今庄和恵@神戸元町コネクトロン さん プロフィール

  •  
今庄和恵@神戸元町コネクトロンさん: 仮称)コネクトロンのブログ
ハンドル名今庄和恵@神戸元町コネクトロン さん
ブログタイトル仮称)コネクトロンのブログ
ブログURLhttp://connectronkobe.hatenadiary.jp/
サイト紹介文ギルトフリー(罪悪感からの解放)を目指すコネクトロンのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 20日(平均14.7回/週) - 参加 2018/09/23 13:38

今庄和恵@神戸元町コネクトロン さんのブログ記事

  • 4)貧乏オリンピック
  • 忘れてません、忘れてませんよっ。母の施設引っ越し問題が少し進展しました。うちに来てもええで、といってくださる施設がようやく見つかったのです(歓喜。とはいえ、まだ気は抜けません。契約を成立させるまでにいくつか関門がありますし、無事契約成立したとしても、その後の富山から神戸までの引っ越しをするための介護タクシー代が20万円とか(あはははははは。稼がなくてはなりません!どうかみなさん、セッションを [続きを読む]
  • 圏外編集者/ルースターズ/爆裂都市/ピアノちゃん
  • 4部構成です。1:圏外編集者2:ルースターズ3:爆裂都市4:ピアノちゃん【1:圏外編集者】自分で言うのはちょっとこっぱずかしいのですが、これまで度々「いまぷさんてパンクだね」と言われたことがあります。それを言ってくださった方にとってパンクとはなんなのか、そして私のどこを見てパンクだと思われたのか、それはいちいち確認してませんけど、概ね褒め言葉として受け取ってます。言われて嬉しいです。私も、パンクっ [続きを読む]
  • 続)イヤとかキライとかって言うの、そんなにダメなこと?
  • これ↓の続き。みなさんご存知のように(知らんか)母の施設転院のためにかなり頻繁に富山に行ってます(”帰る”とは言わない。役所と施設と銀行をまわることだけが目的、ほとんど出張のノリです。出張の楽しみといえば旅先でのおいしいものですよね♪顔なじみのお店ができました。おいしいんですよっ、お酒もお料理も。ここを訪問するためだけに富山にわざわざ行ってもいいくらいです。いつも一人でカウンターの隅に陣取っ [続きを読む]
  • ご相談)友だちって必要なんですか?
  • 夏休みのお楽しみ、「夏休み子ども科学電話相談」これを聞いていたことで、例のキラーコンテンツが生まれてしまったわけです。アナウンサーがですね、電話口の向こうの質問者を紹介します、「はい、次のお友達は〜さんです」と。この場合の「お友達」は二人称なんですね、決してアナウンサーのお友達ではなくてね(当たり前。ほら、教師とか美容師とか「師」業における二人称が「先生」と同じで(同じなのか?)。「先生」が「 [続きを読む]
  • 癒し系とか女神とか言われて困る
  • 質問箱に質問を頂戴いたしました。https://peing.net/ja/q/caba8dda-e080-4111-919b-f3ab3a97b6aa※そ◯ぽの家S灘大石も見学してきましたよw井川遥の登場とともに「癒し系」という言葉が広まったように記憶しています。癒し系と言葉が世間を席捲(”せけん”に”せっけん”ってシャレ?シャレなの?)し始めた頃、知人の夫氏から「あなたは癒し系ならぬ逆撫で系だね」と言われ、その場にいた全員が膝の皿を叩き割って、そして私に [続きを読む]
  • 定年後再就職した夫にあと5年働いて貰うためにはどうしたらいいか
  • 質問箱に質問を頂戴いたしました。https://peing.net/ja/q/27325075-1b6b-4883-8dd8-d87aa3ba2257※ネットで表示される広告は介護施設のばっかwお題をみて、あ、これはサイコロ案件であるな、と思いました。択一のお題は「ご主人さまを働かせるか否か」です。働かせる、ってひどい言い方ですけど。その是非をみた上で、じゃあ奥様はどうすればいいか、となるのです。働いていただくことが大前提になっていることがひっかかりました [続きを読む]
  • 3)貧乏オリンピック
  • 忘れていません、忘れていませんよっ。母の施設探しに息も絶え絶えになっているだけですよっ。チャオさん、もう一度セッションを受けてくださいました。そこでいろんなことが氷解したのですが、あまりに達者な文章を書かれるので、レポートをお願いしました。すごくまとまっていて、ご自分の中での”風が吹けば桶屋が儲かる”のプロセスもわかりやすいです。みなさんにとっても参考になる内容だと思います。たいへん読み応 [続きを読む]
  • 2018年09月の読書メーター
  • 9月は読了、その脚で映画館(もしくはAmazon)へ、ということを3作もしました。原作は手にしてませんが話題の「カメラを止めるな!」も見ましたよん。1ヶ月で4本も映画を見るってのは、私にしては超ハイペースです。9月の読書メーター読んだ本の数:26読んだページ数:5553ナイス数:137 (講談社文庫)" align="left" />泣き虫しょったんの奇跡 完全版 (講談社文庫)の感想読み終わったその足で映画館に行ってしまいました。読 [続きを読む]
  • 疫病神と縁を切るにはどうすればいいか?
  • 質問箱にお題を頂戴いたしました。https://peing.net/ja/q/c1c7cd23-0703-42dc-a479-6d67a2cf0023疫病神はどこにいる?あなたの中に。なぜいるのか。いた方がメリットがあるから。どんなメリット?疫病神(病気)のメリットはただひとつ、「病気のせいで◯◯ができない」したいことがあるけど環境がそれを許さないとき、でも環境のせいにできないとき、病気にそれを(どれ?)肩代わりしてもらいます。したいことがあるけど、一歩 [続きを読む]
  • イヤとかキライとかって言うの、そんなにダメなこと?
  • 私は”とろろ”が嫌いです。だからといって、”とろろ”が好きな人を嫌いなわけありません。でも。私が”とろろ”を嫌いだと知っているのに、それを食べることを強制する人がいるならその人はイヤです。いえ、イヤではありません(どっちやねん。その人がイヤなのではなくて、”とろろ”を強制されることがイヤなのです。でも”とろろ”を強制されることが続いたら、その人もイヤになっちゃうでしょうね。いえ、なりませ [続きを読む]
  • 死にたくなりました
  • やっと、やっとこのブログに新しいエントリーを放り込める体制が整いました(激嬉)。みなさま、今後とも変わらずご贔屓のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m質問箱にご質問を頂戴しておりまして。なんとお答えしたものか、と頭を抱えているうちに多分同じ方から。そうか、そうか、死にたくなくなったのか、よかった、よかった。お返事せずじまいだったので、お気持ちにどのような変化があったのか、それを見るためにカード [続きを読む]
  • はてなダイアリーサービス終了
  • 当ブログは「はてなダイアリー」のサービスを利用させていただいていますが、来春はてなダイアリーがサービス終了とのアナウンスがありました。サービス終了後はこのブログはなくなる予定です。過去記事がなくなるのは困るので、とりあえずはてなブログにインポートいたしました。過去のすべてのはてなダイアリーをこちらに統合しております。http://connectronkobe.hatenadiary.jp/今後はこちらをご訪問いただけると喜びます。今 [続きを読む]
  • 2)貧乏オリンピック
  • ブログが更新されていませんけど、どうしましたか?というお問い合わせがゼロですけど。だってみなさんもうご存知ですものね、なぜ私がブログを書けないのか!母の施設転院問題がもはや私の脳の9割ちかくを占めております。え?はてなダイアリーの件ですか?1週間近くかかって、ようやく1本目のブログがインポートできました(嬉。http://connectronkobe.hatenadiary.jp/見た目がボロボロなのは整えていかないといけないのです [続きを読む]
  • 1)貧乏オリンピック
  • 東京オリンピック、マジで中止になって欲しい。オリンピックといえば4年に1度、目指していらっしゃる選手の方々には4年のというサイクルのタイマーが仕込まれているのではないでしょうか。タイマーといえばウルトラマンのカラータイマー、カラータイマーが作動するために起きる問題がありますが、古参の読者の方はおわかりですよね。え?わからない??バケツを持って廊下に立ってなさい!!カラータイマー発動案件といえばこち [続きを読む]
  • 牡羊座は単純で馬鹿なのか?
  • ブログが久しく更新されていませんけど、何かありましたか?とご心配いただくメールを山のように(うそ、ほんとは5通だけ)頂戴いたしました。一番心配してくれているのはFacebook。コネクトロンに新規の投稿がされていませんよ?と毎日メールをくれます。ありがとう、Facebook!私のこと心配してくれて!!ちょっと前に脳内メーカーってのが流行りましたね。ちなみにこれは曼荼羅メーカーで作った画像ですが、「救」の多さに、や [続きを読む]
  • 2018年08月の読書メーター
  • 8月の読書メーター読んだ本の数:29読んだページ数:5731ナイス数:145BARレモン・ハート(33) (アクションコミックス)の感想ひさびさに読んだのだけど、目についたのは登場人物がやたら自己紹介をすること。バーのカウンターでは隣の人との敷居は低くなるけど、こんなに簡単に本名なのるかな?それともレモンハートだから?読了日:08月30日 著者:古谷 三敏あしたの朝子の感想おもしろいのはおもしろいのだけど、この物語のオチは [続きを読む]
  • 「マカロニほうれん荘」展にいってきました!
  • 夏休みのお楽しみ、それは「マカロニほうれん荘」展!!に行ってきましたー!!!!あれは私が高校生の頃、今のように週刊ジャンプのぶっちぎりということはなく、少年サンデー、少年マガジン、それなりに売れてました。そしてジャンプと双璧をなしていたのがチャンピオン。鴨川つばめによるチャンピオンの「マカロニほうれん荘」と江口寿史によるジャンプの「進め!パイレーツ」がロックファンに大人気だったのですよ。どっちもで [続きを読む]
  • ちゃんとしなきゃ、と思ってしまうのはなぜ?
  • さ、彦摩呂の口調でみなさん御一緒に。献血ルームはネタの宝石箱や!結婚を間近に控えている、というラブラブカップル(死語?)がお越しくださいました。熱い、熱いよっ。相性を見て欲しい、と仰います。何が出ても熱々に水を差すようなことは決して言えませんね。すでに結婚が決まっている、おまけにお二人揃っているのに投げかける質問として適切ではないかな、とも思いましたが、いつもの鉄板質問をしました。参考エントリー: [続きを読む]
  • 終)丶(・ω・`) ヨシヨシできないのはなぜ?
  • 3)丶(・ω・`) ヨシヨシできないのはなぜ? の続きです。私のレス:自信をもつこと=自信過剰みたいなね。どや!は自負と矜持、これにつきますよ。自信過剰と思わされたのは頭おさえつけられたから。そんだけやん。自分だせなくて辛かったよね丶(・ω・`) ヨシヨシ まさしくです!!正当に自分を出させてもらえなかったから、歪んじゃったんですね。 自信あるのに、言うと自信過剰と思われるから言えない。けど内 [続きを読む]
  • 終)手が震えるのはなぜ?
  • 5)手が震えるのはなぜ? の続きです。生きてる限り食っていかなくてはなりません。稼がなくてはなりません。仕事のこと、お金のこと、考えないわけにはいきません。食っていくために、稼いでいくために、自分のどのリソースを使うか、どんなリソースがあるのか、また、あるのにそれを使えていないならそれはなぜか、これらの棚卸は必須作業です。主訴であった手の震えはストレスによるチック現象と判明しました。弟さんとの格差 [続きを読む]
  • 3)丶(・ω・`) ヨシヨシできないのはなぜ?
  • 2)丶(・ω・`) ヨシヨシできないのはなぜ? の続きです。私のレス:これもいただきw文章で書けそうなら、いまぷさんが、「?」と思った件も書きますが!!多分、私みたく、傷ついた子がいると知ったにも関わらず、こういうセラピーがうまくできないという二次災害に苦しんでる人って多いのではないかって思うんです。セラピーをうまくできて、感じれることができたら二次災害を味わわずに、小さい子を癒すことにすぐに取り掛か [続きを読む]
  • 5)手が震えるのはなぜ?
  • 4)手が震えるのはなぜ? の続きです。タイムラインに姿を現した3歳ちゃん、自分の考えで生きることができず、まわりに合わせてしまっていました。まわりが望むことに合わせてしまっていました、自分を押し殺して。まわり≒ご両親ご両親は弟さんとCAVAさんの扱いに差をつけていました。男の子は無条件で尊重されるのです。弟さんはやりたいことやらせてもらえていたのに、CAVAさんは進みたい道に進むこともできていませんでした [続きを読む]
  • 「裁き」2例
  • さ、彦摩呂の口調でみなさん御一緒に。献血ルームはネタの宝石箱や!どなたも憶えていらっしゃらないかと思いますが、私は1年ちょっと前までホテルのレストランでアルバイトをしていました。参考エントリー:私はなぜホテルバイトをしているのかお客様が食事を終えた後は食器を洗い場へとさげるのですが、グラスならグラス、お皿ならお皿と同じものばっかりにまとめる仕分け作業を「さばく」というのです。砂漠でも裁くでもなく、 [続きを読む]
  • ハードな仕事ばっかりなのはなぜ?
  • 50代男性さま、6月からなんか物事がうまくいかない、というお悩みでした。うまくいかなくて当たり前、これまでは特別にいい待遇だっただけだよ、と周囲からはいなされてしまうとのこと。何度か転職されています。転職のタイミングは、「もう無理」となったとき。なぜかいつも困難な部署に配属され、ほかの誰にもできないことをやらされる羽目になり、優秀さを発揮して対処するものの報われない、さらにハードルがあがる、の繰り [続きを読む]
  • 2)丶(・ω・`) ヨシヨシできないのはなぜ?
  • 1)丶(・ω・`) ヨシヨシできないのはなぜ? の続きです。*自分を許した時から、今まで右と思っていたものが左になってきています。母を愛するがゆえに私は自己否定という苦しみをずっと持っていたという出発点であると、いまぷさんから気づかせていただき、母におかしなことを植え付けられてしまったから苦しんだというのは間違いであったというところから、さらなるよしよしが始まりました。これまでは、老人になった母を見 [続きを読む]