eboh さん プロフィール

  •  
ebohさん: 還暦でポン!
ハンドル名eboh さん
ブログタイトル還暦でポン!
ブログURLhttps://ossan60pon.muragon.com/
サイト紹介文子宝を授かった時のオッサンの年齢は、なんと還暦!ジャスト60!そんなオッサンは聴覚障害者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 52日(平均7.1回/週) - 参加 2018/09/28 23:11

eboh さんのブログ記事

  • 自転車がこない!!?
  • 10日経ったというのに、自転車が入荷しませんでした。 ポンちゃんにこの事を告げると、泣き出してしまいました。 オッサン「まだ自転車できていないんだって」 ポンちゃん「自転車屋さんのうそつき〜!」 西日本の豪雨があった頃だったので、 出荷が遅れていたのかもしれません。 そうはいっても、ポンちゃんにとっては約束を守らない 自転車屋さんをなかなか許せなかったのでしょう。 夕飯はふてくされて、なかなか食べ [続きを読む]
  • 自転車が欲しい!
  • ポンちゃんが自転車に興味を持ち始めたのは5月頃でした。 年中さんの頃は、年長さんたちが自転車に乗っていても、 さほど欲しがりませんでしたが、 7月には見向きもしなかった三輪車にまたがり、 キコキコとペダルをこいでいましたので、 本当に乗りたくなったのでしょう。 その姿があまりにも健気(けなげ)なので、ポンちゃんに 「次のお休みに自転車買いに行こうか」と伝えました。 ポンちゃん、それはそれは大はしゃ [続きを読む]
  • お盆休みがない!
  • オッサン夫婦は、正月・お盆・5月の連休は、ほぼ休みません。 何故なら、仕事を受けるのが連休前で納期が連休開けという パターンだからです。 これはこれで、いい事が多かったんですよ。 世間が仕事の時に休めますので、どこに行っても空いています。 のびのびと観光したり、美味しいものを食べたり出来ました。 ところが、ポンちゃんが生まれてからは、そうはいきません。 カレンダー通りに動かなければいけなくなりまし [続きを読む]
  • 運動神経がいいのかな?
  • 以前の記事で、ポンちゃんの運動神経のなさを書きました。 年少さんの頃は特にそれが顕著にあらわれていたと思います。 ブランコはこげないし、ジャングルジムは登れないし、 かけっこは遅いし・・・。 かけっこに関しては、ポンちゃんは「わたし早いよ」と 言っていたことを思い出しました(笑)。 ところが、本当のところはどうなのか分からない出来事が ありました。 8月11日に、家族で大型ショッピングモールに行っ [続きを読む]
  • おやつをおかわり
  • いつもなら、楽しそうに話しながら夕ご飯を食べる妻とポンちゃん。 オッサンはそれを見ているだけでも、ほっこりと幸せな気分になる。 たぶん、保育所での出来事でも話しているのだろう。 難聴じゃなかったら、もっもっと幸せな気持ちになるだろうなぁ。 ところが、その日(8月30日)は何だか険悪な雰囲気。 ポンちゃんは、そっぽを向いてご飯を食べようとしない。 妻に聞くと、ポンちゃんはお腹がいっぱいなのだそうだ。 [続きを読む]
  • 慎重派なのか?
  • ポンちゃんは慎重派だと思います。 歩き始めたのは遅いほうでした。 一歳半を過ぎてから、やっと立ったんじゃなかったかな。 オッサンと妻は、ずいぶん心配したものです。 うちの子は身体に異常があるんじゃないかって。 でも、立ってから歩くまでは、あっという間でした。 その後、転ぶ回数は数えるほどだし、心配したのが 取り越し苦労だとわかりました。 立つ前にポンちゃんは、ある事を頻繁(ひんぱん)に やっていた [続きを読む]
  • ポンちゃん語録 パート3
  • ポンちゃんが3歳の頃のエピソードが中心です。 この頃の子供の話って、大人には思いもつかないようなことを言うんですね。 笑わせてもらったり、感心させられたり、子供がいて良かったと思います。 ポンちゃん語録その1 散歩中、旅客機が上空を飛んでいるのを見て オッサン「あれが飛行機雲っていうんだよ」 ポンちゃん「ヒコーキのウンチ!!」 もう、オッサンには飛行機雲がウンチにしか見えなくなりました。 ポンちゃ [続きを読む]
  • 合理的なポンちゃん
  • 普段はノーテンキなポンちゃんですが、 とても合理的な面もあるようです。 ポンちゃんが5歳と2ヶ月頃、次のような話をしていました。 「桃太郎はさ、鬼退治に行く時、 マメを持って行けばいいんじゃない」 オッサンと妻「そ、そうだね、        オニはマメをぶつければ、やっつけられるもんね」 ポンちゃん「キビダンゴは桃太郎が食べられるよ〜」 ポンちゃんにとって、犬と猿とキジは余分な人件費のようです。 [続きを読む]
  • かわいい?
  • ポンちゃんを保育所に迎えに行った時の話です。 保育所の駐車場に出た時、ポンちゃんが言いました。 「かわいい?」 オッサンが「なにが?」って聞くと・・・・ 「ポンちゃん!」と言われました。 どうやら自分のことを、かわいいか、どうか聞いているようです。 オッサンが「かわいいよ!」と返すと・・・ 「どこが?」とポンちゃん。 オッサンはすかさず「お目々もお口もお鼻もぽんぽんも足もお手々も!」 そうしたら、 [続きを読む]
  • 健康のバロメーター
  • 以前の記事でも書きましたが、オッサンは子供におもちゃに されることがあります。 先日はポンちやんのクラスメイトの子に、 ジャングルジム替わりにされそうでした。 両手をつかんで、オッサンの身体に登ろうとするのです。 今日は、ポンちゃんを迎えに行ったら、 両手がドロンコだらけの男の子に追いかけ回されました。 妻も妻で、保育所へ行くと、よく子供達に話しかけられます。 子供達は妻を「先生」と呼ぶ時もあるそ [続きを読む]
  • もう ランドセル?
  • ポンちゃんも、いよいよ来年は1年生です。 それで、8月5日にランドセルを買いに行きました。 こんなに早くから用意しなきゃいけないのか、と思ったものです。 目的地までは4つ先の駅とはいえ、 久々の電車でポンちゃんは大喜び。 相変わらずの「乗り鉄」ぶりです。 ランドセル売り場は4階にあり、 エスカレーターに乗るのですが、 これもまたポンちゃん喜んでいました。 幼児の頃からエスカレーターが好きで、 オッ [続きを読む]
  • 行きたくない・・・行かなきゃ!!
  • 今年の8月8日のことです。 ポンちゃん、妻と一緒に歯医者さんに行きました。 定期検診です。 幸い虫歯は一本もありませんでした。 自宅から歯医者さんまでは、徒歩10分弱。 歩いている間中「今日はお休み?」 「電車に乗っておでかけ?」 とか言っていたそうです。 自宅に戻って、そのまま保育所へ出発しました。 その道すがら「お出かけしたいな」と言っていました。 保育所に行かない気満々です。 保育所の玄関に [続きを読む]
  • ポンちゃんとウニくん
  • 9月6日は飼い猫のウニくんの誕生日とに決めています。 保護した直後、動物病院の先生が「生後2カ月」くらいと 仰っていらしたもので、逆算して誕生日にしました。 11月3日の記事に「ウニくんと出会った日」と書きましたが、 記憶違いで実際は今日(11月6日)でした(苦笑)。 ウニくんの誕生日には、美味しいゴハンをあげました。 ポンちゃんはウニくんに何やらプレゼントしたかったようです。 下の画像はポンちゃ [続きを読む]
  • ブームはプロポーズ
  • ポンちゃんのクラスでは、プロポーズがブームでした。 TSくんがMちゃんに告白したりが始まりだとか。 ポンちゃんも何人かの男の子から 「結婚してください」 と、言われたそうです。 妻がポンちゃんに聞きました。「誰ならOKなの?」 ポンちゃんの答は当然「Tくん」 未だに、Tくんのことが好きなようだ。 妻「他には?Cくんは?」 ポンちゃん「いいよ〜」と楽しそう。 Cくんはジャニーズ系の顔をしていて、運動 [続きを読む]
  • ポンちゃん語録パート2
  • ポンちゃんが4歳の頃の面白セリフを書きます。 ポンちゃん語録その1 さんざん夕食を食べた後・・・ 「おせんべい ちょうだい、 おなか まだまだペッコペコ〜」 どんだけ食べるんだ? ポンちゃん語録その2 TVでダースベイダーを見て・・・ 「わたしとにてる〜」 うん、そうだね、キミすぐ暗黒面に落ちるもんね。 ポンちゃん語録その3 妻とお医者さんごっこしていて・・・ 妻「おなか痛いんですけど〜」 ポンち [続きを読む]
  • ウニ君と出会った記念日
  • 今日は、オッサン家の飼い猫ウニ君と出会った日です あの日は、結構寒い日でした。 妻と二人で近所の土手をサイクリングしている時、 散歩している犬の後をピョンピョン跳ねながらついていく 黒い小さな塊が見えたのです。 初めは、ネズミかなと思いました。 ネズミが跳ねるってありえないですよね。 でも、それ位小さかったのです。 だんだん近づくにつれ、子猫だということが分かりました。 犬は飼い主と共に先に行って [続きを読む]
  • 遺伝子のせいなのか?
  • ポンちゃんが年少さんの時のこと。 ポンちゃん初の学芸会がありました。 どんな内容の劇かは分かりません。 というのも、オッサンは難聴なので子供達の声が聞こえにくいのです。 それでも、子供達の姿を見ているだけで微笑ましく 気持ちが優しくなります。 待ちに待った、ポンちゃんのクラスの劇が始まりました。 ポンちゃんは何人かと一緒に白い装束で、 何やらウサギさんの役のようです。 妻がビデオのスイッチを入れて [続きを読む]
  • ポンちゃん救急車に乗る
  • ポンちゃん4歳の時の出来事です。 その日は土曜日でした。 オッサンと妻は多忙だったので、土曜保育を利用していました。 平日より人数が少ないので、ポンちゃんは土曜保育はわりと 楽しみにしています。 定時になったので、オッサンが迎えに行くと何やら ポンちゃんが号泣しているではありませんか!! しかも口の周りとシャツが血だらけ!!! 保育士さんが謝りながら説明して下ったのですが、 ポンちゃんの泣き声が激 [続きを読む]
  • ウン○の妖精?!
  • ポンちゃんがフフリフリのスカートをはいた時の一言・・・ 「わたしは虹の妖精、すてきなティアリーナ!」 そして、クルクル回って踊ってみせてくれました。 妻が「じゃあ、ママは?」と聞くと・・・ ポンちゃん「水の妖精オターナ」 さらに妻「パパは?」 そしたらポンちゃん「ツルリーナ!」 妻「何の妖精なの?」 ポンちゃん「ウン○の妖精!」 な、なんなんだ!?ウン○の妖精? しかも、ツルリーナとは! リルリル [続きを読む]
  • ポンちゃん語録 パート1
  • ポンちゃんが3歳の頃の言動を書こうと思います。 面白かったり、感心させられたり、意外だったりと この頃はとても興味深く、そして愛らしい時期でした。 メモをとってあったものの中からピックアップします。 ポンちゃん語録その1 「?太陽のぼってピカピカピカピカ?   心もキラキラキラキラ?」 朝起きていきなり歌いました。 なんてノーテンキな歌でしょう! 作詞作曲はポンちゃん、オリジナルです。 ポンちゃん [続きを読む]
  • 誰が誰を手伝うのか、それが問題だ
  • 仕事がたくさんあるのは嬉しいことですが、 昨年から、休みらしい休みがとれていません。 妻もオッサンも、さすがに疲れてきました。 せっかく、お声がけいただいたお仕事でも、お断りしている状況です。 そんな中、妻が冗談っぽくポンちゃんに言いました。 「ポンちゃんも、お仕事手伝ってね」 そうしたら、ポンちゃんときたら・・・・・ 「いいよ〜 ママ あたしみたいな絵が描ける〜?」 だって!! ママがポンちゃん [続きを読む]
  • ポンちゃんのなりたいモノ
  • 七夕の季節になると、ポンちゃんたちが通う保育所も、 毎年、大きな竹が飾られていました。 例によって、子供一人一人の短冊を飾り付けます。 今までのポンちゃんの短冊は・・・ 「バイキンマンとあそびたい」 (バイキンマンって献身的だから何でも言うことを聞いて くれそうだもんね) 「プリキュアになりたい」 (オーソドックスだね) そして、年長さんの時はというと・・・ 「しゃちになりたい」 (シャチは強そう [続きを読む]
  • ごめんね ポンちゃん・・・
  • オッサンと妻とは同じ仕事をしています。 仕事は「家内制手工業」って書きましたが 漫画やイラストを描くことです。 随分長くこの仕事を続けています。 子供の頃から、将来の夢は?と聞かれると 「漫画家」って答えていました。 妻も同様だったようで、とても縁を感じます。 売れっ子漫画家にはなれませんでしたが、 好きなことで生活できているのは幸せです。 生涯この仕事を続けたいと思っています。 漫画を描くという [続きを読む]
  • 女心・・・難しい〜っ!
  • 朝、ポンちゃんを保育所に送って行ったら、 ポンちゃんの好きなT君の車も同時に到着しました。 「あっ、T君の車だ」とポンちゃん。 ポンちゃんは、T君と一緒に中に入って行くのかと思ったら 急いで先に入っていくではありませんか。 そして、靴箱のある所まで行くと上履きに履き替えもせず、 門の方の様子を伺っているようでした。 オッサンが「上履きに履き替えて」と言っても動きません。 T君がお母さんと一緒に靴箱 [続きを読む]
  • ブルーな日々
  • ポンちゃんがいきなり保育所に行きたくないと言い始めました。 保育所で、からかわれているようでした。 オッサンもそれは何となく知っていましたので、 妻と一緒に、ポンちゃんからよくよく話を聞いてみると・・・ ポンちゃんが、あまりにもTくんとベタベタするので、 ある女の子から「キモい」と言われたそうです。 その後、女の子数人にからかわれようになったようです。 それが、男の子にも伝染してしまったとのこと。 [続きを読む]