suguru さん プロフィール

  •  
suguruさん: 1年に1冊だった人が1日1冊読めるようになる方法
ハンドル名suguru さん
ブログタイトル1年に1冊だった人が1日1冊読めるようになる方法
ブログURLhttp://www.reeeading.site
サイト紹介文私が1日に1冊以上読めるようになった方法と訓練なしで速く労力をかけずに速読する方法を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 16日(平均5.3回/週) - 参加 2018/10/01 19:09

suguru さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スピーチを学ぶ上で最も役に立った一冊
  • 今日は、読んでみてすごくよかった本を紹介します。私は、高校時代に生徒会をやっていて、人前で喋ることが多いのにも関わらず、そういうスピーチとかがすごく苦手でした。なので、いかにして大勢の人の前でアガらずに、伝えたいことを伝えるかをいろいろと研究してました。スピーチに関する本や、アガらずに人前で喋るコツ、みたいな本は世にたくさんあります。当時、そのような本をいくつか読んでみたものの、なかなか思うよう [続きを読む]
  • 難しい本を速く楽に読むために意識することはこの3つ!
  • 集中力がどうしても続かないから読書が苦手だ、という方はけっこういます。その集中力が続かない原因を考えると、本の難易度や、その本の分野の知識量がなかなか関係しています。その本の分野の知識があまりなかったり、知らない単語ばかりの本では、どうしても集中力が続かないのは仕方がないことです。そういうとき、一番の対処法は本のレベルを下げることですが、ちょうどいい本がなかったりで、いつもそれができるとは限りま [続きを読む]
  • もっと楽に自由に本を読むために意識すべき2つのこと
  • これまでになかったようなアイデアを出すには?ブルーオーシャン戦略というのを、みなさんどっかで聞いたことがあるんじゃないでしょうか。ブルーオーシャンと聞いて、なんとなくどんなものかイメージできると思います。競争のない世界を創造するブルーオーシャン戦略において、まず必要なのは、その業界、その製品で「あたりまえ」となっていることを見つける作業です。あたりまえを見つけて、それをいかに取り除くかを考え [続きを読む]
  • 読んだ本を知的財産に変換する読書記録のつけ方
  • 本を読んで1週間もすれば、内容はどうしても忘れてしまいます。これは仕方ないことです。しかし、「この本の内容はどうしても頭に入れときたい」「この本をもとにレポートを書きたいから、内容をまとめたい」というように、書かれている内容をアウトプットしたいときは誰しもあるでしょう。こういうとき有効なのは、読書記録をつけることだと言われています。ひとえに読書記録をつけるといっても、読書ノートだったり要点 [続きを読む]
  • 私が教師なら『君たちはどう生きるか』よりも贈りたい一冊
  • もし、あなたが、中学か高校の教師だとしたら……卒業式の式典を終え、最後のホームルーム……3年間成長を見守ってきた教え子たちに、あなたなら一体どんなお話を最後に贈ってあげますか。そして、何の本を贈るでしょうか。最近では、吉野源三郎著の『君たちはどう生きるか』が、卒業式の日に「贈る本」として最も選ばれた一冊でしょう。私もすごく好きな一冊です。しかし、みんながそれを贈るなら、ちょっと変化をつけてみた [続きを読む]
  • 文章力が上がる「メモのとり方」
  • これまでは、特別な訓練なしに速く・労力をかけずに本を読む方法について書いてきました。今日はその応用的な感じで、思いついたことやハッとしたことを「メモる技術」について書いていきます。「メモる技術」は読書にもけっこう関係してきます。読書中は新しい発見や気づきの連続です。そういった、自分なりの観点からみた「あなたオリジナルの発見」をできるだけ新鮮なうちにメモしたいですよね。そんなときに効果的なメモる技 [続きを読む]
  • 今日から身につく、2倍の速さで読むスキル
  • さあ、これまで速くかつ理解して読むための「ちょっとしたひと工夫」について書いてきました。しかし、今日書いていくのは、より技術的な速く読むための方法です。これを理解すれば、いわゆる「速読」というものが、いよいよできるようになります。1日1冊の本を読むという毎日も、もはや夢の話ではありません。1日で1冊、楽に読めてしまうのが当たり前のことになるのです。しかしながら、それはこれまでやってきた読み方とは [続きを読む]
  • 訓練なしで理解しながら速く読むための「知識のストック」
  • 今日は、読書において隠れた主役と言われる「知識のストック」についてです。いわゆる「速読」に関する本を何冊か読んでみると、必ずと言っていいほど目の訓練をやらされます。それはつまり目を動かすスピードと、見える範囲を広げることで読書スピードを上げようという考えなんですね。しかし、実は本を読むスピードや理解力は、その本の分野の知識がどれくらいあるかにかかっています。それらは「知識のストック」と呼 [続きを読む]
  • パラパラめくって眺めるだけでも意味がある!
  • これまで本を読む前のさまざまな準備について書いてきました。これまで紹介してきた「準備」をするだけでも、けっこう読むスピードや理解力が変わってくるので、ぜひ試してみてください。さて、今日からいよいよ読んでいく段階に入っていきます。パラパラめくって眺めるだけでも意味がある!ということで、「読み」の最初の段階として、今日は「パラパラ読み」というのを紹介していきます。◇具体的にどうやるのかパラ [続きを読む]
  • 本を手っ取り早く簡単に読むには目的を設定すればいい
  • 前回は目次の効果的な活用方法について書きました。本を読むスピードと理解力は、本を読む前に行う、ちょっとしたひと手間で大きく変わるということでしたね。今回もそれに近いのですが、今回は本を手っ取り早く簡単に読むための裏技を紹介します。◇ 本を読む前に目的を設定するということ本を読む前に、その本を読む目的をあらかじめ設定してから読むという読み方は、非常に効率的で有効な読み方だと、速読に関する本 [続きを読む]
  • 速く読める人ほど目次の使い方が上手い!実は知らない目次の使い方
  • 目次の使い方ひとつで読書スピードと理解は、こんなにも違う!目次…!それはなかなか素通りされがちなページのひとつです。以前の私にとって目次はないようなものでした(笑)別にこれから本編を読むし、そんなん、いらないでしょ。ということで、1mmも眺めたことはありませんでした。しかし、目次の活用の仕方が、内容の理解と読書のスピードに実は大きくかかわってくるのです。結論を単刀直入に言うと、その活用の仕方 [続きを読む]
  • 過去の記事 …