MIYA TERU さん プロフィール

  •  
MIYA TERUさん: 1970年生まれ 男のロマン
ハンドル名MIYA TERU さん
ブログタイトル1970年生まれ 男のロマン
ブログURLhttp://hobby.red-cm.com/
サイト紹介文1970(S45)年生まれの男のロマン。70〜90年代カルチャーをご紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 20日(平均10.5回/週) - 参加 2018/09/27 19:02

MIYA TERU さんのブログ記事

  • 「上田馬之助」〜④最終回 さすらいの“金狼”
  • 改めて上田馬之助vsアントニオ猪木、上田馬之助vsジャイアント馬場の2試合をじっくり観てみて、上田馬之助ってこういう選手だったなぁ、と懐かしく思い出しました。 「金髪に竹刀」の見た目のインパクトと比べ、シンプルに「肝心の試合がまるで面白くない」のです(身も蓋もありませんが)。 馬場はともかく、猪木相手にここまでのお膳立てをされても、この程度の試合しかできないのはメインイベンターとしては致命的です。腕を [続きを読む]
  • 「シュツットガルトの惨劇」〜1978 アントニオ猪木 狂気の欧州遠征
  • 後年の猪木しか知らず「アントニオ猪木ってなにがすごいの?」「猪木ってほんとに強かったの?」という世代の方に知ってもらいたい”アントニオ猪木の裏歴史”ともいえる1戦を、過酷な欧州遠征の全戦績と共に、ご紹介します。 ●”シュツットガルトの惨劇”とは 「アントニオ猪木の全盛期は?」そして「アントニオ猪木のライバルの中で最も強かったのは?」この2つの質問に、マニア層から必ず出てくるキーワードが”シュツットガ [続きを読む]
  • 「ゴジラ」昭和シリーズ総まくり!〜1954-1975 15作品 一挙紹介
  • ハリウッド&東宝の「Godzilla King of Monsters(ゴジラ2)」(2019年公開予定)に、キングギドラやラドン、モスラが登場するのでは?と話題になっています。今回は、その原点となる「昭和のゴジラシリーズ」映画15作品を、予告編と共にご紹介します。 ●ゴジラ映画の歴史 日本のゴジラ映画は、現在までに29作品が制作・公開されています。〇昭和ゴジラシリーズ 15作品(1954〜1975)〇平成ゴジラシリーズ 7作品(1984〜1995)〇 [続きを読む]
  • 「ゴジラ」昭和シリーズ総まくり!〜1954-1975 15作品 一挙紹介
  • ハリウッド&東宝の「Godzilla King of Monsters(ゴジラ2)」(2019年公開予定)に、キングギドラやラドン、モスラが登場するのでは?と話題になっています。今回は、その原点となる「昭和のゴジラシリーズ」映画15作品を、予告編と共にご紹介します。 ●ゴジラ映画の歴史 日本のゴジラ映画は、現在までに29作品が制作・公開されています。〇昭和ゴジラシリーズ 15作品(1954〜1975)〇平成ゴジラシリーズ 7作品(1984〜1995)〇 [続きを読む]
  • 「上田馬之助」〜③1983 vsジャイアント馬場 腕折りマッチ
  • 上田馬之助シリーズ ①「上田馬之助」略歴  ②vsアントニオ猪木とのネイル デスマッチ に続いては、猪木戦の5年後、1983年3月3日、後楽園ホールで行われたジャイアント馬場戦との一騎打ちです。 当初は「馬場抜きシリーズ」として行われていた’83エキサイトシリーズ最終戦で、ハワイに遠征していたはずの馬場が急遽帰国、上田とシングルマッチを行う事となりました。そしてこの試合でジャイアント馬場は突如「キラー馬場」化 [続きを読む]
  • 「ささきいさお」〜1960- アニソン界の皇帝
  • 子門真人さんに続いて、今回はアニソン界の皇帝、ささきいさおさん特集です。水木一郎アニキが「アニソンの帝王」、ささきいさおさんは「アニソンの大王」と言われてますが…「大王」ってワルモノな感じでささきさんとはイメージが違うネーミングな気がしてなりません。なので私は勝手に皇帝と呼びます。 ささきいさお氏のキャリア 高校時代より歌手として活動。1960年、日本コロムビアより「本命はお前だ」(エルヴィス・プレス [続きを読む]
  • 「ささきいさお」〜1960- アニソン界の皇帝
  • 子門真人さんに続いて、今回はアニソン界の皇帝、ささきいさおさん特集です。水木一郎アニキが「アニソンの帝王」、ささきいさおさんは「アニソンの大王」と言われてますが…「大王」ってワルモノな感じでささきさんとはイメージが違うネーミングな気がしてなりません。なので私は勝手に皇帝と呼びます。 ささきいさお氏のキャリア 高校時代より歌手として活動。1960年、日本コロムビアより「本命はお前だ」(エルヴィス・プレス [続きを読む]