パウエル五郎 さん プロフィール

  •  
パウエル五郎さん: 資産運用で知らないと損する情報集
ハンドル名パウエル五郎 さん
ブログタイトル資産運用で知らないと損する情報集
ブログURLhttps://www.kabuworld.com
サイト紹介文メガバンクから個人投資家に転身した管理人が自分の資産管理について語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 25日(平均7.8回/週) - 参加 2018/09/28 03:06

パウエル五郎 さんのブログ記事

  • 体調を崩した時にすがるもの
  • 体調を崩しました。2週間連続で週末だけ体調を崩すという不運です。 こういう時に限って、ローン関係の打ち合わせがあってなんとか這いつくばって行ってきましたが、それ以外はほとんど何もできず。。 個人投資家と住宅ローンの最適戦略今日の日経平均は423円の反落です。先週末にトルコで拘束されていたアメリカ人牧師が釈放されたことで地政学リスク軽減により、世界同時株...www.kabuworld.com2018-10-15 21:37 こういう動けな [続きを読む]
  • まじめに不労所得を考える
  • 不労所得という言葉が使い古されて久しいです。管理人はネットや見ず知らずの人から発する不労所得というワードを耳にしたとき、まず最初に身構えてしまいますが、、(このブログを読んでいる方も同じかもしれませんが)今回はその不労所得について真剣に考えたいと思います。 しかしながらこのブログの内容は読者の皆さんが期待するようなものではないと思います。そして恐らくですが、SEO的にもネガティブなのかもしれませんし [続きを読む]
  • (続き)住宅ローン控除と個人投資家の最適化戦略2
  • 住宅ローン控除と個人投資家の最適戦略2(続き)長年の金融緩和で金利は歴史的な低水準となっているため、住宅ローンを検討している方は多いと思います。昨日は住宅ローンと資産運用の相性の良さなどについてご紹介しました。個人投資家と住宅ローンの最適戦略今日の日経平均は423円の反落です。先週末にトルコで拘束されていたアメリカ人牧師が釈放されたことで地政学リスク軽減により、世界同時株...www.kabuworld.com2018-10-15 2 [続きを読む]
  • 個人投資家と住宅ローンの最適戦略
  • 今日の日経平均は423円の反落です。先週末にトルコで拘束されていたアメリカ人牧師が釈放されたことで地政学リスク軽減により、世界同時株安も一服したかに思えましたが、ムニューシン米財務長官が日本に対して為替条項を要求したことなどから輸出関連株を中心に売りが膨らみました。またサウジアラビアのジャーナリストがトルコで殺害された疑惑が浮上するなど、地政学リスクが火種としてくすぶっていることも材料視されています [続きを読む]
  • これからも米国が勝ち続ける理由
  • これからも米国が勝ち続ける理由10年前のリーマンショックの後、長いこと堅調だった米国経済は10月の節目で大きな調整が入り、シュンペーターの10年サイクル説を踏襲する形となりました。今回調整が入ったことで、これまでのアメリカ経済一強体制に変化が訪れると考える人もいるかもしれません。ただ、管理人は引き続きアメリカが長期的にも世界経済のけん引役になることは変わらないと見ています。 アメリカ中心の経済発展が進む [続きを読む]
  • 優良株のバーゲンセール
  • ファンダメンタルは良好相場全体が値下がりする中で優良株もどんどん安くなっていて、これまで過熱感を懸念して購入出来なかった投資家にとってはチャンス到来といった感じですね。 私も9月まではアマゾンなどのグロース株に傾倒していて月末に全て売った後、次はどうしようか悩んでいました。 次と言っても相場全体が高く過熱感も出てきたところです。そこで管理人が目をつけたのが、相場が停滞してもインカムゲインが得られる高 [続きを読む]
  • 牙を剥いた市場に対して投資家ができること
  • ついにやってきた大幅下落本日の株価は前日比915円安の22590円でした。一時、1000円以上の下落もあり引けにかけて若干下げ幅を縮小しましたが、下落率としては今年最大の大きさでした。前日の米株が831ドル安となったことがきっかけとなり、また取引時間中にはリスク回避的な動きとしてドル円が111円台をつけたことも輸出関連銘柄を中心に投資家心理を悪化しました。アメリカ株の重しとなったのは10年債利回りが高値圏となっている [続きを読む]
  • インデックス投資の嘘と真実
  • ちまたにあるインデックス投資の嘘と真実最近、海外株ブロガーの間で楽天VTの実質コストが0.5%以上もあることに失望して、海外指数連動型の投資信託としてはふさわしくないということが話題になっています。この記事ではこの実質コストが明らかになった点を踏まえて、どの投信を買うべきかについて考えてみたいと思います。 管理人はどの投信を買うべきかについて手数料よりも何をいつ買うべきかを重視しています。何かを買うべき [続きを読む]
  • 米国株投資のタイミングはいつか
  • 過去の傾向から株価が高値圏でボラタイルになっていると下落トレンドに入る兆候だと言われています。最近は日経平均も30年来の高値圏で、ダウも史上最高値を更新しましたが、地政学リスクの高まりで国際情勢に不穏な影が射しています。今回は初心に返って改めて振り返って改めて現状の認識と過去の傾向から特に調子の良いアメリカ株への投資のスタイルを見直していきたいと思います。 アメリカ株参入タイミングは難しいのか まだこ [続きを読む]
  • アメリカと中国の貿易戦争はサプライチェーン戦争に発展
  • アメリカと中国の貿易戦争は次のフェーズに発展現状は、アメリカの一人勝ちの様相を呈している貿易戦争ですが、中国からの反撃によって次のフェーズに入った模様です。アメリカの民間企業でサーバーに使われるLSIなどのチップに盗聴や不正アクセスなどのハッキングが行われている疑いが浮上しているのです。貿易戦争でやられっぱなしの中国も反撃に出たという構図ですね。おそらく水面下で合法的、非合法的交渉や非公式な攻撃が行 [続きを読む]
  • 日本のIT企業がショボいわけを読んで妙に納得してしまった件
  • 日本のITベンチャーについてIT企業がショボいワケを読んで、私なりに思ったことを書きます。というか、妙に納得してしまったので筆を取りました。 まず日本のITベンチャー界隈で働く人に総称して言えることなんですが、数字に対する理解力や分析能力が弱すぎるんですよね。 数字に対する認識能力という点ではIT企業で働くエンジニアは壊滅的です。彼らはスクリプトコーディングやサーバー構成、安全なクエリの書き方くらいにしか [続きを読む]
  • 健全な懐疑主義を保つ
  • 健全な懐疑主義とは投資において最も難しく、かつとても重要な作業は自分と向き合うという事です。実際にどの銘柄を買うか、自分のポートフォリオの中からどの銘柄を売るのかを決める際、またどんな価格帯で、いつ売買を実施するのか。もしくはどこまで分析し、情報を深く理解するのか、また自分が調べた売買の材料はマーケットにどのくらい浸透しているのか。投資を行うということはこれらさまざまな疑問に対して答えを見つけ、売 [続きを読む]
  • 日本オワコン説は本当か
  • 私は基本スタンスとして日本企業への投資は行なっておりません。それに関連して先週、テレ朝の朝まで生テレビを見ていて、立憲民主党の長妻昭衆議院議員が、日本の格差問題について触れていて、思う節があったので記事にしてみました。・一人当たりGDPが3分の1に減少(この20年間で)・日本経済の構造的欠陥に原因がある・低所得世帯に生まれたら貧困から抜け出せない(大学にすら行けない)・一度非正規に就職すると正規雇用されづら [続きを読む]
  • ダウ急落への備え〜ディフェンシブ銘柄vzについて考える
  • 下落局面への備え米株は成長市場のため、常に下落が叫ばれてきました。右肩上がりの相場では常に最高値を更新するため、こうしたリスク回避的な発言は幾度となく目にするものです。リスクを回避する際に株を売ってキャッシュ比率を高めようとする投資家もいますが、果たして正しい選択なのでしょうか。下落直前のピークで売り時を掴むことができれば正しいですが、クレバーな投資家はリスクを抑えたままさらにリターンを上げる投資 [続きを読む]
  • 米国株の個別投資で買うべき銘柄
  • 最近IT界隈に近い友人が多いこともあり、世界を席巻する巨大大手IT企業の動向について耳にするようになりました。 安定したキャッシュフローの銘柄は確かに高配当で、業績も変動しにくい銘柄もありますが、配当課税分だけ株主の持分を毀損していることになります。これは投資スタイルの違いでもありますが、余剰資金を内部留保して次の成長に充てるのか、配当を出して5分の1を税金に持っていかれるのでは株主にとっての投資効率 [続きを読む]
  • 【今更聞けない】アマゾンの成長エンジン、awsとは?
  • awsの凄さ〜アマゾンに投資すべき理由その1〜 いきなりその1と書きましたが、その2があるかどうかわかりません(笑)今回はawsについて書こうと思います。 最近、アマゾンについて触れている記事を多く目にするようになりました。管理人も先日アマゾンの財務分析を行いました。 アマゾンの財務分析今日はアマゾンについて調べてみたいと思います。アマゾンといえば、スーパー大手のホールフーズマーケット(WFM)買収を発表し、10 [続きを読む]
  • 結局、憲法改正で株価はどう動く?
  • 憲法改正の経済的意味経済は経世済民という言葉の略です。『世を経め、民を済う』(よをおさめ、たみをすくう)という意味です。納めじゃなくて経め、救うじゃなくて済うと書きます。政治と経済は切っても切り離せない関係であり、最終的には国民が幸福になるための仕組みであるべきです。最近、よく耳にする憲法改正などの政治的な議論についても同様です。 なぜ憲法改正が国民の利益につながるのか、またどのように良くなるのか [続きを読む]
  • IPO投資で気をつけるべきオーバーハングとは
  • IPOには選び方があるこのブログを読んでいる方はIPO投資に興味がある方でしょう。IPOは株式投資の醍醐味の一つです。https://www.kabuworld.com/ipo%E6%A0%AA%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/うまくやれば数十〜数百万円の利益が一瞬で得られるので、その分、多くの投資家が狙っています。人気の案件は抽選制となるため、とりあえず申し込むという方もいるのではないしょうか。まず、下のグラフを見てもら [続きを読む]
  • 今のアメリカ株で高配当銘柄には絶対手を出さない方がいい理由
  • 高配当銘柄には絶対手を出さない方がいい理由〜無配企業ほど株主に還元できている 配当に憧れて投資の世界に入って来る人が多い投資を始められる方の中には配当生活に憧れているかたも多いことでしょう。いつかは配当金だけで生活してみたい!不労所得が欲しい!配当再投資で複利効果を効かせたい! どれもよく耳にする言葉です。でも実は気をつけないとせっかく投資しているのに大損している可能性があるんです。2016年、アマゾン [続きを読む]