位の総合警備保障会社です。海外展開もしていますが、売上高の90%以上が日本が占めているようです。最近の動向として、東芝から「東芝セキュリティ」の80%以上を買収、セコムトセック(警備業や防災関連業務)として事業開始。また、2020年東京オリンピックでセコムはオフィシャルパートナーとなっており、このようなイベントにおける警備事業の存在価値は今後も高まることが予想でき、収益 [続きを読む]
  • ニトリHDについて
  • 「お値段以上、ニトリ」がキャッチフレーズであるニトリは、主にインテリアを販売している大手の家具企業です。日本全国に幅広く展開、海外では主に中国や台湾で事業を行っています。学習机では日本一のシェアになっているようです。最近の動向として、2018年10月度における国内売上高が前年比5%以上の増加となり、4ヵ月連続で前年実績を上回ったとのことです。株主優待では、「10%割引券」が進呈され、100株以 [続きを読む]
  • 良品計画について
  • 良品計画は、無印良品ブランド(衣料品、家具、食品など)を販売(国内・海外)している企業です。公式通販サイトもあり、2019年には、銀座に「MUJI HOTEL GINZA」がオープン予定です。良品計画は積極的に海外展開に力を入れており、グローバル企業と呼ぶに相応しい業績を上げています。2018年2月期の決算では、15期連続増収、7期連続営業増益により最高益を更新したようです。その立役者として、スマホアプリの「MUJI [続きを読む]
  • キヤノンについて
  • キヤノンは、国内大手の電気機器メーカーであり、主にカメラやビデオといった映像機器、複写機やプリンタといった事務機器を取り扱っています。キヤノンは特許戦略に力を入れており、その中で市場規模の大きい米国での出願を重視、米国特許取得件数のランキングで日本企業中、キヤノンは11年連続で1位を獲得している模様です。売上高比率でも、日本国内よりも海外市場でのウエートが大半を占め、国内が20%、海外で80% [続きを読む]
  • ヤマトHDについて
  • ヤマトHDは、国内における宅配便シェアトップを誇る運輸企業です。ちなみに、どうして「ネコ」がロゴマークになっているのかと言うと、母猫が子猫の体の中で一番ケガをしない部分(首の後ろ)を優しく くわえて運ぶ姿というのが、「お客様の荷物を丁寧に扱う」、そんな気持ちを表しているからだそう。また、どうして「クロネコ」なのかと言えば、その昔(1957年ごろ) 広報担当者の子供のラクガキが偶々 黒色の猫だったら [続きを読む]
  • 村田製作所について
  • 村田製作所は、電子部品を製造販売している企業です。セラミックコンデンサーでは、世界トップシェアを誇ります。売上高比率では海外市場が圧倒的に高く、90%以上を占めており、売上高1兆円以上の企業でトップのようです。主な製品として、ショックセンサ 世界シェア90% 世界1位wi-fiモジュール 世界シェア60%以上 世界1位SAWフィルタ 世界シェア40%以上 世界1位積層セラミックコンデンサ 世界シェア30%以 [続きを読む]
  • ユニチャームについて
  • ユニチャームは、衛生用品(オムツ、生理用品など)を販売している日本大手のメーカーです。ペットケア事業も行っています。売上比率の4割が国内、海外が6割と海外シェアの方が大きいようです。これには明確な理由があり、ユニチャームは早くから日本市場の需要飽和を予期しており、およそ30年前から成長が見込める、特にアジア市場を重点として海外展開を進めてきたようです。その甲斐もあって、アジア市場ではほぼトップシ [続きを読む]
  • ファナックについて
  • ファナックは、FactoryAutomation &NUmericalControlという頭文字を合わせた名前であり、世界5大産業用ロボットメーカーです。特に工場のオートメーション設備に特化したメーカーであり、国内7割、世界で5割のシェアを誇るようです。今後の動向として、ファナックにはIoTとAIで工場を賢くする仕組みがあり、それはフィールドシステムと呼ばれます。これは製造業での更なる生産性向上と効率化を目指したオープンプラットフォー [続きを読む]
  • キーエンスについて
  • キーエンスは、日本の上場企業の中で平均年収1〜3位を誇る、主にFA(ファクトリー・オートメーション)センサー、光学顕微鏡といった精密機械の販売・製造を企業間でやり取り(B to B)を行っている企業です。営業利益率50%という突出した利益を出せる企業であり、その理由としてファブレス企業(工場を所有しない製造業)であること、そしてB to Bによって販売に関わるコストを徹底的に低下させて販売できることも一 [続きを読む]