てと さん プロフィール

  •  
てとさん: 親に何をしてあげられますか?
ハンドル名てと さん
ブログタイトル親に何をしてあげられますか?
ブログURLhttp://stone999999.livedoor.blog/
サイト紹介文母は脳出血で半身不随になりました。 リハビリを中心に経験を書き綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 17日(平均9.9回/週) - 参加 2018/09/20 17:13

てと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 装具を作ろう
  • リハビリのうち長い時間装具の調整で終わってしまうことが多くなってきた。そのため、装具を作ってもらうことにした。初めは5〜6万という話だったが結局12万で装着しにくい装具が出来上がった。結果的には装具を作っても調整でリハビリの時間がかなり食われるが、まあ... [続きを読む]
  • 褒めと自覚
  • 少しずつ指が動くようになってきた。しかし、人差し指と中指が硬い。川平法とか見ているとマッサージ機で緩くなる事があるらしい。当てる時はタオルをあてて約1分。タオルをあてないと擦り傷になることがあるらしい。文献がある振動数に近いスライブMD01をスイッチ... [続きを読む]
  • 親切な相談員さん
  • 回復期のリハビリテーションの相談員さんは丁寧に話を聞いてくれた。まだ、この時期に右手で箸を使って食べるという希望は鼻でわらわれる話だった。しかし、相談員さんは話を聞いてくれて、出来る限り対応してくれた。現実には病院のルールがあるため、希望を叶えて貰... [続きを読む]
  • 装具への拒否感
  • 何とかつかまって立っていられるようになった。回復期リハビリテーション病院に入って2週間でここまでくれば期待できそう。まだまだ、寝たきりだった影響が大きく筋力が落ちている。これから頑張らないといけないがまずは体力回復だ。しかし、立っている事の前提とし... [続きを読む]
  • あなたの右手は動きません
  • これは、母と同部屋の86才のおばあさんが療法士さんに言われたことらしい。その夜、その人は泣き明かしたらしい。その人は入院して一ヶ月も立たないうちに歩く練習を始めた。脳の損傷の程度はわからないが、傍から見ていると、まだ、決めつけるのは早そう。確かに下... [続きを読む]
  • 偏屈な父とダメな兄
  • 父は、自分の死後のことを、書き残していた。マンションは母に、預金は自分にすること。葬儀は家族葬にすることなど。父の意向としては、親族も呼ばないということだったがこれは、親族も高齢化しており、母方の親族以外は疎遠になっていたためだった。そう残され... [続きを読む]
  • 親指が動いた?
  • どこまでできるかわからないが、毎日、2時間かけて仕事終わりに病院に行くことした。基本は親指を100回うごかす、マッサージ器で叩くの振動を腕に与える。一週間後ぐらいに親指が少し動いたような気がした。次の日に動きがはっきりわかった。まだ、母自身はその... [続きを読む]
  • 母の右手がうごかない
  • まずは、60日で回復した大工の話をネットでしらべて母にその説明をしてリハビリをやる意味を持たせてみた。取り敢えず、やる気になってもらった。仕事が忙しく、そもそもテレビもみないのでまずテレビ自体がない。なので情報収集はネットと専門書になるが母の体力との... [続きを読む]
  • 始末、勿体無い
  • 冷蔵庫を買ってあげたよ。家の親は始末については敏感だ。色々やってあげたが感謝されたことはない。親からすると子供はいつまでたっても面倒をみてあげるものなのだ。省エネの冷蔵庫を買ってあげたのに、電気のメーターが回っているから消費電力は多いと言うよう... [続きを読む]
  • 母への食事
  • 前の病院では、まずは温かいお茶は飲めない。仕方ないけど生きがいも取り戻させないと。とろみをつける必要があるらしいのだが、取り敢えず、しじみスープを吸いのみで飲ませたら熱いと言われた。正し母は熱いお茶などが好きなので私が行ったときは熱いお茶を飲ませて... [続きを読む]
  • 真夜中の父との再会
  • 新幹線で大阪に帰り、母を見舞ってから警察に。真夜中12時を過ぎており、死体安置所で対面。顔がきれいで大往生といって良いと思う。83才手前だったが、苦しまずに往生したのは良かったと納得したつもりだが、正直に言うとあまり実感が無い。今振り返るとまだ、早い... [続きを読む]
  • 10時に病院?
  • 朝6時に新幹線に乗ればいけるよね。介護タクシーで、新大阪まで行く。問題は新幹線で車椅子に座ってられる体力があるかだけど、それは無理、何とか寝たきりの状況で新横浜まで移動、また、介護タクシーで病院まで無事到着した。結構、元病院は人手不足で大変そうだっ... [続きを読む]
  • リハビリ病院への移動前
  • その時の母の病院での状況。MRSAに感染し発熱ぎみ。脳出血は入院前に収まっていた。手術はしていないが右半身不随。病院は回復リハビリもやっているが、医師にそちらに移してくださいと言っても一ヶ月も移らない。病院は人手が足りず食事も栄誉剤をベットで食べさ... [続きを読む]
  • 本格リハビリ開始前準備
  • 母が弱気になっており、転院する事を決めた。まずは、病院選び、NHK革命をネットで見て、関東で良いリハビリの病院を探した。不勉強で今辺の知識が無く、とても自由に動けるようになるとは思えなかったが少しでも自由に暮らせるように一緒に努力するつもりだ。 [続きを読む]
  • 九死に一生を得る
  • 16日に倒れて救出できたのが22日の夜、何とか生きていてくれた。もし、警察が気がついてくれなかったら後、半日、救助は遅れた。そうなっていた場合、命に関わっていただろう。不肖の息子だが母が助かって本当に良かった。病院に会いに行ったら、助かって嬉しいと言... [続きを読む]
  • お父様は亡くなっておられます。
  • 父と母の二人暮し、耳が悪くなったがまだ元気だった。毎週かけている土曜日の電話でつながらなかった。但し、急に泊まりに行くこともあり、一日程度はつながらなくても仕方ない。その日は100回以上電話をかけた。親戚にも連絡して、日曜日に見に行って貰った。中に... [続きを読む]
  • 過去の記事 …