kyoko さん プロフィール

  •  
kyokoさん: 路地裏の生活者
ハンドル名kyoko さん
ブログタイトル路地裏の生活者
ブログURLhttp://inanalley.blog.fc2.com/
サイト紹介文路地裏の町家に猫と共に暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 23日(平均6.1回/週) - 参加 2018/09/23 18:59

kyoko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 避けては通れぬゴミ出し問題
  • カテゴリを「路地の家」にしましたが、路地に限らず戸建て共通の問題に「ゴミ集積所の掃除当番」ってありませんか?同じ集積所を使う住人が当番制で、集積所の掃除をするというものです。これについては現在の住まいに引っ越す前から気になっていました。都市伝説なのではと疑ってしまうような、ものすごくルールが厳密な地区もあるとか?私は引っ越す前の週に、あいさつ回りをしたのですが、その時すぐに町内会費とゴミ掃除当番の [続きを読む]
  • 猫のいたずら防止策
  • 我が家のネコーズは妙に器用で引き戸のみならず、軽い引き出しも開けます。そのため、ベッド下収納はこのようにチャイルドロックまみれです。このベッドはスペースを縦に2分割して、片方は大物収納(ベッド座面が開く)もう一方が引出しになっています。引出しにはシーツ類と季節外の肌着などを収納しているのですが、特に軽い肌着の引き出しを開けて中身を掘り出し、引出しの奥を通って、大物収納エリアで寝るのが大好きなのです [続きを読む]
  • 猫の脱走と侵入防止対策
  • 私が現在の住まいに引っ越す前に行った、些細なDIYをご紹介します。うちの猫たちは引き戸を開けるので、玄関とLDKを仕切る引き戸には留め金を付けました。引き戸がレトロガラスを使った素敵な造作扉なので、そのデザインを邪魔しないものをAMAZON、楽天、ホームセンターで探し回り、見つけたのはこれ。小さくてわかりにくいのですが、扉側と柱側に留め金とその受け皿?を取り付けました。あまりにも見難かったのでフラッシュ撮影で [続きを読む]
  • 金消契約当日、再建築不可物件に融資がおりた訳は?
  • この日は、Sさんの会社までチャリンコで伺い、そこから営業車で信用金庫のAさんの支店まで連れて行ってもらいました。車なら20分くらいなんですが、電車とバスで行こうとするとかなり不便な場所なのです。信金で仲介業者のSさん、売主不動産業者のHさん、信金のAさんなど関係者が集合して順調に手続き完了!一瞬だけ私の口座に大金が振り込まれ、あっという間に分配されましたこのとき印象に残っているのは、売主のHさんがなぜ今回 [続きを読む]
  • 金消契約に向けて、重要事項説明&売買契約
  • 住宅ローンの申請を含め、あんなに何度も住所とサインを手書きしたことないわ。京都市内の住所って正式に書くと長いんですよ。郵便番号があれば、町名と番地で郵便も宅急便も届くのですが、住民票に記載されているのは有名な(西洞院通御池上る)押西洞院町618-2の( )内の記述も含んだもの。通りの名前が長いと、何度も手書きするのは面倒です〜ちなみに、ふだん人に住所を説明するときは( )の情報だけで通じます。逆に、町 [続きを読む]
  • 住宅ローン審査結果が出るまでの期間 オープンハウス見学
  • オープンハウスの見学に行った日は、よく晴れた非常に暑い日の午後でした。それでも表通りから見る路地は、影になっており怪しげな雰囲気です。実際には大して気温差はないでしょうが、体感温度は低め^^;自転車で乗り入れて、対象の物件の前に停めました。路地は一部が狭くなっているのですが、該当物件、つまり現在の我が家の前はやや開けていて、乗用車1台くらいなら停められるスペースがあります。向かいの家の前にも自転車が停 [続きを読む]
  • 住宅ローン審査結果が出るまでの期間
  • 地元信用金庫の京町家ローンに申し込んで、結果が出るまで、ほぼ1か月待ちました。私は長く感じたのですが、仮審査抜きの本審査だったらこんなものなんでしょうか?私は実は、この町家購入に関わる以前に、マンション購入の住宅ローンの審査を受けたことがあります。同じ信用金庫と三菱UFJ、ネット銀行に申しこみました。最も結果が出るのが早かったのは三菱UFJで、必要書類をそろえて銀行に持っていったら、30分も待つことなくそ [続きを読む]
  • 築年数は法務局の閉鎖謄本で確認できました。
  • 信用金庫の京町家向け住宅ローンを使うために、建物が昭和25年以前に建てられたことを証明する必要があると説明され、私は途方に暮れました。物件情報に「築年数不詳」と記載されている以上、調べようがないのでは?しかし、Sさんが「では法務局で閉鎖謄本を調べてみます。記載されてさえいれば、おそらく昭和25年以前の建物ですよ。」と。どういうことかさっぱりわからん^^;この辺は私の付け焼刃の意見ではなく、ググっていただく [続きを読む]
  • 京町家の定義
  • 再建築不可物件を購入するために無担保ローンを案内されたのですが、返済期間が短いことがわかり、私には無理だと判断しました。不動産屋Sさんも返済期間が短いことは聞いておらず、やめた方がいいという意見です。そこで、信金のAさんが、とりあえず月々の返済金額を計算してきますと席を外しました。結構待たされたと思います。私はもう無理なのはわかってるから、早く帰りたい気持ちでした。そこへAさんが、計算結果を記載した [続きを読む]
  • 再建築不可の京町家購入のために提案されのは無担保ローンだった
  • 我が家は、路地の奥の再建築不可物件通常は住宅ローンが使えません。しかし私は、地元信金のごく一般的な金利の住宅ローンを使って、家を購入することができました。最初に不動産屋Sさんに問い合わせたときは、現金一括購入になると説明されました。ペット可物件を求めて、たどり着いたのは住宅ローン不可物件だったSさんの認識が間違っていたわけではなく、売主さん(こちらも業者さん)もそのように認識していました。不動産屋さ [続きを読む]
  • 再建築不可物件を購入したいきさつ
  • 私は現在、路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と一緒に暮らしています。賃貸生活に不満なく生活していた私が、住宅を購入することになったのは、当時住んでいたアパートのオーナーが変わり、取り壊されることになったからです。ペット可で、私の予算とエリアの希望に合致する物件を探していた時に、ネット上で現在の住まいを見つけました。路地の奥の再建築不可物件全く知らなかったのですが、路地の奥の家というのは公的な道 [続きを読む]
  • 「ペット可」物件に関する私の主張
  • うちには猫が2匹います。中古マンション購入を検討したときに3件見つけた「ペット可」物件には以下の制限がありました。①小型犬、猫は2匹までOK②基本的に室内飼い。共有部分では、リードを付け抱っこすることこの内容は、おそらく普及しているテンプレートなんだと思います。上記②のルールは、廊下やエレベーターで他の住人と出会ったときにトラブルになることを防ぐのに有効だと思います。でもね、ペット関連のトラブルって動 [続きを読む]
  • ペット可物件を求めて、たどり着いたのは住宅ローン不可物件だった
  • ペット可の中古マンション探しに行き詰っていたわたくしは、良さげな戸建て住宅をネット上で発見しました。希望エリアで予算内一人暮らしに程よいサイズ階段の角度は間取り図ではわからないけど2階建て写真で見る限り、内装は好みドンピシャ!なんで、この価格なの?私にとっては予算ギリギリで、決して安くはありませんが、この場所で2階建てで予算内の物件は他にありません。(建物は取り壊すの前提で、土地代だけみたいな情報は [続きを読む]
  • ペット可物件を求めてネットの海を彷徨いました。
  • 最近は増えてきたとはいえ、やはりペット可物件は少ないですねぇ賃貸では小型犬OKでも猫NGが多い印象です。分からなくはないんですけどね。猫は、柱や壁で爪を研いでダメにするイメージなんでしょう。オーナーさんは心配ですよね。だから猫OKの物件は、敷金、礼金や家賃がプラスされるか、人気がなくて部屋が埋まらない物件が多いです。私の旧居もかなり古かったですよ。しかし、立地が良く特殊な魅力があったので、住人には概ね気 [続きを読む]
  • 家の耐久年数
  • 建物の寿命は何年なのか?これはマンションを含め中古住宅を購入した人は全員が調べたことがあるのではないでしょうか?もちろん私も調べました。ネットで検索しただけですが^^;ぱっと目についたのは「マンションの寿命は40年」という情報でした。かなり驚きましたよ!鉄筋コンクリート造りのマンションが40年しか持たないだなんて、そんなバカなΣ(゚д゚|||)さらに検索すると「40年と言われているが、実際はもっと長持ちする」と [続きを読む]
  • 路地の住人
  • 路地の家にはどんな人が住んでいるのか?私が住んでるところは、全16戸中、高齢者世帯(一人暮らし含む)と空き家が過半数を占めます。他は私のような中年一人暮らしと事務所利用、賃貸物件の若者カップルと子育て世代が各1世帯。災害リスクと騒音トラブルを考えると、どうしても子育て世代には敬遠されるよね(っω・`。)でもお金の余裕がないけど、フットワークが軽い若者には向いてるんじゃないかな?家主の皆様〜お高めのゲスト [続きを読む]
  • 路地の家の欠点②
  • うちはリノベーション済みの町家です。私がリノベーション工事を依頼したわけではなく、工事済みの物件を購入しました。好みドンピシャの内装で一目ぼれだったのです(//∇//)内装だけではなく躯体の補強も含めたフルリノベーションがされていますが、伝統工法ですので建物は土台に緊結されておりませぬ。建築基準法って何それ?の世界です。まずここで1つ目のリスク耐震性能は大丈夫なの? ↑伝統工法の土台.。うちではありません [続きを読む]
  • 路地の家の長所①
  • 先の記事で欠点を挙げたので、今度は長所を^^2018年の京都の夏は尋常ではなく暑かったです!最低気温が29度とかで、一日中気温が下がることがない日々が続きました。が、我が家はかなりマシでした。猫たちの健康管理のために、一日の最高/最低気温と湿度を記録する温湿度計を設置していますが、室温は外気温より5度程度低くなります。ただし、これは1階だけで、2階は灼熱でしたけど!1階が涼しいのは、ほぼ直射日光が当たらないた [続きを読む]
  • 路地の家の欠点①
  • 路地の家というか、これは京町家共通の問題なのかもしれません。「町家は寒い」とはよく聞きますが、住んでみて最も気になったのは音の問題です。町家は基本的に長屋です。隣り合った家同士で壁を共用しています。我が家は、三連棟の端っこ。お隣さんの音は聞こえます。引っ越し後すぐに、お隣さんが階段を上り下りする音が聞こえることに気づきましたが、まあこの程度は許容範囲かな。 ↑賃貸生活が長いので許容範囲が広い!が、 [続きを読む]
  • 路地の家に引っ越してきました
  • 長年暮らしてきたアパートが取り壊されることになり、路地の奥の町家を購入しました。当初、賃貸物件で引っ越し先を探したのですが、ペット可物件は少なく、立地や家賃も考えると希望が叶う物件が見つからなかったのです。物件を探すうちに、中古マンションには、賃貸の家賃10年分よりも安いものがあることに気づき、購入した方がいいのかも?と考えるようになり、翌日にはSUUMOカウンターに相談に行っておりました^^;その後、紆余 [続きを読む]
  • 過去の記事 …