Shinpey さん プロフィール

  •  
Shinpeyさん: Shinpey TokashikiのNet Business Diary
ハンドル名Shinpey さん
ブログタイトルShinpey TokashikiのNet Business Diary
ブログURLhttps://shinpey-430.hatenablog.com/
サイト紹介文インターネットビジネスの情報をメインに、成功法則のマインドセットをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 26日(平均14.8回/週) - 参加 2018/09/27 17:45

Shinpey さんのブログ記事

  • 【 誰かと親しくなる秘訣 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。本日は、【誰かと親しくなる秘訣】をお話します。誰かと親くなりたい時にどんな行動をすればいいのかと言いますと、一番効果があるのはとにかく接触頻度を高めることです。できれば、直接会うことです。できないときは電話やメール,LINEを使ってとにかく接触するようにします。なぜかと言うと、人間は本能的に接触すればするほど親しみを感じる生き物だからです。明らかに迷惑をかける [続きを読む]
  • 【 試食的な思考 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。 本日は【試食的な思考】についてお話したいと思います。「試食」って言葉がありますよね。 よくスーパーの試食コーナーとかで無料でウィンナーを食べられるあれです。 大きなデパートだと色々な惣菜のコーナーで試食ができますよね。 それを食べるのを目的に食べ歩きしているお客さんがたまにいます。  僕も、小さい頃はよくやってました 笑  これをビジネスに例えると 転売ビジネスの教 [続きを読む]
  • 【 幸せの定義 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。本日は、【幸せの定義】についてお話したいと思います。幸せに、そもそも定義なんてありません。幸せの定義はその人その人が決めるものです。そして、不幸せな人と言うのは、いつもどんな状況であっても、不平不満を言っていると思います。現状に対して満足せずに、高望みをすることは良いことです。でも、そこに感謝が伴わない限り、人は幸せにはなれないのです。幸せと言うのは、あ [続きを読む]
  • 【 心のケアが出来ない親や教師や上司が悪いのか?】
  • どうもShinpey Tokashikiです。誰かが何か問題を起こしたときに本人のせいにされることもあれば周りの人のせいにされることがあります。例えば、少年が万引きした時に本人が悪いと言われることもあれば、親や教師の接し方が悪いからと、言われることがあります。あと、部下が仕事をちゃんとしない時に、本人がだらしないと言われることもあれば、上司の接し方が悪いからと、言われることもあるわけです。ここで、本質的に [続きを読む]
  • 【 衝動的な行動は抑えましょう。 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。  突然ですが、あなたは「衝動」という言葉を聞くとどんなイメージを持ちますか?  衝動って言葉はネガティブな表現でよく使われますよね。  例えば、ギャンブルや買い物による多額の浪費、性的放縦、過食、摂食障害、アルコールやタバコへの依存、などがあげられます。(*欲求とは別です。)  そこで、何が言いたいかというと、僕ら人間は衝動をコントロールできずに、私生活に支障をきた [続きを読む]
  • 【 ビジネスと体調管理 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。 ビジネスをしていると体調管理って非常に大事ですよね。  例えば、もし病気になった時、ビジネスをすることができません。  休んで安静にしていなければ、病状が悪化します。 その間、収入が発生しません。  でも、僕達はこういった事態を普段は忘れてしまいがちです。 「自分はいつまでも健康なんだ」「病気なんてするはずがないんだ」と思う事があります。 でも、人間の体ってそんなに [続きを読む]
  • 【人生を輝かせるために、楽しみを作る3つのシンプルな方法】
  • こんにちはShinpey Tokashikiです。 人生を輝かせるのに、大切なことって何だと思いますか? それは「楽しむ」ということ。 楽しく生きていると、笑顔にもなるし、何といっても『病は気から』という言葉通り心身ともに健康にもなります。 結構、楽しく過ごしたり、前向きに過ごすと末期状態の病人が病気を克服したなんてことも聞くぐらい。 そして笑顔な人の所には人が集まるし、恋愛も友情も仕事関係も楽しく生きていた方が [続きを読む]
  • 【 時代は副業へ】
  • どうもShinpey Tokashikiです。 日本の政府が副業を推進し始めたのをご存知でしょうか? つまり今後の日本は副業する人たちが増えるということです。 昔のように終身雇用の時代ではなくなり、多くの企業が社員を定年まで支えられなくなったということです。 でも、昔の価値観はいまだに残っています。 現在の日本では副業をOKとしている企業は、全体の20%ほどしかないと言われています。 でも、どんなに一生懸命働いても給 [続きを読む]
  • 【 アーティストは芸術だけでは評価されない 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。写真や絵や音楽などは作品その物が良ければ高く評価されそうなものです。しかし、現実はそうではなくアーティストの見た目や発言がかっこ良くないと中々評価されません。例え、どんなに素晴らしい作品を作ったとしても、評価されないのです。実はこれは他の多くの商品にも当てはまることです。どれだけ素晴らしい製品を作っても、サービスをしても、見た目や発言がカッコ良くないと評価が [続きを読む]
  • 【 焦りは禁物!!】
  • どうもShinpey Tokashikiです。 遂、焦って行動してしまい失敗した事ってありませんか?僕は、今までしょちゅう焦ってました。焦っているときは不安なことに意識が向いてしまって今の現実を直視できていない状態ですよね。 なので、まともな思考が働かずに質の良い行動ができなくなってしまいます。 これは、わかっているという人は多いんですが本当に誰でも陥りやすいワナですよね(笑)では、どうすればいいかという [続きを読む]
  • 【 夢ではない!憧れている人が現れる!】
  • どうもShinpey Tokashikiです。僕は、昔ダンスをやっていました。ダンスをやっていて、自分もこの人みたいなダンサーになりたいなと憧れていたダンサーがなんと!!来月11月に僕が住んでいる沖縄にダンスパフォーマンスしに来ます。しかも、そのダンスパフォーマンスをする場所が……僕が住んでいる村です 笑会場が、村にある世界遺産に登録されている城跡です。しかも、その城跡は僕が住んでる家から歩いていけます [続きを読む]
  • 【 勉強や習い事は大抵役に立たない】
  • どうもShinpey Tokashikiです。学校に通っている人や、何か習い事をしている人はたいてい「何か役に立つかもしれない」と思って勉強しています。「これは必ず役に立つ」のではなく「何か役に立つかもしれない」とか「いつか役に立つかもしれない」と思って勉強しているのです。しかし、こうして学んだことは残念ながら、ほとんど役に立ちません。僕自身も、ダンスで、色んなジャンルの踊りを習ってました。何故ならただ [続きを読む]
  • 【 結果にコミットすると稼げるようになる 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。ライザップのボディメイクノウハウで「結果にコミットする」というのがあります。結果にコミットするというのは「いついつまでに絶対何キロになる」と決めることで、「痩せたらいいな」くらいの気持ちに比べて圧倒的に成果が出やすくなるというものです。この話は、実は他の分野にも言えることでビジネスで収入や資産を増やせるようになります。ビジネスでも「収入が増えたらいいな」では [続きを読む]
  • 【 落ち込むこともあるけど、成長を意識しましょう 】
  • おはようございます。Shinpey Tokashikiです。 僕は、友達から「Shinpey って落ち込まなそうだよね!実際はどうなの?」 と言う感じで聞かれる事があります。 いやー、僕もたまには落ち込むこともあります。僕はビジネスをしていく上で、常に成長をしていきたい。 そう思いながら努力をし続けているつもりですが、 イメージしているほどうまく結果が出ない時があります。そんな時に「他の人は、すぐ結果を出しているの [続きを読む]
  • 【笑顔でいるために】
  • どうもShinpey Tokashikiです。あなたは、毎日笑顔で過ごせていますか?「笑う門には福来たる」という、ことわざにもある通り、笑顔には多くのプラスの効果があると言われています。子供は1日に400回笑うのに対して、大人になるとわずか15回にも減ってしまうそうです。子供は笑うことに対して、そもそも概念がないので純粋に無条件で笑います。(僕が子供の頃はよく泣いてましたが 笑)それに対し、大人は今までに経験した様 [続きを読む]
  • 【 相手は自分のことを覚えていない 】
  • おはようございます。Shinpey Tokashikiです。一度会った相手は自分のことを覚えてくれていると、思ってしまいがちです。自分は挨拶したし、名刺も渡したし、少ししゃべったから、まさか忘れられるはずはないと考えるわけです。しかし、現実には相手はすぐに忘れてしまうことが多いものです。例えば、5日前に何を食べたか忘れてしまうのと同じように、5日前に会った人のことを忘れてしまうのです。そのため、まず相手は [続きを読む]
  • 【 劣等感からなる向上心 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。あなたは、自分自身人生がうまくいかなくて、うまくいっている人と自分を比べて 「全然うまくいかないなー」「まだまだ未熟だなー」って思うことはありませんか? 僕自身は結構あります。  それは、自分より結果を出している人と出会うとよく思います。  これを「劣等感」と言います。僕は幼い頃から劣等感が強い人間でした。   毎日、事あるごとに他人と自分を比べて落ち込んでま [続きを読む]
  • 【YAMADA電機でプレ値商品!?】
  • どうもShinpey Tokashikiです。僕は転売ビジネスをやっております。昨日、いつも通りにYAMADA電機で商品をリサーチしていましたらなんと…プレ値商品を発見しました 笑ゲームのコントローラです。https://mnrate.com/item/aid/B005GY7Z7G仕入れ値が、1771円で(レジに持っていったら1260円でした)なんと売値が1万3680円です。利益が、1万円以上取れます 笑この商品を見つけた瞬間一瞬だけ、意識が飛びそうで [続きを読む]
  • 【 頑張ることは気合いではない 】
  • どうもShinpey Tokashikiです。 僕は今まで「頑張ることは気合だ」って思ってました 笑 たしかに気合いが必要で頑張らないといけない所はあります。  でも、最初はガムシャラでもいいのですが、ずっとガムシャラで行動できる人なんてそうそういないと思います。  だって、車のエンジンに例えたらずっとフル回転です。機械ならまだいいですが、人間だったらなおさら体を休ませる必要があるわけです。 ガムシャラに [続きを読む]
  • 【蜘蛛の糸】
  • どうもShinpey Tokashikiです。あなたは芥川龍之介さんの「蜘蛛の糸」をご存じですか?『ある罪を背負った男が死んだ後に地獄に落ちました。ある日、お釈迦様が天国から地獄を見られたときに、その男を見つけました。その男は生きてる時に、一度だけ蜘蛛を助けた事があり、お釈迦様は蜘蛛の糸を一本、男のところへ垂らしてあげました。男はその細い糸を見つけ、必死で上に登って行きました。すると、他の地獄にいる者 [続きを読む]
  • 【アクションするとショックなこともある】
  • どうもShinpey Tokashikiです。何事も、行動をすればするほど心配になる出来事や、ショックな出来事が増えるものです。例えば、商品を仕入れば仕入れるほど売れ残りや不良品の心配が増えたり実際に売れ残ってショックを受けます。また、旅行やパーティーを企画すればするほど飛行機に乗り遅れる心配や、友達が来ない心配が増えたりお金や物をなくしたりしてショックを受けます。ここで、心配やショックをなくすことを第一 [続きを読む]
  • 【台風24号!突撃!】
  • どうもShinpey Tokashikiです。昨日、台風24号が沖縄本島に突撃しました早速停電して電気が使えなかったりケータイの電波が悪くなり連絡のやりとりや、台風情報を調べることができず困りましたね。さすがに、ネットを使ってビジネスをしているので、電波が悪かったり、Wi-fiが繋がらなくなると、かなり辛かったです。今現在は、台風が過ぎ去りました。無事停電が治り、ケータイの電波も良くなりましたので一安心です。 [続きを読む]
  • 【 マナーは守った方が得か?損か?】
  • どうもShinpey Tokashikiです。自由気ままに暮らしていると時々マナー違反を指摘される事があります。 例えば、ファッションがふさわしくないとか言葉使いが下品であるとか食べ方が汚いとか指摘されることがあるわけです。指摘されることは、気持ち良いものではありませんが でも、「いいじゃん別に」と思わずに相手の意見に耳を傾けたほうがいいです。 なぜかと言うと、マナーを守った方がより多くの人に歓迎されるよう [続きを読む]
  • 【 マナーは守った方が得か?損か?】
  • どうもShinpey Tokashikiです。自由気ままに暮らしていると時々マナー違反を指摘される事があります。 例えば、ファッションがふさわしくないとか言葉使いが下品であるとか食べ方が汚いとか指摘されることがあるわけです。指摘されることは、気持ち良いものではありませんが でも、「いいじゃん別に」と思わずに相手の意見に耳を傾けたほうがいいです。 なぜかと言うと、マナーを守った方がより多くの人に歓迎されるよう [続きを読む]
  • 【失敗を恐れず、モチベーションが保てる方法】
  • こんにちはShinpey Tokashikiです。 今回は失敗が怖くなくなりモチベーションを保てる方法をお伝えします。 失敗が怖くなくなるにはどうしたらいいのか?  そこで!!野球で活躍するイチロー選手についてお話ししたいと思います。  誰もが知っているイチロー選手 記録に残るほどの安打の持ち主ですよね。  どうやって彼は記録を残すことができたのか? それは打率を意識してはいないんですね。では、打率では [続きを読む]