安田一平 さん プロフィール

  •  
安田一平さん: パチプロ受験日記詳細版
ハンドル名安田一平 さん
ブログタイトルパチプロ受験日記詳細版
ブログURLhttp://aspire.sblo.jp/
サイト紹介文現在小6の息子と小4の娘が中学受験をいかに克服するか、元パチプロの父親奮闘記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 32日(平均8.8回/週) - 参加 2018/09/21 07:04

安田一平 さんのブログ記事

  • 今日はピアノの発表会
  •  息子は日曜日の塾だが、小4の娘はまだまだいろいろと習い事がある。スイミング、習字、ヨサコイ、ピアノと塾をあわせると週に6回習い事がある。でも世間では週5が普通なので特に多いとも思わない。 なんとかいい感じで仕上げて発表会に望んだが、思ったよりも上手でよかった。この2週間はあの手この手でピアノに向かわせた。 発表会で驚いたのは、ピアノの先生のご子息は小学2年生にもかかわらず、音色が違う。プロの子供 [続きを読む]
  • 国語力を上げるには、学力を上げるには
  •  本を読むとか、語い力をつけるとかいろいろ言われているが、今日学校であったことなどを寝る前に子供に話してもらうだけで学力は必ず上がる。もちろん語い力の勉強も必要だし、読書もしたほうが良い。でも両方とも情報のインプットに過ぎない。学力というのはアウトプットする必要がある。 このアウトプットは漢字の問題でもそうだが、実際に書いてみないとできるようにならない [続きを読む]
  • 本日は10月21日の模試の前受け
  •  今日は得意な模試の日、基本的にクラス変更が関係する模試以外は日曜日でなく、金曜日に前受けしている。そうでないと日曜日の志望校別特訓に影響するからである。 別に模試の結果が良いから志望校に合格できるわけではない。模試なんてできるだけ悪いコンディションで結果が良くないことを前提に受けたほうが親も本人も勘違いしなくて良い。志望校に受かる学力があるかどうかは過去問を解けばすぐに分かる。 [続きを読む]
  • この時期に成績を伸ばす
  •  受験は検定ではない。あくまでも競争なので他人よりも抜きに出なければならない。受験も残り90日、この時期に新しいテキストに取り組むなどもってのほか。できれば、志望校の過去問を解いて行きたいところだ。 志望校別特訓などで6年生の最初から取り組んでいればなおさら、過去問の解き直しは重要だ。 基礎レベルはどの単元もできるようにしなければならないが、応用問題となると学 [続きを読む]
  • 健闘、10月14日の模試の結果
  •  苦手な難関校用の週一テストもいよいよ上位クラスの平均点を超えるようになった。これも国語の圧倒的な得点力のおかげである。ぜんぜん勉強していないのに120点を超える点数を毎回のようにとる。ありがたいことだ。 最近は私の仕事が忙しく全く勉強を見てあげられない。でも試験の点数が良いとやはりコミュニケーションも良くなる。次の模試は得意な模試だ。がんばれ! [続きを読む]
  • 10月8日の模試の結果
  •  2日連続の模試も2日目は理科を除けば非常に良かった。やはりA判定をもらうと安心する。 今日は10月14日の模試の前受けである。今週は全く対策をしていない。塾の宿題すらやらずに試験を受けさせる。ここまで来たら実力勝負だ。 最近はずっと夏期講習からのプリント類の整理に追われていた。こんなこと愚息じゃできない。苦手な単現の把握、ケアレスミスの傾向の把握、効率の良い点数の取り方、小学生にはできないことが [続きを読む]
  • 総仕上げに向けて
  •  テストやプリント類の間違い直しをいつするか。空いている時間を使ってできる子は成績も良い。たいていの子は間違い直しの宿題があるときだけ正解を写しておしまい。漢字や理科の生物などはそれで良いかもしれないが算数や理科の化学、物理などはそうはいかない。もう一度テストすると同じところを間違える。 総仕上げとはずばり「できないことに集中してできるようにする」ことだ。これを集団授業をするA塾ですることは可能だ [続きを読む]
  • 大逆転!10月8日の模試
  •  まだ正式な判定は出ていないが、白陵中学は2回連続のA判定かもしれない。そんな判定よりも今回は算数の点数の取り方が完璧だった。ケアレスミスは恐らくない。途中にある足止めの大問は、初めから捨ててかかった。 恐らく今取れる限界の点数を取った気がする。国語は余裕の高得点、残る課題は理科だけだ。昨日も書いたが、灘中学は無理かもしれない。でも間違いなく戦闘力は上げてきている。 もうひとつ、今日決めたことだが [続きを読む]
  • 轟沈10月7日の模試の結果
  •  今月も上位クラスに上がれず。算数では、なぜこんなミスをするのというくらいのミスを3連発した。① 2-1+1=0 数字は分かりやすくするために変えていますが、計算の順序がでたらめ。でもなぜか最初に1+1をしてしまうことはよくある。② 0.5?を100×100×0.5=5000c?としている。どんな立体なのか図を描かせると、縦横100cmで高さ50cmの図を描く。そして体積は500000c?とすぐに言える。単位の計算の基礎ができていない。 [続きを読む]
  • 学業よりも大事なもの
  •  全国的にも有名な灘のけんかまつりは、10月14日、15日だが、昨日は播州秋祭りが各地で開催された。私も子供会の役員をしている関係で参加した。 だいたいどこのお祭りも小学生が乗る御神輿があり、6年生が主役となる。本来ならば愚息もそうするべきであったのかも知れないが、今回のお祭りには参加させなかった。 10月7日、そして本日8日は大事な模擬試験がつづく。灘中学の入学試験が土日に実施されるので、やはり [続きを読む]
  • 夏期講習のテキスト
  • なんとか1日で未提出の理科の宿題を終わらせたが、さすがに算数はまだできていない。それよりも夏期講習のテキストの解き直しが優先だ。 夏期講習中は小学生水泳大会の練習もありかなり大変だったが、明らかにお盆休み後は宿題ができていなかった。その代わりテスト直し等でよく勉強はしていた。なかなかバランス良く進めることができないのであろう。 昨日は久しぶりに愚息の友達が遊びに来た。我が家では友達最優先なので2時 [続きを読む]
  • 灘中学が遠くなる
  •  日曜日に模試があるが、なんと夏休みの塾の宿題が未提出のことが判明、今日、A塾の理科と算数の先生から指摘された。 仕方ないので10月7日の模試の対策として夏休みの宿題をする羽目になった。まあ、それはそれでよしとしよう。(ぜんぜん良くないけど) 昨日、夏期講習の解き直しの採点をしていると、やはりいつまでもできない問題がある。我が家では解き直しはテキストをコピーして行っているので採点をしながら問題の内 [続きを読む]
  • 算数は頭で考えるな!
  •  これは私が愚息に今日言ったせりふだ。今日も仕事から帰ってから息子が寝るまでのほんのわずかな時間に9月30日の模試の見直しをした。間違っている問題はたいてい線分図などが描いていない。 小学校の算数のテストなどは、ほぼ暗算で解くらしい。そろばんなど習わせていないが、小学校6年間の受験勉強の中で自然と身についたらしい。恐ろしく計算が速い。 しかし受験算数ともなると暗算は小学校3年生レベルまでしか通用し [続きを読む]
  • 算数27点、9月30日の模試の結果
  •  難関校受験者向けの応用問題だらけとはいえさすがに18点やら27点では気が滅入る。国語は100点を超えるのに、理科もそこそこ行くのに、算数は上位86%の成績って前回の18点のときよりほんのちょっぴり良いだけ。 とにかく、この手の模試の結果は気にしない。問題が応用問題のみなんて、今の愚息には無理。今日はとにかく問題文を読んだら頭で答えを考えずに、図やグラフを描くように指示した。とにかく次は10月7日だ [続きを読む]
  • 模試の結果でず
  •  模試を受けたのに結果が出ない。前受けした子は試験を受けたが、本来の実施日の日曜日は台風のため試験を実施することができず、多くの生徒が今回のテストを受験できなかった。だから試験を受けた子も採点していない。これにはいささか不満が残る。採点されていない模試を今日もらって帰ってきたら採点しなければならない。 そんなことをする塾だから愚息は4年生は通わなかったのだ。5年も2学期から、しかも土曜日のみの通塾 [続きを読む]
  • 入試のつもりで受ける模試
  • 入試本番の緊張感はただならぬものがある。私も一応、大学院の受験までしたことがあるので受験そのものは慣れている。初めての受験は当然高校受験だった。競争倍率が1.0倍だったために不合格も緊張もない受験だった。 A塾の今度の模試は10月7日だ。前受けはしない。他の子と同じに日に受ける。1ヶ月ぶりにクラス替えのかかった模試となる。ここで上位クラスに上がらないと、受験まで今のクラスのままで過ごすことになりそうだ [続きを読む]
  • 語い力は絶対必要
  • 今日は台風のために塾がない。お金返せといいたい。今年何回目の休塾なのだろうか。まあJRも止まるし、不可抗力なので仕方がないか。 小4の娘が最近、会話中にその言葉はどういう意味かとよく聞いてくる。息子は小4のときに語い力を付ける教材(語い力アップ1300)でよく勉強し、結局、5年も6年やっているので3000語ほどの勉強した。だからめったに質問してこない。娘はまだ、200語程度しか勉強していないし、本もあまり読まない [続きを読む]
  • 算数の難しさ
  •  毎日、桜井氏の問題集を解かせているが、模試に出かける前にやらせようと思ってみていると、簡単な図形の問題が分からずに飛ばそうとしている。 話を聞くと分からないというのだが「補助線を引くように」とだけいうとすぐに解けた。どうやら、あせるとイライラして冷静に考えられなくなるらしい。 結局、模試から帰って結果を聞くと算数だけがしっくりきていないようだ。以前の18点の時ほどできていないとは言わないが、できた [続きを読む]
  • 灘中受験の効用
  • 今日は模試の前受けの日だ。昨夜12時に帰宅すると愚息はお風呂に入っていた。最近では12時までは必ず起きている。お風呂を出てきてしばらくすると、一緒に計算ドリルをしようというので勝負した。息子は5分45秒、私は7分。もうスピードではかなわない。 そこからさらに桜井氏の問題集の分からなかったところの見直しをした。結局寝たのは1時だ。普段の私の帰りが12時くらいなので、結局寝るのが1時になることはよくある。 以前か [続きを読む]
  • 9月30日の模試対策
  • A塾の2学期説明会に行ってきた。するとカリキュラムに沿ったテスト勉強は不要だという。確かに30日の試験はカリキュラムに従ってテキストで習うレベルのものは3題だ。残りの3題は何が出るか分からない。 こうなったら週一テストにターゲットをあわせずに算数は11月末をめどに桜井氏の問題集をやり終えるつもりで応用力をつけていくしかない。 それよりも理科はどうしようか迷っている。とりあえず白陵中学の特訓用問題をするし [続きを読む]
  • 灘中学攻略のためのアイテム
  •  中学受験に欠かせないもの、それはコピー機だ。我が家には会社にあるようなコピー機がある。もちろんカラーも対応、FAXにもなる。いわゆる複合機というやつだ。桜井氏もレンタルで借りていたそうだが、私は仕事で使うので2012年に購入した。中古ならそんなに高くないはずだ。故障に備えて毎月の保守料もわずかだが払っている。 パソコン用のプリンターでもコピーはできるが遅いのとA4までしかコピーできないのは辛い。やはりB4 [続きを読む]
  • 灘中無理!9月23日のテストの結果
  •  相変わらず算数のケアレスがすごい。34点のケアレス。問題なんてちゃんと読んでいない。病的としか言いようのないミスッぷり。それでも上位クラスの平均点以上なのだから、みんなケアレスミスをしているのだろうと思う。算数を見ていると比が最重要なのだとつくづく思う。私も初めのころはぜんぜん分からなかった。 理科も今回はまあまあ、国語は相変わらず苦手なところができていない。しかし最近は家でも国語のテスト直しをす [続きを読む]
  • 灘中学に赤信号?模試結果分からず
  •  本日の模試を金曜日に前受けした。しかし、今だにテスト問題すら手元に無い。つまり、塾においてきたのだ。愚息は本当に頼りない。それは保育園の頃から分かっていた。だから今日、明日と模試の解き直しができなくなっても、それはDNAのせいなので怒れない。こんなことは日常茶飯事だ。 きっとケアレスミスが多いのもDNAのせいなのだろう。のんびりしていて優しい子なのだが、しっかりしていない。入試本番もこんな調子で大失敗 [続きを読む]
  • 灘中学を目指すためのクラス落ち
  • 1学期ならいざ知らず、2学期は実践(実戦)力を高める時期だ。となると、土曜日は貴重な時間だ。今日も朝から土曜恒例灘特訓となった。朝から夕方まで勉強し、夕方から夜まで塾がある。クラス落ちしたために1学期より1時間くらい早く帰ってくる。帰ってきてから先ほどまで4時間ほどまた勉強、たぶん実働で12時間は勉強している。 クラス落ちして週一テストを金曜日に前受けするようになったので、日曜日にテストがない。すると土 [続きを読む]
  • 難関校を目指すために、今すべきこと
  •  今日は息子は日曜日の週一テストの前受けだった。小4の娘はオーディションの結果、音楽会でピアノを担当することが決まり大喜び。そういえば愚息が今年の夏の小学校水泳大会の選手に選ばれたときも大喜びだった。受験だろうがなんだろうが学校の代表に選ばれることが我が家では一番大事。6月から8月まで水泳の練習でへろへろになりながら勉強していたのが忘れられない。 受験は体力、そして精神力が物をいう。やらなければと自 [続きを読む]