happyfamilymama さん プロフィール

  •  
happyfamilymamaさん: happyfamilymamaの中学受験
ハンドル名happyfamilymama さん
ブログタイトルhappyfamilymamaの中学受験
ブログURLhttps://happyfamilymama.hatenablog.com/
サイト紹介文心の疲れない中学受験を目指したい。子育てのこと、試行錯誤の学習方法などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 8日(平均30.6回/週) - 参加 2018/09/23 09:55

happyfamilymama さんのブログ記事

  • 子どもの主体性
  • 4年生からサピックスに通い始めて、我が家の生活は少しづつ変化してきました。放課後は毎日のように遊んでいたのが遠い昔のことのようにも思えます。あれから1年半が経ちました。正直、思っていたよりも大変な世界でした。子ども達は受験勉強の他に、学校生活、行事、習い事とやりたいこと、やるべきことがたくさんですね。自由に遊ぶ時間だって必要です。なるべく本来の生活を犠牲にせずにそれでも受験で結果を出すにはど [続きを読む]
  • 戦略を考える
  • 当然ですが、中学受験、それぞれのお子さんが持っている受験までの持ち時間は限られてますよね。その持ち時間をどう使うかが勝敗のキーだと言っても過言ではありませんよね。私は、就寝時刻には厳しく9時以降は勉強しないようにと言っています。4年生は9時半には5年生は10時前には消灯。約束が守れない場合は中学受験の道はなし。これは私への戒めでもあります。短い時間で息子が結果を [続きを読む]
  • 読書について
  • 息子は本を読むのが大好きです。英語力の向上、帰国後の日本語のキャッチアップ、あらゆる場面で「読書」が彼を育ててくれ、支えてくれたと思います。平仮名を覚えるのが特別早かったこともなく長い間読み聞かせをしていました。ジャンルは様々ですが、昨年(4年生)前半はジュール・ヴェルヌの小説に無中になり「神秘の島」「二年間の休暇」「地底旅行」などを読破していました。今年の前半は「ホーキング博士のスペース [続きを読む]
  • 子供が先生になる
  • 「その子に合った」学習方法が大切であることは以前書きました。我が家でもどんな学習方法が息子に合っているのか試行錯誤してきました。今日はその学習方法の例を書きます。今月からサピックス5年生では歴史の授業が始まりました。覚えることがたくさんあります。 インプットとアウトプットを繰り返せば 自ずと覚えられるかもしれませんが、歴史は流れが大切ですよね。断片的に記憶していくと覚えにくい上に後で総 [続きを読む]
  • 無駄な学習時間を省く。
  • 私は、夫の海外赴任をきっかけに退職して専業主婦をしながら米国公認会計士の勉強をしていました。仕事がないとは言え家事と育児に加え、学校、習い事、友達の家、どこに行くにもクルマの送迎が必要だったため子供が学校にいる数時間が勝負でした。いかに効率よく学べるか毎日試行錯誤していました。まず、大量の問題演習をするのですが、動画の中の先生は「7回解いてください。そうすれば出来るようになりますよ!」と仰います。 [続きを読む]
  • 先取り学習
  • 先取り学習をするか、しないか悩むご家庭も多いのではないかと思います。私も何度か考えました。結局、我が家では先取りは殆どしませんでしたが、理由は主に二つあります。①子ども自身の意見初めて先生に教えてもらう時の「知の喜び」を楽しみたいと言っている。先取りするか、しないかは2年生以降、時々相談しています。②私の意見中途半端に知っていると、新鮮さが減り、あまり熱心には聞けないのではないか。で [続きを読む]
  • わが家の掟
  • 我が家には厳しい掟があります。それは就寝時刻です。4年生の時は9時半、5年生の今は10時までに布団に入ることを約束しています。 でも、実はこの就寝時刻、 息子ではなく 私へのプレッシャーです。 日常的に就寝時刻が遅れることが続いたとしたら それは 私に責任があると思っています。 課題の量は適正か。 だらだらとやっていたとしたら 体調はどうなのか。 中学受験ではたくさんの家庭学習が必要ですが課題の分散化を図って [続きを読む]
  • でこぴん
  • 学習効果を上げるためには集中力が大切ですよね。適度な休憩を入れて、集中力の維持につとめますが相手は小学生・・・なかなかそれだけでは。我が家では勉強に遊びを取り入れています。「え?虐待?脅迫?」と言われてしまうかもしれませんが子どもが気に入っているので時々やっています。それは「でこぴん」。計コンなどで間違ったらデコピン。そのかわり、彼が全問正解もしくは私も解いていて私が負けたら [続きを読む]
  • 間違った問題の分析
  • 親や先生は口を酸っぱくして受験生の子ども達に言いますよね。「なぜ 間違ったのか 原因を考えようね」私も言います。そのうちに子ども自身が「計算まちがい」「読み違い」など間違った理由を書くようになりました。ただこの先が肝心ですよね。「どうやったら この計算間違いは防ぐことができたのか」「どうしたら この読み違いを防ぐことができたのか」私は改善の方法を尋ねます。「もっと丁寧に解 [続きを読む]
  • 先取り学習
  • 先取り学習をするか、しないか悩むご家庭も多いのではないかと思います。私も何度か考えました。結局、我が家では先取りは殆どしませんでしたが、理由は主に二つあります。①子ども自身の意見初めて先生に教えてもらう時の「知の喜び」を楽しみたいと言っている。先取りするか、しないかは2年生以降、時々相談しています。②私の意見中途半端に知っていると、新鮮さが減り、あまり熱心には聞けないのではないか。で [続きを読む]
  • 親も人間 聖人君子ではない。
  • 今の時代、都心には核家族が多いからでしょうか。育児に悩んでいても、誰にも助けを求められない、助言を求められない環境にいる人が多いからか、育児に関する書籍って山ほどありますよね。中学受験に特化したものも、たくさん出版されています。私も息子を生んでから、悩むこともあり、数々の育児本を読みました。買うの勿体なくて、立ち読みさせてもらったり、図書館で借りたり。魅力的な見出しを見ては、思わ [続きを読む]
  • サピックス 偏差値70の正体
  • 私は中学受験、高校受験、大学受験を経験しました。 その度に模試も受けていました。 でも、全科目の偏差値で70なんて取った覚えは ありません。 そういう成績を取る人は、 正答率50%以上の問題なんて間違えない、 とても難しい問題だけを間違えていると勝手に思い込んでいました。 しかしながら、息子のテストを見て、その考えは間違っていたことに気づかされました。 正答率50%どころか、98%の 大問1の(1)の最も [続きを読む]
  • サピックスと習い事の両立
  • サピックスに入塾するときに、習い事をどうするべきか検討しました。結局、入塾と同時に帰国子女受験向けの英語スクールをやめました。テニスとピアノは本人の意向もあり続けました。英語も迷いましたが、予習復習に週2時間ほど費やすのと、当時、読書=洋書になっており、語彙力も英語>日本語となっていたので日本語に優先を置くためにも、英語はやめました。5年になった今も、テニスとピアノは週一回のペースで [続きを読む]
  • 子供のことをよく知る
  • 我が家では、以前にも書いたように 入塾まで先取りもしていませんでしたし、遊ぶ時間を大切にして育ててきました。 とはいえ、放置はしていませんでした。 息子が興味を持ちそうなものを提示したり、 一緒にやってみたりはしていました。 学習も同じで、子供のことをよく知ることから始まると思います。例えば、 ◆この子は、漢字はどれくらい書いたら覚えて、一旦覚えても何週間位経つと忘れるのか。 ◆計算するときは、どんな方 [続きを読む]
  • 塾の選び方
  • サピックスの教材を読んでいて思うのは基本問題が少なく、1回目の授業からあっという間に難易度が上がるなと。4年生はゆっくりですが、5年生になると、スピードも増します。いつ、ついていけなくなっても、おかしくないなと。私は息子がサピックスに入る前に決めていたことがあります。上位3分の1に位置にいられないのであれば、きっぱりと見切りをつけて、別の塾にしよう。それが息子にとってハッピーだと。今も [続きを読む]
  • サピックス 入塾対策
  • 新4年生からサピックスに通うことを検討されているご家庭の多くは秋の入室テストを受けられるのではないでしょうか。我が家も11月に試験を受けたと記憶しています。それまで受験向けの勉強は何もしていませんでしたが、さすがに9月頃に校舎に電話をして、対策方法を伺いました。その結果、算数は計算問題、一行問題のためにサピックス校舎で販売されてる「パワーアップトレーニング」を、思考力系の問題対策として「き [続きを読む]
  • アメリカ赴任 どこに住む?
  • アメリカでの学校生活や教育についても何度かに分けて書いていきたいと思いますが、時間がかかりますし、あまりプライベートな情報は書けませんのでもし、アメリカに行くことになって、子どももいるし学校や住む場所のことで相談されたい方はコメントをください。個別でお応えできるようにしたいと思います。ちなみに、3年前までニューヨーク州のウエストチェスターに住んでいました。自然豊かで、全米トップレベルの [続きを読む]
  • 私の教育観
  • 私は海外経験は大人になってからで、日本育ちです。中学受験をして、国立の中、高、大学へ進学。日本の中でもトップレベルと呼んでよい教育環境にいたと思います。アメリカ赴任が決まって、学齢期に入る子供をむこうで育てると分かったとき、英語は上手になるだろうけど、アメリカの学校に対してあまり良いイメージは持っていませんでした。偏見です。私のイメージは・行儀悪そう。・ジャンクなど不健康な食べ物が [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 1970年代後半に兵庫県で生まれ、神奈川県で育ちました。4年生から日能研に通い、中学高校は都内の国立高校へ、そして都内の国立大学へ進学しました。就職して4年目に結婚、6年目に出産。2年間の育児休職の後、時間短縮勤務で復帰しました。2歳の子供を持ったワーキングマザーは大変でした。やっと慣れたと思った3年目、夫がアメリカ勤務となります。子育てに専念したいこともあり、思い切って退職。ついていき [続きを読む]
  • サピックス
  • 息子は4年生からサピックスに通っています。アメリカに2年生までおり、英検2級を持ち、保持するためのスクールにも2年間通い帰国子女受験も少し考えました。けれど、帰国子女受験は受験資格という壁があります。2年生で帰国した息子には大きな壁です。もちろん合格される方もいます。本人の将来の夢が理系の職業であったこともあり、理数系に力を入れている中高を探すとなると、帰国子女受験で受けられる学 [続きを読む]
  • ブログ始めます。
  • こんにちは!Happyfamilymamaです。たいそうな名前をつけましたが、家族がハッピーでありますように!と願う、一人の母です。私には11歳の男の子がおります。その子の子育てで取り組んできて良かったこと、イマイチだったこと、そんなことを書き残して、もし、どこかで 育児で悩んでいらっしゃる方がいらしたら、その方の気持ちを少しでも軽くできたらなと思い、ブログを始めることにしました。私も見知らぬ [続きを読む]
  • お引越しします
  •   突然ですが、このブログをお引越しします。   お引越し先はこちら  happyfamilymama の中学受験  書く内容は変わりません。  もし私のブログを気に入っていただけた方がいらっしゃいましたら、引き続き上記のサイトにお越しいただけるとうれしいです。  よろしくお願いします。  happyfamilymama [続きを読む]
  • 米国公認会計士の勉強が役に立つ
  • 私は、夫の海外赴任をきっかけに退職して専業主婦をしながら米国公認会計士の勉強をしていました。仕事がないとは言え家事と育児に加え、学校、習い事、友達の家、どこに行くにもクルマの送迎が必要だったため子供が学校にいる数時間が勝負でした。いかに効率よく学べるか毎日試行錯誤していました。まず、大量の問題演習をするのですが、動画の中の先生は「7回解いてください。そうすれば出来るようになりますよ!」と仰います。 [続きを読む]
  • でこぴん
  • 私は勉強が嫌いではなかったですが、 やっぱりずっとやっていると 飽きますよね。 遊びたい盛りの子どもなら尚更ですよね。 適度な休憩を入れることで 集中力の維持につとめますが なかなか それだけでは・・・ 我が家では勉強に遊びを取り入れています。 聞かれたら「え? 虐待じゃない? 脅迫?」と 思われるかもしれませんが、 子どもが気に入っているので 時々やっています。 それは 「でこぴん」 キソトレや計コン、漢字 [続きを読む]
  • 間違った問題の分析
  • 親や先生は口を酸っぱくして 受験生の子ども達に言いますよね。 「なぜ 間違ったのか 原因を分析しようね」 私も言います。 そのうちに 子ども自身が 「計算まちがい」「読み違い」など 間違った理由を書くようになりました。 ただ この先が肝心ですよね。 「どうやったら この計算間違いは防ぐことができたのか」 「どうしたら この読み違いを防ぐことができたのか」 「理由が分かったら、具体的に これから取るべき方法を [続きを読む]