だんのマン さん プロフィール

  •  
だんのマンさん: だんのマンのゴリライフ
ハンドル名だんのマン さん
ブログタイトルだんのマンのゴリライフ
ブログURLhttps://dannoman.com/
サイト紹介文SASUKE出場・十種競技選手の筆者が、トレーニング・ボディメイク・聴神経腫瘍闘病等の情報を発信
自由文「もう二度とスポーツはできない。」その常識を打ち破るために自分の細胞を信じ、身体とココロに向き合い、術前の自分を越えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 94日(平均1.8回/週) - 参加 2018/09/29 14:44

だんのマン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • LINE Payを使ってATM手数料を無料にする裏ワザ【楽天銀行】
  • お世話になっております。だんのマンです。LINE Pay と楽天銀行 の口座を使って ATM利用手数料を無料にする裏ワザを紹介していきます。 長い長い前置きを読み飛ばしたい人は目次の「初めてみようATM無料生活」からお読みください。 長い長い前置き ボクはトレーニングを行うときにできるだけ一つの運動で多くの効果が期待できるようなトレーニングをするように心がけています。 十種競技では、十個の種目の練習をするのではな [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【おかえり!陸上競技場編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 ハードなリハビリを行った入院生活もついに幕を閉じ、退院の日がやってきます。保護された病院という環境から、何の保護もない社会という野に放たれたボクが真っ先に向かったのは、やはりあの場所でした。 迎えた退院 ついに1ヶ月弱の濃厚すぎる入院生活が終わりました。 お世話になった主治医の先生、看護師さんたち、患者さんたちにご挨拶をし、さらに勝手に目標を語り、最後まで暑 [続きを読む]
  • アスリートのためのふるさと納税 8選
  • お世話になっております。だんのマンです。何かと忙しい年末。いにしえから師走と云われるくらいいそがしかったのにクリスマスやらなんやら、さらに忙しいイベントが増えてきています。さらに最近では、ふるさと納税というモノがそのバタバタに拍車をかけようとしています。総務省HPよりふるさと納税とは何ぞやって人。いやいやそんなん知ってるわいって人もアスリートの目線からふるさと納税を見てみましょう。知らなきゃ損すぎる [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【リハビリ編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 術後、自分の置かれた状況を再認識し患者の方との交流から目指すべき方向がぼんやり見えてきました。 自分ができること自分がしたいことは何なのか。自分にしかできないことがこの地球にはある。 よっしゃ。暗くて先の見えないトンネルだと思っていましたがしっかり落ち着いて目を凝らすと煌々と輝く未来がいくつも現れました。 一番星さえ見つければあとはどんどん星たちの方から目の前 [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【オーダーメイドなリハビリ編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 術後、自分の置かれた状況を再認識し患者の方との交流から目指すべき方向がぼんやり見えてきました。 自分ができること自分がしたいことは何なのか。自分にしかできないことがこの地球にはある。 暗くて先の見えないトンネルだと思っていましたがしっかり落ち着いて目を凝らすと煌々と輝く未来がいくつも現れました。一番星さえ見つければあとはどんどん星たちの方から目の前に現れてき [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【最後のステレオ、最初のモノラル編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 まだ入院生活編の途中ですがちょっと時系列が前後します。 最近また病気(聴神経腫瘍)になってよかった。と思うことができる出来事がありました。 手術の日からボクの中で止まっていた「音」の歯車がまた回りだしそうです。 マンガのような、ホントの話。どうぞご覧ください。 最後のステレオ 聴神経腫瘍【最後の夜編】で僕の手術前夜について書きました。 両耳から聞いた最後の音楽 [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【初めてみよう!入院生活編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 前回ちん管との壮絶な死闘に終止符を打ちギリギリ勝利を収めただんのマン。 ゴリラをつなぎとめる鎖(管)から解放されたいま、目の前には新しい世界が広がっています。 第二の人生のスタートアップ。後遺症とお近づきになってこれからの長い人生共存していくために格闘する日々が始まります。 お見舞いに来てくれた方にアンケートを取ったところ ①甥っ子よりも会うたびに成長していた [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【強くてニューゲーム編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 術後初日の人生で一番長く辛い孤独な一夜を乗り越えて もうこれ以上はないだろう。あれ以上ってアンタ・・・。そんなハードモードな人生あるかいな。 と八百万の神様の肩に手をまわして慣れ慣れしく話をしていたツケがだんのマンに速攻返ってきました。 そんなHCU(準集中治療室)での激闘の数日間をどうぞご覧ください。 HCUでの課題 地獄のICUから解き放たれて 憔悴してるとはいえ少 [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【運命の手術編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 ついに迎えた第一の人生が終わる日。 そして第二の人生が始まる日。 運命の手術当日を振り返ります。 手術当日の朝 センチメンタルな気分になる暇もなく9時間ぐっすり寝て手術当日の朝を迎えました。 断食のためお腹は空いていましたがそれ以外は体調ばっちり良好も良好。いつでもかかってこいや!状態でした。 そんな能天気なのは僕だけのようで朝から来てくれた家族はとても心配そう [続きを読む]
  • 【プロテインが美人を作る?】プロテイン大解剖の巻
  • お世話になっております。だんのマンです。 以前ダイエットについての記事を書きました。 やはり自分の大事な時間をかけて取り組むモノについての理解は深める必要がありますよね。 最近は24時間営業のフィットネスジムも増えてより生活の中に運動やトレーニングを無理なく取り入れることができる社会になってきていると感じています。 それだけ運動・身体づくりへの需要が社会全体でじわじわと高まってきてるということ。いち [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【最後の夜編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 陸上競技最後の試合で改めて自分の人生の軸は陸上競技にある。と痛感したのも束の間。 運命の日、2016年10月31日はもうすぐそこまで迫っていました。 故郷大阪を去り事前入院のために東京へ。 最後の3日間を振り返ります。 10月28日 手術3日前 バタバタと用意しダバダバと西新宿の病院へ。 ここに一か月住むんか〜めっちゃくちゃ都会やなぁ〜 と月並みな思いを感じたことを覚えていま [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【人生最後の陸上競技編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 突然脳腫瘍(聴神経腫瘍)と診断され 摘出手術をしないと死ぬただし、摘出手術をすると競技スポーツはもうできない。と究極の選択を迫られ決死の決断をした前回。 その日僕の陸上競技の引退日が決まりました。 泣いてもわめいても落ち込んでも、刻一刻と競技の終わりがこちらへ近づいてきます。 僕に残された期限は残り2シーズン。(約1年半)決死にもがいて生きた僕の第一の人生。そ [続きを読む]
  • 食べたもので、できている。【自炊のススメ】
  • お世話になっております。だんのマンです。自炊をすることがあまりにもメリットの固まりでほぼ弱酸性です。 *弱酸性のメリットそんなことはさておき男子も女子も関係なく自炊をすることをススメます。というか、身体づくり・ダイエットをしようとするのならば自炊なしでは成功率が天と地の差です。 アスリートも自炊をすることで体重・体調コントロールが圧倒的にしやすくなると思います。 その結果、トレーニングの質が上がり自 [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【究極の選択編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 デカスリートで超絶健康体だったボクが突然脳腫瘍「聴神経腫瘍」と診断されさらには究極の選択を迫られます。 脳腫瘍があったことよりこの選択に僕は戸惑い、悩みます。 しかしこの経験はその後の自分自身を形成する大きな糧になりました。 究極の選択とはなんだったのでしょうか。 聴神経腫瘍の摘出手術 担当医から聴神経腫瘍の摘出手術について説明を受けました。 ・開頭手術である [続きを読む]
  • 聴神経腫瘍とボク【腫瘍との出会い編】
  • お世話になっております。だんのマンです。 今回は僕の大事な個性のひとつ聴神経腫瘍の発覚・診断されるまでについてお話ししようと思います。 まさか人類の中でも究極の健康体を目指す十種競技選手の自分が・・・。と目も耳も疑いました。(言葉にするととても言い辛いのですが 噛まずに言えるのも文章のいいところですね。) それでは僕と聴神経腫瘍の出会いについてどうぞお付き合いください。 始まりは突発性難聴 2014年の終 [続きを読む]
  • 【病気・闘病生活】聴神経腫瘍について
  • お世話になっております。だんのマンです。 僕の人生で最も自分自身と向き合う機会を与えてくれたちょうしんけいしゅよう聴神経腫瘍という病気についてお話ししようと思います。 2018年とても話題になった朝ドラ連続テレビ小説「半分、青い。」主人公の鈴愛(すずめ)も恐らくこの病気。 そして原作者の北川 悦吏子さんも聴神経腫瘍と診断されているようでどこかで聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 今回はまず聴神 [続きを読む]
  • 【引退をする必要ってあるの?】アマチュアアスリートの引退について
  • お世話になっております。だんのマンです。 部活動の夏のシーズンも秋の到来と共に終わりを迎えウィンタースポーツや冬に公式戦のある室内スポーツ以外の最上級生は引退をしていく時期でしょうか。 この引退についてずっとモヤモヤしているのは僕だけでしょうか。このモヤモヤの正体について紐解いていこうと思います。 引退とはいんたい【引退】( 名 )スルそれまでついていた地位や役職を辞めること。また、スポーツなどで [続きを読む]
  • 【筋肉量に比例してモテる?】モテボディGETへの道
  • いつもお世話になっております。だんのマンです。 今回はモテる身体作りについて特にモテていない僕がお話ししていこうと思います。 マッチョの分け方についても解説しているので分けマッチョマイスターの資格取得にも役立つ記事になっております。 モテるとは そもそもモテるとはどういう状態のことを指すのでしょうか。 日本俗語辞書によるともてるとは異性から人気があることやちやほやされることである。もてるは多くの場合 [続きを読む]
  • 【面接の秘訣】就職活動のコツ掴んだった。
  • いつもお世話になっております。だんのマンです。 就職活動の面接で・緊張して伝えたいコトが全く伝えられなかった。・何を話せばいいか全然わからない・アピールできるところがない。・背伸びした回答をしてボロが出てしまった。。 などなど苦しんでいる方をよく見かけます。 今回は、内定獲得率100%(2分の2)をたたき出した(?)だんのマンが用いた面接におけるマル秘テクについてお話ししようと思います。 就職活動に限らず [続きを読む]
  • だんのマンについて
  • いつもお世話になっております。だんのマンです。 このサイトは僕が管理人として更新しています。 「だんのマンって何者やねん!」と思う方も多いと思いますので僕自身のことについて説明していきます。 出身地 大阪 現住所 京都 身分 事務職員勤務後、17:30~21:00までハードに十種競技のトレーニング。 最近の動向2014年 大学院に進学し、バイオメカニクス・運動学を専攻。全日本選手権に出場・入賞するために、十種競技を始める [続きを読む]
  • 過去の記事 …