MISIONERO さん プロフィール

  •  
MISIONEROさん: メキシコ訪問
ハンドル名MISIONERO さん
ブログタイトルメキシコ訪問
ブログURLhttp://nbyk1996.hatenablog.com/
サイト紹介文年3回仕事でメキシコを訪問しています。メキシコシティー、グアダラハラを始め色々な所を訪れています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 17日(平均6.2回/週) - 参加 2018/09/30 22:59

MISIONERO さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Mi casa es tu casa. 私の家は君の家
  • 「今度いつ来るんだ?」メキシコの人達にヒーリング(おさづけ)を取り次がせていただいた後によく聞かれた言葉です。今回のメキシコ訪問は、「百聞は一見にしかず、とにかく一回行ってみよう!」という考えでしたので、その後のことは全く考えていませんでした。ですから、「今度?」と聞かれ、今度いつ来られるだろうと考え始め、一番可能性のある日を伝え、そして、予定を立てて、連絡をして、空港に迎えに来てもらう。それ [続きを読む]
  • メキシコのテコンドー教室を見学
  • 近所を散歩しているとテコンドー教室を発見した。人が来ず、待っている時間が長かったので近所を散歩することにした。すると、テコンドー教室を発見。上に上がっていくと夫婦で指導しているようで、その奥さんが「何の用ですか?」と訪ねてきたので、辞書を引きながら、「ただの見学です。」と言って見学をさせてもらった。後ろには子供達の母親がいて、その母親達に、「自分はミッショネロです。どこか悪いところがあれば祈らせて [続きを読む]
  • パドリーノ・マドリーノ
  • アルフレッドとアルマの家へグアダラハラのセントロからバスを乗り継ぎ、アルマの住んでいるサポパンへ。バスで1時間あまり。それでも3.5ペソ。アルマの住んでいるところは閑静な住宅街だった。アルマはグアダラハラの鉄道会社に勤めていて、ウィークデイは仕事に行ってしまう。アルマの留守中は、ペドロが世話をしてくれた。ペドロ・ロペス(アルマのコンパドレ)ペドロはアルマの息子ハビエルのパドリーノである。パドリーノと [続きを読む]
  • 屋台で朝食
  • グアダラハラのセントロ(スペイン語で中心地)でアルフレッドと朝食カスティージョからアルフレッドとバスに乗り、1時間弱でグアダラハラ、セントロに到着。アルフレッドが朝食を食べようと言ってきた。で、市場に入っていくと、左に見える「MENUELITA」がメヌードを売ってるお店の名前すでに沢山の人が通路に置かれたテーブルとイスで朝食を食べていた。メヌードは日本語で言うと「牛のもつ煮込みスープ」牛のだしがきいていて、 [続きを読む]
  • メキシコバス事情
  • アルマの家に移動カスティージョでの3日間のミッションが終わり、アルマの家に移動することに。アルフレッドとバスに乗って、グアダラハラ中心地に。メキシコの路線バスは、共通料金。当時3.5ペソだった。2018年現在は倍の7ペソ。今1ペソ6円だからかなり安い。当時は1ペソ9円くらいだったと思う。それでも安い。バスに乗る時は、人差し指を立ててバスを止める。たまに無視されることもある。乗車拒否だが、そんな事はよくある [続きを読む]
  • 結局、ヒーリング(おさづけ)の結果はどうだったのか
  • 1/27〜29日の金土日の3日間で80人に計129回のおさづけを取り次いだ。この3日間は、ずーっと、おさづけを取り次いでいたように思う。面白いことに、ここに来た人たちは、3回おさづけを受けに来ました。それは、アルフレッドが「3回受けなければ効果は出ない。」と言っていたからです。「って、そんな事誰が言ったの?」と思いましたが、言葉がわからないので質問のしようがなかった。帰国してS君に聞いてみると、「メキシコに行っ [続きを読む]
  • メキシコの食事
  • メキシコ人の主食はトルティージャトルティージャはマイースとアリーナの種類に分かれる。マイースはトウモロコシ。アリーナは小麦。基本白いが、トウモロコシの色によって、黒だったり、深緑だったりする。僕にはわからないが、マイースの方が美味しいとか、アリーナは胃にもたれるとか言う人もいる。発音は、メキシコでは「トルティージャ」となるが、スペインでは「トルティーヤ」。業務スーパーで売っているが、表記は「トル [続きを読む]
  • アルフレッドとミゲール
  • アルフレッドとミゲールは年子の兄弟。アルフレッドは離婚歴あり。子供は男3人、女1人の4人。男子2人はアメリカに密入国して働いている。長男のアルフレッド・ジュニアはアメリカ人女性と結婚したため、永住権を取得している。次男のジョナタンの奥さんはメキシコ人で永住権は持っていない。残り2人はグアダラハラ市内に住んでいる。アルフレッドとミゲールは2人で電気製品、特にモーター等の修理をしている。アルフレッドはミゲ [続きを読む]
  • いよいよ、おさづけ(ヒーリング)取り次ぎ
  • アルマの車に乗り込みまずは腹ごしらえ幹線道路沿いのレストランに連れて行ってくれた。グアダラハラの気候は一年を通して寒くならないので、レストランは吹き抜けの作りで、壁はなかった。料理の名前はわからなかったが、肉料理をごちそうして貰った。こちらの料理ははずれはないように思う。美味しかった。そして、目的の家に着いた。アルフレッドが住んでいる家だが、弟のミゲール・サラテの家である。アルマ曰く、「ここは [続きを読む]
  • グアダラハラ到着
  • グアダラハラ空港に到着。海外の空港には名前があって、正確には、「ドン・ミゲール・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港」という名前があります。入国審査はアメリカに比べるとあっさりと通り抜けることができた。荷物はバックパック一つであったので、そのまま税関審査に。通過前にボタンを押す。緑に光れば、通行可。赤く光れば荷物検査となる。赤く光るか、緑に光るかの基準はなく、ランダムのようだ。全く、アバウトな国 [続きを読む]
  • ヒーリング おさづけ
  • そもそもメキシコに招かれたのは、ヒーリングをするため。天理教のヒーリングは「おさづけ」という。ちょっと説明すると、天理教会本部で別席という1時間半から2時間のお話しを9回聞き、おさづけを頂く。おさづけは病人に対して、柏手を2回打ち、住所、氏名、年齢、病名、症状を唱え、おさづけのお歌を唱え、手振りの後、患部を3回撫でる。それを3回。都合9回撫でさせて頂き、最後に柏手を2回。患部が多ければ、続けて、次の場所 [続きを読む]
  • 2005年1月27日 初めてのメキシコ訪問
  • いよいよ出発の日となった。チケットはデルタ航空、アトランタ経由。当時チケットはヤフーのサイトから検索して購入していた。グアダラハラ往復チケットはアトランタ経由しかなかった。しかも、アトランタ空港で野宿。 前年にケニアに行っていたので、飛行機は2回目。アトランタまでおよそ14時間。長い。 アトランタ空港はデルタ航空のハブ空港でとてつもなく大きかった。国際線は7つのコンコースがあり、プレーン・トレインで結 [続きを読む]
  • メキシコ グアダラハラ について
  • メキシコ ハリスコ州 エル・カスティージョ目的地のグアダラハラはどんなところだろう?メキシコ第2の都市といわれています。気候は温暖で、夏の日差しはきついものの、湿気がないので、日陰に入ればそこそこ涼しい。食べ物は、肉食中心で、スパイシー。僕の好みだ。お酒は、コロナビールにテキーラ。最高!物価は、その当時は1ドル12ペソぐらいだったろうか。8ペソで、コーラの500mlが買えたから、日本と比べても安 [続きを読む]
  • グアダラハラにはアルマ・リディアがいた
  • 早速、グアダラハラのアルマに連絡。ハリスコ州、エル・カスティージョの町並みS君より、アルマのメールアドレスを聞き、英語でコンタクトをとることとなった。もちろん、年末よりスペイン語の勉強を始めた。お金をあまりかけたくなかったので、図書館でスペイン語の入門書を借りて、独学で始めた。期間は、1月27日より、2月9日までのおよそ2週間。S君の話では、「同じ家に2週間も滞在するのは、お互いに大変ではないか [続きを読む]
  • 10月27日 メキシコへ出発
  • 恒例の年3回のメキシコ行き。今年3回目の訪問は、10月27日〜11月9日まで。帰国は11月11日早朝となります。何故、メキシコへ行くのかというと、天理教の布教に通っています。最初の訪問は、今を遡ること13年前の2005年1月でした。従兄弟であり、兄弟教会の会長をしているS君の紹介で、メキシコはグアダラハラに行くことが決まりました。当時、彼はメキシコ北部、ソノラ地方に年4回のペースで渡墨していました。僕は、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …