ロシアスタイル さん プロフィール

  •  
ロシアスタイルさん: ロシアスタイルのハンティング
ハンドル名ロシアスタイル さん
ブログタイトルロシアスタイルのハンティング
ブログURLhttps://japan-russia.com/hunting
サイト紹介文極東ロシア!個人所有大原生林で自由にハンティング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 20日(平均11.6回/週) - 参加 2018/09/29 18:58

ロシアスタイル さんのブログ記事

  • ロシアのイノシシのサイズは・・・
  • 日本のイノシシは最大でどのくらいの体重と探してたらアメリカで猟をビジネスにしてる日本人のページに辿り着きました。名前がモンスター・ロシアンボアー だそうです(ボアは英語でイノシシ)。日本では最大で200キロくらいとネットにありました。それ以上育たないのでしょうか?>>>URL>>>>下記はコサック牧場のコサックさんが自分の私有地で仕留めたもの日本では230キロ220キロ・・・このイノシシには牙がない?話によると豚を太 [続きを読む]
  • モンゴルのお金持ちのハンティングカー
  • 下記記事はネットから流用モンゴルに住む2人の裕福な現代版フビライ・ハンたちが、巨大トラック『Mercedes-Benz Zetros』2台を、ハンティング用のキャンピングカーに改造した。この2名のモンゴル人たちは友人同士で、炭坑や銅山、醸造所を所有している。このユニークな大型オフロード・トラックは、「たとえばアルタイ山脈などで、鷲を使った狼狩りを行なうための幾日にもおよぶ旅行に使用する」という(これまでは馬を使っていたそ [続きを読む]
  • 日本は狩猟解禁! ロシアからの連絡
  • 昨日から狩猟解禁ですのでこれからいろいろ記事がでてくると思います。早速フェースブックに猟友会の記事が出てました。朝方に子供のイノシシ、午後からは120キロを仕留めたそうです。昨日はウラジオストクのコサックさんからも連絡があり猟に行きましょう、と誘われました。彼の場合は私有地ですので国の制限はありません。今の時期は何を仕留めるのか聞き忘れました・・・ウラジオストク周辺はヘラジカがいる地域です。日本に [続きを読む]
  • クマとロシア人の関係
  • 日本中でクマの被害が報告されてます。長野県では昨年は3名、今年はすでに11名がクマに襲撃されて亡くなってるそうです。その他、勇敢にクマと闘って撃退してケガだけで済んだというニュースもあります。ロシア女性にあなたを動物に例えると何ですか?と質問すると多くのロシア女性はクマと答える人がいます。理由はゆったりとのんびりした性格だからだそうです。日本の都会ではクマを見ることはできませんがロシアでは・・・ペッ [続きを読む]
  • 黒澤映画 デルス・ウザール
  • この映画は1902年から10年のシベリア沿海地方シホテ・アリン地方を舞台にしており、1923年に同タイトル「デルス・ウザーラ(ガイド)」で出版されたロシア人の極東探検家ウラディミール・アルセーニエフによる探検記録に基づいたドキュメンタリー風の映画。この映画は多くの日本人には理解できないようで日本での評判はいまいちでしたが欧米人やロシア人には大人気でした。映画の筋道やエンディングを期待、起承転結を考えながら映画 [続きを読む]
  • 極東のアマゾン・ツアーと狩猟民族
  • 極東にタイガに住む原住民ウデを訪問するツアー狩猟民族ですがハンティングは出来ません!>>>ワイルド・ナビゲーション提供今年世界遺産に登録されてます。 狩猟民族のナナイ族を登場させたロシア政府支援の黒澤映画があります。次のブログでご紹介。投稿 極東のアマゾン・ツアーと狩猟民族 は タイガ(原生林)でシューティング&ハンティング に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 砂漠の家畜料理
  • 砂漠は何も生き物が生きてないと思ってましたがクウェートの自然博物館に砂漠の生き物が展示されてましたので砂漠にはちゃんと環境に対抗した生き物が生きてます。砂漠の猫・・・もいました。砂漠の生き物、家畜で最初に思い出すのはラクダです。ラクダは美味しいのか? まだ食べたことがないので味はわかりませんが伝統料理として食されてます。動画に出てる人たちの服装と帽子がウイグル人なので場所はウイグル(中国支配地の新 [続きを読む]
  • ウラジオストクのジビエ レストラン
  • 空港から市内に向かう高速の傍に建ってます。私も言った記憶はありますが建物が新しくなってるので記憶がはっきりしません。木造ロッジ風の作りです。ジビエ以外にもいろいろな料理があります。値段的にはこのレストランのメニューを下記に張り付けてますので参照してください。今は我々には安いはずです。理由はロシアの通貨が5年前くらいと比べると半分ですのでこれが元に戻ったら・・・食べるかどうか決断が私には必要です。ウ [続きを読む]
  • ジビエって美味しいのでしょうか?
  • 狩猟シーズンがもうすぐ始まります。狩猟のメインは鹿とイノシシ(野生鳥獣肉)ですね。この種類はジビエと呼ばれた料理で食することが出来ます。政府もいろいろ努力をしてジビエを日本で普及させようとしてますがパットしてません。鹿の場合は日本人はかわいいとイメージがあるので鹿肉ですという料理に抵抗を感じる人は少ないようです。そしてシカ、カモシカ、イノシシ、サル、そしてクマは増え続けてるという事実を我々の多くは [続きを読む]
  • スティーブン・リネラ って知ってますか?
  • Netflixで16話が日本語字幕で見れます。狩猟と料理の達人だそうです。プロですのでスポンサーがついてますので世界中でハンティングをしてる、狩猟家、作家、料理人、そして自然保護活動家でもあるスティーブン・リネラ。美しくも過酷な大自然に身を委ね、狩りの獲物を調理して自然への敬意と共に食す。のがポリシーです。生年月日:1974年2月13日 (44歳)国籍:アメリカ熊の脂肪の料理投稿 スティーブン・リネラ って知ってますか [続きを読む]
  • 象牙は禁止ですのでマンモスの牙はどうでしょうか?
  • 像さんは生きてますのでワシントン条約で厳しく制限されてますが意外なことにマンモスはすでに死んでますのでマンモスの牙はワシントン条約には触れないそうです。今までロシアで二回、ロシア人からマンモスの牙の印鑑は日本では売れませんか?と打診され調べたことがあります。象牙の代わりにマンモスの牙の印鑑、日本でも売られてるようですが人気がないのでしょうか?決して高くはありません。私の場合は印鑑を持ってない人です [続きを読む]
  • トラ・トラ・トラ に関する話題・・・
  • トラトラトラは真珠湾攻撃の時の合図、信号ですね?私とトラに関する話題を3つご紹介。①スリランカの知り合いの家の応接間にトラの敷物がありました。初めて見たトラさんです。スリランカのジャングルにトラが生息してるとずっと信じてましたがスリランカにはトラはいないそうです。代わりにピューマが生息しており自然公園の中で生息してるそうです。スリランカ人の自慢でスリランカの自然公園は世界一の広さがあるそうです。自 [続きを読む]
  • 本日から入会受付開始、初めての訪問の方にお勧めプラン
  • 詳しい情報は ウラジオストク倶楽部のシステムをご覧ください。>>>ここを 会員制ですのでウラジオストク入会登録が必要です。https://japan-russia.com/hunting/システムに関しての質問は入会前にメールでお尋ねください。Line、Viber、Whatsup、Skypeを使い運営者に話も可能です(要予約)現在提供できるサービスと料金(基本)3泊4日*航空券とロシアE-Visaはご自分用意してください。ウラジオストクはE-Visaで最高7拍8 [続きを読む]
  • コサック農場料金
  • ロシア側提示料金です。若干の変更の必要がありますので現地スタッフとウラジオストクを訪問した時に話し合う予定です。コサックさんの敷地は私の判断で私が知ってるロシア農民の平均敷地面積である100ヘクタール/30000万坪(ロシア人に質問しても本人達が自分の土地の広さを認識してないのが第一の問題です)くらいと思ってましたが間違いのようです。乳牛、羊そしてヤギが放牧されてますので新鮮は牛乳を入手できます。写真全部が [続きを読む]
  • ウラジオストクのサービス料金(日本系会社)
  • HISは日本では名の知れた会社でウラジオストクには日本人駐在員が数年前から滞在して日本人用のサービスを行ってます。初めてウラジオストクへ行く人は知り合いがいなければ心細いのでHISのウラジオストクサービスをネットから申し込まれてます。ウラジオストク空港から市内ホテルまで日本語を話すロシア人ドライバーが送迎を行ってますので安心です。市内までは約55キロの距離ですので下記料金は成田空港と比較すると安いです。日 [続きを読む]
  • 狩猟牧場情報・・・途中報告
  • 狩猟牧場はハンティングのための場所なのですが提示された金が私にはピンときませんのでアフリカの料金を調べると決して高くはないですがアフリカに出かけることが出来ない人には満足できるかどうか思案中です。距離的には日本から飛行機で2時間半、空港から狩猟牧場までは約250キロ離れてますので日本を出発してその日に現地に着きます。初日:夕刻ウラジオストク空港着・・・車で牧場に移動、到着時間は23時くらい。2日目:朝食 [続きを読む]
  • AK47 カラシニコフを国旗に使ってる国がありますがどこでしょうか!?
  • マニア向け超難問になりそうな出題です。答えは・・・モザンビークアフリカで国家がトロフィー・ハンティングをビジネスとしてる国だと最近しりました。ポルトガルの植民地だった国です。昨日はロシアからAK47の話がいろいろありました。ロシアは銃規制が厳しくなり銃の許可や購入が難しくなってると昨日知らされてびっくりしました。猟銃なら手続きをとれば可能だそうですがAK47は・・・購入は無理ですと言われました。前にはフル [続きを読む]
  • ロシアが優等国家にへ移行中で困ってます!
  • 私が知る限りロシア人は法律は破るためにあると豪語してましたが法律が厳しくなると法を破るという人は見かけなくなってきてます。お酒に関して路上でお酒の瓶を包装しないで持ってるとつかまりますので必ず包装で見えないようにしないといけません。酔っぱらって歩道を歩いてるのを見つかると逮捕されます。飲酒運転は即、2年の免許取り消し。シートベルトをしてないと罰金ロシア人は大酒飲みで酔っぱらってるというのは遠い過去 [続きを読む]
  • ロシアでは普通のことですが日本人に信じられない事実!
  • ロシアではホワイトカラー族は低賃金と聞いたら信じますか?ロシアでは男性の医者すくなくほとんどが女医です。理由は医者は給料が安いので男性が医者だったら薄給なので家庭を持つことが出来ないからです。ロシアでは金儲けの為に医者になろうと考える人はいません!仮に両親が医者だったらその家庭の経済レベルは中レベルの最低と言うレベルです。これは大学教授もほぼ同じですね。知的階級は薄給で高給取りは肉体労働者です。こ [続きを読む]
  • ロシア連邦保安庁 ФСБ=FSB ロシアネタ
  • ソ連時代はソ連国家保安委員会つまりKGBと呼ばれた機関でロシアになってからはロシア連邦保安庁 FSBと呼ばれてます。ロシアのキリル文字で表示するとФСБ(発音は英語と同じでFSBエフエスビーとなります。ロシア人と日本人の共通点は面倒な文字を使ってることです。CCCP と書いてあれば シーシーシーピーと発音する人はロシアを知らない人です。キリル文字ですので C=S P=R(巻き舌) となりますのでエスエスエスエルと発音 [続きを読む]
  • ロシア人とクマ
  • ロシア人とクマ、そして日本人とクマの考え方は大きく異なります。ロシアではクマをペットで可能のは問題ありません。人に危害を加えないクマならバスなどの公共物乗り物に乗るのも問題ないし乗客も驚きません。私が気になるのはクマの乗車賃です。今でこそロシア自由な国?担ってますがつい最近までは①市内交通費は無料②市内電話は無料でしたので自由な国になったロシアはいろいろお金がかかる生活になり老人は昔を懐かしがって [続きを読む]
  • 沿海州のサファリパーク
  • 二年ほど前に出来上がったサファリパークウラジオストクから車で90分の距離。日本のサファリパークと異なり徒歩で園内を回りますので体力が必要です。このパークでは沿海州に生息するほとんどの動物が自然の状態で飼われており見物人は橋の歩道から下を見下ろすことになります。トラなどの猛獣は柵よりも高い遊歩道から見下ろすことになりいますが熊さんには超接近で見ることが出来るそうです。投稿 沿海州のサファリパーク は タ [続きを読む]