きりかぶ さん プロフィール

  •  
きりかぶさん: ミラクルを起こす!きりかぶ流メソッド
ハンドル名きりかぶ さん
ブログタイトルミラクルを起こす!きりかぶ流メソッド
ブログURLhttps://kirikabumiracle.hatenablog.com/
サイト紹介文2男1女のママです。ふたりの男の子誕生の後どうしても女の子を授かりたくあらゆる方法を試しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 18日(平均5.8回/週) - 参加 2018/09/27 02:04

きりかぶ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 女系家族がひたすら食べていたもの
  • 私の母方は代々超がつくほどの女系家族です。私の母も5人姉妹ですし、ふたりの叔母はそれぞれに双子を1組づつ出産しています。女の子の双子が1組。もう1組は男女の双子。いとこは女の子が圧倒的に多いです。(男の子は12人中2人)ですので。親戚の集まりがあると、老いも若いも女性だらけでそれはそれは賑やかで華やかなものです。この超女系家族は一体何を普段から食しているのか気になりました。まず、母方の実家に遊びに行 [続きを読む]
  • 妊活のスーパーフード
  • その栄養価の高さから『森のバター』とも呼ばれているアボカド。私が妊活の為にせっせと摂取していたものはナッツ以外にこのアボカドがあります。そして、実際にそのうれしい効果を今もなお、実感しています。つまり、今でもよく食べています。私は独身の頃から極端な冷え症それも末端冷え症で漢方薬局にも長い間通っていたことがありますが、漢方薬も効果はあれど長く継続するには経済的に厳しいものがありました。お医者さんも薬 [続きを読む]
  • 卵子の質を底上げするために摂取していたもの
  • 私が通っていた産婦人科は最先端の技術を誇る不妊治療専門の病院でもありました。待合室は広々していましたが、いつも患者さんでひしめき合っているような状態でした。幸運にも長男は結婚してすぐに授かることができましたが、次男を授かるまでに7年、次男から長女を授かるまでに4年近くかかりました。よく兄弟は2歳差で、とか3歳差で、などママさんどうしの集まりで話題に上がりますが私はなかなか輪に入れず…むしろ、2歳差、3 [続きを読む]
  • 卵巣年齢セルフチェック
  • 卵巣の年齢は、自身の年齢と必ずしも一致しませんよね。元気な赤ちゃんを授かるには、女性として卵巣の機能をしっかりと整えておかなければなりません。卵巣年齢チェックなるものをみつけましたので、ご紹介いたします。よろしければお試し下さい。<卵巣年齢セルフチェック>下記の10項目のうち、いくつあてはまるかで、卵巣年齢の目安がわかります。1)生理が不規則2)生理周期が短い3)月経血の量が少なくなってきた4)生理 [続きを読む]
  • 2人兄弟(3人兄弟 4人兄弟)の子を持つ有名人
  • 男の子兄弟の子を持つ有名人のサイトがありましたので、ちょっと引っ張ってきてご紹介いたします。男の子兄弟をパワフルに育てつつもイキイキと輝くママ(パパ)ってステキです。小倉優子さん篠原涼子さん奥山佳恵さん紗栄子さん小原正子さん北斗晶さん松本伊代さん上沼絵美子さん松野明美さん香椎由宇さんYUKIさん矢部浩之さん(お笑い芸人)高嶋ちさ子さん(バイオリニスト)内田恭子さん(アナウンサー)竹内香苗さん(アナウンサー第3子 [続きを読む]
  • 幸運は しっとり指先、ツヤツヤ毛先から
  • 指先をよく見てみると水荒れしてガサガサしていたり、乾燥でささくれだった指先をしている。。主婦をしていたら当然なことだし、こんな手はある意味よく働く素敵な手かもしれません。しかしながら、風水的な観点からするとそれはバツです。風水的な意味では幸運は美しい指先から入ってくるとされています。お皿洗いの時はゴム手ぶくろをして手を洗ったあとは、かならず保湿しましょう。こまめなケアでしっとりとした美しい指先にし [続きを読む]
  • 妊娠する前にやっておくべきこと〜葉酸
  • 書くまでもなく、今ではもう常識かもしれませんが。妊娠する前から葉酸を摂取していくことが大切です。この葉酸が不足してしまうと赤ちゃんに先天性異常や流産が起こる可能性が高まるとされています。平成12年に厚生労働省では「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知を出しました。妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月までの間に、食事及び栄養補 [続きを読む]
  • 妊娠する前にやっておくべきこと〜夫婦関係
  • 産み分けという言葉に違和感や抵抗感のある男性は多いと思います。私自身も産み分けという言葉に違和感がありましたが、夫のほうは私以上に「産み分け?あり得ないから!」といった具合でした。産み分けのことに関しては、私たち二人の間には、かなりの温度差がありました。私ひとりで頑張れるものなら、死ぬ気で頑張りますが、こればっかりは。。どうしても女の子が欲しいとなると、それなりの準備が必要となってきます。そうなる [続きを読む]
  • 妊娠する前にやっておくべきこと〜歯の治療
  • 妊娠する前にやっておくべきこととして、歯の治療があります。妊娠中は生活リズムや食生活が崩れるほか、ホルモンバランスの影響もあり、虫歯になりやすくなります。妊娠してからでも歯科治療は行うことはできますが緊張したり、思いの外時間がかかれば、同じ体勢が長時間続いて辛くなったりと、歯の治療は妊娠中はなるべく避けたいところです。また、歯の神経に触れる治療で麻酔が必要な場合は、妊娠中は控えたほうがいい場合もあ [続きを読む]
  • 妊娠する前にやっておくべきこと〜風疹抗体検査
  • 妊娠初期に風疹にかかると、おなかの赤ちゃんに、目や耳の障害、心臓の病気などの影響が出る恐れがあります。2012〜13年、全国的に風疹が流行したことも記憶に新しいですが。私の場合、結婚する直前に風疹抗体検査を受けに病院に行きました。結果、64倍という数値が出ました。これで安心してはいたのですが。産み分けを決意した時に、本当に抗体があるのか不安になり近所のクリニックに行って調べてもらうことに。結果、16倍 [続きを読む]
  • パワースポットにすべきもう1つの場所
  • トイレ以外にもうひとつ、キレイに磨きあげる場所があります。それは、玄関です。いつも掃いて、ドアもしっかり拭く。表札もポストもしっかり手をかけましょう。私は、玄関にはいつも花をたっぷりと育てました。オススメはバラです。私が大好きな花、バラのなかでもマチルダという名のバラです。名前の響きといい、この淡いベビーピンクの色といい、すごく可愛らしいと思い、玄関で育てていました。ピンクの薔薇の花言葉は「上品」 [続きを読む]
  • 神さまが宿る場所
  • 神さまがいらっしゃる場所。これはもう、言わずもがな、ですがトイレです。そう、確実に。私もこのトイレに関しては全身全霊気持ちを込めて磨きました。そして、その効果を恐ろしいほど実感しています。北野武も『成功の秘訣があるとすれば、どこへ行ってもトイレ掃除を実践していることぐらいでしょうか。』というように外出先でもトイレ掃除をしているそうです。他にもパナソニック創業者の松下幸之助などもトイレ掃除を大切にし [続きを読む]
  • まずはじめに覚悟したこと、着手したこと
  • 産み分けするにあたって、はじめに私が覚悟したことを書きます。それは「やるだけやろう!あとはケ・セラ・セラ」ということです。ことわざで例えるなら「人事を尽くして天命を待つ」です。その辞書的な意味は『人としてやれることを全てやり尽くして、後は、天の運命にまかせるという心境を言ったことば。』解説も調べてみました。『何かをしようとする時、結果については、どのようになっても後悔しないという思いを決め、その時 [続きを読む]
  • このブログを書く理由
  • 男の子も女の子も両方育ててみたい−。これは、私の長年の夢でした。とっても贅沢なことですが。男の子ふたりに恵まれた私が3人めに女の子を望んだのは、私にとってはごくごく自然なことでした。おそらく、はじめに女の子が誕生していれば、次に男の子を強く望んだでしょう。私の場合、女の子を迎えるにあたって、あらゆる方法を試してみました。それは、自己満足に過ぎないかもしれませんが、心理学的、医学的、薬学的、易学的、 [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。きりかぶと申します。2男1女のママです。ふたりの男の子誕生の後、どうしても女の子を授かりたく、自己流ではありましたが、ありとあらゆる方法を試してみました。念願叶って、今、3人の子宝に恵まれています。世の中は目には見えない大きな何かがうごめいていると思います。その何かの存在に気付き、理解し、努める。そして、その大きな何かを味方につけて自身の運命をキラリとした素晴らしい方向へ動かしていきま [続きを読む]
  • 過去の記事 …