たいきゅう さん プロフィール

  •  
たいきゅうさん: やり直しの家づくり〜そして超高気密高断熱住宅へ〜
ハンドル名たいきゅう さん
ブログタイトルやり直しの家づくり〜そして超高気密高断熱住宅へ〜
ブログURLhttps://taikyu.hatenablog.com
サイト紹介文請負契約後に解約、土地も越境でもめる、波乱万丈の家づくり。それでも出会えた理想の設計士と工務店。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 83日(平均3.9回/週) - 参加 2018/09/22 19:45

たいきゅう さんのブログ記事

  • 防火窓をどうするか
  • 玄関ドアに続いて、今回は防火窓についてです。我が家は住宅密集地で準防火地域です。当然、隣家との間隔はせまく、窓の防火設備が必須になります。本来であれば、全ての窓をAPW430にしたいところでしたが、防火対応が必要な窓全てにシャッターをつけるのは現実的ではないため、APW330防火窓を選んでいます。www.ykkap.co.jp窓、玄関ドアを選ぶにあたりLIXILも考えました。見た目がいいですしね〜ただ防火対応が必要 [続きを読む]
  • 玄関ドア、イノベストD50
  • 色々とバタバタ続きでブログ更新ができていませんでした。今回は玄関ドアについてです。我が家は玄関ドアにイノベストD50を採用しました。(出典元:https://www.ykkap.co.jp/products/door/innobest/merit/d50.html)もちろん樹脂複合枠仕様です。妻には重い!と最初、却下され悩みました。こどもを連れてYKKのショールームに行き開けてもらうと、「こんなん余裕じゃん!」と我が子。・・・。全くあてになりません [続きを読む]
  • 自転車屋さんと工務店
  • 番外編で今回は自転車のお話です。ふだん愛用している折り畳み自転車があります。(といってもほとんど手入れできてません・・・)以前に使っていた折り畳み自転車はDOPPELGANGER。職場をかわる際にいただいたものでしたが、故障頻発で2年弱で使えなくなりました。折り畳めるので車に乗せて移動することも多々あり重宝していました。口コミは悪くなかったのですが、やはり値段からはやむを得ないのかなと思い、次はもう少 [続きを読む]
  • ただいま壁断熱 施工中
  • 我が家は現在住んでいる賃貸マンションから徒歩30秒のところに建築しています。なのでマンションの自宅からは外観がよく見えます。ただ中の進行状況は全くわかりません。そして近いのに、朝はバタバタで、帰宅後はもう暗く、なかなか平日は現場を見に行くことができません。朝たまたま少しだけ時間があり、差し入れがてら中をちらっとみてきました。すると、いつのまにか断熱材が!!我が家は付加断熱です。内断熱は高性能グラス [続きを読む]
  • ホームインスペクション2回目〜上棟後〜
  • 先日、上棟後のホームインスペクションを実施してもらいました。住宅瑕疵保険の検査とは別の第三者機関によるチェックです。初回は基礎配筋検査でした。taikyu.hatenablog.com今回は2回目。上棟後のチェックでした。休みの日でしたので少し立ち会うことができました。(といっても離れてみてただけですが)1時間半ほどかけて隅々までチェックいただきました。報告書をみると、柱の径、筋交いの厚み、釘の間隔、金物のビ [続きを読む]
  • 南窓、APW430
  • 上棟を終え、外からの変化はわかりにくくなりました。一方で家の中では着々と工事が進んでいます。先日、出勤前に棟梁にご挨拶がてら中も見てきました。サッシがはめ込まれていました。そしてAPW430大開口スライディングドアです。www.ykkap.co.jp我が家は南側の間口は広くありませんが、少しでも日射取得すべく、1Fは大開口スライディングを2つ設置しています。日射取得型で熱貫流率(Uw)は 1.24、日射熱取得率 0.4となってい [続きを読む]
  • ついに上棟
  • 夜中の寒さが少しずつ厳しくなってきました。(もちろん北海道と比べれば笑い話レベルかもしれませんが)netatmoで日々温熱環境を確認していますが、換気はかなり安定してできるようになってきました。といってもレンジフードを夜間弱運転で回し続け、リビングの給気口を閉じ、寝室ドアを開けるという日々の準備対応が必要です。それでこの気温、明け方冷気が部屋の床上を吹き抜けていく感覚です。布団で雑魚寝している我が家に [続きを読む]
  • 家の換気状況をCO2で測る②〜netatmo〜
  • 先日、自宅にてnetatmoで測定した二酸化炭素濃度についての記事を書きました。taikyu.hatenablog.com先日の結果をみてドキッとしたため、夜に改めて色々と条件を変えてみました。それで以下としました。・賃貸マンション、寝室 (同じ)・こども複数+大人2人 (同じ)・netatmo設置場所はカーテンレールの上 (同じ)・寝室ドアは開放 (同じ)・窓は閉めている (同じ)・浴室の換気扇は就寝前から5時間ほど衣類を乾か [続きを読む]
  • 家の換気状況をCO2で測る〜netatmo〜
  • 新居に入居後に使えるようにと温度湿度計を探していました。 それで我が家のお世話になっている工務店の担当者で換気空調のプロ?マニア?に聞いて教えてもらったのがこれ↓↓「netatmo」です。少し値段が高いかもしれませんが、これのいいところは、スマホアプリやパソコン上でいつでもオンラインで温熱環境が確認できることです。通常のセットでは、外部設置用、室内設置用がセットになっております。アプリは無料で利用できま [続きを読む]
  • 土地の探し方③〜メーカーを先に決める?それとも土地を先に探す?〜
  • いよいよ上棟が迫っています。天気がいいことを祈るばかりです。それで土地探しについて。メーカーを先に決める?それとも土地を先に探す?です。とくに人気エリアで家を建てる場合は条件に合う土地がいつ出てくるかわかりません。なので個人的な結論としては、同時にはじめるのがいいのかなと思います。①メーカーを先に決める<メリット>・家づくりのプロが味方で心強い。・土地のよしあし、とくにそのメーカーの家づくりに [続きを読む]
  • 土地の探し方②
  • 前回土地の探し方について書きました。よくあるのが、新築で建てる場合にメーカーを先に決めるか、土地を先に探すか、という論争があります。わたしも最初は「土地を自分で探して契約するなんて大変なこと怖くてできない!」と思っていました。でも実際自分で探して契約して、非常に大切な人生経験になりました。そのときに助けになったのが、住宅取得の第三者機関です。前回書いたような、土地の探し方を教えてもらいまし [続きを読む]
  • 土地の探し方①
  • 現在土台伏せ含め、上棟に向けて着々と進んでいます。来週は上棟、楽しみです。さて今回は少し話を変えて土地をいかにしてみつけたかというお話です。もともと土地持ちの場合、いいですね。費用面も助かるし、迷う余地もないですし。で土地探しからする場合はどうか。我が家は住宅購入を最初からサポートする第三者機関と契約してずいぶん助けてもらいました。でも任せっきりで見つけてくれるわけではありません。どう探したら [続きを読む]
  • 基礎工事ほぼ完成、基礎外断熱
  • 前回も書いたように我が家の基礎がほぼ完成しました。我が家は基礎外断熱です。断熱材はパフォームガードを使用してます。下の写真は少し前の画像です。底板に10cm施工し、しかも底板全面に施行しています。さらにいまの写真がこちら。こちらは深基礎部分です。ここも外断熱でしっかりと覆っています。白アリについてはリスクを0にすることはできないですし、素人なりに色々考えましたが、どの方法がベストということはな [続きを読む]
  • 基礎工事ほぼ完成、工事監理報告書
  • 我が家の基礎工事がほぼ完成しました。予定より2週間程度遅れておりましたが、しっかり施工してもらえたと思います。施行の精度も、配筋検査を建築士の工事監理、瑕疵保険の検査に加え、第三者機関のホームインスペクションも行い、万全のチェック体制を整えました。立ち上がりのコンクリート打設前にも、再度建築士さんが監理に来てくれました。我が家の建築士さんは遠方から来ていただいてます。そして毎回工事監理の記録は [続きを読む]
  • 基礎配筋検査、ホームインスペクション
  • 先日基礎の配筋検査がありました。わたし自身は立ち会えませんでした。まあ立ち会ってもよくわかりませんが。我が家は第三者機関に依頼してホームインスペクションをお願いしました。インスペクションはたいていどこも全工程中5回くらいが標準なようです。それで初回が配筋検査。やはりきちんとした施工を確認することはとても大切だと思います。施主がみても所詮素人です、やはりプロの目、それも中立か施主側の立場の人が [続きを読む]
  • iDECO、イデコ、いでこ①
  • ふだんよく拝見させてもらっている方のブログにiDECOのことが書かれていて気になったので記事にしてみました。我が家は家づくりをはじめたタイミングで、住宅関連の専門FPさんがいる会社に相談しました。そこで作成してもらったキャッシュフローをきっかけに、資産運用のため投資専門のFPさんを紹介いただきました。それで「iDECO(イデコ)」です。私が加入した当初はiDECOという名称はなく、個人型確定拠出年金、あるいは4 [続きを読む]
  • その設計は太陽の高さ、考えられてますか?
  • 前回基本設計の時に、違いを感じた点についてコメントしました。taikyu.hatenablog.com我が家を設計してくれた建築士の方のブログに太陽の高度について書かれていたので、気になって確認しました。最初に契約したメーカーや、外部委託先で紹介された建築家の方は全くコメントはありませんでした。でも今の建築士の方と工務店の方は最初に面談する前に、太陽高度のシュミレーションと、敷地を下見して近隣の住民の方に聞き取 [続きを読む]
  • その図面どこまで書いてありますか??
  • 我が家は最初のメーカーとは請負契約を結んですぐに解約、そして今の建築士、工務店と巡り合いました。最初のメーカーとは実はとても長い付き合いでした。特に土地が見つかるまでは担当の営業マンをとても信頼してました。年単位で見つけた土地が決まり、いよいよ設計がはじまります。設計は外部の委託の建築士でした。打ち合わせの時間が忙しくてもてない、だけどこだわりたい、そんな中で メーカー ⇒ 建築士 という形を選びま [続きを読む]
  • BELS(ベルス)って知ってますか??
  • BELS(ベルス)って聞いたことありますか?恥ずかしながらわたしも今の建築士さんに出会うまで聞いたことがありませんでした。引用元:tech.nikkeibp.co.jpBELSとは・・・「ベルス」と読みます。「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略です。建物の一次エネルギー消費量を算定することで、建物の「省エネルギー性能」「燃費」を評価比較できます。それで先日BELS評価書をいただきました。 [続きを読む]
  • サステイナブル先導事業
  • 先回、補助金について書きました。taikyu.hatenablog.comその中で我が家は補助金は以下のサステイナブル先導事業を申請予定です。やはり基本となるのは「超高断熱」ですね。当初はLCCM住宅のプロジェクトを考えていましたが、太陽光をさらに+4kWのせる必要があることで断念しました。イニシャルコストもかわることが一つ。さらに10年間は売電するのでいいのですが、その後は増設分も含めた自家発電量を消費できるのかとい [続きを読む]
  • 目標とする性能は??
  • 家づくり、とくに温熱性能について勉強していくと、Ua値やQ値、またC値に出会います。これは基本的なスペックですね。わたしが勉強した中で感じたことは、住宅ももう1歩踏み込んだスペックの数値化を確認したほうがいいのではということです。どういうことか。例えば車ではカタログに燃費が当然のように記載されており各社それを競っています。(そのせいで偽装などおきてしまった側面もありますが・・・)車ではリッ [続きを読む]
  • こんなにあるの!?補助金って
  • ZEH、ZEH+、地域型住宅グリーン化事業、サステイナブル先導事業。どこまで聞いたことがあるでしょうか?またメーカーからどこまで提案されたことがあるでしょうか?引用元:http://www.nice.co.jp/nbr/2018-04-01_2136/03.htmlZEHは有名ですね。住宅展示場へ行くと大手ハウスメーカーでもZEHのポスターや旗だらけですね。さらに上のZEH+も見かけるようになりました。我が家が最初契約したメーカーは大手ではなく小規模な [続きを読む]
  • 考えるのは住宅ローンだけ?〜資産運用〜
  • 住宅ローンをどうするか。家づくりにおいて大きなテーマだと思います。どの銀行が金利がいいか、変動金利か固定金利か、夫婦でローンを組むならどう組むかなど話題はつきません。ちなみに我が家は、夫婦ペアローンにしています。共働き夫婦でローンを考える場合、選択肢は、・ペアローン・連帯保証型・連帯債務型が挙げられます。(この詳細は専門家の方の記事がたくさんあるため割愛します)また金利については我が家は、土地 [続きを読む]
  • 建物燃費ナビ
  • 建物燃費ナビ、聞いたことがありますか?パッシブハウスジャパンが監修・開発したツールで、省エネ住宅設計支援ツールと銘打っています。http://passivehouse-japan.org/ja/econavi/簡単にいうとどれくらい省エネ化を数値化したツールです。これを元に電気代を予想もできるんです。建物燃費ナビで算出した、我が家のスペックは以下の通りです。Q値 1.08 Ua値 0.276暖房負荷 18.79 kWh/m2・年冷房負荷 20.94 kWh/m2・年総一 [続きを読む]
  • 家づくりの予算はなんとなく決める!?
  • バタバタしていて更新が遅れました。家づくりの予算についてです。みなさんはどうやって予算を決めているのでしょうか?まさかローンの借入上限額!?それはさすがに危険ですね。我が家は、住宅取得を最初からサポートしてくれる第三者機関に相談していました。なのでキャッシュフローという将来に渡った家計簿のようなものを作成してもらい、それをもとに予算を決めました。キャッシュフローでは、光熱費を含めた住宅関連 [続きを読む]