食品販売研究所 さん プロフィール

  •  
食品販売研究所さん: 食品の集客できる商品開発&販売促進
ハンドル名食品販売研究所 さん
ブログタイトル食品の集客できる商品開発&販売促進
ブログURLhttp://food-business-consul.seesaa.net/
サイト紹介文加工食品の商品開発・飲食店のメニュー開発・加工食品の売り方・飲食店の集客の方法を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 80日(平均2.1回/週) - 参加 2018/09/27 18:08

食品販売研究所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 観光地で突出する売上を獲得する飲食メニューの生み出し方
  • 今日の記事はシンプルに書こうかと。あの手、この手、ありますよ。しかしながら、観光地で突出する売上を獲得する飲食メニューの生み出し方はこれに尽きるかと。つまり、「ここでしか食べれない、飲めない、呑めない!」もう一言付け加えると、「この季節しかない、この時しかない!」みなさんのお考えは いかがでしょうか?キーワード:メニュー開発,飲食店,サラダ,販売促進,商品開発,集客,食品,広告宣伝,久保正英,中小企業診断 [続きを読む]
  • 売れる(集客できる)サラダメニューの開発の仕方3点セット
  • サラダの注文がイマイチ伸び悩んでいるそんな飲食店にオススメの「ヒットしやすい」サラダメニューの開発の仕方を御案内します。意外と簡単です♪ポイントは3つ。①素材感:どのようにすれば伝わるか?②適度なボリューム:どのように盛り付ければボリューム感が伝わるか?③見た目の工夫:彩とりどり or そのまんまたった3つですがこのたった3つで お客様を魅了するサラダメニューが簡単に作れますよ♪写真は事例になります [続きを読む]
  • 販路開拓で初心者でもわかる商圏分析の仕方(2<br />)
  • 1回目のつづきです。1回目はこちら(⇒ )今回の目次はこちらです↓==今回==3.商圏分析の進め方4.売上を構成する要因の検討と設定(1)事業の売上に影響する「要因」をすべて洗い出す5.設定商圏の明示(机上による商圏の設定) と売上見込の算定(1)旅行速度の検討と設定==スタート!==4.売上を構成する要因の検討と設定(1)事業の売上に影響する「要因」を検討する 商圏を設定し分析する理由は、見 [続きを読む]
  • 販路開拓で初心者でもわかる商圏分析の仕方(1)
  • 当方の事務所のホームページでの問い合わせでちょくちょくいただくオファーが商圏分析の助言や指導です。どちらかと言いますと私は、商品開発や販路開拓の支援や助言を1番「お手伝いしたい」仕事としていますのでぜひ、ブログで御勘弁ください。その代わり、初心者でも可能なようにかなり詳しく、複数回書いていきますので。まず、今後書いていく目次ですが、次のようになります。商圏分析の進め方1.商圏とは2.商圏分析とは3 [続きを読む]
  • 食品営業マン販売応援や陳列応援を依頼されたらすべきこと
  • もう一つのブログから人気記事を紹介します。食品の営業マンは陳列応援を第1に依頼を受けましょう。スケジュールで難しい場合は、販売応援ですが、販売応援は改装や新店のオープンに立ち会える時間を真っ先に選択するようにしましょう♪食品の営業マンの皆様おつかれさまです。今日は、販売応援と陳列応援の話を書きます。ダイエーが全盛の頃に比べると、この手の量販店からの応援依頼はとても少なくなりましたね。私がまだ食品企 [続きを読む]
  • 食品の商品開発は必然性が説得できることが最優先
  • なんとなく 消費しているお客様お客様は、記号消費している、あるいは、させられている。セミナーや支援先で記号消費の仕方を助言するのは、「最初に手にする時の切っ掛け作り」のため。つまり、新規客との出逢いとしては、最良の策だと判断します。しかしながら、ひとたび 手にすれば!そして、食せば!泉のようにわき上がる疑問?なんで、この会社が、オススメするのだろう?なんで、このひとが、オススメするのだろう?なんで、 [続きを読む]
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方(④ お客様のお名前を明記)
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方今回は4回目です。小さな飲食店しか出来ないリピート率5割超の取組小さな事業者がチラシやメッセージカードを作る際に、やってしまう大ミス!の一つが万人向けチラシ。 渡された方は、おおむね!「あっ!そっ!」程度の反応であるにも関わらず、必死に配布する様相(笑)あたかも、私が今配っているチラシだけは 必ず見てくれているだろうという期待。そもそも不特定多数の方に向けて作成し [続きを読む]
  • 洋食プラス和食で繁盛店(売れる飲食店のメニュー開発の手順:免罪符)
  • 売れる飲食店のメニュー開発の手順についていくつか順次紹介しようと思うのですが、今回は免罪符という手法で『洋食プラス和食』の手順を紹介しましょう。免罪符とは、食における健康な食生活を送りたいとする普遍的顧客心理を踏まえ、その罪悪感を解消してあげようとする商品化手法です。たとえば、吉野家牛丼ですが、テーブルの傍には刻み紅ショウガ♪これをたらふく、上乗せして食する成人男性の光景がまさにそれです♪肉ばかり [続きを読む]
  • メディア掲載実績:野菜だより11月号(累計119件目)
  • 発売になる「野菜だより」(学研)11月号よりP56~P61に紹介されています。キーワード:食品,商品開発,販売促進,6次産業化,農業,飲食店,メニュー開発過去の主なメディア掲載実績はこちら(⇒ )マーケティング・経営ランキングにほんブログ村中小企業庁 長官賞受賞論文はこちらへ⇒ 著書についてはこちらへ(1冊目 )(2冊目 )もう一つブログやってます(こちらは柔らかい記事です 笑⇒こちら) [続きを読む]
  • 農作物の新しい商品開発手法(6次産業化や加工食品化以外の手法)
  • 農家は農作物の栽培を種をまいて育てて、こんな料理に!こん食べ方がある!と言ってお客様の需要喚起をする方が多いです。もちろん、日銭を稼ぐ農家なら問題無いのですが、ちゃんと、農業にしたいのなら、実は、そこが間違いなのです。セミナーで、口を酸っぱくして話してますよね♪ 結果的に育てた野菜が、サラダに、煮物に、天ぷらに。そのように多くの農家が提案されますが、?本当に、その調理法が適している風味にそのお野菜が [続きを読む]
  • 食品イベント企画・集客事例(結果)葉山島落花生収穫祭
  • 過日に御案内したイベントの結果です。どのようなオーダー(食のイベント集客における課題)であったかをこちらを して確認ください。結果は大好評でした。約5倍の集客人数。まずは何を助言し実行したかを整理しますと、これまでの葉山島収穫祭を改め、目玉である葉山島落花生にスポットライトをあてました。その上で、どのようなイベントか視覚的に理解しやすいよう、フライヤーは子供の収穫の様子をキャッチアップしたの [続きを読む]
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方(③楽しそう 喜楽 その1)
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方今回は3回目です。チラシは、どこかに置いてもらっててもあるいは、手配りしても、新聞折り込みしても。いずれにしても、手に取ってもらわなければ始まりませんよね。そこで、手にとっていただく工夫が必要になります。その方法の1つが 楽しそう!と伝わること。人が集まるところを想像してみてください!例えば 私の娘が大好きな遊園地。楽しいから 現地に赴くのですよね!ですから 楽 [続きを読む]
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方(②役立つメリット・利便性)
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方今回は2回目です。チラシは、どこかに置いてもらっててもあるいは、手配りしても、新聞折り込みしても。いずれにしても、手に取ってもらわなければ始まりませんよね。そこで、手にとっていただく工夫が必要になります。その方法は、お客様にとって役に立つか否か!ここに徹底的に コダワルことです。手にとってもらうためには、お客様が受け取る「メリット」が必要です。 そのメリットを必死 [続きを読む]
  • 食品イベント企画・集客事例(告知)葉山島落花生収穫祭
  • 支援しているイベントの告知です。今週末10月7日(日)に行われる葉山島落花生収穫祭です。このイベントは、例年100名程度来場されるものの、数倍に来場者を増やしたいとの依頼さらには、朝10時から行われるワンコインでの収穫体験が終わると、すぐに来場者が、帰ってしまうので、終了時間まで滞留してもらい、物販の売上を高めたいとのご依頼でした。さて、どうなることやら。支援した内容と結果は改めて、終了次第ここを(クリッ [続きを読む]
  • 売れる飲食メニュー開発の仕方①(メニュー開発・食品開発)
  • 飲食店支援で必ず相談の1つになる「売りのメニューの開発」の手法この手法を解りやすく説明するのがこのテーマです。今回は1回目になります♪↓今回の回答はこちら【誰がみても 売りが、わかりやすいシズル!】です♪(笑)例えばカツカレーなら こんな感じです♪カツカレーだからトンカツだよね〜〜このような事前期待を上回ることが大切です♪例えばエビ天丼なら海老 エビ 海老 〜〜ってな感じそうですね。ポイントはとにかくメ [続きを読む]
  • ブランドを価格に反映する方法(販売生産性の場合)
  • ブランドという何だか空想めいた(笑)言葉で、このお店はブランドがあるから少々値付けが高くても大丈夫♪ってな、指導をする先生方がいらっしゃいますが、その値付けの思考は、はなはだ適当・・(-_-;)では、どのような方法があるか?それを5パターンくらい順次、御案内しますね。では今回の本題に・・飲食店の方で物販を考えられている方農家の方で自らの加工品を販売していきたいと考えられている方そのような方々に今回は「ブ [続きを読む]
  • 加工食品の商品開発手順(個人・小規模事業者向け)
  • 飲食店の方で物販を考えられている方 小さな事業者(個人・小規模事業主)の方でお菓子やドレッシング等々の商品を製造し販売したいと思う方農家さんで、加工品を開発したいと思う方。注)年商3500万円以下の方向け・この売上以上は別途記事にしますね後日♪ このような方からの御相談が日頃、かつアメブロ経由で(こちら)多いので今回は、このようなタイトルで書いていきたいと思います♪ 今回は全体の手順を説明して、改めて、 [続きを読む]
  • 固定客ではなく応援客を獲得すれば集客に困らない
  • 著書のご案内です。消費者のニーズの多様化は 固定客という概念では繋ぎ止めれない。応援客獲得こそが、集客に困らない繁盛店へのKEY。なお、中小企業庁長官賞 受賞論文と合わせてお読みいただければ理解が深まります。http://food-business-consul.seesaa.net/article/461843739.htmlご関心がある方はぜひ、ご一読ください。「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS)キーワード:集客,飲食店,販売促進活 [続きを読む]
  • ヒット商品=そこそこ売れる この手順本の紹介
  • 著書のご案内です。消費者のニーズが多様化し、コモディティ化が進む中にあって、ヒット商品を得たい!と言った商品開発や、その拡販は無意味です。お金が無い事業者ほど、ヒットを狙うのではなく、「なんとなく売れるな・・ぁ!」と言った状況に行き着くべきです。ぜひ、ご一読ください!飲・食企業の的を外さない商品開発―ニーズ発掘のモノサシは環境と健康キーワード:商品開発,販路開拓,新規事業開発,起業,創業,販売促進 [続きを読む]
  • 飲食店の1分1秒あたりコストからメニューの価格設定(①原価の原単位)
  • 飲食店を営む皆さんに質問です。あなたのお店お客が居ようと居なかろうと・・笑1分あたり何円掛かっている?つまり、コストを浪費しているか知っていますか?繁盛という言葉が適切なのか・・応援されるお店になり、応援される空間を提供し、応援されるメニューを提案するその最初の1歩の一つが自店のコスト構造を知ることです。例えばある都内の飲食チェーンのお店の場合なんと1分あたり約42円掛かっていました。これでおわかりで [続きを読む]
  • 集客できるチラシ(フライヤー)の作り方(①想定外)
  • あなたの商品やイベントは見られない!目につかない!そもそも関心無い!これを前提に!過日の中小起業団体中央会での研修講師の後一番いただいた質問が「想定外」とは、どんなことですか?わたしのセミナーや指導先では、しつこいくらいお話しするのですが、改めて。「あなたの商品やサービス」に対して、世の中のほとんどが無関心だと思って販売促進活動を企画してね!です。それは理解いただけるのではないでしょうか。例えば、 [続きを読む]
  • 記号消費・コンセプト開発による飲食店集客事例
  • 中小企業庁 長官賞受賞論文論文タイトル:記号消費を活用した飲食店の応援されるコンセプトストア開発の事例副題:応援消費誘発型のストアコンセプト設定とその具現化こちら(中小企業診断協会のWebサイト)からご覧になれます(W )マーケティング・経営ランキングキーワード:ストアコンセプト,商品コンセプト.商品開発,集客術,販売促進 [続きを読む]
  • 久保正英のメディア掲載実績
  • ■久保 正英 主なメディア・官庁発刊紙 掲載実績一覧⇒見方:掲載紙(掲載年,掲載月日,)(掲載ページ 主な内容)ホームページでもご覧いただけます(W ) ・マイナビ農業(マイナビ)(全国)(2017,1026)(売れる農家の3原則)・マイナビ農業(マイナビ)(全国)(2017,1026)(農家の里親制度)・週刊現代(講談社)(全国)(2017,0311)(湖池屋プライドポテトのヒットの理由)・栄養と料理(女子栄養大学)(全 [続きを読む]
  • 飲食食品農業水産業 久保正英のプロフィール
  • ≪久保正英略歴≫一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士2016年11月 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)1997年3月 関西大学工学部 応用科学科 卒業1997年4月 山崎製パン入社(主に 商品開発を担い、ヒット商品2発)2001年6月 湖池屋・フレンテグループ入社(主に営業における新規開拓、ブランドマネジメント、保有ブランドの販売促進活動、新商品開発、上場業務全般等)2010年4 [続きを読む]
  • 過去の記事 …