木村万紀子 さん プロフィール

  •  
木村万紀子さん: レシピのいらない料理術
ハンドル名木村万紀子 さん
ブログタイトルレシピのいらない料理術
ブログURLhttps://ameblo.jp/ryourinou/
サイト紹介文「料理のコツ」を科学する料理本10万部以上の著者が、本には書けない料理のおいしい裏技を公開!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 27日(平均8.6回/週) - 参加 2018/09/21 09:50

木村万紀子 さんのブログ記事

  • 食育は何歳から?〜ぼくもお米研げるよ
  • 私、子供に料理を教えていて、 かわいくて、愛おしくて、も〜本当にかわいい? と思う瞬間がたくさんあります。 それってね、顔の表情よりもね     おてて むちむちってした腕と ぷくぷくした小さなおてて そのおててで、一生懸命料理しているのを見るとね たまらなくかわゆい。 そうそう、こういうのです。  ↓ ↓ ↓ この記事は2007年10月2日に書いた記事の再掲載です。 息子も1歳になったことだし、自分のごはんは、自分 [続きを読む]
  • のぞいちゃおう!木村家の晩ご飯
  • ちょっと気になる、人の家のご飯。料理の先生の家って、毎日すごい料理が出てくるんでしょう?とよく聞かれますが、美味しいですが、決してすごくはないです。私は子供が2人いて、夕方は毎日、子供の習い事の送迎に追われる主婦。その中で仕事もしていますから、はっきり言って、時間がない〜。時短・カンタンですが、肝は押さえる。ここが大事ですね。昨日の晩ご飯は、鶏の治部煮(じぶに)金沢の郷土料理のアレンジです。まず、 [続きを読む]
  • レシピ本に味つけの法則を見出すと
  • おつまみ作り&奈良の日本酒7種飲み比べのイベントを開催しました。 いやぁ、最高に楽しかったです!最初の1時間は、「おつまみ作りのレッスン」 表面はサクッ、中はふわっの中華のえび みなさんと、日本酒やビールに合う6品をわきあいあいと作って、アツアツの揚げ物ができたら、まずは、ビールで乾杯〜♪ 旨い! お次は、日本酒!奈良は日本酒発祥の地と言われ、全国的に有名な酒蔵が多いのです。 7つの酒造会社の日本酒を [続きを読む]
  • とろ〜っと半熟の親子丼を作るコツはこの4つ!
  • おうちにいる休日は、「今日のお昼ご飯、何にしよう」になりますね。我が家では、丼か麺類が多いかな。休日の昼から、凝ったものを作りたくないという心理は、料理の先生を仕事にしている私だって、同じですよ!だって、普通に主婦ですから。最小の努力で、「美味しい!」という感激の声をいただく。これが大事です。卵とじの丼ものにおいては、「とろ〜り、半熟〜?」のツボを押さえさえすれば、ほぼ成功! さて、みなさんは、ど [続きを読む]
  • 【簡単レシピ】長いもの黄金比率炒め
  • 行政の食育の冊子に掲載されることになり、料理の写真撮影でした。こういう現場ってワクワクするわ〜。マク〇〇〇〇〇で買うもの?または、冷凍食品が当たり前のチキンナゲットが、実はカンタンに作れるんだよ〜というお母さんに対しての「食育」とかね! 「6個で200円くらいも出して、チキンナゲットを買っていたなんて、もったいなかったわぁ。」「鶏ひき肉を買ってきさえすれば、家にある材料を入れて、こんなに簡単に、しかも [続きを読む]
  • 卵のサイエンス ゆで卵の殻をきれいにむくには?
  • 私の専門のひとつ「調理科学」 料理は、理論を知ることで、おいしく作れるようになります!その理論を、科学的な目で検証するのが、私のお仕事なのです。 今日は、身近なゆで卵について。 ゆで卵の殻がきれいにむけない!?その原因は? この写真の状況、ご経験ありますか?ゆで卵の殻をむこうとすると、殻の内側の薄膜とくっついて・・・む、むけない!(汗)そして、卵の表面がボロボロに(;ω;)ゆで卵の表面がつるりんとし [続きを読む]
  • キッズ・クッキング 〜私のお弁当&お母さんへ感謝弁当
  • キッズ・クッキングを6年続けていますが、『お母さんに感謝弁当を作ろう!』の企画は、お一人お一人にドラマが生まれる感動の連続です。 買い出し・お弁当作り&ピクニック形式 で、ママへのお弁当プレゼント お弁当企画のポイント 1.買い出しから一緒に! おうちで、再び、「私がお弁当を作る!」というときに、メニューを考えたり、買い物から興味を持ってできるように、(日々お母さんと買い物に行くときにも、そうなるこ [続きを読む]
  • カレーのスパイスを効かせる技、コレを知らないと損!
  • 私は、5歳の時から料理が大好きで、「料理天国」や「料理ばんざい」などの料理番組をメモを取りながら見たり、料理やお菓子を作るのが趣味でした。そして、趣味を仕事にし、22年間、料理の世界で仕事をしています。私の専門は、「料理のコツを科学すること」調理科学というジャンルです。 大学の食物学科、調理師専門学校を卒業して、調理師学校で仕事をして(今はフリー)20年以上。和・洋・中・菓子の作り方のプロの手法がわかっ [続きを読む]
  • 幼稚園での食育講演会〜保護者様からいただいた感想
  • ※この記事は2014年2月24日の記事に加筆修正しての再掲載です。 先日、奈良市の親愛幼稚園でさせていただいた食育の講演会保護者様から、次のような感想をいただきました。一部をご紹介いたします。 添加物の話は、やっぱりという部分が多く、改めて考えさせられた内容でした。食育については、自身も料理が好きなので、子供たちにも好きになって欲しい!!と思うので、今日からやらせます!! 添加物のお話や料理教室のお話など [続きを読む]
  • 奈良の私立幼稚園での食育講演会
  • ※この記事は2014年2月23日の記事に加筆修正を加えての再掲載です。 2014年2月20日、奈良市の親愛幼稚園で、保護者の方対象の食育講演会をしました。 幼稚園の給食は、無農薬野菜、無添加の調味料と大変こだわりを持たれている幼稚園です。それを、ずっと当たり前にやっているのです。そのこだわりには、感激します! ごく当たり前に続けていらっしゃることから、そちらの幼稚園の保護者の方も、こだわりのすべてをお聞きしたこと [続きを読む]
  • 東京1DAYレッスン満席になりました
  • 東京の1DAYレッスンのご案内を、メルマガで今朝8時半にさせていただきましたが、10名の予定が、15名の満席となり、9時30分のお申し込みで締め切らせていただきました。申し込もうと思って、昨日待ち構えていたのに、今日のその時間はもう職場でした・・・とか子供の園の送迎をしていました・・・とか、え〜〜っ!という方はごめんなさいその旨ご連絡くだされば、次回近い日程を設定し、優先的にご案内します。1600人のみなさまに [続きを読む]
  • 【簡単レシピ】ニンジンたっぷりのポタージュ
  • ニンジンの旬って? 実は11月です。 ニンジンは、年中出回っているので、旬を感じることが少ないかもしれませんね。旬の野菜は、安いだけでなく、栄養価がそのほかの時期よりも高いのが特徴です。 旬には少し早いですが、今日はニンジンたっぷりのポタージュのレシピを紹介します。にんじんのカロテンが、効率よくとれますよ。 朝晩は肌寒く感じるこの季節。あったか〜いスープで心もからだもほっこりしませんか。 【にんじんたっ [続きを読む]
  • 休みの日は子供との昼ごはんを楽しもう!
  • この記事は2016年7月13日の記事を加筆修正しての再掲載です。 料理は創造力を働かせる 園児の娘は、毎日午前保育で帰ってきます。帰り道に、今日のお昼は何食べる?と娘と考えることもしばしば。そのときに、「何が食べたい?」とは聞きません。お題を与えます。 「今日は、オムライスがいいかなと思うの。オムライスって、普通はご飯に何が入っている?」 「トマトケチャップ、玉ねぎ、肉」 「でも、昨日の夜に、肉が多い料理だ [続きを読む]
  • 私がなぜ『レシピのいらない料理術』を立ち上げたのか
  • 実は、私って、自分のことを話すのが意外と苦手なのです。動物占いがオオカミですからね。その私が語ることがあれば、ほ〜っ、珍しい(笑)と思ってください。 今日は、私がなぜ『レシピのいらない料理術』を立ち上げたのかのお話です。 昨年9月3日、奈良市や奈良市教育委員会が共催の食育のイベントの講師をしました。200名定員の会場は満員を超えて、急きょ増席。私が担当した、小学生のお弁当実習は、40名枠でしたが、 [続きを読む]
  • 監修本『パンづくりに困ったら読む本』
  • 私の仕事に本の執筆があります。前回ご紹介した『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』に続き、今日は『パンづくりに困ったら読む本』のご紹介です。 『パンづくりに困ったら読む本』2012年5月池田書店より発売辻調グループ 製パン教授梶原慶春、浅田和宏 共著 こちらの本は、2章に分かれていて、前半は、辻調の梶原先生、浅田先生が、 バターロール 山食パン フランスパン ブリオッシュ クロワッサン の5つの基本パンと、その [続きを読む]
  • 魚さばきは何歳からできる?
  • ※この記事は2016年3月の再掲載です。 毎月宅配してもらっている鮮魚ボックス。何が届くかわからないのですが、今回はさばきやすい魚ばかりで、連子鯛、金目鯛、カレイ、いわしが届きました。 園児の娘が、さばきたくってしょうがないお年頃。張り切って、一人でイワシの手開きしてくれました。 うれしいなー 動物や虫などを平気で触れる園児は、魚さばきに抵抗があまりないと言われます。娘は、鯛の口を開けて口に水を注いで [続きを読む]
  • さつまいもの加熱は?レンジVS蒸し器VSオーブン
  • 多くの幼稚園がこの時期、いも掘りをしますよね。 私は食育の仕事もしているので、幼稚園で「さつまいもは、2週間寝かせると甘くなるのですよ」と子供たちに教え、親には保存方法を教えてあげたらいいのに〜と、常々思っていました。いもほりが、「理科」への興味にもつながっていくからです。さて、さつまいもを2週間以上寝かせると、甘くなるのはなぜか?この保存期間に、さつまいものデンプンが、分解酵素によって分解されて [続きを読む]
  • 芋ほりのさつまいもを、すぐに食べるのはNG!
  • もう9月も終わりですね。10〜11月は芋掘りの季節。 ほとんどのみなさんが子供時代に経験したことがあると思います。 幼稚園の行事で、芋掘りは定番ですものね。掘って来たら、うれしくて、「今日はこのさつまいもをどんな料理にする?」という話になると思うのです。 でも待って!!掘り立ては、残念ながら、甘みが少ないのです。 芋掘りしたその日に食べるというのは、食育の面からいえば、子供にはとてもいい体験だと思います。 [続きを読む]
  • 料理にこんなお悩みのある方は、私が解決します
  • このような「料理のお悩み」がありませんか? 思いつく料理がワンパターンでレパートリーが少ない。 レシピ検索するもののそれを見ながら作るのもストレス。 調理そのものに時間がかかってしまう。 いつも何となくこんな感じ?で味付けしているので、味がブレる。 料理をしていて、どうしてこうするのだろうとわからないことがある。 レシピ通りの食材をスーパーに買いに行って、その食材が高かったり、なかったりすると、応用がき [続きを読む]
  • キャベツ使い切り作戦!
  • キャベツは一年中スーパーに並んでいますが、きゅうりやなすが常にあるのとはちょっと違います。 きゅうりやなすの旬は?夏ってすぐに出てきますよね。品種改良、栽培法の改良によって、その野菜の旬が大人の私たちだって「えっ!?どうだったかな」と、自信をもって言えないってこと、ありませんか?キャベツの旬は、本当にわかりにくい。 春は「春キャベツ」が出回ります。「新キャベツ」「春玉」とも言われますね。夏は「高原キ [続きを読む]
  • 日本は料理上手になるのが世界一難しい国!?
  • 日本人の女性が、男性に 「料理上手だね」 と言ってもらうには、 どんな料理がおいしく作れたら いいと思いますか? な〜んて、問題出したところで、私にだって正解なんてわかりません。 すぐそこでテレビを見ている主人に、試しに聞いてみました。・だし巻き玉子・炊き込みご飯・だしの効いたみそ汁・お浸し とこう言うのです。 う〜ん、まぁ、わかるけれど、 それだけ美味しくできてもダメでしょ?要は、うちの主人は「だしが旨 [続きを読む]
  • 料理をネット検索→だから料理が苦手になる!
  • あなたが料理を苦手と思うのは、レシピ検索しすぎちゃってる?? 毎日クック〇〇〇を見ながら何を作ろう・・・と考える日々。レポが多い料理を作ったはずが、好みではないとか、味つけが濃いとか、 冷蔵庫の中身で、栄養を考えながら、 今目の前にあるもので作れるようになりたいです。 これは、受講生の小澤亜弥さんが、昨年8月にレッスンに来られたときのアンケートの抜粋です。 ネットでレシピ検索すると、逆につらくなるのは [続きを読む]