バラ咲き美 さん プロフィール

  •  
バラ咲き美さん: 「バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた」のバラ日記
ハンドル名バラ咲き美 さん
ブログタイトル「バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた」のバラ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/barabara3323
サイト紹介文リタイア後、バラの庭づくりの記録がわりに始めた日々の生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 26日(平均9.7回/週) - 参加 2018/09/23 21:34

バラ咲き美 さんのブログ記事

  • バラの苗が届いた
  • 孫を東京から連れて帰ってきたらバラの苗が届いていた。バラの家からの購入。前から気になっていたノヴァーリスうれしいことに花が咲いていた。病気に強い苗とブログに紹介されていた内の1つ メルヘンツァウバーもうひとつ クリスティアーナ白色のかわいいアルテミスなかなかうまく育てられないので、ブログを参考にして、病気に強いバラを補充。どれも立派な苗でよかった。さあ、どこに植えようか。寒くならないうちに急がなけれ [続きを読む]
  • 富士山初雪化粧と32階の赤トンボ
  • 今日から孫を預かるため、きのう孫を迎えに東京へ。あれっ?富士山がもう雪をかぶっている。新幹線の車窓から初雪化粧した富士山が見られた。きょう、東京から孫を連れて新幹線でもどる。やっぱり初雪化粧の富士山。♪♪富士は日本一の山〜♪♪いつみてもかっこいい。写真にとれなかったのが惜しい。朝は、32階のマンションのベランダに赤トンボが止まっていた。こんなに高いところまで飛んで来るんだ!写真にとり忘れた。惜しい。 [続きを読む]
  • 塩害からの回復
  • 春の花の苗づくりをしたが、台風のあとで良かった。台風の前だったら、ほとんどダメになってしまっただろう。今年は、たくさんの苗ができそう。バラの塩害も少しずつ回復しているように見える。ほとんどのバラに新芽が見られるようになった。蕾は少ないが。しかし、昨日テレビの情報では、作物は来年もその影響が残ると。現在大学生の方の小学校5年から中学3年までの稲の塩害の研究が放映されていた。来年の春は、今年のように花 [続きを読む]
  • 春の花の苗づくり
  • 9月の下旬にまいた春の花の種。本葉が2〜3枚になったので、ポツトに移して苗を育てなければ。あさってから東京の孫を預かるので、きょうは、急いで作業に取りかかった。夫がポツトに土を入れてくれた。きょうは、1ケース24こ入りが29ケース。全部で700こ弱。ビオラ、キンセンカ、スカビオサ、チェイランサス、エリシマム、忘れな草、ネモフィラ、アリッサム。今年は、うまく発芽してくれたのでやりきれず、花菱草やギリアなどが残 [続きを読む]
  • ジューンベリーの木
  • きょうは、春と秋に行われる緑花木センターの植木祭りに出掛けた。何をという目的はなかったが、何かあるかもしれないという期待と春に味をしめたもちまき。3時から始まるのでその時間に合わせて。もちまきの前に一通り植木をみていたら今年はどういうわけか、ジューンベリーの木が目につく。流行かな。5月にオープンガーデンで訪れた庭にシンボルツリーとしてジューンベリーがあった。さっそく手に入れ、バラの後ろに植えた、. [続きを読む]
  • 話題のタイ映画
  • ここのところ一生懸命作業をしたので、きょうは、休息。来週孫を預かるので、今のうちに話題の映画を見に行こうと。東京では、満席だそうな。パンフレットには世界16の国と地域でサプライズ大ヒットとあった。確かに最後のクライマックスは、見応えあったが、カンニングというクライマックスだけに、私にはなぜそんなにヒットしたのかなとも思われた。久しぶりの映画鑑賞。夕方には雨模様となり、作業の休息日となった。蕾がかわい [続きを読む]
  • 水仙が芽を出してた〜。いつのまにか
  • 昼間庭の作業をしても、やっとだらだらと汗をかかない気温に。夏の猛暑や残暑のときは、やる気がでなかったが、汗をかかないとあっちもこっちもやりたくなる。バラの花がらつみをして、道路の落ち葉をはいて、花壇の草取りをして、...。夫は芝刈りをして。そうだ、きょうは、友人とランチ。急いでお化粧して、いそいそとランチ。2時間たっぷりおしゃべり。まだ話したりないねと別れ、帰ってきて、続きが気になる。花壇の草で花 [続きを読む]
  • バラの新芽に期待を!頑張れ!バラ
  • 塩害の影響は、本当に大きく、葉はどんどん茶色になっていく。今までそれほど被害を受けていないだろうと思うバラまで。あ?あ、と思っていたら、新芽が出始めてくれた。今年の春は、本当にたくさんの花を見せてくれて、葉も猛暑の中、よく繁ってくれたスペクトラ。塩害で悲惨な姿に。でもきょう、きれいな新芽が。頑張れ!バラたち。今年植えたばかりなのにすくすく伸びて、楽しみにしていたマイガーデン。これもまた悲惨な姿に。 [続きを読む]
  • 健気に咲くバラたち その2
  • 午前中、予約していたネイルにいく。年金ぐらしの贅沢。いつまでも若い気持ちとおしゃれを楽しみたくて。午後は気が引けたので、残しておいた生け垣の刈り込みを目一杯行った。なんか、ネイルで遊んだ罪滅ぼしみたい。よく働いた。と自分で思う。暗くなりはじめても、健気に輝いてくれるバラ。しかし、花の中によくわからない虫がいる。消毒の時期なのだか、塩害がひどいので、消毒を見合わせている。オレンジ色が輝くアシュラム春 [続きを読む]
  • 健気に咲いたバラたち
  • 留守にしていた3日間に塩害にやられながらも、バラの花が咲き出していた。葉は、ひどい状態になりながらも。ピンクアイスバーグは、白とともによく咲いている。今年愛らしい花が気に入って植えたストロベリーアイス病気にも強いように思う。花の中にまた花?と感じさせるレッドレオナルド ダ・ビンチ。晩夏から次々と花をつけていたのに、枝をかなり折られてしまった。もとに戻ってほしい。きょうは、まだ暑くてたまらないけれど [続きを読む]
  • かわいい孫とかわいいエリゲロン
  • 孫と過ごした3日間。道に落ちていた赤い実を見つけ、一粒一粒器用に道の上に並べ出した。孫がきれいに一列に並べた赤い実。こんなに一列に並べられるなんて「すごいね。こんなことできるの。」とばばばかか。八ヶ岳の麓の娘夫婦の庭では、初夏に植えたエリゲロンの一株が、大きく増えていた。ポストの下に植えられているのがまたかわいくていい。我が地域では、夏は、湿度が高く無理だっただろう。少し分けてもらってきた。挿して [続きを読む]
  • 北横岳と坪庭のトレッキング
  • きょうは、娘夫婦に誘われて、北横岳のトレッキングに出掛けた。山登りは、4年ぶりぐらいになる。4年前に山下りで無理をして、膝を痛めてしまい、ドクターストップがかかっていた。2年前ぐらいから、ウォーキングもできるようになっていたが、山登りは自信がなかった。しかし、孫と共に行ける楽しさと秋の青空に誘われて。横岳ロープウェイ入口は、すでに紅葉していた。山頂からの景色に期待が持てる。ところが、まだ台風の影響か [続きを読む]
  • バラ塩害のための活力剤のやり方の工夫
  • バラの塩害がひどいので、おとつい再度強いバラシャワーをかけた。その後、バラ講座の有島薫先生から教わって、活力剤を再度まいていた。特に塩害のひどいバラには念入りに。これまで活力剤をやるには、メモリのついているバケツに8リットル分を作ってから、ジョウロに移しかえてやっていた。バラ作りのブログを読んだところ、ひしゃくをうまく使うという方法を知り、さっそくそのやり方でやってみた。ジョウロに移し変えなくても [続きを読む]
  • 八ヶ岳の麓で
  • 娘夫婦が週末住宅にしている八ヶ岳の麓の家に来た。建てて1年未満の週末住宅で、庭作りのために孫の面倒をみていてほしいとのこと。冷涼な気候と豊かな空気の麓の町。孫の世話ともあらば、じじばばは、喜んで馳せ参じる。すでに紅葉が始まりつつあった。農業大学校の桜の木は、いち早く色づき、広大な敷地から八ヶ岳連邦もきれいに見える。なんとも空気が清々しい。冷涼な気候は、草花も我が家の地域とは育ちが違う。羨ましい。東 [続きを読む]
  • なんとか咲き出してくれたバラたち
  • 3日間家を留守にした。塩害を受けたバラが気になっていた。少しは回復して、葉も緑に戻っているだろうと期待したが、期待はずれ。ますます葉の元気がなくなっている。こんなにひどくやられた塩害は、初めてだ。作物を育てている農家の方にとっては、死活問題であろう。長い停電も、初めての経験だった。県内では、いまだに停電しているところがある。24時間以内にすんだことは、ありがたかった。葉がさんざん塩害を受けても、咲い [続きを読む]
  • 1才8ヶ月の目
  • 昨日日暮里の繊維街に初めて足を運んだが、平日でもたくさんの人が訪れていることに驚いた。特に、家庭裁縫だと思われる女性、おばさん方が、それぞれの目的に沿った布を熱心に選んでいる。こんなにも手作りをしている人たちがいるのかと、私もやる気が出てきた。今回の上京の目的は、バラ講座と布を手に入れることだが、孫の保育園お迎えも楽しみの一つ。保育園の帰り道、とことこ走る孫の行動に目を細める。とことこ走りながらも [続きを読む]
  • バラ講座
  • 昨日は、日本橋三越カルチャーサロンのバラ講座を受講。講師は、有島薫先生。台風24号の被害の話から始まり、先生のお宅でも、バラの葉が落ち、鉢が倒れ、本当に大変な暴風雨だったとお聞きした。もう秋バラは、期待しないで5月の春バラをいかに咲かせるかに向かうと話され、なんか安心したような気分。プロの先生の庭でもそうだったのかと。バラの手入れの他に、クレマチスやクリスマスローズの手入れの仕方も教わった。本だけで [続きを読む]
  • 塩害の悲惨
  • 昨日バラに水をかけて洗い落としたはずが、塩害は、思ったよりひどくてショック。ニュースでは、玉ねぎの苗が塩害でほぼ全滅とか。農家の方にとっては大ショックだろう。今年はピエール ド ロンサールが元気な葉をつけていいね。と台風前に言っていたのに、そのピエールが、最も悲惨になってしまった。南風を真正面から受けたせい。南の壁に這わせているからだ。ショック!他のバラも、回復どころか昨日より傷みが目立つ。ショック [続きを読む]
  • 台風の爪あと
  • 昨夜は、台風24号による暴風雨。我が地域も大変な暴風雨だった。朝6時に起きて、庭の木の被害状況を確認した。バラが、バラが、はあ〜あ。花はもちろんのこと、葉はたくさんおとされ、新芽が、新芽が〜あ。ガックリ。今年こそは秋バラがうまく咲かせられそうだと思っていたのに。昨日ひもでしばって台風対策したのに?!枝も何本も折れてしまった。「バラでこんなにガッカリするなら、家をなくした人たちは、さぞかし...」夫の [続きを読む]
  • 秋バラ
  • 台風の進路が気になる。朝起きたらなんと陽がさしている。これなら雨が降る前に、残りの生け垣の刈り込みができる。夫に急いでやろうと呼びかけ支度する。同じことを考えた人がいるのか、どこからか草刈り機の音が聞こえてきた。隣の家も生け垣の刈り込みが始まっていた。隣の方と雨を気にしながら、励まし合って(?)、なんとか雨が落ちる前にやり終えた。ああ、よかった。うちも隣も気持ちよくなった。あとは、台風に備えて、バラ [続きを読む]
  • 秋の気配はそこかしこ
  • 3日間家を留守にしている間に、そこかしこに秋の気配。春の花の種は、すっかり芽を出していた。今年は成功させたい。お風呂場の窓から匂ってきたキンモクセイ。藤袴が咲きだした。増え続けるのが少し難だが。3年くらい前には、この藤袴にアサギマダラの蝶がやって来た。↓は、3年前の写真。増え続けで困るので、藤袴を大部整理してしまったから、今年はやって来るだろうか。秋バラもちょこちょこ咲きだした。今年手に入れたピン [続きを読む]
  • 孫のおしゃべり
  • 孫の咳と鼻水が治らないので、保育園には行けず、もう一日東京に滞在。 夕べは、孫の咳のひどさで起こされた。小さい幼児の咳は、聞いていて切ない。代われるものなら代わってやりたいくらい。それでも、昼間は昨日の病院の薬が少しはきいてきているのか、元気いっぱいの孫。元気を発散させるため、品川水族館に連れて行った。イルカショウに目を丸くして見る孫。初めてではないものの、月齢の発達とともに、興味も違ってくるのだ [続きを読む]
  • チームラボ ボーダーレス お台場
  • 昨日から東京の孫のところへきた。 保育園に孫を迎えに行ったら、久しぶりの出会いなのか、しばらくキョトンとしていた孫。思い出したように抱きついてきた。とことこ歩きから小走りができるようになっておもしろい。残念ながら、咳と鼻水のため、手作りクッキーは、口にすることがなかった。きょうは、孫をつれて娘たちとお台場の「チームラボ ボーダーレス」に行ってきた。デジタルアートミュージアム。平日にもかかわらず、若い [続きを読む]
  • 手作りクッキーと孫
  • きょうは、東京の孫のところへ。昨日は、雨。生け垣の刈り込みはあと3分の2を残して気になるが。孫のために、クッキーを作った。夫いわく、「何をそんなに急にいろいろと作ってるんだ。」と。「明日○○ちゃん(孫)に持っていくじゃん。」家にいる娘いわく、「形がおいしそうに見えないじゃん。」「形は悪くてもおいしいよ。」みんな好きなことをのたまう。孫からラインのビデオ通話が入った。「○○ちゃん、明日クッキー持ってくか [続きを読む]
  • 生け垣の刈り込み
  • 昨日、秋バラに向けての有機肥料をやっとやり終えた。秋バラの10月中旬咲きを目指して。「田毎の月」がポツポツと咲きだした。根元をゴマダラカミキリにやられていたが、なんとか大丈夫かな。数年前に見に行った「国際バラとガーデニングショウ」で惚れ込んだバラ。一重にひっそりと咲く。黄色が主張をしないバラ。きょうは雨。雨に打たれて、うつむいているアイスバーグ。たくさん咲きだした。昨日朝から、隣の家の生け垣の刈り込 [続きを読む]