しょうた さん プロフィール

  •  
しょうたさん: 債務整理のいろは
ハンドル名しょうた さん
ブログタイトル債務整理のいろは
ブログURLhttps://softwaregb.net/
サイト紹介文借金の過払い金を債務整理で取り返す方法・流れを徹底解説
自由文借金の過払い金を債務整理で取り返す方法・流れを徹底解説
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 26日(平均6.7回/週) - 参加 2018/09/28 16:59

しょうた さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 借金返済の義務がなくなる?時効援用の条件とは
  • 借金にも「時効」があります。最終の支払い日から一定の時間が経過すると借金を返済しなくてよくなるのです。借金の時効がきたので借金を返済しないと主張することを「時効援用」といいます。しかし、これにはいくつかの条件があり、自動的に借金が消えてなくなるわけではありません。「もしかしたら、自分も借金の返済義務はなくなるのか?」と考える人のために、時効援用の条件について解説します。 借金を返済しなくて [続きを読む]
  • 借金問題・債務整理に強い弁護士の選び方とは
  • 借金問題を抱え、債務整理を考えている方に知ってほしい債務整理に強い弁護士の選び方を紹介します。債務整理を依頼する際、注目してほしいのが専門知識があり経験・実績を積んでいる弁護士であるかを見極める事です。「近所の債務整理に詳しくない弁護士・デメリット」と「地方出張が可能な、近所の弁護士より実績のある弁護士」とを考査・比較して決めることが解決への近道となります。 債務整理に詳しい弁護士の選び方 [続きを読む]
  • 借金依存症の原因と克服する方法
  • 借金依存症は遠い世界の話ではなく、みんながなる可能性のある病気なのです。他の依存症と同じく自覚症状が少なく、いつのまにか陥っていることが多いです。そのため、指摘されるまで気づかないこともあります。ただ、気づいたからといって簡単に治せるものではありません。ここではそんな借金依存症の原因と克服するための方法について、解説していきます。 借金依存症の原因 借金依存症の原因は、簡単に返せるという勘 [続きを読む]
  • 住宅ローンを返済できない場合の対処法
  • 住宅ローンを返済できない場合には、住宅が差し押さえられて競売にかけられます。しかし、競売にかけられてしまうと、市場価格以下でしか売却できません。残ったローンと相殺したとしても借金が残ることになるでしょう。残った借金は家を失っても払う必要があります。ここでそんな住宅ローンに関して、返済ができないときの対処法を紹介していきます。 一時的ならローン会社に支払いの相談をする 住宅ローンが返済できな [続きを読む]
  • 闇金や悪徳消費者金融に騙されないため、知っておくべきポイントとは
  • 何社もの金融機関から借り入れがあり、困っているときは、藁にもすがりたくなるものです。そんなときに、低金利や審査なしなどの甘い言葉を聞けば、ついお金を借りたくなってしまうでしょう。しかし、借りてみたら相手が闇金だったというのでは、むしろ事態が悪化してしまいます。闇金業者の見分け方について知っておけば、法外な利息で追い込まれることもないでしょう。どんなポイントで見分けがつくのか、詳しく解説しま [続きを読む]
  • 生活が苦しくなる借金返済の問題点と解消の方法
  • 借金返済による生活苦は根本的な解決が難しい問題があります。一つの返済を済ませるために新しい債務を作ってしまう自転車操業の状態になってしまい、多重債務に陥ってしまうケースもあります。債務整理を成功させるためには金銭管理の見直しが不可欠です。借金返済の正しい方法を学び、生活苦からの速やかな脱却を図りましょう。 借金返済の方法を誤ることで生じる問題点 借金返済による支出は元金に加えて毎月の利息分 [続きを読む]
  • もし借金を踏み倒した場合・その先に待ち受けるデメリットとは
  • 銀行や消費者金融から借りたお金を完済せず、督促状などか届いても一切無視するということは現実的に不可能ではありません。そうした行為を「踏み倒し」と呼びますが、踏み倒しは債務整理とはまったく違うもので、借金問題を解決するということにはなりません。また、債務整理とは比べものにならないほど、様々なリスクが存在します。 借金の踏み倒しは現実的に可能 では、そもそもなぜ借金の踏み倒しは可能になるのでし [続きを読む]
  • 主婦が借金しなけばいけない理由と返済できない時の対処方法とは
  • 借金の問題というとお金のないフリーターや非正規雇用者が悩むイメージですが、実は主婦が借金をして悩んでいるというケースはよくあります。借金してしまう理由は様々なものがありますが、借金を返せないという場合もあるため注意が必要です。そんな時には所得がなくても債務整理ができるのか?などの疑問を解決して対処していくことが大切となります。主婦の借金理由とは 主婦というと家のことをきちんとやって、パート [続きを読む]
  • その借金、過払いは?債務整理でパチンコの借金が0になる可能性
  • パチンコやギャンブルでできた借金をなんとかしたいパチンコの借金も債務整理できるパチンコで借金が膨らむ理由は、「賭けることやパチンコを打つことを単純に楽しむ」という健全な動機が「負けを取り戻したい」「興奮を味わいたい」という欲求にすり替わることからくると考えられています。膨らんだ借金は日常生活に支障を来たすだけではなく、人間関係まで壊していきます。どうしようもなく増えてしまった借金を返済する方法の選 [続きを読む]
  • 現在借金の過払い金調査中!債務整理中でも連帯保証人になれる?
  • 債務整理中に子供の奨学金の連帯保証人になれる?奨学金の連帯保証人の条件について結論から言えば、債務整理中の人は奨学金の連帯保証人になることはできません。また、数百から数千万円規模に上る奨学金には、何らかの保証無しで貸与されることはまずありません。国内のスタンダードな奨学金といえば日本育英会の名でよく知られる「日本学生支援機構(JASSO)」がサポートする奨学金制度です。すべての大学や短大、ほぼすべての [続きを読む]
  • 過去に借金を債務整理した経験がある方はもう一度債務整理できる?
  • もう一度債務整理を行う場合債務整理は複数回行える多方面からお金を借り入れして返済で首が回らなくなったとき、債務整理を行えば借金を帳消しにしたり、減額したりすることができます。しかし「お金を借りる」という行為が癖になっている方の場合、借り癖が身体に染み込んでおり、借金を繰り返してしまう傾向にあります。こういった方々は一度債務整理を行っているのにも関わらず、無計画な借入を繰り返してしまうのです。そして [続きを読む]
  • 借金の債務整理で弁護士費用が不安な方は民事法律扶助を利用しよう
  • 民事法律扶助とは国が弁護士費用を援助してくれる制度民事法律扶助とは、経済的理由により専門家への費用を支払うことができない方に対し、その費用を公的機関が給付・立て替えしてくれる制度のことをいいます。債務整理で言うなら弁護士費用を払うことができない方に対し、その費用を国が立て替えてくれるという内容です。2006年の10月1日まで法律扶助協会がこの業務を執り行っていましたが、以降は国が設立した法テラスなどの法 [続きを読む]
  • 借金の債務整理を家族に内緒で行う方法とは?弁護士に相談しよう
  • 借金の債務整理を行う場合は、3つの方法から選択できる借金の債務整理とは?借金の債務整理とは、国が認めた、合法的な借金解決のための手続きのことを言います。借金を整理し、新たな一歩を踏み出すための方法として、この仕組みが作られました。日本では、毎年10万人以上の人が、この仕組みによって借金の問題を解決しています。最初は深く考えることもなく、少しの借金やリボ払いなどをしてしまったものが、いつの間にか膨れ上 [続きを読む]
  • 債務整理後でも投資信託は可能?借金と投資の関係とは
  • 債務整理と投資信託の関係投資信託とはここ数年注目されることが多い投資信託。投資信託とは、投資家から資金を集め、その資金を元手に株式などを通じて利益が生まれれば、投資分に加えて利益分が上乗せされて返金される金融商品のことです。つまり、自分で投資を行うのではなく、専門家に依頼して自分の代わりに投資を行ってもらう方法なのです。知識が乏しい素人が行うよりも、知識やノウハウをしっかり持つ専門家が行うことで、 [続きを読む]
  • 借金の抵当権とはどんなもの?債務整理との関係は?
  • 借金と抵当権抵当権とは借金をする際に使われる「抵当権」という言葉。抵当権とは、担保物権の権利の一つで、もしお金を返せない場合にお金に変わって、不動産を他の債権者に先立って弁済に充てることができる権利です。つまり、簡単に言えばお金の代わりに家や土地で借金を返済することを指しているのです。ですので、価値のある不動産を所有していれば、債権者にとってはもしもの場合のリスク回避ができますので、所得が低くても [続きを読む]
  • 借金を債務整理するときのスケジュールや期間を確認しよう
  • 債務整理はすぐには終わらない債務整理のスケジュールと流れを確認する債務整理というのは弁護士や行政書士に依頼をしたら、後はお任せすることになります。もちろん、必要なことがあれば手続きをしたり、打ち合わせをしたりする必要がありますが、ほとんどの部分はお任せです。とはいえ、債務整理中は落ち着きません。自分の借金が減るかどうかの瀬戸際なわけですから、日中もハラハラしてしまうでしょう。可能であれば債務整理は [続きを読む]
  • 過去の記事 …