千里 さん プロフィール

  •  
千里さん: 千里の道も一歩から 米国株配当再投資戦略
ハンドル名千里 さん
ブログタイトル千里の道も一歩から 米国株配当再投資戦略
ブログURLhttp://www.senri.work/
サイト紹介文積立てと複利で資産形成(米国株・高配当・連続増配)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 73日(平均4.7回/週) - 参加 2018/09/27 10:38

千里 さんのブログ記事

  • 孫さんの米国通信スプリントはどうなる?
  • ゴーン逮捕、ファーウェイCFO逮捕、そして先日のソフトバンク通信障害は貿易戦争という同じ根っこの事象だと見ていますが、ここで一つとても気になっていることがあります。ソフトバンクという会社を起点としたことにまつわるもの。ソフトバンクビジョンファンドに大口出資しているサウジ皇太子の件、また今回のファーウェイCFOの件、ソフトバンク通信障害の件から連想される孫さんの米国の通信会社スプリントです。一連の流れから [続きを読む]
  • FRBが観測記事を打ち上げた?12月利上げ後、様子見
  • アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)が記者に観測記事を書かせることで、その記事に対する反応を見るのですが、今回それがあったようです。ウォールストリートジャーナル(WSJ)が「FRBは12月のFOMCで0.25%利上げするのを最後に、しばらく様子見期間に入る」という記事を報じています。観測記事は市場参加者とFOMCメンバーの予想に大きな違いが生じないように、あらかじめリークという形で出し、市場が荒れないよう準備させ [続きを読む]
  • 自分が金持ちかどうかを知る方程式
  • アメリカには面白い研究をしている学者が多くいますが、大学教授トーマス・スタンリーはアメリカ全土の億万長者を対象とした大規模調査を実施しています。それを書籍化したものが「となりの億万長者」です。この書籍の中で期待資産額という指標を紹介しています。これは自分が金持ちかどうかを知るための方程式です。期待資産額=年齢 × 年収 ÷ 10自分の純資産(金融資産や不動産資産の時価総額から住宅ローンなどの負債 [続きを読む]
  • 米債3年債と5年債で逆イールド発生
  • 12月4日の米国債の3年債と5年債で金利差が逆転する逆イールドが発生したため、景気後退懸念から株式市場は売られたようです。指標となる2年債と10年債ではまだ逆イールドは発生していません。現在FRBは金利引き上げの見通しを緩めたとはいえ、金利引き上げ段階であり、その後に訪れる金利を上げもせず、下げもしない中立金利の期間が株価は延びる傾向にあるため、今回の株式市場の下げは調整の一過性のものという意見も [続きを読む]
  • 貯めこんだ日本企業の内部留保が意味すること
  • せっせと貯めこんだ日本企業の内部留保額が過去最高を記録しています。内部留保は企業が事業から得た利益のうち、配当や設備投資に回さずに手元に残した貯蓄のことを指します。2017年度末で446兆4844億円。景気回復を背景に企業業績が好調なため、前年度末から9.9%増え6年連続で過去最高を更新。設備投資も増えたが、内部留保の伸びの方が大きい。社員に給料アップという還元せず、設備投資をせず、投資をせず、さらには株主 [続きを読む]
  • 米中会談の結果でリスクオンとは考えづらい理由
  • G20での米中会談で追加関税は3ヶ月先送りの猶予となりました。世界で最も早く開く市場の日本のスタートは好材料と見て上昇してますが、貿易戦争の本質は何も変わっていません。また3ヵ月後は中国の全人代があり、メンツの国である中国は人民向けに良い格好をしなければならないため、全人代のある3ヵ月後に譲歩するとは考えづらく、タイミング的に中国が譲歩できるのは今回の会談でしかありませんでした。プライドの国の [続きを読む]
  • お金にも無職ニートとエリートがいる
  • お金の流れを止めてはいけないとよく言われています。例えば私はサラリーマンですが、毎月給料を稼いでいます。これを図式にすると、自分という人的資本を会社へ投下している訳ですから、資本の流れは、自分(人的資本)→会社→給料(金融資本)勤めている会社へ自分という人的資本を投資し、会社はその人的資本を使い利益を生み出し、給料を支払います。大概の人はここでお金(資本)の流れが止まってしまいます。利率がほぼ [続きを読む]
  • 【KHC】クラフトハインツを買い付け
  • 今月はクラフトハインツ(KHC)を定期買い付けおこないました。昨日の終値ベースで配当利回り4.88%となっています。昨年2月の97.77ドルの高値から昨日終値51.12ドルまで下がっています。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)と迷いましたが、もともとBTIは来年のNISA枠で買う予定だったので、それはそのままとし、ポートフォリオバランスを見てクラフトハインツにしました。ケチャップとチーズで有名な多国籍企業で、不景気 [続きを読む]
  • 投資は結局これに尽きる基本原則
  • 投資をするには当然のことですが投資資金(種銭)が必要です。投資は永続的に続く連続増配企業の株式を所有するとか、S&P500ETFをポートフォリオに組み込むとか、投資対象選択テクニックなどはあるのですが、言ってしまえば種銭の多寡に尽きると思っています。他人と比べて多い少ないということでなく、比べる対象は「自分自身」です。種銭を捻出するために節約する自分と節約しない自分、毎月給料の中から一部を貯蓄する自分と貯 [続きを読む]
  • 12月FOMCでの声明が今後の相場の方向を決める
  • 次回FOMCで利上げがなされるか、なされないか?も重要ですが、むしろどんな声明を出すのか?が今後の相場の焦点になっています。昨日日経平均はアヤ戻しをしていますが、基本的にはFOMCとソフトバンク上場の日程をこなさなければ、ある時点から下げてくるでしょう。ソフトバンクの上場はよほど証券会社のノルマがきついらしくCMや新聞折り込みチラシで顧客獲得に必死さが伺えます。これらの日程をこなしてFOMCでの声明次第という見 [続きを読む]
  • 配当を再投資するしないでこれだけ違う
  • 配当を再投資した場合としなかった場合、どのくらいの差が生まれるか?ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」の中で検証しています。1871年に株式に1,000ドル投資して、配当を再投資した場合、2003年末のリターン総額はインフレ調整ベースで約800万ドルとなっています。また、配当を再投資しなかった場合は、25万ドルに満たない。多くの投資家は、配当再投資がどれだけ長期的なパフォーマンスを左右するか?を理解していない [続きを読む]
  • 投資の原点
  • 投資を始めたのは2009年。この時は日本の個別株で少々遊びの感覚でした。本格的に投資を始めたのは2011年からとなります。当時リーマンショック後の世界経済は低迷し、ギリシャやイタリア、ポルトガルなどの国々の債権危機でした。このとき私が思ったのは、チャンスだ!ということです。こんなに世界の株や債権が叩き売られている状況が何年も続いている。安値で低迷し、拾い集めるのにはもってこいだと。ただ個別株は倒産という危 [続きを読む]
  • 投資を始める前にとても大切なこと
  • 投資を始める前にとても大切なことがあります。それは支出を抑えること。ここが垂れ流しではどんなに収入を増やし投資に資金を回しても効率が悪い。私が感銘を受けた書籍に「となりの億万長者」があります。億万長者となった人はどのような人か?どのように考え、どんな生活でその富を手にしたのか?基本的なことに気づかされ、驚かされ、一度読むべき書籍であると思います。億万長者となった人は普通の会社員だったり、特別なこ [続きを読む]
  • 米中貿易戦争と日産ゴーン氏の関係性
  • 前回も書きましたが、日産ゴーン氏逮捕にはさまざまな勢力の思惑が働いていることが透けて見えます。まず、根底にあるのは米中貿易戦争です。そして日米VS仏・中・韓といった構図が見えます。自動車産業のテクノロジーは軍事転用が考えられます。日産は中国投資を積極的におこなっていますが、技術流出の恐れもあり、米国から今回の件は動いたと考えるのが妥当だと思います。さらにトヨタやホンダへ中国投資に対する警告にもなるで [続きを読む]
  • 日産ゴーン氏逮捕とあのニュースが結びつく?
  • 昨日の日産自動車会長カルロス・ゴーン氏逮捕のニュースにはびっくりしました。東京地検が動くということはアメリカが動いてることに等しく、政治絡みで色んな思惑がありそうですね。そこでひとつ先月のとあるニュースを思い出しました。10月8日にエールフランスが皇居上空を低空飛行していたというニュースです。通常ではあり得ないことがこの時点で起こっていた訳です。ひとつひとつのニュースはぶつ切りで、一見まったく関係 [続きを読む]
  • ソフトバンク上場で思うこと
  • 12月予定のソフトバンクの上場の資金調達の影響で日本株が上がらない一因になっているそうですね。この株、相当売れ行きが悪そうですね。株をやっていない知人にまで証券会社から買わないか?と連絡が来てるそうです。ソフトバンクといえばもはや携帯会社というよりも投資会社の色彩が濃いです。資金繰りと孫さんが売り抜けるための上場といったところではないだろうか?SBビジョンファンドが他社に投資しているのに、この手持 [続きを読む]
  • 生きてるだけで丸儲け
  • お笑い芸人の明石家さんまさんの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」。娘にもイマルとこの言葉を短縮してつけるほどです。推測ですが、命あるだけで儲けものという意味合いだと思いますが、彼が言うと生きてるだけでお金が入ってくるというニュアンスにも取れるから不思議です。このニュアンスにおいての「生きてるだけで丸儲け」システムを構築することは投資では可能です。それは不労所得の「配当」という果実を貰い続けるというこ [続きを読む]
  • 不滅の黄金法則「お金に働いてもらう」
  • 書籍「バビロンの大富豪」は今も昔も富を築く法則は変わらずに同じだと教えてくれます。倹約し貯蓄し、そして投資をする基本的なバイブルです。その中に5つの黄金法則が語られています。第1の黄金法則将来の資産と家族の財産を築くため、最低でも収入の十分の一を貯めるならば、黄金は自ら進んで、しかもだんだんとその量を増やしながらやってくるだろう。第2の黄金法則貯まった黄金がさらなる利益を生むような働き口を見つけ [続きを読む]
  • 価格を買うのでなく、企業のビジネスを買う
  • 長期投資においてポートフォリオに組み入れる銘柄の基準は20年、30年というスパンで持ち続けたい企業と思えるか?が自分の中の基準となっている。株価という価格を買うのでなく、その企業のビジネスを買うことを心がけています。永続性があるのか?競合他社に負けない堀を持っているのか?バフェットの言葉にも、「そこそこの事業を割安で買うより、素晴らしい事業をそこそこの値段で買ったほうがいい」というものがあり、投資の [続きを読む]
  • ハイテク企業をポートフォリオに組み入れるべきか否か
  • インカムゲイン重視の投資をしていても、ハイテク産業の雄アップルはずっと気になっている企業。ポートフォリオに入れるかどうか、現状まだ自分の中では答えは出ていない。ハイテク産業の競争は激しく、20年後にアップルが生き残っているかどうかは確信が持てない。また現状では配当利回りが1.5%程度と低いのもネック。が、アップルの製品は好きです。iphone、Macbookを個人で使用し、その良さを分かっているだけにポートフォリ [続きを読む]
  • 今月の追加買い付け筆頭候補
  • ここ数日ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)の株価が急落しています。アメリカのFDAがメンソールタバコを規制か?という報道を受けてのもののようです。昨日の終値は37.04ドルで配当利回りは7%に迫る6.953%になっています。英国ADR銘柄のため現地課税が無いため、この銘柄はNISA枠で買い付けていました。そして年末にボーナスが支給されたら、来年のNISA枠で追加購入する計画をたてていましたが、今月の給料が支給され [続きを読む]
  • 誰しも秒速で金持ちになりたいのだろうが…
  • yahooの株式掲示板などをたまに見ると、今日は日銀が来る来ないだとか、昨晩ニューヨークが上がったから寄りから突っ込むだとか、日本にはデイトレーダーしかいないのではないか?と印象を受ける書き込みで溢れている。誰しも秒速でお金持ちになりたいという気持ちは分かるけども、余程の天才トレーダーか運の強かった者しか残ることはできないでしょう。なぜ日本人は貯金は出来るのに株式で貯蓄が出来ないのだろう?ふと思ったの [続きを読む]
  • 日本ではこの法案により格差はさらに広がる
  • 先日、印象深い出来事があった。東京ではコンビニや居酒屋、飲食店などの店員は外国人ばかりですが、会社近くの人気ラーメン店を訪れた。こないだまで下っ端だった外国人店員が厨房の中で司令塔にまでなり、日本人に指示している様子にここまできたか…という思いがよぎった。現在、政府が進めている「外国人就労拡大の入管法改正案」、日本企業は安価に使い捨ての労働力を手に入れます。人件費コスト削減により利益拡大に繋がる [続きを読む]