ねこけん千葉支部 さん プロフィール

  •  
ねこけん千葉支部さん: ねこけん千葉支部
ハンドル名ねこけん千葉支部 さん
ブログタイトルねこけん千葉支部
ブログURLhttps://ameblo.jp/nekoken-chiba/
サイト紹介文野良猫ゼロ・殺処分ゼロを目指しNPO法人ねこけん の「ねこけん千葉支部」が設立されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 21日(平均10.3回/週) - 参加 2018/09/25 22:17

ねこけん千葉支部 さんのブログ記事

  • ピョコンと出たり入ったり??
  • 支部長がトライアルの猫さんをお届けして、外へ出たところ、前から籠にダンボールを積んだ自転車が走って来ました。 自転車の女性はどこか大変そうで、よく見てみるとそのダンボールには!? 猫の顔が出たり入ったり!?一生懸命に女性がダンボールの猫ちゃんが逃げない様におさえています。 斬新な飼い方?病院へ連れて行く途中とか?? そう思った支部長はすれ違う際に、「大丈夫ですか?」と声をかけました。 「今、道に伏せ [続きを読む]
  • メンタリスト Daigoさんが…!?
  • 昨夜のニコタマで10月28日(日)の「チャリティー!ねこけん」について宣伝をしてくださったそうで、大反響を頂きました!!https://sp.ch.nicovideo.jp/mentalist21:30開始予定です!Daigoさんといえば猫好きで有名ですが…ねこけんのチャリティーにご協力頂けたなんて有り難いばかりです。これも猫の素敵なご縁!!! Daigoさんが宣伝してくださったチャリティーイベントの内容はこちら!↓↓↓今回のイベントの会場は六本木の最 [続きを読む]
  • お空へのお手紙
  • ねこけん千葉支部ではベビーラッシュで「産猫室」を作るなどして、ボランティアさんも赤ちゃん誕生を首を長くして待ち望んでいました。トップバッターの「ちーちゃん」は、とても子育て上手なママで、赤ちゃんもモフモフスクスクと成長。そこから次々とママ達が出産をしていくのですが…ボランティアさんが出産しているママに気づき確認してみると、へその緒がついたままの赤ちゃん、胎盤に包まれたままの赤ちゃんが動かずに放置 [続きを読む]
  • 続く保護部屋卒業生!
  • 先週末は数匹の猫さん達が保護部屋を卒業し、預かりボランティアさん宅での生活を始めました まずは最近同じケージで仲良く遊んでいたこのペア! さとし「僕達お出かけですか?」ラッキー「おでかけだじょー美味しいもの食べれるところだったら嬉しいじょー」 ちょっと不安を隠せないさとしと、 ラッキー「これにゃんだ!にゃんだ!にゃんだ!だじょー」と、預かりボランティアさん宅へ到着後、しばらくすると遊び始めたラッキー! [続きを読む]
  • 痩せたぼろぼろの猫が、、、
  • 「最近、公園に猫が現れて、、、助けてほしい」メンバーNさんにご相談がありました。Nさんはすぐに「明日現場に見に行ってみます!」とスピード対応!さすがです!!次の日、支部長の電話が鳴りました。現場に行ったNさんからです。。。Nさん「足の様子がかなり酷いように見えるんです!捕獲して見てあげたいのだけれど、捕まるかな?捕獲して去勢手術をすぐしてあげたいけど、どこかすぐに対応してもらえる病院はあるかな?」支部 [続きを読む]
  • 行政、警察との連携!!
  • ねこけん千葉支部では、各行政、警察との連携をし活動させて頂いています。なぜかといいますと、皆さんも混乱されていらっしゃるのでちょっとご説明!!ねこけん千葉支部長は、「goens」(ごえん)という行政、警察、個人ボランティアさんのサポートの為の団体の代表も兼任しているのです!ねこけん千葉支部の活動で忙しく動いている間も、ボランティアさんはセンターの子達のシャンプー、HP用写真の撮影など頑張ってくださっていま [続きを読む]
  • 飼い主から殺処分を依頼された猫たち、、、
  • 千葉県T市のそのお宅には30〜40匹ほどの可愛い猫たちがいたそうです。 毛足のやや長い猫さんや、まだあどけなさの残る仔猫。。。 さらにチマチマ仔猫、、、 Iさんがお仕事でこちらのお宅を訪れた際に、飼い主さんは「殺処分するんだよね・・・」ということをIさんへお話されたようです。 飼い主さんは怪我で入院し、退院したがもう飼うことができない。と、、、 Iさんはこの小さな命が殺処分されることを見ていられず「なんとか救 [続きを読む]
  • ママ代わりのボランティアさん
  • 仔猫ラッシュのねこけん千葉支部でございます!本日はチマチマ達の日常を見てみたいと思います!! チマチマ1「ごはんでっちか??」 チマチマ2「今ごはんって言いまちたでっちか?」 ボランティアさん「はいみんなまとめておいでー」 チマチマ軍団「ごはん??ごはん??ごはん??でっち!」 チマチマ軍団「ごはん〜!・・・まずはおちっこでっちか」ボランティアさん「いっぱい出たねー」チマチマ軍団「いっぱい出てスッキリで [続きを読む]
  • Oさんからの手紙…
  • トライアルにねこけんの猫ちゃんを迎えてくださった素敵なご家族がいました。トライアルがスタートしてすぐにご家族がアレルギーだという事が分かりましたが、どうにか迎えたいというお気持ちから、あらゆる事を頑張ってくださいました。連日、ご報告いただくボランティアさんが、胸がいっぱいになるくらい「迎えたい」と一生懸命な事が伝わってきました。そして、答えを出す日が近づきます…みんなが良い報告になる事を願っていま [続きを読む]
  • 猫達は意外な場所に潜んでいます
  • 朝晩冷え込むようになり、あの事故が増える季節が近づいてきました。。。 これは車のエンジンルーム。。。そして、その奥に見える、茶縞の尻尾。。。 そう。猫の巻き込み事故です。 冷たい風や雨から身を守るために、猫は車のエンジンルームへ潜り込んでしまうことがあります。 この子はなんと!!捕獲時に車の下に入り込んでしまいました!まだ仔猫のこの茶縞ちゃんは、よく見るとあちこち怪我をしていました。 この子は、自然が [続きを読む]
  • 君たちの3つ目の幸せはどこかな?
  • 9月23日のねこけん千葉支部の譲渡会が開催された日に、I千葉支部長の涙に見送られ、保護部屋を卒業したゆきみとだいふく。彼らのその後の暮らしをご紹介します。 住みなれた保護部屋を出て、慣れるまで心配、、、 することもなく、翌日にはもうスーパーリラックスしていました ゆきみだいふくは到着後間も無く、1部屋内でフリーに、、、そして、すぐに寄ってきて、目線の高さに登ってきて甘える人間が大好き!!! ただ、ブラッ [続きを読む]
  • 命の現場で笑顔になる瞬間
  • 今週もねこけん千葉支部では一斉避妊・去勢手術が行われました。 一斉手術の前日は、手術を受けさせたい猫達の捕獲のために、I千葉支部長をはじめとした捕獲メンバーが、寝る間も惜しんで夜中まで走り回っています。 捕獲以外にも時間をかけて地域の方々へ説明や説得をし、手術に間に合うように、発情が起こってしまう前にと猫達の状態を観察しつつ、猫とコミュニケーションを取ったり、それでも触ることのできない猫へは捕獲器を [続きを読む]
  • 命が誕生すること、それは奇跡
  • お外で暮らす猫達の保護を進めているねこけん千葉支部ですが、その中には数匹の妊婦猫さんもいます。 ねこけんでは、避妊・去勢を進めていますが、お腹に命を宿した妊婦猫さんは、母体のリスク、そしてお腹に宿った赤ちゃんも命として考えているため、妊婦猫さんは安全な場所で保護し、産室を用意し、出産を待ちます。 そして、先月から出産ラッシュ、、、 沢山の可愛い仔猫が生まれ、育っています。 ですが、中には無事誕生した [続きを読む]
  • ロープで繋がれた仔猫たちは幸せに包まれて
  • ロープで繋がれていた仔猫達。。。ねこけん千葉支部へやってきた頃は、怯えた表情を見せていました。。。 あれから半月が経ち、こんなに穏やかな表情を見せてくれるようになりました! 仔猫さん「お薬の時間でしゅか?口元までお願いしましゅ」寝ながら風邪薬を飲むチビちゃん!笑 お世話ボランティアさん達へ心を開いてくれて、とても甘えています無邪気な表情を見せてくれると、この仔猫達も本当の家族の元でちゃんと幸せになれ [続きを読む]
  • 一斉避妊去勢手術は、ねこけん千葉支部の大切な大切な取り組み!!
  • ねこけん千葉支部が大切にしている取り組みに「一斉避妊・去勢手術」があります!千葉県内での相談で多くをしめるのが超多頭崩壊の相談。。。猫の各現場にはボランティアさんや、相談者さんがいますが、皆さんから「助けてください!!」と連絡が絶えません。 皆さんは、行政、他団体さんに相談をし、解決が出来ずにどうしようもなくなった状態で、ねこけんへくるケースが多く、毎回感じるのがこうなる前に解決する方法を教えてあ [続きを読む]
  • 過酷な現場を乗り越えて・・・
  • 早いもので10月へ突入、今年も残すところ3ヶ月となりました。台風が増える季節が過ぎると秋を感じる間もなく寒くなってしまいます。お外で過ごす猫達は大丈夫だろうか・・・。寒さを凌げる場所に身を寄せることができるだろうか・・・。できることなら、暖かくても車のエンジンルームには入り込まないでね・・・。 そんなことを考えて、今すぐ保護できなくて、ごめんね。。。お外で暮らす猫達のことを考えると、心が痛くなってし [続きを読む]
  • 様々な過酷な現場から来る子達
  • 次から次へと相談が相次ぎ、土の上、草の上、コンクリートの上、ゴミの中で生活し、安心して暮らすことができなかった猫さん達が保護され、I千葉支部長も部屋割りに頭を抱えていましたが、皆様のおかげで、遊ぶことが大好きな子猫さんも、広いケージで飛んだり跳ねたり、寛いだり、、、産後の体を癒している母猫さんも、広いケージで過ごせるようになりました!これも、日本全国からご支援くださる皆様のおかげです!!皆様のご支 [続きを読む]
  • 運命の分かれ道・・・
  • 千葉県には多頭崩壊現場がたくさんあります。 その中でも、私たちが忘れることのできない現場があります。たくさんの猫達がいました。お腹に小さな命を宿した猫。。。エイズ、重度の猫風邪、感染症などで体を蝕まれた猫。。。脱腸などにより緊急を要する状態の猫。。。すでに手術に耐えることのできる体力が残っていないであろう猫もいました。 飼い主が地域住民、行政に助けを求め、行政指導が入った現場でした。地域の住民に捕 [続きを読む]
  • ラッキーのおうちはどこかな?
  • 「ラッキーだじょ〜」 おはよう??ラッキーあら?ラッキー。。。お顔ちゃんと洗った?お鼻が汚れているよ? ラッキー「このお顔は汚れじゃないんだじょ〜個性なんだじょ〜よく見るんだじょ〜」 そっかよく見ると、とーっても可愛いねそんなお顔が個性的で可愛いラッキー実は保護部屋をはやく脱出したいんです よほどお腹が空いていたんでしょう…誘き寄せるためのご飯もサクッと完食!?雷が凄かった大雨の日の後に突然現れて捕 [続きを読む]
  • できることを、できるだけやる!!
  • 千葉県いずみの市の食材で、一流シェフのお料理が楽しめる「チャリティー!ねこけん 」ねこけん 本部のブログで、お料理の内容が発表されていました!!→こちら楽しんでチャリティー是非遊びに来てくださいね!! マロン:待っているわね さて、そんな楽しいイベントが待ち遠しいねこけんですが、千葉支部は毎日が大忙しです! 「広いお部屋はのびのびでっちね」この仔猫達は、そう、、、本部のブログでもご紹介がありましたロー [続きを読む]
  • 首に怪我を負った猫
  • 「大切な子猫は小銭入れの中??」の最後にお伝えした猫さん。。。昨日の東京本部のブログにも掲載されていますが、何かに噛まれたような傷が首にある800gの小さな仔猫が保護されました。 傷にウジが湧いてしまい、瀕死の状態でした… ウジが湧く…傷をおってからどれだけ経っていたのか考えても悲しく怖いです。I千葉支部長とFさんが出動し、保護した後に、動物病院で処置を受け、夜中まで、この仔猫さんを生かす為にケアをして [続きを読む]
  • 大切な仔猫は小銭入れの中??
  • ねこけん千葉支部メンバーFさんは、スーパーマーケットで異様な光景を目撃しました。女の子が小銭入れを開けると、小さな仔猫が入っていたのです。 その異様な光景をFさんは忘れることができずにいたそうです。 その後、Fさんはその女の子と再会することになります。 その女の子は、ダンボールに子猫を入れ、自転車に乗せて公園へ連れてきていました。「人に慣れさせて、飼い主さんが飼いやすいようにしたい」それが、中学生の女の [続きを読む]
  • ゆきみだいふくの移動は小さな勇気!!
  • 昨日は、ねこけん千葉支部譲渡会でした! ご来場頂いた皆様、ブログをご覧になっている皆様、ご支援・ご協力くださっている全国の皆様、ボランティアの皆様、譲渡会の会場をご提供頂きましたラジコンショップはっぴー様、ありがとうございました!! ねこけん千葉支部はご協力くださっている皆様のお力で成り立っていると感じた1日でした。 参加した猫さん達も、慣れない環境ではありましたが、精一杯かわいいアピールを頑張りま [続きを読む]
  • ねこけん千葉支部譲渡会&次回譲渡会のお知らせ
  • 本日はねこけん千葉支部の譲渡会でした! たくさんの方にご来場いただき、また、ご支援も頂きありがとうございました。ねこけん千葉支部は皆様のご支援、ご協力のもとに成り立っていると改めて感じました。本日の譲渡会でトライアルが決まり、新しいご家族の元へ旅立つ猫さんもいます。別れは悲しいけれど、嬉しい涙でもある。絶対に幸せになるんだよ一方で、でぶち「にゃー!!にゃー!!!にゃー!!!!」誰よりもアピールを頑 [続きを読む]
  • ねこけん 千葉支部譲渡会始まります!
  • ねこけん千葉支部の譲渡会スタートです! 会場も準備万端!!! 皆様のご来場をお待ちしていますこちら↓↓↓ねこけん千葉支部譲渡会日時 2018年9月23日(日)午前11時〜15時場所 千葉県市原市古市場615-5地図はこちら○里親様へのお願い○ 交通JR内房線 浜野駅より徒歩13分京葉道路 蘇我インターより車で10分会場へはこちら↓メンバーKさん力作の看板を目印にお越しくださいボランティア募集ねこけん千葉支部ではボランティアを [続きを読む]