青糸とんぼ さん プロフィール

  •  
青糸とんぼさん: 機嫌よく暮らしたい
ハンドル名青糸とんぼ さん
ブログタイトル機嫌よく暮らしたい
ブログURLhttp://aoitotonnbo.hatenablog.com/
サイト紹介文気が付けば50代も半ば。親の介護、自分の衰え。でも、愚痴は言わずに毎日機嫌よく暮らしたいのだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 17日(平均17.7回/週) - 参加 2018/09/27 23:55

青糸とんぼ さんのブログ記事

  • 相変わらずのスロージョギング
  • あまり思い詰めず、淡々とスロージョギングは続いている。でも「今日はどうしようかな〜。行こうかな〜、やめようかな〜。」とか考えもせず毎回出かけているのだから、習慣になったということだ。とり立てて何も考えずに、ぽくぽく走る。すごく遅いから、グーグルフィットにもランニングとは感知されていないのか、必ず「ウオーキング」と表示される。今日のドームは盛況であった。サッカーコートではゲームをやっていたし、同 [続きを読む]
  • 一人っ子遠距離介護、私の場合⑰ 訪問販売の後日談
  • 山ほどあった布団を返品し、全額とはいかなかったものの返金もされて、少しずつ平穏な日々が戻ってきた。家に押しかけて来られたり、真夜中に電話で脅されたりといったことも当然無くなり、母は心底ほっとしたようだった。でも、自他ともに認める「しっかり者」の母にとっては、訪問販売につかまっちゃったことはすごく恥ずかしいことであり、ましてや娘の私に全部知られて後始末をしてもらったなんていうのは、大いにプライドが [続きを読む]
  • そろそろ冬支度
  • 今日雪虫を見てしまったので、冬支度が喫緊の課題となった。ま、まさか?!と思って見ないふりをしたが、薄目を開けて見たら間違いなく雪虫だったので、近いうちに初雪が降ることになる。(多分。)雪虫はアブラムシなのだという。ふつうは、羽根のない姿で草花などの茎にびっしりとかたまっているが、秋になって越冬する前に羽根を持つ成虫が生まれ、交尾して越冬のために産卵する。このときの羽根のある成虫が身体に綿のような [続きを読む]
  • 一人っ子遠距離介護、私の場合⑯ 母、訪問販売にムシられる。
  • まだ母が自宅で暮らしていた頃。母宅に行くと、なぜか2?の米袋が2個。液体洗剤の瓶が3本。「どうしたの?」と聞くと、「よくわからない。」と、なんだか要領を得ない。それでも根気よく尋ねたら、じわっと思い出したようで、新聞の購読申し込み書を出してきた。2年間の契約になっている。「お母さん、もう新聞とってるよね〜?」もう長年とってる新聞があるのに、拡張員に無理やり契約させられたようだ。80過ぎのおばあちゃ [続きを読む]
  • 良くも悪くも、歳をとったなぁ〜と思うこと。
  • 最近、自分が歳をとったなぁ〜と思うことが増えた。さほど悲観的でもないのだが、いままでとは勝手が違うことが多くて、どうしたものやらという感じ。目が悪くなった普段は眼鏡とコンタクトレンズを使い分けているが、どちらも今一つ合っていない。元々近視で乱視で、そこに老眼が加わったのでもう近くも遠くも見にくい。目が悪くなると、本を読むのが億劫になる字を書くのが億劫になる太る以前に比べて格段に本を読まなくなった [続きを読む]
  • おでんでも作るか。
  • 朝夕、寒くなった。もう今年は辛抱しないで、さっさとストーブを焚き始めている。炬燵も9月中に出してしまった。灯油も高いし、この冬も燃料代で目を回すんだろうけど、風邪を引いたらもっと高くつくんだろうからよしとする。で、おでんでも作るか。コンビニでおでんや肉まんが売れるのは、真冬よりは今のような秋の終わりだそう。確かに冬以来しばらくおでん食べてないからな〜と、ちょっと新鮮な気分でおでんを作る。我が [続きを読む]
  • よく使うキッチン用品
  • 日々、台所で活動していると(一応主婦だから、台所にいることが多い)、よく使うものと使わないものがハッキリしてくる。新しいとか可愛いとはあんまり関係ない。我が家でよく活躍するのは次の3点である。行平鍋小さなすり鉢レンジで使う食品カバー1の鍋はもう20年ほど前にホームセンターで買ったなんてことない鍋。たしか、1000円もしなかった気がする。柄を止めているネジがよく外れて、しまいには柄が割れたので、Amazon [続きを読む]
  • 仏壇のお供え、御布施、お寺の年中行事にかかる費用などなど。
  • 明日は、月参りでお坊さんが来る。よって、御供物やらなんやら用意しなければならない。花、お菓子、果物といったところか。今月はこんなふうに…ふと、1年で何をどれくらい用意して、幾らくらいかかっているのか考えてみた。毎月の月参り御布施 3000円花   500円ほど お菓子 700円ほど果物  700円ほど       計、4900円ほど。年間58800円。春・秋のお彼岸 お盆(納骨堂へのお供え)花  1000円ほど×2 [続きを読む]
  • ナポリタンはいつ食べても美味しい。(個人的意見)
  • いきなりナポリタンが食べたくなった。理由はわからない。テレビで観たわけでも、雑誌で観たわけでもない。私にとってはナポリタンはそういう食べ物だ。単純に好きなのだが、私たちの世代には結構ごちそう感のある洒落た食べ物だと思う。喫茶店にある軽食といえば「ナポリタン」「ミートソース」であった。(あとは、「カレーライス」「ピラフ」くらいだろうか)喫茶店のナポリタンは、たいてい木の受け皿に乗っかった鉄の皿で [続きを読む]
  • なぜ料理を作りすぎるのか?理由と対策。
  • 私は料理が好きなので、毎日何かしら作る。しかも、楽しく作る。当然、スーパーでの買い物も好きだし、レシピ本やクックパッドもよく見る。しかし、そうはいっても夫婦二人の家庭なんだから、たくさん作っても食べきれない。私にとっては、「料理を作ることはそう難しくない」のだが「適量の料理を作ることは非常に難しい」となる。何故か。足りないような気がしてついつい多めに作ってしまう前世で、食べ物に苦労したのだろ [続きを読む]
  • 休みの日には早起きを。
  • 夫が休みに日には、極力早起きすることにしている。以前は、休みの日には昼近くまでずるずると寝て、ようやく起きてから朝昼兼用のご飯を食べて、用事を足したらもう一日が終わるのが常であった。が、この歳になってそれでは勿体なくなってきた。それで、最近は早起きして始動を早くするように努めている。例えば、昨日一昨日の休みはこんなふうに。一日目   6時には起きる。      7時過ぎには夫は動物病院に診察券 [続きを読む]
  • スリッパを買った。
  • ず〜っと穴のあいたスリッパを履いていたが、とうとう新しいのを買った。このスリッパに限らず、穴があこうが汚れようが、なかなか新しいものを買えない。使い慣れたものは身に心地よい。しかし、さすがに穴が大きくなって指が出てきたので、これはいかんなと。だいたい、スリッパを履く意義は?というと足の保温足の保護といったところか。じゃあ、穴空いてたら意味ないじゃん。スースーして寒いし。しかし、ことは案外簡単 [続きを読む]
  • 一人っ子遠距離介護、私の場合⑦ 食事をどうするか?
  • 母はもう料理はしなくなっていた。ご飯だけは長年の習慣で鍋で炊いていたが、おかずはピーマンを炒めて卵でとじるものくらいしか作れなかった。認知症が進むと、調理が難しくなるという。材料をそろえて、段取りよく切ったり洗ったり、何かを火にかけながら一方で洗い物をするとか、そういう順序だてた作業が難しくなる。買い物も、買ったことを忘れるので、同じものばかり買ってしまう。冷蔵庫に豆腐ばっかりいくつも入ってたり [続きを読む]
  • 調理用保存容器はこれで十分。
  • 先週、台所で使う保存容器を思い切って整理して、数を大幅に減らした。まだ一週間ほどだが、不便は感じていない。やはり、減らして正解だったということだ。元々、ジップロックなどの保存容器を沢山持っていた。スーパーなどで手軽に買えるし、色んなサイズがあるし、どんどん増えていって棚がいっぱいになった。人間、入れる物や場所があると次々何かしら入れたくなるもので、作り置きや余り物を詰め込んでは冷蔵庫に大事にし [続きを読む]
  • 冷凍豆腐の便利さと美味しさに驚く。
  • 私は基本、冷凍食品は買わない。あんまり食べたことがないので完全に偏見だけど、「美味しくなさそう…」と思っている。何度か、夫の弁当用に冷凍コロッケやフライ類を買ってはみたが、味もいまいちで、結局庫内で油焼けさせて捨てることになった。よって、冷凍庫には余りご飯(チンしてチャーハンが定番)細く切った油揚げ(味噌汁に放すのに便利)冷凍たらこ(夫の好物、たらこスパに使う)アイス(ジョギングの後の楽しみ)  [続きを読む]