無庵(むあん) さん プロフィール

  •  
無庵(むあん)さん: 忘れられた古代港坂出松山の津と詩歌人
ハンドル名無庵(むあん) さん
ブログタイトル忘れられた古代港坂出松山の津と詩歌人
ブログURLhttp://muann6278344.blog.fc2.com/
サイト紹介文柿本人麻呂。その生涯は人々の心を感動の涙で満ち溢れさせるでしょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 26日(平均3.0回/週) - 参加 2018/09/27 17:16

無庵(むあん) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 無  庵  詩  集    (1)
  •      春の日の夕暮れ   春の日の夕暮れ   ぼくは港に向かった。  辺りは白色に溶けていた。    目の前の道路は白く光り    空は鉛色にひろがり    太陽が白く輝いてる  埋立地を通り抜けると    こどもたちがあそんでいた。    幼子が白いセーラー服の娘を追いかけていた。    おそらくふたりは姉妹なのだろう  幼子が追いつくと姉は    笑いながら身をかわす    ひらりひらりと [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(七)
  • 船浮而 吾榜来者 時風       ふねうけて   わがこぎくれば ときつかぜ  この時風(ときつかぜ)を「引き潮の前後時を定めて一時的に吹く風」と解説する学者もいますが毎日引き潮のたびに避難しなければならないほどの暴風が吹くなど絶対あり得ないことです。私はこの歌の舞台になった坂出の海の傍で生まれ育ちましたが一日のうち朝と夕方に陸風と海風が切り替わる時間帯に確かに風が吹きますがウチワで扇ぐ程度の心 [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(六)
  • 中乃水門従 船浮而 吾榜来者    なかのみなとゆ ふねうけて わがこぎくれば                         いよいよ人麻呂は中の水門(みなと)から船を浮かべて漕ぎ出します。人麻呂が讃岐国府の賓客として訪れていたということは人麻呂の乗った船は讃岐国府の最高の船であり、大陸との交易に使われていた大型船だったと想像できる。船員たちはもちろん林津(林田)の船乗りたちである。石中死人歌に登 [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(五)
  • 私は坂折峠近くに行ってみて愕然としました。そこはまさに軍王の歌の世界そのものだったのです。目の前に白峰連峰が広がっています「大君の 行幸(いでまし)の 山」とは白峰連峰でありそのふもとには行宮が建てられていた。その横には製塩土器遺跡が存在し、海人(あま)おとめらが塩を焼いていた。なんと軍王は見たままの風景を素直に詠っているのだろう。別れてきた妻の住む大和の方角(白峰連峰)から山越しに吹く風が、絶え間 [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(五)
  • 私は坂折峠に行ってみて愕然としました。そこはまさに軍王の歌の世界そのものだったのです。目の前に白峰連峰が広がっています「大君の 行幸(いでまし)の 山」とは白峰連峰でありそのふもとには行宮が建てられていた。その横には製塩土器遺跡が存在し、海人(あま)おとめらが塩を焼いていた。従って「我が大君の 行幸(いでまし)の 山越す風 」は別れてきた妻の住む大和の方角(白峰連峰)から吹いてきたということになりま [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(五)
  • 私は坂折峠に行ってみて愕然としました。そこはまさに軍王の歌の世界そのものだったのです。目の前に白峰連峰が広がっています「大君の 行幸(いでまし)の 山」とは白峰連峰でありそのふもとには行宮が建てられていた。その横には製塩土器遺跡が存在し、海人(あま)おとめらが塩を焼いていた。従って「我が大君の 行幸(いでまし)の 山越す風 」は別れてきた妻の住む大和の方角(白峰連峰)から吹いてきたということになりま [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(四)
  • 松山の津にあった讃岐国府の迎賓館の歴史を振り返ると舒明天皇の行幸における行宮に行き当たります。軍王歌がそのときの様子を詠っています。私が軍王歌が松山の津で詠われたものだと教えられたのは「綾・松山史」によるものです。香川県の小さな村に過ぎない綾・松山村の村史は1000頁をこえる分厚いものです。この村史を作成するために地域から提供された古文書等の「文書は数千点」に及ぶと書いています。特徴的なのは松山村 [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(三)
  • 人麻呂が松山の津から船出していたということは人麻呂は賓客であったいうことです。そのことは当時松山の津には迎賓館が立っていたということになります。886年 讃岐の国司としてやってきた菅原道真が松山の津にあった迎賓館である松山館に出入りし、美しい詩を残しています。晩春遊松山館(晩春に松山館に遊ぶ)です。菅家文草 222晩春遊松山館(晩春に松山館に遊ぶ)官舎交簷枕海脣     官舎(かんしゃ)簷(ひさし)を [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(二)
  • 讃岐国府のある綾川河口には三つの港がありました。西から国津、林津、松山の津です。わたしは中央にあった林津が中の水門だと呼ばれていたと判断しました。当時林津は讃岐国府の外港として位置づけられ、国府からこの林津まで馬さし大貫という一直線の大道(距離は約5K。幅10〜12m)が造られていました。また鎌倉時代には梶取(かじとり)という地名の存在が確認でき現在林田町にある東梶、西梶の由来が想定されるそうです [続きを読む]
  • 石中死人歌から羇旅歌へ(一)
  • 何故大和島の姿を求めて私が神戸の海岸を探索していたのかを振り返ってみたいと思います。私は軍王、人麻呂、道真、崇徳院、西行、寂念など飛鳥、平安時代を代表する詩歌人が足跡を残す坂出松山の津に関心を持ちライフワークの一つとして取り組んでいました。最初に取り上げたのは次の歌です。万葉集第二巻二二〇番  讃岐狭岑島視石中死人     (さぬきの さみねしまで いわのなかの しにひとをみて) 柿本朝臣人麻呂 [続きを読む]
  • 明石の門より大和島発見
  • この神戸沖を映した(と、言うよりも映してしまった。)1枚の映像の意味の持つ大きさ、責任の重大さに何度も逃げ出したくなりました。この写真は明らかに人麻呂が詠った大和島の姿です。手前の二上山付近の山並の向こうにあるのは大和の山です。しかもこの山並は音羽三山「左から音羽山(852m) 経ガ塚山(889m) 熊ガ岳(904m) )です人麻呂羇旅歌八首に詠われた255天離  夷之長道従  戀来者  自明門  倭嶋所見[一本云 家門當見 [続きを読む]
  • 過去の記事 …