france-paradis さん プロフィール

  •  
france-paradisさん: 50歳からのフランス
ハンドル名france-paradis さん
ブログタイトル50歳からのフランス
ブログURLhttps://ameblo.jp/france-paradis/
サイト紹介文南フランスでヨガインストラクター&トラベラーとして活動中。50歳マダムの元気になるフランス便り。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 23日(平均5.5回/週) - 参加 2018/09/22 16:08

france-paradis さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お金払いからみえてくるフランス。。。
  • フランス社会で生きていくことは、大変です。 この歳で豊麗線に響きます。 美味しいパンやチーズ、ワインに囲まれて 楽しい美しいだけではありませんので、ご理解を。。。 フランス人からお金をいただくのは大変なんです! フランスでは学校だけではなく、習い物などの行事もすべて 9月からフレッシュにはじまります。 日本では1月にあたる”一年の計” フランスでは9月がその時期です。 バカンス前、つまり6月には多くの [続きを読む]
  • 脱帽!フレンチマダム&ムッシュ 雨の日のバスク海岸で
  • 10月にはいったと思った日が、もう遠い過去? 本日10月9日というのが信じられません。 これが”歳をとると時間が経つのがはやい”といいますが、 歳にまつわる日本語のセリフ、 ”もう聞き飽きました” (/ _ ; ) ????????????????????????????????????????????? 先週末(10月7日)フランスも、いきなり気温が全国的に10度以上下がりました。 いきなりですから、この [続きを読む]
  • 自転車事情から見えてくるフランス
  • 日本に帰省するたびに”ホッ”とする光景のひとつ。 それは日本の自転車の無防備な姿。 無防備でいれる”安全な国”日本。???????? これはフランス人たちも日本に観光に行くたびに感動しています!!! *道路に駐輪するための鉄の柵に、前方、巻きつけた鉄製のチェーン。後方にも”危険区域”で駐輪するための予備のチェーンが!!  この写真が日本の自転車事情、”無防備”というのが ご理解いただけますでしょう [続きを読む]
  • フランス人はおしゃべり好き?
  • ”フランス人がおしゃべり好きて本当ですか?” ”はい、本当です。” _φ( ̄ー ̄ ) *マダムたち太陽のもと教会の前テラスで人生を楽しんでおられます。どんなことをテーマに???きになるーー? フランス語勉強してくださーい??(後方のマダムは聞き役でしょうか???) 特に”太陽”??の存在が、かなり重要なフランスの日常では お天気の良い日はテラス席は”おしゃべり”を求める客で満杯。 逆に、太陽のあたらな [続きを読む]
  • フランスの長い長い食卓 日曜版(Dimanche)
  • ”フランス人の食事の時間が長いって本当ですか?” ”はい、本当です!!!” _φ( ̄ー ̄ ) 以下典型的な日曜日 11時30分 アペリティフ 食前酒 *鴨肉のオンパレード。鴨燻製、フォアグラ、サラミ(豚) 飲み物は、白ワインであったり、ビールであったりコーラであったり なにしろ、子供も一緒に参加です。 食前酒といえども、お酒とは限りません。 サラミやピーナツなどのつまみがあったりなかったり。 本当のつまみ [続きを読む]
  • 【コルド・シュル・シエル】天空の城 フランスの美しい村より
  • フランスの9月。 バカンスが終わり、観光地でいっきに人が少なくなる この時期。 暑すぎず、秋晴れの空も多く なによりも、人混みで見えなかった風景が 取り戻されました! 9月! 観光におすすめです。 ALBI アルビ, TOULOUSEトゥールーズから車で50分。 ”フランスの美しい村” コルド・シュル・シエルより〜 *コルド・シュル・シエルは日本語で天空の城と呼ばれるように丘の上に建てられた村。村からは360度フランスの [続きを読む]
  • フランスの婚活?事
  • もしも、フランスに憧れる女子がいて、 フランスに来て婚活しようと思ったりしていたら ちょっと参考になる実話です。?? (クライマックスまでお話がまんしていただければ、、、) 先日フランス人が”懐疑的”というお話をしましたが、 結婚事情にもその国民的性質がでているのでは。 カップルであっても、カップルに子供がいても、 結婚をするフランス人もたくんいますが、 結婚をしないフランス人もたくさんいます。 あ [続きを読む]
  • 【ALBI】世界遺産の街アルビ、マルシェワイン試飲のおすすめ
  • フランスにせっかく旅行に来るなら、 必ず立ち寄りたいのがマルシェ。 マルシェはフランスの台所。 ”肉屋”を中心に(フランス人はお肉が大好き) フロマージュ、パン、ワイン パティスリエー、香辛料、など 日本とは違う、陳列の仕方、みたことのない商品。 ワクワクしてきます。 カメラで”ぱしゃぱしゃ”の次にオススメしたいのが マルシェで”ワイン試飲”! *アルビのマルシェ。ワイン専門店 銘柄 CARCENAC。笑顔がさわ [続きを読む]
  • フランス 空前のヨガブーム
  • とうとう、やってきたフランスのヨガブーム。 先進国のなかで”流行”というブームにそう簡単に乗らない ??♀? フランスの国民性ポイント ○フランス人は懐疑的 ○まず、疑ってかかる ○まず NON ノンという ○人のいうことを聞かない ○反対意見をいいたがる ○長い説明(言い訳)が好き ○おしゃべり大好き (フランス人の国民性の特徴を箇条書きしていて、個人的な悪口及び中傷ではありませ ん。。。チャーミングなフ [続きを読む]
  • フランスギャルのコーデとフランス人の洗濯事情
  • ↑”ファッションは今は”コーデ”という!と優しいお友達からの指摘でタイトル変更。お騒がせしました。??♀? こちらは”オヤジ”ブログではありません。?? 日本人ギャルは本当におしゃれだな〜とつくづく思います。 色々と思考錯誤して、自分の好きなもの、似合うものを 探したり、挑戦したり、 ファッションに”時間”をかけると思います。 ここフランスの若いギャルのファッション。 みなさん無難です。 フランスの若い [続きを読む]
  • フランスの新学期と次のバカンスまで。。。
  • 9月は新入生、新学期、フランスの年度始め?(もう、9月も終盤ですがぁ〜〜) *8月中旬から新学期を狙った学童用具が9月のブティックの目立つ光景となります。 長ぁぁぁい&長あぁぁぁいバカンス後、(学校は6月の最終日当たりから9月初旬まで一切バカンス!夏休み中に”学校登校日”やら”補習”など一切、一切なしっ!) すっかり、バカンス疲れで学校に戻ってくる子供達。        日本でのお馴染みの光景、4月。 [続きを読む]
  • フランスの冠婚葬祭と香典
  • 先日、お葬式がありました。 フランスでのお葬式参列はこれで3回目。 この度は親しくしているフランス人マダムのお父様のものでした。 *** 心よりご冥福をお祈りいたします。*** 3回目の経験ということで、もうかなり場慣れしてきたかと思っていましたが、 やっぱり、びっくり仰天なことが。。。 まず、フランスのお葬式は通常教会で行われます。 人口わずか300人くらいの小さな村でもこのような立派な教会が村の中 [続きを読む]
  • フランス人のベジタリアンまき寿司とコリアンダー
  • 今夜はフランス人カップル JF(ジョン・フランソワ)と連れ合いのアン の自宅に夕食を招待されました ?♪ フランス料理の写真はありません。 二人はベジタリアン。 しかも、凝ったベジタリアン料理をするということでもありません。。。。 ( ̄_ ̄ i) JFとアンは通常はピレネー山脈でシャンブルドット(フランス式民宿) を営んでいて 自給自足を目指し、この数年、畑、家庭菜園に没頭していて、 畑は拡大するのみで、二人で食べ [続きを読む]
  • バカンスとブリジット・マクロンヘアスタイルとヨガ 
  • はいはいはいー。バカンス終了ですよ〜〜〜。 もう十分休暇満喫されましたよね〜〜、マダムぅっ。 ご存知のかたも多いかと思いますが、フランスの年度の入れ替わりは9月。日本の4月にあたります。 6月の終わりに終業式や卒業式があり、9月まで2ヶ月以上の”バカンス”。 ”フランスってバカンスが多い国って本当ですか〜?” ”本当です。バカンスばっかりの国です。”(まじで) いきなりですが、私はこのバカンスの異常 [続きを読む]
  • フランス語で口元変形ありえる? 年ならありえる!
  • 最近(この1年)自分の”口元””あご”のライン、が非常に気になるようになりました。 もとから大きな口をしているけど、 ますます大きくなって、しかも、出っ張ってきた。。 ”これは絶対フランス語のせいだわぁぁぁぁっっ”     思えば26年まえロサンゼルスに住んでいた時、(当時24歳) 今でも鮮明に覚えているイケメンボーイと出会い(数十分の)がありました。 出会いの詳細はまったく覚えてないのですが ロサン [続きを読む]
  • マドマゼールからマダムへ
  • フランス語とはなんとも”微妙”な変化に敏感になってしまう外国語です。 例えば、女性にとって、とっても敏感に耳を澄ませてしまう、敬称。 マドモアゼル か マダム か ?! 当時2004年にフランスに住み始めたころ、14年前、36歳だった私。 90%のシチュエーションで”マドモアゼル”と呼んでいただきました。 その度に、口角が ”にっ”と喜ぶ自分がありました。フランス語がわからなくても この敬称だけには耳 [続きを読む]
  • フランス人マダム に敬老の日はなし!
  • 今週末のフランスは毎年恒例(9月第3週目の週末)の”Jounées du patrimoine" つまり、”国有財産の日”として、通常は立ち入ることのできない、”重要”な場所を無料で一般に開放する週末でした。 美術館 教会 政府関係のお屋敷、役所の重要な部屋(?)いつも閉ざされている秘密の場所や いつもは有料だけど、この週末は無料。ということで、今週末は人混みが避けられない週末でした。 時の日本は”敬老の日”。さて [続きを読む]
  • 過去の記事 …