コトラ さん プロフィール

  •  
コトラさん: コトラのつぶやき
ハンドル名コトラ さん
ブログタイトルコトラのつぶやき
ブログURLhttp://kotoracat.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作歌詞、ポエムなど、日々感じたことを言葉にしていきます。自作曲もたまに投稿したり・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 19日(平均8.1回/週) - 参加 2018/09/28 17:32

コトラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 負けず嫌いな僕
  • 「どん底にいる気分はどうだい?」悪魔が君に嗤いかけた君はどうする?「僕はどん底になんていないよ」その言葉が強がりでも僕ならそう答えるだって 悪魔になんて負けたくないから「一人ぼっちの気分はどうだい?」悪魔が君を嘲笑った君はどうする?「寂しいけどいつか出会えるから」明るい未来を信じて僕なら前を向くだって 悪魔の思うままになりたくない悪魔が下を向いていることを嗤うのなら僕は前を向いて悪魔に笑顔を向けよ [続きを読む]
  • ボーダーライン
  • キミはもうここまでだここから先は入らないでボクのテリトリーにキミは立ち入り禁止だよキミとボクの間にはボーダーラインがあってキミがそれを超えるのは許さないよだから 無理に笑わないで頬が疲れるだけだよキミが ボーダーラインを踏んでしまったらキミとはもう「さようなら」だキミはもう十分さここからは一人で大丈夫ボクのテリトリーの人数制限さキミとボクの間にはボーダーラインがあってキミがそれを踏むのさえ許さない [続きを読む]
  • Did you forget me?
  • タイムライン眺めてたら久しぶりに君の名前を見つけたあの頃よりも ずっとカッコよくなってたね当たり前だけど時間は平等に過ぎていてどこか変わってしまった君に少し寂しさを覚えたんだ私だけが変われていないような気がしてあの頃に犯した罪を思い出しては自己嫌悪君が今 笑えているのなら私はそれだけで それだけでね君を傷つけたこと 許された気になるんだこんな私を君はどう思うのかな同窓会の話聞いてなんでか君は来るの [続きを読む]
  • 強がりだっていいじゃない!
  • 落ち込んでいるときは下を向いて前なんて見えやしないよねため息なんてついちゃって今日も抱える自己嫌悪自分を愛せたら少しは前を向けるのかなもう少し強ければあなたみたいになれるかな・・・なんて 弱気なのはあたしらしくない!弱音は吐かないと決めたんだ前だけを見ていることはできないけどせめて自分の弱さは自分の下で強がりだっていいじゃない!景色歪むときは雨にあたって光なんて見えやしないよね声を出すのは我慢して [続きを読む]
  • NEW WORLD
  • 満たされないこの世界でつまんないな ってため息つく同じことの繰り返し消えることない白色何もないところから何かを作り出したくて手を出しては飽きてきた新しいものに出会いたい衝動が止まらない空白に色をつけさせて黒でも何でもいいからさ何もないよりマシでしょう?今日も あたしは刺激を 求めて新世界へと愛しきれない この世界で物足りない って愛想つかす赤と青の繰り返し染まることのない白色全てあるところから全て [続きを読む]
  • 言えないこと。
  • 笑顔を作っていなければ体調悪そうに見えますか?笑顔を作っていなければ機嫌が悪そうに見えますか?疲れたときでも笑っていれば心配そうな顔はしませんか?「大丈夫だ」と笑っていれば不安そうな顔はしませんか?ただ あなたの笑顔が見たいだけなんですただ あなたに笑ってほしいだけなんです弱さ見せればあなたの顔が曇るから笑えばあなたも笑ってくれるからそうして弱い自分を隠して 一人きりの時に 吐き出した「助けて」と [続きを読む]
  • 導きの書
  • もしも 導きの書なんてものがあったならそこに 歩くべき運命が記されていたら悲しい未来も 残酷な結末も受け入れなければならないの?「運命を受け入れることは 賢い者に出来ることさ」「すべてを運命のせいに出来るのだからね」物語の創作者はどんな思いでこんな筋書きにしたの?物語の主人公はそのストーリーを選べないのにもしも 導きの書なんてものがあったならそこに これから起こることが記されていたらこんなに悩んだ [続きを読む]
  • 終焉
  • 花は綺麗に咲く終焉を知るかのように今しかできぬことを生があるうちにする花は綺麗に舞う終焉を着飾るように生を全うした自信を最期に遺すのだ触れて散る美しさに生の儚さを知った触れることなどできやしない喪失の恐怖を知ったから温かな風が吹く花がまた 風と共に踊る温かな風が吹く生がまた 風と共に散る [続きを読む]
  • 日が昇らない街で
  • 空を見上げて見える空は小さくてここは僕の生まれ育った町ではないと改めて実感するここは少し暗いねそう呟きながら小さくため息をつく本当にこれで良かったのかと僕は今日も悩んでいるよこの街で生きると決めたあの日からビルの狭間で遮られた光が僕を捜してる迷って 迷って 迷ってようやっとたどり着いた答えにも迷いが出るなんて人生はいつだって hard mord夢を掲げて見えた空は大きくてあそこは僕が生まれ育った場所なんだ [続きを読む]
  • 記憶
  • 記憶はまるで 水の中泡になって 一つ一つ 消えていく嬉しかったことも怒ったことも悲しかったことも嬉しかったことも大切だったはずの人と歩んできた道さえもいつか 全部 泡に消えるの?それでも私のことは忘れてもどうか あの人のことだけはどうか 忘れないでいて [続きを読む]
  • 夢の世界の話
  • 夢の世界で聞いた話ではいつまでも続く「永遠」なんてものがあるそうだ夢から覚めたこの世界では大人が吐(つ)く嘘の一つとされているのにそうやって 夢を嘲笑ってそうやって 皮肉な顔で本当の願いさえ消してしまうんだろう「怖いものなんてないいつか必ず終わりが来るから」叶わない夢なんて 虚しいだけだ夢の世界で聞いた話では誰も争わない「平和」なんてものがあるそうだ夢から覚めたこの世界では綺麗事だと嗤われるただの「 [続きを読む]
  • Seed
  • 君のマイナスを呑み込んでプラスに変えることが出来たなら君は きっと もっと笑えるんだろうにな僕は 無力だ君を笑顔にしてあげることすらできないでもね 隣にいたいと思うのは罪なのかな?「大丈夫」 と何度だって伝えるよ君に届くまで「側にいる」 と何度だって抱きしめるよ君が泣けるようにいつか その苦しみは幸せを感じる種になる君の後悔を呑み込んで明日に変えることが出来たなら君は きっと もっと生きやすいんだ [続きを読む]
  • True Love?
  • “永遠” なんて 安い言葉使わないでよ全てが嘘に思えてしまうから絶対を誓わずとも 側にいて“愛してる” なんて 安い言葉使わないでよなんだか軽く感じてしまうから月の輝きに例えるだけでいいの1人でいても 2人でいるようなそんな二人になりたいの君もそうだといいな優しく笑う 君の横で笑っていたい同じ景色を見ていなくても悲しく笑う 君の横で泣いていたい同じ景色を見てみたいから風が2人の間をすり抜けて君が離れ [続きを読む]
  • ピエロの本音
  • 愛想ふるまうなんてくだらないだって 正直言うとね興の味がしないんだものあぁ だからって無愛想だからってそんな困ったような顔しないでよ無理に口角あげてそれで君は満足?安心したような顔するからきっと それが正解なんだねそれじゃあ 君の前ではピエロでいなきゃ  ・・・ね?永遠(とわ)を誓い合うなんてバカみたいだって 正直言うとね真(まこと)の実がならないんだものあぁ だからって甘くないからってそんな悲しそう [続きを読む]
  • 自由のために
  • 自由とは やるべきことを為した者だけに与えられるだから 私は今日も自由のために制約された毎日を生きるやりたくもない勉強もやりたくもない課題も自由のためなら頑張れる気がするよし、がんばろう [続きを読む]
  • 自由気ままな君を嫌う人がいるかもしれないでもねそんな君のことがだ好きな人がいるんだよだからね君は君のまま 自由に生きて僕はそんな君が好きだから [続きを読む]
  • 本当は
  • 苦しい くるしいこの想いはどこへ向けたらいいんだろう苦しい くるしい“嫌い”なんて感情 なくなってしまえばいいのに綺麗な“あたし”はもういないよ?歪んだ“あたし”が笑っているの段々 本当の自分さえ見えなくなってだんだん 上手く笑えなくなってきてあなたを傷つけてしまうのあなたを悲しませてしまうのだから笑わなきゃね? [続きを読む]
  • I can do it!
  • 「失敗したらどうしよう」 なんてらしくないね失敗の先を考える暇があるなら成功の先で見せる笑顔をイメージして「大丈夫」 世界中が敵になったとしても あたしだけはあたしの味方だから「大丈夫」なんとかなるよ 今までだってそうやって何とかしてきたじゃない!I can do it!おまじないかのように鏡に向かって唱えるI'll be fine !鏡の中のあたしは ほら 笑って「傷つくのが怖いんだ」 なんてらしくないね自分を犠牲にして [続きを読む]
  • ほしぞら
  • 昼間は太陽が出てて眩しいから 下を向いて歩く誰も足を止めず進み続けるから僕も足を止めることが出来ないんだそうして 疲れて何かが壊れていくそうして 次第に歩けなくなっていく夜は月や星が出てて綺麗だから 上を向いて歩く誰も僕の表情(かお)を見ることはないから僕は目に映る景色を素直に「綺麗」と言えるのそうして 自然と足が止まっていくそうして 自然が僕を受け入れてくれる [続きを読む]
  • 山と月の虎
  • 軋む心 嗤う唇愚か者は 一体誰だ?霞む景色 嗤う視線震えるのは 一体何故だ?目が覚めて 持っていたのは臆病な自尊心と 尊大な羞恥心そう あの虎と一緒だね?孤独を迎え撃て怖くなんてないさ 人は皆独りだから誇りを強く持て強がりでもいいさ 人は皆弱者だから曲がる世界 嗤う賢者正しい解は 一体何だ?歪む自分 嗤う世界醜いのは 一体誰だ?夢をみて 努力したのはほんの少しの勇気と 未来への期待感そう 今ではも [続きを読む]
  • はじめに・・・
  • ここは、私、コトラが文字を綴っていくブログです。自作歌詞やポエム、ただのつぶやきなど、思ったことを素直に言葉にしていきます。たまに、自作曲を載せるかもしれません。カテゴリーは以下の通りに分けております。1.自作歌詞…曲をつける前提で書いた自作歌詞。曲をつけたいという際は必ずその詞にコメントをお願いします。2.ポエム…文字数など気にせずただ綴った詞。曲にするほど長いものは少ないと思いますが、こちらも曲 [続きを読む]
  • 過去の記事 …