KG さん プロフィール

  •  
KGさん: 子供とのテニス成長記 in ペンシルバニア
ハンドル名KG さん
ブログタイトル子供とのテニス成長記 in ペンシルバニア
ブログURLhttps://ameblo.jp/kg76tennis/
サイト紹介文子供のテニス関係の日々の出来事を更新中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 26日(平均4.6回/週) - 参加 2018/09/23 21:50

KG さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 英語力
  • 仕事の都合で子供のテニススクールのピックアップが30分程遅れてしまいましたが、今日はコーチが暇な息子の相手をしてくれていました。 遊びで軽くやっていても、コースを突いたり、スライスで惑わしたり、やっぱり軽くいなされちゃいますね。 とにかく誰でもいいから試合したいらしいようです。 が、せっかく買った足のサポーターしてないし・・・・ 膝治す気あるのか! と叫びたくなります。 帰りの車の中で、今日はナダル [続きを読む]
  • 初心者脱出の難しさ
  • いつものように試合がないと娘、息子のどちらかのレッスンがあるのでテニススクールで半日ぐらい過ごす感じですが、今日は息子は午前中の練習後早々とセミプライベートを一緒に受けている女の子とお出かけに。 女の子一家がリンゴ狩りに行くそうなので、一緒に連れて行ってもらえることになったのですが、ちょっと粗相がないか親的には不安。 本人は全く気にせず意気揚々と出かけていきました。 リンゴ狩の様子が時々送られてく [続きを読む]
  • 遊び場
  • 膝の調子は変わらずで、走ると少し痛みがあるらしい。暫く完治するまでやめておけばと勧めるものの、それはそれでいやらしくクリニックは行きたいというので、急遽頼んだKids用サポーターをつけとりあえずクリニックに。 午前中は娘の初心者クラスがあるので、娘は初心者クラス。 そして息子は幼児クラスのお手伝い。 その後お昼に行くつもりが、チビッ子達同士でよくわからない試合に・・・・。 息子、娘がそれぞれ分かれ姉弟 [続きを読む]
  • 足に悩まされる
  • アキレス腱を切って1月半程が経ちました。 子供の頃は運動だけは得意な方だったので、体だけは丈夫、まだまだ動けると思っていたのですが、やはり老いには勝てないようです。  3年程前にアメリカに短期で来た時、毎日のように仕事帰りにテニスをしていたせいで、膝を痛めました。 やっぱりハードコートは体に負担が大きい? それ以来サポートがないと、テニスができない感じだったのですが、今年は子供とテニスをしている時に [続きを読む]
  • コスチューム
  • この時期になると至る所でハロウィンムード一色です。日本でもハロウィン文化が広がっているので、この時期はお菓子やコスチュームが色々売り出されていると思いますが、やはりアメリカはそれに加えて、本物の色んなパンプキンで家のデコレーションをしているお家があったり雰囲気がより一層あります。一応小学校はコスチュームパレードがあるので、コスチュームを決めないといけないのですが、子供が段々成長するにつれ、年々適 [続きを読む]
  • 2連敗
  • どうしようか迷っていた練習器具。結局アマゾンで購入するのは見送り、近くのスポーツショップで野球用のリバウンドネットを衝動買いしてしましました。。。 30ドル程度だったので、失敗してもいいや!程度の気持ちで購入してみたのですが、やはりちょっとストローク練習は無理でした。。。 予想以上に跳ね返ってくるので、外じゃないととてもストローク練習は無理なことが判明。 当初設けたかった子供だけでいつでも練習できる、 [続きを読む]
  • 試合の集中力と練習
  • 金曜の夜はマッチプレイ(生徒同士の対戦)があるので車に乗せてスクールに行ってきました。 日本で通っていたスクールだと、練習の終わり30分ぐらいで試合形式をしたりしていましたが、こちらの近隣のスクールは練習日とマッチプレイのみの日が分かれている場合がちらほら見られます。 正直生徒同士の練習試合なら子供同士で集まって試合できるのに・・・・  と思ったりもしますが、子供同士でやると途中から違う遊びになった [続きを読む]
  • 練習器具を探して
  • 夏にアキレス腱を切断してしまった関係で、ここ1月半程子供のテニス練習に付き合うことが難しい状態です。 特にペンシルバニアは11月から3月頃までは寒さが厳しくなるので、外で練習ができないので、ちょっとしたスペースでスポンジのレッドボールで練習できるような器具をここ数日探しています。 テニス練習器具は、昔から色々試していて家にかなりのグッズが転がっているのですが、息子、娘ともどうしてもボールを打ちたいよう [続きを読む]
  • チビッコクラスのお手伝い
  • 週末だけテニスを始めた娘(11歳)のクラスを待つ間、息子はチビッ子クラスのお手伝いをさせてもらっていました。お手伝いを始めて半年ほどなのですが、中々これが奥深い。 対象は3,4歳ぐらいから7歳までの子供達で、ある程度打てるようになると次の選抜レベルにあげられるのですが、始めたばかりの子達が殆どなので、球出しや、返球をするのも打ちやすいようにコントロールしないといけなく、いい経験になります。 遠くから見 [続きを読む]
  • トーナメント
  • 2週連続の12歳以下のグリーンボールトーナメント。 2回戦からの参加だったのですが、上手くいけば先週の第一シード、そして同じスクールの仲いいお兄ちゃんと試合ができるドローでした。 2回戦の初戦は隣の州からの参加の12歳の男の子。 過去の対戦歴を見ると上のL5,L6のイエローで戦っている履歴もあったので上手かもと思っていたら、やはり安定したストールで上手でした。 ウォームアップから、お互いミスなく打っていたので [続きを読む]
  • ドロー発表とトーナメント
  • 先週に続き今週も12歳以下のグリーンボールトーナメントに申し込みしている為、ドローを確認しました。 金曜始まりだから学校を早退しなければと思っていたところ、シードがついていたので土曜日午後の2回戦からに。そして1回勝つと前回の第1シードと再び対戦に。 前回から文章を書く能力がないので、日本語、英語のどちらでもいいので、ライティング能力UPの意味合いも含め、ノートをつけさせることに。 はたしてノートにある [続きを読む]
  • ラケット選び
  • ラケットの重りステッカー(Lead tape)がはがれてしまったということで、Tennis Expressで注文することに。  アメリカだとアマゾンでポチっとしても、翌日配送がないし、プライムも日本と違い毎月10ドルちょっとかかるので、備品もネットで注文する時にまとめて買っておかないと中々めんどくさい。 夏明けからクリニック、トーナメントともイエローを打ち始めたので息子のラケットをこれまで使用していた26インチから、上げるか迷 [続きを読む]
  • UTR(ユニバーサル・テニス・レーティング)
  • 以前に知合いの方から、UTR(ユニバーサル・テニス・レーティング)なるものがアメリカでは結構選手のレベルを測るのにつかわれ、テニススクールの選抜クラスや、大学等中高学年になると重要と聞いていました。 耳にした時は特に息子を検索してみても載っておらず、どういうシステムだとう  とあまり分かっていなかったのでうすが、ここ2ヶ月程でイエローボールの大会に出ていたので、再び見てみるとちゃんと記録が出ていまし [続きを読む]
  • Little Mo Nationals
  • 通常アメリカでトーナメントに参加したい場合、USTA(全米テニス協会)のホームページで確認できるトーナメントが一般的ですが、ジュニアの間ではLittle Moと呼ばれるモーリーン・コノリー財団(MCB;Maureen Connolly Brinker Tennis Foundation)が開催する、全米各地で予選が開催されるトーナメントがあります。 正直アメリカに来て教えられるまで、全くモーリーン・コノリーさんを知らなかったのですが、アメリカの女子テニス [続きを読む]
  • グリーンボールトーナメント
  • 昨日先に進めたU12のグリーンボールトーナメント。 今回は第4シードで参加した大会でしたが、今日は第1シードとの準決勝でした。 対戦相手は、以前USTAが開催するオレンジ、グリーンボール練習会で何度か練習をしたことがある、同じ学年の子だったのですが、流石第一シード。背丈は同じぐらいながら、サーブの威力、フォアハンドが強力でボレーもとても綺麗なフォームの男の子でした。 大体12歳以下に8歳、9歳で参加する上手い子 [続きを読む]
  • ホワイトトーナメント
  • アメリカに来る前は、スポ人のスクスクのっぽんくんのトーナメントに月1程度で参加したりしていましたが、アメリカに来た当初は暫く仕組みが分からず放置していました。  息子がテニスの試合に参加し始めたのは6歳の時で、最初に出たのがJOPのビギナーズトーナメントでした。JOPのビギナースは運営の方が、全体のウォームアップや、コールの仕方をわざわざ練習してくれたので、当時はとても助かりました(見ているこちっちが、 [続きを読む]
  • 簡単な紹介
  • 2017年に横浜からアメリカ・フィラデルフィアに家族で引っ越しをしてきました。 現在、現地の小学校と中学に通う息子と娘と暮らしています。慣れないアメリカでの日々の出来事、あとは子供のテニス関係のネタ等を主に更新していく予定です。 息子は4歳からテニスを始め、今年で5年目。 始めた当初は運動をまったくしてなかったので運動不足解消程度だった習い事でしたが、徐々に練習回数が増え、日々テニスをするような状態に [続きを読む]
  • 過去の記事 …