佐々木彩香 さん プロフィール

  •  
佐々木彩香さん: よりよく生きたい
ハンドル名佐々木彩香 さん
ブログタイトルよりよく生きたい
ブログURLhttps://www.yori-yoku.com/
サイト紹介文キャリアや職業を考える&キャリアコンサルタント試験対策のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 24日(平均10.2回/週) - 参加 2018/09/23 00:06

佐々木彩香 さんのブログ記事

  • 「おーきくなったらなにになりたいですか?」←難しくねぇ?
  • 幼いころから、ことあるごとに「おおきくなったら何になりたいですか?」なんて聞かれるけど小さい子どもに難しすぎるだろ、その質問!それがわかんない大人もいっぱいいるわ!!みたいな気分です。はい。そもそも、何故それを子どもに聞きたいんだろうか……?小さい子どもが知っている大人の姿、職業の種類は数えるほどしかない。当然、その中からしか答えられない。「パパのお嫁さんになる〜!」とか「ようちえんの先生になる〜 [続きを読む]
  • なんのためにシゴトしますか? 仕事選びの時に考えたいこと。
  • 近年、好きなことを仕事にして生きている人がカッコよくて、そうでない人はダサい……みたいな風潮があるけど、決してそんなことはない。好きなことで生きるのが、正しいとも幸せとも限らない。「好きなことして生きていく」ブームの今日だけど、好きなことを仕事にするのが絶対幸せとも限らないし。それを求めない人もいるし。大事なのは自分自身が納得できる仕事選びの基準をもつことだよね〜― 佐々木彩香@マンガでキャリア [続きを読む]
  • キャリコン合格発表日。不合格だったあなたへ
  • 本日は、国家資格キャリアコンサルタント 第9回試験の合格発表日でした。合格された皆様!おめでとうございます!!そして惜しくも不合格だった皆様へ……今日はその「不合格」へ寄せてお伝えしたいことを記します。大人になっての不合格はしんどい試験に不合格になるという事実は、歳を取れば取るほどしんどいものです。仕事に対する頑張りなどへの評価はふんわりとした部分があるのに対し、資格試験の結果として受け取 [続きを読む]
  • ここがツラいよ、キャリコン試験勉強
  • キャリアコンサルタントになるための勉強の中で、私自身が一番辛かったと感じたことについて書く。そう。試験勉強のためにお酒が飲めなかったことだ。冗談です。それは二番目に辛いことでした。(二番目だったことは紛れもない事実)一番辛かったこと一番辛かったのは、実技(面接)練習を重ねて自分自身とトコトン向き合った結果、見たくない自分の気持ちや姿まで見ざるを得なかったことだ。キャリアコンサ [続きを読む]
  • 第1回・新しい&珍しい職業いくつ知ってますか選手権
  • 世の中の職業いくつ知ってる?この国にはいろーんな職業があります!さて、自分自身のキャリアに悩むあなたも!就職・キャリア支援業界のあなたも!教育業界のあなたも!世の中の職業・・・いくつ知ってますか??そこで開催!第1回・新しい&珍しい職業いくつ知ってますか選手権〜〜〜〜!!つまり、職業クイズです!国内に数名しかいないような職人業や、超特殊な職業は出題していません。国家資格であるものや、ある [続きを読む]
  • 「本当の自分」という言葉への違和感
  • 本当の自分を発見!新しい私になる!自分探し!そんな表現をよく耳にする。しかし、私はなんだかその表現に違和感を覚えてしまう。違和感を覚えるようになったのは、大人になってからのことだ。以前は自分もそのような表現を使っていた。大学2年生の頃、キャリア形成や自己理解という分野に関心のあった私は、自分で企画したイベントのタイトルに「自分探し」というキャッチコピーをつけた。高校生と大学生を対象にした [続きを読む]
  • つらかった気持ちを無かったことになんて、しなくていい
  • つらいことや悲しいこと、悩みを人に話したときにありがちなこと。「大したことないよ」とか「よくあることだよ」とか「その悲しみを乗り越えよう」とか。そんなことを言われる。励ましてくれているんだと思う。いつまでも落ち込んでいないで、前向きになろうよ、と。それはありがたい気遣いでもある。しかし、そもそも無理して辛い気持ちを乗り越える必要がない時だってある。辛い経験をして、それが今の自分に影響を与えてい [続きを読む]
  • キャリアアップという言葉、使うのやめたらどうかしら
  • 「キャリア」とつく言葉はたくさんある。キャリアアップキャリアウーマンバリキャリ……キャリアという言葉にはいつも、「上げるもの、登るもの」というイメージがつきまとう。ではそもそも、「キャリア」とはどのような意味だろうか?厚生労働省の定義「キャリア」とは、過去から将来の長期にわたる職務経験やこれに伴う計画的な能力開発の連鎖を指すものです。「職業生涯」や「職務経歴」などと訳されます。(引用)平成14 [続きを読む]
  • 最近の若者は夢がない…………と思いきや意外とあるんだな
  • 最近の子どもたちには、若者には、夢がない。目標がない。理想がない。目的もなく大学へ進学する。就職活動の時に苦労をする。そんな指摘がなされて久しい。本当に若者には夢も理想もないのか。日頃から公立私立を問わず、さまざま高校に出入りする進路相談屋さんの視点から、今日の子どもたちの夢について考えてみる。 高校生の進路相談屋さんの実感 何が問題なのか たくさんの大人に出会えるといい高校生の [続きを読む]
  • 今日の一冊:『女子高生の裏社会』
  • 私たちキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーは、主にクライエントの望む働き方や生き方についての相談を受ける。世の中には身の安全が脅かされていたり、食事もままならなく生存自体が脅かされている人もいる。たとえば、虐待やDVを受けていたり、生活がひどく困窮していたり……。実際にカウンセリングを行う場面でキャリアコンサルタントがそのような方々に出会ったら、それは「専門外」であるため無理に一人で対処し [続きを読む]