慈姑(クワヰ) さん プロフィール

  •  
慈姑(クワヰ)さん: 「みんなの花図鑑」の想い出
ハンドル名慈姑(クワヰ) さん
ブログタイトル「みんなの花図鑑」の想い出
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/quwawi
サイト紹介文小さな花の中に散りばめられた、輝く宝石を見つけられたら嬉しいですね!
自由文10センチ以上先はピントの合わないマニュアルフォーカスの近眼レンズで植物を撮っています。「トリミングは極力しない、画像は大きく載せる」をモットーに肉眼では見えない小さな花の世界をご披露したいと思っています。最近、ストックフォトも始めましたので、こちらもご覧いただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 27日(平均11.1回/週) - 参加 2018/09/24 20:51

慈姑(クワヰ) さんのブログ記事

  • ありふれているけれど・・・色彩がキレイ
  • お盆ごろから咲いていたキツネノマゴですが、そろそろ終わりですね。見納めにじっくり撮ってきました。ほかに撮る花も少ないので・・・。いつもながら思うのは、キツネノマゴは楽に撮らせてくれる。そしてキレイ。ピンクっぽい色の背景に葉の緑や蕊の黄色が写り込んで、色彩も良いですね。欠点は絵面が結構マンネリ化してしまうところです。今回はフルサイズ機とマクロフォトの組み合わせで撮りました。この花をトップに持って来よ [続きを読む]
  • シダに近づいて・・・!!閲覧注意
  • いつもの公園に出かけましたが、残念ながら花が減っていました。モデルがいないので、辺りを見回すと・・・シダ植物がおりました。そういえば、シダ植物は今まで絵面にしたことがありません。風で倒れているシダの裏返った葉が気になり、覗いて見ることにしました。この黒いの何なんだろう?マクロフォトで近づいてみました。今回はフルサイズ機との組み合わせなので最大5倍像です。絵面を見てびっくり。「なんじゃこりゃ〜」。最 [続きを読む]
  • キレイな蕊みつかりました
  • 神奈川県にいた頃は、近所でゲンノショウコが咲いている場所が少なかったです。埼玉に帰ってきたら、ゲンノショウコは探せば結構あることに気づきました。神奈川でもよく探せばあったかもしれないです。昨日、土手を歩いていたら割れていない蕊の花も見つけました。蕊がはじけているのが、規則正しかったのでこれがまたキレイでした。色の薄い白っぽい蕊も結構ありましたが、規則ただしく並んでおり色彩がキレイ。斜め横から見てみ [続きを読む]
  • ミズヒキ・・・難物
  • ミズヒキの花、赤くてとてもキレイなのですが、いくら撮っても失敗ばかり。昨年の初夏以来、何度挑戦しても失敗してしまいます。ひょろひょろ背が高く、日当たりが良くないところに生えているのが多いです。光量が少ない場所で風の影響を受けやすい花は、本当に難物です。トップは28mmマクロレンズで撮った画像です。真ん中の花にピントを合わせました。今年、一番良さそうな花です。ISO400なので画像が粗くピントもイマイチ。花 [続きを読む]
  • 地味だけれど・・・近寄ってびっくり
  • イネ科植物は花が咲いてもキレイな花びらがなく地味です。ほとんどの人は花が咲いていることすら気付かず通り過ぎてしまいます。でも、近づいてみてみるとびっくりするくらいキレイなんですよ。今回もまた、チヂミザサの花を載せてみます。輝く蕊を見てやってください。こんな感じで咲いています。キレイな色の花びらもなく、傍目では花が咲いていることも分かりません。とっても地味ですが、近寄るとこんな感じの花が咲きます。花 [続きを読む]
  • 海の中?・・・いいえ雑草です
  • ファインダーを覗いていたら、海の中が見えたような気がしました。そこでチョット絵面に細工をしてみました。?皆さまは何に見えるでしょうか?今までこんな加工をしたことがないので、試行錯誤しましたら色調を青く出来ました。海底の藻かサンゴ、魚みたいな感じがします。元画像は下の通りです。イネ科のスズメノヒエの仲間を撮ってみました。肉眼で見ると真っ黒な虫みたいなものが、穂についている植物です。気味が悪かったので [続きを読む]
  • 漆黒に浮かぶ雑草
  • 今年は結局、フィールドで撮影できるようなハゼランには出会えませんでした。よそのお宅の庭先や鉢植えのハゼランはあったのですが、写真を撮れる場所ではなかったです。かねてから、ハゼランの絵面を頼まれていたのですが、鉢植えの花を試し撮りした画像が残っていました。室内で撮ったしかもボツ画像ですが、出来る限り頑張った証拠として掲載します。らんらんさん、上手く撮れずごめんなさい。ハゼランの絵面は来年に持ち越しで [続きを読む]
  • うつむき加減
  • イヌホオズキ、小さな植物。小さな花を撮ろうとしても、みんなうつむいています。地上10cmから花に挨拶してみましたが、うつむくばかりで横顔しか見せてくれませんでした。いつか正面から撮ってみたいと思っています。花弁が反り返っているところは、なんとなく羽根つきの羽根みたいで良いです。こちらは別の日に写した若い実。たくさんの種が透けて見えます。花の名前: イヌホオズキ 撮影日: 2017/10/10 撮影場所: 埼玉県川 [続きを読む]
  • ♪♪つのだせ やりだせ あたまだせ?
  • 最近、外来種のセイタカアワダチソウが背を伸ばしております。この植物が荒れ地に増えだすと秋だな〜と感じてしまいます。セイタカアワダチソウというと黄色い花を思い浮かべます。でも、どんなカタチの花と聞かれると、何かつかみどころがないですね〜。今回はこの花に注目してみたいと思います。見たところ、キク科だけあって筒状花と舌状花がありそうですよ。サブカメラの70mmマクロレンズで撮影。メインカメラ(今回はミラー [続きを読む]
  • これもガラスの花?
  • 10月に入り、ミゾソバもちらほら咲いてきました。昨年は撮りそびれてしまいましたが、コンデジ以来ひさしぶりのミゾソバです。いつもは蕊にピントを合わせますが、チョット考えて花弁をクッキリさせてみました。う〜ん、蕊は全く見えなくなってしまったけれど、花が透き通っていますね〜。ここはひとつトリミングしてみますか。ガラスでできているような輝きです。クモの糸?も光を放っている。普段どおり、蕊にピントを合わせた花 [続きを読む]
  • 私の名前も覚えていて・・・小さい地味な花
  • 最近、ミチヤナギの花も増えてまいりました。とはいっても、小さくてとっても地味なので、知らない方は気付きもしません。実は6月に平塚で咲いていたので、投稿したことがあります。埼玉産のミチヤナギはキレイでしょうか?(7.5倍、ISO100、F8.0)でも、色が地味です。蕾は先っぽが赤いのでキレイな花が咲くと思いきやとっても薄いピンク色。花の大半は緑色が占めており、通りすがりでは花だと気付かないかもしれません。こちらは [続きを読む]
  • アカマンマ・・・赤飯の花
  • 小さな川の土手沿いにタデと呼ばれる花がいろいろ咲いていました。キレイな形のものも結構ありましたが、お日さまの当たっている花を探してみました。小さすぎて肉眼では全く見えませんが、小さな花にも宝石のような美しさがあります。赤飯みたいで、つぶつぶばかり気にしてきましたが、こうしてじっくりみるとなかなかキレイな花です。花の名前: イヌタデ(アカマンマ) 撮影日: 2017/10/10 撮影場所: 埼玉県川越市平日休みに [続きを読む]
  • 宇宙(コスモス)・・・星を散りばめて
  • どこへ行ってもコスモスがキレイに咲いています。普段の画像とはチョット変わって、等倍以下の絵面を出してみます。今回はフルサイズ機と70mmマクロレンズの撮影で、三脚は使用しておりません。森林公園で撮ったひとコマ。ハチが偶然絵面に入ってしまいました。青空が鮮やかなのは画像加工したのではなく、水面や被写体反射防止に付けたフィルターのせいです。以下は伊佐沼東岸花畑のコスモスです。紅白の花の両方にピントが合わ [続きを読む]
  • 秋の小さな小さなお花見
  • いわゆる雑草という範疇の植物でも、よく見てみるとキレイでびっくり。本日、驚きの美しさを持つサクラタデの絵面が念願かなって撮れました。シロバナは神奈川でも見ましたが、桜色はこの一角でしか見つけていません。昨年も撮ろうとしたのだけれども、水田のぬかるみの中だったので諦めました。でも今年は、水が抜けた田んぼの畔に咲いていて絵面に出来ました。他の画像をキレイと感じる方もいらっしゃると思いますが、やっぱり誰 [続きを読む]
  • 蕊にアプローチ・・・紅紫の花
  • 森林公園で出会った、紅紫のゲンノショウコの花です。今回は蕊に寄ってみました。見かけの拡大率は、ほぼ6倍です(ISO100、F9.0)。もっと奥行きを持たせたいのだけれども、絞り過ぎると逆にボヤ〜としてしまいます。蕊の感じを見てもらうために不本意ながらトリミングしました(ISO100、F8.0)正面からの絵面です。背景の緑とのコントラストはとってもキレイ(2.5倍、ISO100、F8.0)。サブカメラの70mmマクロレンズの絵面です。紅紫 [続きを読む]
  • 地味と派手・・・ヒメクグとコルチカム
  • 森林公園に花見物に行った折でしたが、カメラマンさんのたくさん集まっているところがありました。立派なカメラに大きな三脚、素人の私が近づける雰囲気ではなかったです。仕方ないので、そばの原っぱの中にいたイネ科植物を覗いてみました。カヤツリグサ科のヒメクグです。とっても地味、大人しく絵面に入ってくれました。地味だけど小さい花の輝きはしっかり持っています。こんな感じで生えています。キレイな花が多いここでは、 [続きを読む]
  • 道ばたに座り込んで・・・小さな花を知ってあげて
  • トウダイグサ科の植物は困りものの雑草というイメージが強いです。庭に蔓延って困ることもありますが、彼らもやっぱり生きています。刈り取られるのは仕方ないですが、小さな小さな花を咲かせるのを見てあげてください。このサイズでは細かさが伝え切れませんが、トリミング無しでお届けします。偶然、葉っぱが遮ったので、意図せずボケのような効果が出ました。花の名前:オオニシキソウ 撮影日: 2018/10/2 撮影場所: 埼玉県川 [続きを読む]
  • かじったらマスカットみたいに甘酸っぱい?
  • ありふれた花シリーズ。歩いていたら普通に見える美しい花姿。ウシハコベの花です。やっぱりナデシコの仲間の横綱級は赤蕊のハコベ。ミドリハコベやコハコベが美しいと思っています。でも、蕊だけでなく近づいてみると子房のところが宝石の輝き。皮をむいたマスカットの実のような感じですが、かじったら甘酸っぱいのでしょうか?ナデシコの仲間はツメクサやノミノツヅリなど、子房の部分が輝いておいしそうに見えます。普段はなか [続きを読む]
  • 未知の生物?エイリアン?
  • どこにでも咲いているありふれた、小さな花。撮り方にによっては、とってもユカイな絵面になるんです。コックピットがあるみたい。未知の生物か?未確認飛行物体か?花の好きな皆さまは、すぐお分かりだと思います。別な方向からの絵面です。マンタ?それともエイリアン?翼があって、空へ飛んで行きそう。お分かりだと思いますが、トキワハゼの花です。上唇の浅い2裂が特徴です。珍しくほこりなどで汚れていない純白の花弁です。 [続きを読む]
  • 凍った大地
  • 今日は休みだったので、雑草の中の宝石を探すために近所のビオトープに出かけました。現地に着いたら、たくさんの人が集まっておりました。子供たちの自然観察会のようです。私はいつも通り小さな花を見つけて、マクロフォトで写真を撮り始めました。すると数人の方が私のところに来て話しかけました(チンピラみたいな目つきの若造も後から来た)。物腰は柔らかいですが、何度も来ていること(話をした方とは初対面です)、他県ナン [続きを読む]
  • 雨後にニョキニョキ(2)・・・キノコいろいろ
  • 今回は、森林公園で見かけたキノコを撮ってきました。やっぱり雨の次の日でした。まず圧巻はコイツです。地面から長い棒がニョキニョキ!30cm近くある棒が地面から生えていました。木魚でもたたけそう。第一印象は「なんじゃこりゃ〜」。丸いボールが棒に刺さってます。最初、人工的に作られたものだと思いましたが、どうやら天然物のようです。すぐそばに傘の開いたものがありました。30cm近くありますが、画像がうまく撮れず [続きを読む]
  • 幻想・・・花の世界の住人だったら?
  • 咲いている場所はあまり知りませんが、ゲンノショウコの花を見に出かけました。いつ見ても本当に美しいです。私的にハコベとゲンノショウコの美しさは別格です。花の中に住んでいたら・・・と思い浮かべながら絵面を作ってみました。花の中をうろちょろしているアザミウマの気持ちですね。茎を地面から登って来て、花びらの端っこに立ってみました(約6倍)。柱頭に近寄ってみました(上のトリミング像)。花粉をかじったらどんな味が [続きを読む]
  • 目立たずキレイに咲きました
  • 先月、林の中で偶然見かけた小さな花。花は小さく丸まって、1mmくらいしかありませんでした。先日あらためて、この花を探しに出かけてきましたので報告します。小さくまばらに咲いているので、見つけるまでひと苦労。10分くらい地面を凝視して発見しましたが、ファインダーに花を捉えるのも時間がかかります。APS-C機とマクロフォトの組み合わせで目いっぱい拡大しました(7.5倍、ISO100、F8.0)皆さまから教えていただいた通り、 [続きを読む]
  • ブルータス、お前もか?・・・ひっつき虫のひみつ
  • 今まで、幾つかのひっつき虫のひっつきの秘密を見てみました。でもコイツ、アレチヌスビトハギだけはトゲトゲがないし、何故ひっつくのか分かりませんでした。この秘密を探るべく、近所の荒れ地に咲いているアレチヌスビトハギを訪ねました。花はこんな感じでキレイ。昨年、前任地の平塚で撮影しました。このタネがひっつき虫になるのですが、なんでくっつくか分からない。オナモミやセンダングサのようにチクチク痛くないです。か [続きを読む]
  • すごく地味な花・・・でもガラス製?
  • 最近、あちらこちらで見かけるとっても小さくて、とっても地味な花?。見たところイネ科植物です。花びらと思った白い部分は蕊みたい。イネ科はひょろ長くて風に翻弄されやすいので、苦手な植物です。初夏にホソムギの花に挑戦しましたが、1ヶ月間苦労して絵面にした思い出があります。今日は運よく風が弱かったので、どんなカタチをしているのか撮影してみましたよ。ファインダーを覗いてびっくり、地味すぎる花はなんとガラス製 [続きを読む]