ユリテラ さん プロフィール

  •  
ユリテラさん: ユリテラシーと現代
ハンドル名ユリテラ さん
ブログタイトルユリテラシーと現代
ブログURLhttps://yuriteracy.hatenablog.com/
サイト紹介文当ブログでは百合・GL(ガールズラブ)の作品を考察したり、紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 31日(平均5.6回/週) - 参加 2018/09/19 19:44

ユリテラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 世界中のコミュニティを見てみて最近個人的に感じた事 2018/10/19追記あり
  • どうも!ユリテラと申します。今回はGLや百合とは関係なく、ちょっとした雑談になるのですが、ユリテラこと自分が最近(2018/10/18)感じている事を書いていこうかなと思います。様々なコミュニティを見ていて、現代の若い人に限らず世界中の人類に対して感じてる事がありまして、「現代になってから、世界中の人類の知能は加速的に進化してるのかも!?」と強く感じます(笑)様々な人達の思考の質の高さめちゃく [続きを読む]
  • 初めての方へ ユリテラシーと現代 百合とGLに対する考え方まとめ
  • どうも!ユリテラと申します。今回の記事は初めての方に向けて、当ブログ ユリテラシーと現代の総集編を書きたいと思います!百合やGL(ガールズラブ)について書きまくっているので、始めてこられた方はどれを読めば一番早く当ブログの主張が理解できるのか分かりづらいかなと思いまして、2018/10/16 大きく分けて4つ!の記事を見れば大体分かるのではないかと思います!どの記事も自分では大切な記事なのですが、全 [続きを読む]
  • ブログ初心者がブログ開設から1ヶ月経過
  • どうも!ユリテラと申します。普段はあいかわらず百合やGL(ガールズラブ)についてしか記事を書いていないのですが、いつの間にかブログ開設から1ヶ月経過したので記念記事を書こうかと思った所存であります。ちなみにどのくらいブログ初心者なのかと言いますと、未だによく分かってないhtmlとcssをそもそも知らなかったですし、このブログが人生で始めてのブログなのです。※開設が2018/9/14 この記事を書いたのが2018/10/ [続きを読む]
  • 男の娘と百合について
  • どうも!ユリテラと申します。今回は「男性なんだけど女性に見える容姿をしている」男の娘と百合について書いていこうと思います。実はこの男の娘というジャンル、細かく分析してくるとMtF(身体は男性ですが心は女性)との関係も表面化してくるのですが、結論としては基本的に男女の恋愛である異性愛(ヘテロセクシャル)です。「百合関係ないじゃん!」と思う方もいらっしゃると思いますが、女性同士に見えるというのが201 [続きを読む]
  • 百合は男性性の否定ではない
  • どうも!ユリテラと申します。今回は百合界隈では定期的に荒れる事もある、百合作品に男性が強制的に入ってきて女性同士の関係性を破壊する問題について語っていこうかなと思います。一次創作作品ではあまり見ない印象なのですが、二次創作作品となると増える印象があります。個人的には一次創作がGL(ガールズラブ)作品であれば、二次創作作品がGL(ガールズラブ)でなければあまり興味がない派なのですが、今回は「百合に [続きを読む]
  • 百合とはかつてエス文学だった
  • どうも!ユリテラと申します。今回は百合の歴史を語る上で欠かせない重大なポイントであるエス文学について語っていこうかなと思います。個人的に「これさえなければ・・・」と思うのですが、百合の前身と言えるエス文学は大きな影響力を持っていました、エスがあったから百合が大きく認知されたのだと言えますし、エスがあったから同性愛についての誤解が広まったとも言えます。結論から申し上げますと、女性同士の恋愛であるG [続きを読む]
  • ユリテラシー育て方や鍛え方
  • どうも!ユリテラと申します。今回は以前の記事の続きとなるユリテラシーについてです。yuriteracy.hatenablog.comユリテラシーとは簡単に言いますと、百合作品がGL(ガールズラブ)作品なのかどうかを心理描写を主体にして考える事ですね。GL(ガールズラブ)がまだあまり普及していないと感じるので、ユリテラシーを使って自分は百合作品の中からGL作品を探しています。具体的にどうやるの?その事について今回は語 [続きを読む]
  • 百合に女性同士の葛藤は必要なのか
  • どうも!ユリテラと申します。今回の記事は長年テーマにされてきた、「女性同士の恋愛を表現する際に同性同士であるという葛藤が必要」という事について書いていきたいと思います。GL(ガールズラブ)作品についてですね。結論から言うと時代を短期的に見れば必要で、長期的に見れば葛藤を描写する必要が無くなる。というのが個人的な見解です。何故なのか?という方の為に語っていきたいと思います。 短期的に見た場合  [続きを読む]
  • 何故百合が好きなのか
  • どうも!ユリテラと申します。今回の記事は哲学的なテーマ、つまり簡単に答えが出るものではないと思うので何度も更新すると思います(笑)その中でも個人的にこれかな?と思うものを現段階で2つ考えられる物を具体的に書いていこうと思います。答えなど無いと思う方もいらっしゃると思いますが、少なくとも好きな根拠はあると考えています。例えばあなたが好きな食べ物や料理であれば何故好きなのか?という問いに対して、食べ [続きを読む]
  • 百合アニメ2018年夏 個人的まとめ
  • どうも!ユリテラと申します。普段の記事は出来るだけ客観性を意識して書くのですが、今回は主観まみれの記事になるかもしれないので読まれる方に向けて先に謝罪したいと思います。すいません!主観まみれの個人的な意見しかないです。百合界隈で話に上がっていたアニメは、少女歌劇レヴュースタァライト(スタライ)ヤマノススメ サードシーズンあそびあそばせ邪神ちゃんドロップキックはねバド!はるかなレシーブハッピーシ [続きを読む]
  • アニメ ハッピーシュガーライフは百合なのか?
  • どうも!ユリテラと申します。実はこそこそと見ていた2018年夏アニメ 「ハッピーシュガーライフ」何故こそこそ?と思われた方、実はこの原作とアニメ百合界隈では賛否両論で、「主人公の猟奇さを楽しむ作品であって百合作品ではない」とか「誘拐された少女と恋愛ごっこをしてるだけ」などの意見が多くあり、一応最後どうなるのか原作も追って見ている自分としては、正直かなり語りづらいなという隠れキリシタンの様な心境で見てい [続きを読む]
  • 女性同士の友情や絆 百合とシロマンスについて
  • どうも!ユリテラと申します。当ブログではちょくちょくシロマンスについて触れていたのですが、「そもそもシロマンスって何?」と思われる方もいらっしゃるのではないかと思いまして、今回の記事は百合文化に言語化されていないだけで深く根付いていると考えられる、シロマンスについて詳しく語っていこうかなと思います! シロマンスの由来 百合(シロマンス)の表現のしやすさ まとめ 百合の中にシロマンスという言 [続きを読む]
  • 女性同士の恋愛かと思ったら何も無かったクィアベイティングと百合
  • どうも!ユリテラと申します。突然ですが百合(GL)好きの皆さんこんな経験はないでしょうか?GL(ガールズラブ)作品だと思い、買って応援していたものの結局何の関係性も描かれずに完結した作品。「あれ?あんなに好き好き言っていた女性同士の関係の終着点がここ?」などの女性同士や男性同士の恋愛作品だと認識していたのですが、恋愛に発展しない作品の表現をクィアベイティングと呼びます。今回は現代を生きるGL(ガー [続きを読む]
  • 中身が男性でも身体が女性なら百合?TS百合ととせがらについて
  • どうも!ユリテラと申します。百合界隈では定期的に話題になること、それは。「この女性キャラクターは男性作者が自己投影する為に存在しているんだ!よって心は男性であり百合じゃない!」などや「男性が(なんらかの手段で)性転換をして女性になったとしても、心は男性でしょ」と議論の対象となる身体は女性だが心は男性だから女性同士の恋愛でも異性愛!議論について語っていこうかな、と思います! 女性キャラクタ [続きを読む]
  • ブログを書いたことがない人が10記事書いてみた
  • どうも!ユリテラと申します。いつもは百合やGL(ガールズラブ)について語っているのですが、今回はブログを始めてから10記事達成した記念!としてこの記事を書きました。最初に絶対に言いたい事がありますそれは、今回の記事やその他の記事を読んでくださる事に対する感謝です「本当にありがとうございます!」記事を書くときは毎回どうやって書いたら読者の方は喜んでくださるのだろうかとかこの情報は読者の為にちゃんとな [続きを読む]
  • 百合に男性が出てきたら?
  • どうも!ユリテラと申します。突然投げかけるような質問をしてすいません、百合作品やGL作品に男性キャラクターや人物が出てきたらどう思いますか?恐らく「百合に男性は不要!」派と「百合に男性がいてもいい」派がいると思います。自分は後者の「百合に男性がいてもいい」派です。より具体的な表現をするならば「どうでもいいからGL(ガールズラブ)よこせ!」といった主張です(笑)何故百合作品に男性がいてもいいのか?( [続きを読む]
  • 百合とレズの違いとは?よくされる誤解
  • どうも!ユリテラと申します。百合界隈では割と多く疑問に思われる方が多かった質問。「百合とレズビアンの違いってなに?」結論から書きますと、百合とレズビアンに違いなどそもそもないのです。「そんなはずはない!百合は崇高!」と仰る方もいると思いますが、百合は崇高でレズビアンは崇高でないという認識そのものが、先入観であり、偏見でもあるのです。何故違いはないのか?今回はその事について語っていこうかなと思いま [続きを読む]
  • 邪神ちゃんドロップキックは百合なのか?
  • どうも!ユリテラと申します。2018年夏、特に見るアニメもあんまりなく、ボケーっと日々を過ごしていたしていた自分ですがとあるコミュニティで「アニメ邪神ちゃんドロップキック百合的に美味しいぞ!」などのコメントがあったので「百合がある?まぁ見てみますか」といった感じの軽いノリで見始めた訳ですが。百合とか関係なく作品が面白かったので"ド"ハマりしてました。毎週月曜日にPrimevideoにて配信されていたので月曜日 [続きを読む]
  • ユリテラシーって何?使い方と百合に対する考え方
  • どうも!ユリテラと申します。今日は当ブログ ユリテラシーと現代における基本的な考え方ユリテラシーについて書いていこうと思います。「そんなもんどうでもいいわ」と思った皆さん、ちょっと待ってください。もしあなたが百合作品が好きでなおかつ!GL(ガールズラブ)作品が大好きだった場合、GL作品を探したい時に役立つ可能性があります!数十年前とは比べ物にならないほど百合作品が供給される現代ですが、中には「イ [続きを読む]
  • 2018年秋!今年で一番期待している百合アニメ、やがて君になる
  • どうも!ユリテラと申します。無類の百合好きを自称している自分ですが、来月で一番楽しみ、期待しているのが仲谷鳰さんが月刊コミック電撃大王にて連載されている作品、やがて君になるを原作に制作されるアニメですね!やがて君になる自体は数年前から百合界隈ではかなり有名で、1巻が出版された当初からすごい百合作品が出てきた!と話題になっていました。私も毎巻予約して購入していて、作品を読み終わると「次の巻出るのいつ [続きを読む]
  • 百合とは包装されたおせちの様なモノ
  • どうも!ユリテラと申します。前回は移転したよ〜という記事だったので、前々回の続きである百合の定義と百合が持つ性質について持論ですが語って行きたいと思います!前々回はこちら↓。yuriteracy.hatenablog.com 百合とおせち(多重構造性) 百合というジャンルの在り方 求める百合は同じだけど人によって中身は違う! 余談百合とおせち(多重構造性)百合とは包装されたおせちの様なモノとタイトルに書きま [続きを読む]
  • もし断定する事があるとしたら精神が女性同士の関係性 百合の定義
  •  どうも!ユリテラと申します。 まだブログ慣れしていない上に、目次すら作れませんが百合業界が抱える根本的な闇、百合の定義について触れていこうかなと思いはせ参じた次第です。そもそも百合ってなに?という方の為に広義においての百合の定義をWikipediaさんから。百合(ゆり)は、女性の同性愛のこと。また、それを題材とした各種作品。作品の場合、女性同士の恋愛だけでなく恋愛に近い友愛や広く友情を含んだ作品も百合と言 [続きを読む]
  • とりあえず、最初の1記事
  • 初めましてユリテラと申します、衝動的にとりあえずブログを作ってみました。と言ってもブログを開設すること自体始めてなので、色々調べながら定期的に語って行きたいと思います。ブログタイトルのユリテラシーとは何かと言いますと百合とリテラシー(情報分析と理解能力...で合ってますよね?)を接着させた造語です。今を生きる百合好きは高度な百合に対するリテラシーが求められていると言えるでしょう。あれは百合だの百合じ [続きを読む]
  • 過去の記事 …