*つくしんぼ* さん プロフィール

  •  
*つくしんぼ*さん: 春のつくしんぼ
ハンドル名*つくしんぼ* さん
ブログタイトル春のつくしんぼ
ブログURLhttp://chr217.blog.fc2.com/
サイト紹介文花男二次 素人の趣味です つくしloveのサイトになります(*´∇`*) よろしくお願いします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 79日(平均12.6回/週) - 参加 2018/09/26 00:35

*つくしんぼ* さんのブログ記事

  • Limited lover20
  • つくしが司から下着を奪い返そうと戦っている頃『司がストーカー?!』「違うわ椿、その疑「『こうしちゃおけない!!任せてお母様アタシがこの手で牢屋にぶちこんでやるわ!!』「話をお聞きなさい!!」『良いのよお母様。庇う必要は無いわ』「だから!!」ブチっとキレた電話を見ながら楓が言う「人の話を聞かない性格は間違いなく二人共あの人に似たんだわ」控えていた西田が「あんたもな」と心で思うと楓に睨まれた。「何か? [続きを読む]
  • Limited lover19
  • 「両思いなんですよね?」桜子に問い詰められて、つくしは「はい」と頷く「アホらし……一体何を心配してるんですか」「いや、その……顔がまともに見れなくなっちゃって」「……ガキですか貴方は。ヤることヤってるんだから今さらでしょう」桜子の明け透けな言い方に顔を真っ赤にしたつくしが周りをキョロキョロ見てから女の子が言うことじゃない!と怒る「あのね、先輩。そんなことしてたら今度こそ逃げられちゃいますよ?只でさ [続きを読む]
  • Limited lover18
  • 予約になってませんでしたorz「あんた何やってんのよ」つくしは隣でネクタイを緩めている男を睨む「てめぇがバカだからだろ。どう考えても危ない店だろうがよ」つくしも何となく感じて居ただけに気まずさから黙る「順平、気付いてた…」「何がだよ」少し震えるつくしに司が自分が着ていたジャケットをかけてやる「ていうか、あんたなんでこの前からアタシの居場所知ってんの?」「………」「監視つけてる?アタシが関係を言いふら [続きを読む]
  • ファザコン彼女 1
  • 次の連載のお話なんですが更新したくなって、しばらく不定期でアップします(^^;26の時に社長秘書として抜擢された。いつだったか忘れたが身内に不幸が有り、葬儀に参列した母親が姉弟を引き取ってきた。6歳と3歳にしてはとても聞き分けがいい二人幼くして両親を亡くした彼らは自分たちの置かれた立場を良く理解していた。それから4年後母親が病に倒れ、呆気なく亡くなった。仕事にかまけて親孝行の1つもしなかった弟の方はぼろぼ [続きを読む]
  • Limited lover17
  • 家に帰ったつくしの気は重かった。桜子は帰り際、"気を付けて下さい"と言った「……引っ越そうかな」このマンションは花沢に就職が決まった時に類と静からプレゼントされたものセキュリティがしっかりしていて、オーナーは自分達の友人だから信頼できる、と……「はぁ……これぞまさに」「ミイラ取りがミイラになったてか?」類とグラスを合わせた後に美作あきらが笑いながら言う「ミイラになんかなってねぇよ」「ことわざだよ司… [続きを読む]
  • 年越しに向けて
  • あちこち不定期だった連載は完結させてます( 〃▽〃)全部を年内に終わらせたいのですがパラレルはまだまだ時間がかかりそうでorz来年に持ち越しそうです( ;∀;)h****様楽しんで頂けて何よりです(´;ω;`)??いや、恐らく私の書き方がきっと皆様の心を惹かないんだと思いますorz優しいお言葉ありがとうございます!!もうそろそろ話が先に進むはず!!です!!これからも見捨てず、よろしくお願いいたします( ;∀;)な**** [続きを読む]
  • Limited lover16
  • 「で、尻尾巻いて逃げてきたと?」「……そんな言い方しないで」なぜか、パーティーに行ったことも道明寺との関係も桜子にバレていて「先輩、隠せてると思ったんですか?」そう言われてしまってはつくしも自信がなくて「まぁ良いか」とパーティーであった事を話した。「先輩はこれからテレビを見るたびにドキッとしますね」「何でよ?」つくしが紙コップに入ったコーヒーを飲もうとした瞬間、桜子の言葉に思わず手が止まる「今カレ [続きを読む]
  • Limited lover15
  • 類にエスコートされて会場に入ったつくしは、改めて道明寺司という人間の凄さを見せつけられた様に思う。「もうかなりの人間に囲まれてるな……つくし、お腹空いてない?」類がどこか遠くを見つめるつくしの耳元で優しく囁いたつくしは顔と同じくらい赤く染まった耳を片手で押さえながら類を睨む「睨んでるつもり?」笑いながら聞いてくる類にせめてもの反抗に聞こえる様にため息を吐くしかし、そこは長い付き合い類はそんな事は気 [続きを読む]
  • 愛しのCordonnier5
  • パーティーにたどり着くまでに繋がると言っておきながらさらに1話(^^;くどいな(^^;「あんたまた来たの?」ツクシは当然のように店の前に現れたツカサを見てため息を吐いた。「どうせ暇だろうが」「………」ツクシは竹箒でツカサの足下を掃く「イテッ!てめぇ、何すんだよ!!」「ごめんあそばせ、おおきなゴ「あんたって娘は!!!」 ガンッと母親にフライパンで頭を叩かれた ツクシは涙目になりながら踞る「お前とかーちゃんそっくり [続きを読む]
  • Limited lover14
  • 「あたた………」灰色の回転椅子から立ち上がりなら腰をおさえるつくしに、後ろから真田が声をかけた「大丈夫かよお前……ぎっくり腰か?」「失礼ね!んな年じゃないわよ!……あーよし!」つくしは気合いを入れると背筋をピンっと伸ばし「真田、今日も頑張るわよ!!」「お、おう!」 あの男、進がアタシの浮気相手だと思ったみたいで初めて朝まで付き合わさせられた人間じゃない……勘違いだと解った後も謝らないし!!「絶対、 [続きを読む]
  • とらぶるめーかー(9)
  • 長らく放置していたとらぶるめーか!!「ひでぇなぁ……お前」総二郎が笑いを噛み殺しながらつくしを見て言う「へそ曲げてんぞ?どうすんだよ」あきらも心配そうにしているが言うや否や顔を反らして手で口許を隠した「流石、タダじゃ起きないね」花沢類はそう言ってアタシに微笑むと頭をぽんぽん、と優しく撫でてくれる「………お前ら俺の記憶が無い間に」道明寺がこちらを見て顔をひくつかせた「だとしたら、キューピッドは司だね [続きを読む]
  • とらぶるめーかー(8)
  • 私信n***様こちらこそありがとうございます( 〃▽〃)??桜子は作者様もFFで語ってますよね(///ω///)♪私も彼女は大好きです!! H*様だれかひとりでも読んで笑ってくれたら充分です(///ω///)♪??気にかけてくださってありがとうございますね!お言葉に甘えさせて頂くこともあるかもしれませんが(^^;私も楽しいのでお返事書きますね( 〃▽〃)な****様もー!!嬉しい言葉ありがとうございます( 〃▽〃)解ります!!胸がぎゅうっ [続きを読む]
  • Limited lover13
  • 「ふぉー!!!!!サクサクカリカリ中トロぉ……おいしい!さつまいも味」「うまっ!!何これ!流石テレビでやってただけあるね!!」「次、チーズにする!!アンタは?進!」「あー!!!!俺もチーズ!いや、クリームも捨てがたい」「制覇よ。制覇するのよ!!」「だね!!姉ちゃん!!!」つくしは弟の進と共に広島の宮島に訪れていた。目的は揚もみじだ。ここ最近色々有り、ボーッと素うどんを食べていたらテレビで県民熱愛とやってい [続きを読む]
  • マジカルバナナ2
  • 相手して欲しくていきなり話をふったら…………━━━━━━━━━━━つ「マジカルバナナ!!」類「バナナと言ったらすべるっ!」総「すべると言ったらスノボ!」あ「スベるといったら雪山」つ「雪山といったら寒い」類「寒いといったら冬」総「冬と言ったら椿」あ「椿といったら司の姉ちゃん!!」類「あきら却下」総「あぁ」あ「なんでだよ」つ「?」「「今にも現れそうだから」」椿「あら?あきら呼んだかしら?アンタが私を呼 [続きを読む]
  • Limited lover12
  • 夜中、目が覚めたつくしは隣で眠る男の腕からそっと抜け出す。「……いつからこんなに軽くなったんだアタシは」初めての時の記憶が無いアタシを道明寺は思い出させるように優しく抱いてくれた「綺麗な人」寝顔を見つめて自然と出てきた言葉ふと、優紀の言葉を思い出す『新しい恋をしなさい』アタシの前に現れるのはどうして、絶対に結ばれない人なんだろう永遠の愛を誓える人に次は恋がしたいたった一度の失恋だが臆病になってしま [続きを読む]
  • 沈まぬ太陽(言い訳)
  • k***様はじめまして(///ω///)♪読んで頂きありがとうございます!!クスと笑っていただけたら私も幸せです(*´ω`*)??H***うふふ(*´ω`*)ありがとうございます!!楽しんで頂けて嬉しいです( ;∀;)??コメント嬉しいです!!頑張ります!??n***様テンポ伝わってますか?( ;∀;)ありがとうございます!!??嬉しいです??総二郎くん?さん?誕生日おめでとう!!(昨日だけど)私の中の彼のイメージは面倒見の良い少 [続きを読む]
  • Limited lover11
  • 「JUNさん入りまーす!」人懐っこい笑顔を浮かべて彼は司に近付く「今日はよろしくお願いしますね道明寺サン!」その馴れ馴れしさに若干イラッとしつつ司も笑顔で「こちらこそ」と返事をして握手を交わす今日のテーマは「初恋」です。また、下らねぇ………司が内心ため息をつくとJUNが言った「ボクは、兄貴と同じ人を好きになったんですそれが初恋だったかな。」「ふぅ………」「大丈夫ですか?」桜子は残業するつくしのデスクにコ [続きを読む]
  • 沈まぬ太陽5(総二郎BD)
  • 司は恋人を愛している愛しているという言葉では軽すぎる程に愛している。昨日、彼女から来た電話は『あ、い、し、て、る』の一言をゆっくり言っただけで切れた。(最後は叫んでいたが)「……牧野」どうして自分は言わなくて良い言葉を勢いのままに言ってしまうのだろうかビジネスなら頭で考えて喋るが彼女の事になると先に心が反応する心が反応した時には既に頭はオーバーヒートしていて使い物にならない。今までならそれでも良かっ [続きを読む]
  • 素敵なランチ
  • 「たからもの」と同じ設定です。朝起きたつくしが思った"梅干しのおにぎりが食べたい"酸っぱいやつ3食食べなきゃ朝が始まらない彼女朝は大体パンだからご飯を炊かなければならない。そういえば、この前商店街の福引きで当てた高級なお米(新米)があった。とっておきの為に取っておいたそのお米を使おうと決めてつくしはお米をセットしてから服を着替えて外に出た。牧野つくし命そんなTシャツがあればまず間違いなく着るであろう(も [続きを読む]
  • Limited lover10
  • 私信です!拍手コメントお礼とお返事ち***様おおおお!!!!気付いて頂いてありがとうございます!!( 〃▽〃)??このネタ入れたかったんですよ!!な****様いつもありがとうございます!!あれを読んで下さったんですね!思わぬとこから身バレしかけて急いで引っ込めました←逆に怪しい優しいお言葉いつもありがとうございます??h****様ようやっと追い付きましたー!!!この二人、さっさっとラブラブさせたいです!!( ≧∀≦)ノ [続きを読む]
  • Limited lover9
  • キリ番踏んで下さった方(ニアピンの方も)リクエストお待ちしております(*´ω`*)「あの女には色気がねぇ」 朝から不機嫌な上司は書類からいきなり顔を上げると、こんなことを言い出した「司様?」心配する西田の声を無視して司は昨夜の事を思い出す。俺がアイツの服の袖を捲ったとこまでは良かった。見つめあって、キスする雰囲気になったから顔を近付けたら『ストップ!』『あ?』『あっぶなー!!ちょっと、いつまで触ってんの [続きを読む]
  • 沈まぬ太陽4(総二郎BD)
  • 司は気に入らなかった。本当に彼女を求めている自分は中々会えないのに男の嫉妬は醜いと聞く醜くて良いさ。それでアイツが俺の側に居るならもちろん、総二郎には感謝しているアイツが庇ってくれなかったら………考えただけでゾッとする。それでも、身体の内側から込み上げてくるこのどす黒い感情をどうすることも出来なかった。「なぁ、牧野」『何?』いつもの電話でいつもの会話「お前さ、こっち来ねぇ?」『遊びにってこと?』「 [続きを読む]
  • 愛しのCordonnier4
  • あれからツクシの母親が出て来て従者が新しい服を持ってくるまでに湯を沸かすからと言われた汚れだけ落とし湯から上がるとツクシが腕を応急処置してくれた城の自室に戻ったツカサは巻かれた包帯を見つめる何であんなことしたんだ……アイツがどうなろうと関係ねぇのに気が付けば身体が勝手に動いていた。『もっと優しく出来ねぇのかよッ!!』『男の子でしょうが!!これくらいでグダグダ言わないの!!』『おま!!俺をガキ扱いすん [続きを読む]
  • 沈まぬ太陽3(総二郎BD)
  • 私信n***様嬉しいお言葉ありがとうございます!!まさかまさかの収穫です!(*´ω`*)H*朝早くからのお仕事お疲れ様です!!お話楽しんで頂けて私も嬉しいです!今日はもう1つ有ります!何時に出現するかはわかりませんが笑『お前まさか、毎日行ってる訳じゃねえだろうな!?』「行くわけないじゃない。バイトがあるし」司はこの時ほど彼女が勤労処女で良かったと思ったことはない。処女?処女ではもうねえな。なんだっけ?少年か [続きを読む]
  • Limited lover8
  • 「司、紹介するよ。彼女は牧野つくし俺と静の妹みたいな奴なんだ。優しくしてやって」俺らや静以外で類が親しくしている人間が居ることにも驚いたがそれがまさか、コイツとはね。と、言うことはだ、俺らはどうやっても出会う運命にあったって事になる。「初めまして、牧野つくしです。」気まずそうに頭を下げる牧野を見て自然と頬が緩む「道明寺です」そういや、こいつに名乗ったこと無かったな「類にこんな素敵な友人が居たとは驚 [続きを読む]