とし、ひろし さん プロフィール

  •  
とし、ひろしさん: インドって東南アジア?
ハンドル名とし、ひろし さん
ブログタイトルインドって東南アジア?
ブログURLhttps://du-tebiki.hatenablog.com
サイト紹介文インド留学中。ヒンディー語記事を翻訳・要約し、語学を向上させつつ、インドと自分を見つめ直します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 12日(平均5.8回/週) - 参加 2018/10/03 03:33

とし、ひろし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「期待は成果か嘘を求める」
  • 野球を見るのも、父とキャッチボールをするのも大好きだったから、小学4年生のとき、地元の少年野球のチームに入れてもらった。でも凡才が入るには小学4年生は遅すぎて、同学年の友達はみんなAチームという上手で、試合をするグループに入っていたのに、自分と弟は、ほとんどが小学1年生から3年生で構成されるBチームに入らざるを得なかった。Aチームの友達と対等だったのは、プロ野球チップスのカード交換の時だけだったと思 [続きを読む]
  • 「なぜ」
  • なぜ、が苦手だ。自分にとっていつもなぜ、は歯痒いものだからだ。世間一般でマイナー言語のヒンディー語を学ぶのはなぜ。毎日10人くらいしか見ていないブログを続けるのはなぜ。なれるわけがないのに、そんな夢を見るのはなぜ。なぜ。なぜ。確かな決意があって始めたことも、正面からなぜ、を突きつけられると上手く言えなかったりして、そして自分の中にある表向きの理由と裏向きの理由に向き合わせられたりして、途端に先が見 [続きを読む]
  • 「約束は針、契約は金」
  • 守らなければならないもの。例えば、校則。例えば、規則。例えば、法則。例えば、約束。そく、の漢字が違う約束だけは他と違って、結ばれる間が対等な気がして、だからこそ指切りげんまんができるのだと思う。校則を守らないヤンキーも、ダチとの約束は守ったりする。悪を粋がる社会悪でも感じる、不思議な罪悪感が約束にはあるからだ。悲しいことに、大人になるにつれて約束は契約に名前が変わり、針千本は違約金に形を変えること [続きを読む]
  • 「目指すはポケモンの世界」
  • 兄弟は不平等で、兄は大体損な側だ。嫌なことは先を強いられ、楽しいことは後を強いられる。注射は兄が先、ムシキングは兄が後。知らない人への挨拶は兄が先、電車で席が空いても兄は後。兄がファイアーレッドになるのは弟がリーフグリーンを選ぶからである。でも誇り高き兄は、これに異を唱えることが殆ど出来やしない。覆せないことを騒ぐと格好が悪い。兄は弟に実寸より数センチでも大きな背中を見せようとするもので、かくして [続きを読む]
  • 「ガーンディーさんへの手紙」
  • 20歳以降、誕生日は嬉しくなくなると聞きます。普通の人は、歳を取るにつれて、体は衰え、自分が何歳なのか意識する機会も減り、なにより、祝ってくれる人も少なくなるからだと思います。羨ましいのは、今も、インド国民全員、今日があなたの150回目の誕生日だということを覚えていて、今も、インド国民全員があなたを祝ってくれるということです。加えてあなたの体は不滅になって久しい。もう老いないのです。150回目の誕 [続きを読む]
  • 「隣だと心配性、離れると愛」
  • この世に生きとし生ける母親の殆どが備える「心配性」という特性を自分の母親もまた備えているが、「心配性」は「反抗期」とすこぶる相性が悪く、高校以降、家で毎日階上から行われる鍵と携帯の確認は形骸化しつつあった。結局機嫌が悪くて返事をしないときに限ってどちらかを忘れる自分への怒りは、なぜか反抗期に油を注ぐのである。日本出発前、この「心配性」な母親は、慣れないインターネットでインドの大気がとにかく汚いと [続きを読む]
  • 「佐賀と長崎は逆にしがち」
  • 馬鹿のピークは多分小学5年生だったが、自分はいわゆる往生際が悪い馬鹿で、地球に存在している意義はまるで無かった。例え馬鹿だったとしても、足が速いかひょうきんであれば「王」になれるちびっこ達の世界で、足が遅くて別にひょうきんでもなかった自分は、自分が馬鹿ではないことを周知させるロビー活動に余念が無かった。今日の記事が想起させるのは、人生随一の汚点、都道府県テスト「九州・沖縄」。今日の記事⇒9/29, [続きを読む]
  • 「パーキスターンとサッカー部」
  • 友達が少ないわけではない。でも中学の頃から、反りが合う友達には文化系が多くて、友達に一番少ないのはサッカー部だった。遺伝子レベルか、前世に嫌な思い出があるレベルかで反りが合わないキラキラピーポーたち。話せばわかったのかもしれないけれど、向こうも話す気は起きなかったのだろうし、俺も思い返せば、「謎の」意地があった気がした。結局ほとんど話さないまま、話してないのに余計に溝が深まったりして、中学、高校を [続きを読む]
  • 「ブロードバンド・コネクティビティはジャストアイディアじゃないの?」
  • 長くない記事ないかな、って指動かしてたら銭ゲバ守銭奴金の亡者を釣る札束の記事がありまして。つい。9/27, 2018 Dainik jagran 「モーディー政権が作った新施策、400万の雇用を生む」そんな阿呆な。(静岡県人口:370万人)概要↓モーディー(インド連邦首相のおっさん)政権は、インド国内の失業問題に対処するため、新たな施策を承認した。これによって、毎年インド国内の400万の雇用の新たな機会が生まれるようだ [続きを読む]
  • 「人が計画し、神が結果を出す」
  • デリーは結構まだ暑い。なのに月は日本と同じく今めっちゃでかい。自らの個は小出ししていくとして、最初だしなぜこのブログを書くのかとにかく手短に。もうインドに来て2か月が経つ。そのうち1ヶ月はデリー大学の怠惰のせいでスタバ・アメリカーノ留学だったけど。ともかく2か月は長い。普通に甲子園終わったしなんか広島優勝してるし。でもインドについて何がわかったかっていうと、全然良いの出て来ない。あそこのモモ(ニセ [続きを読む]
  • 過去の記事 …