絶學無憂 さん プロフィール

  •  
絶學無憂さん: まんなかを生きる
ハンドル名絶學無憂 さん
ブログタイトルまんなかを生きる
ブログURLhttps://ameblo.jp/6-mannaka-9/
サイト紹介文陰と陽 離るる力 纏めれば 立ちいずるなり 春の静けさ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 80日(平均4.1回/週) - 参加 2018/10/03 06:20

絶學無憂 さんのブログ記事

  • 50.”あの人を馬鹿にするのは”
  • これは前回と全く同じ話ですよね、本田晃一さん。あの人を馬鹿にするのはあの人を馬鹿にしてるんじゃない。あの人に良く似た過去の自分を馬鹿にしてるんだ。過去の自分を黒歴史のように扱っていて、その時代の自分を蔑んでるだけなのさ。過去の自分を思い出して「あの頃はよく頑張ってたなぁ。よくやったよくやった。」と労ってみる。すると人を馬鹿にすることが減って「よくやったねー」と労える素敵な人になってくるよー自分が [続きを読む]
  • 49. ”つい見下したり、バカにしたくなる人がいたら、”
  • こんにちは、絶學無憂です。 またしてもネタの宝庫、本田晃一さんのブログから。 つい見下したり、バカにしたくなる人がいたら、それは過去のダサい自分とよく似た人だ。過去のダサい自分と仲直りすると、他人を見下したりバカにしなくなるよ。 過去のダサい自分と仲直りする方法は、過去の自分に向かって「よくやってたよなぁ。評価はされなかったけど、私はよくやってるって知ってるよ」とイメージで労いながら寝ることだ。これ [続きを読む]
  • 48. デーヴィド・ホーキンズ著「パワーかフォースか」その1
  • こんにちは、絶學無憂です。 約束通り、デーヴィド・ホーキンズ著「パワーかフォースか」について取り上げてみたいと思います。 これはとっても厄介な本でして、Amazonのレビューを書こうと思いつつ、2年経ってもまだ書けていません。一回で終わらせるのも多分無理なので、その1としています。 おそらくですが、キネシオロジーやOリングテストを始めた人のきっかけの数十パーセントは、この本なんではないかと想像しています。ア [続きを読む]
  • 47. 起業・副業する人は、「世界観」や「設定」にご用心
  • こんにちは、絶學無憂です。 今回も本田晃一さんのブログから。 「仕事」=「辛いもの」「仕事」=「苦労との交換」「仕事」=「時間と引き換え」「仕事」=「クレーム対応」 という世界観を持ってると、ほんとそういう状況を作ってしまうのさ。 「仕事」=「楽しいもの」「仕事」=「喜びとの交換」「仕事」=「なんども収入をもたらしてくれる」「仕事」=「みんなが私をちやほやしてくれる」 という世界観を持ってると、そうい [続きを読む]
  • 46. 家族の生き方に「あちゃあ」と思ってしまいます
  • 別にこんなブログやる気ないです、と書いてからむしろちょっとやる気出てきちゃいました(笑)。こんなもん、いつやめてもいいんですけど(と書いてみる)。 幸せでない周りの人に対する「あちゃあ」という自分の感情に呼応してと前の記事に書いたのですが、ここもちょっと掘り下げてみようかな。ある人が幸せかどうかというのは、結局波動の話になると思うので、幸せオーラ全開状態と、鬱状態というのはやはりこれは違いが出てき [続きを読む]
  • 45. ”病んでる人が集まる時と、幸せな人が集まる時の違い” 2
  • 本田晃ちゃんの同じネタでもうひとつ。 「俺が君を幸せにしてやる!」って設定で生きてた頃は、病んでる人が周囲に集まって来たw「みんな、寄ってたかって俺を幸せにしやがってぇ〜(はぁと)」って設定にしたら、ハッピーな人が周囲に集まって来たw よく、願い事やアファメーションは完了形で、って聞きますよね? え、聞いたこと無い?うん、小学校ではやらないみたいですが(これがまずいと言えばまずい)、潜在意識だとか、ス [続きを読む]
  • 44. ”病んでる人が集まる時と、幸せな人が集まる時の違い”
  • こんにちは、絶學無憂です。 今回も本田晃一さんの名言から。「俺が君を幸せにしてやる!」って設定で生きてた頃は、病んでる人が周囲に集まって来たwこれ、小学校の道徳の時間で一時間位かけて扱うべきかも。「いいね!」ボタンを千回くらい押したい気持ちですが一回しかカウントされないのでやめとく....。 セラピーや代替医療を受けたり、自ら学んでいる人の9割くらいは、ここで失敗しているんじゃないかと思います。 「自分が [続きを読む]
  • 43. 元プロ野球選手のゴール設定と経絡調整
  • こんにちは、絶學無憂です。 今回は、田仲真治さんのヨイショ記事を書こうと思います。 このケースでは、依頼者が一般人ではなくて、元プロ野球選手であり、ただ「悪い症状を取る」というのに留まらず、選手としての高いパファーマンス実現のためにキネシオロジー(タッチフォーヘルス)が使われているのです。ゴールが高いところに設定してあるので、私は見て、とても爽やかな感動を覚えました。 真治さんのブログ記事によると、 [続きを読む]
  • 42. ”両親の不仲と離婚〜全ては幸せのために。”
  • 健康雑誌ゆほぴか編集長の西田普(あまね)さんのブログから。 西田さんも離婚、そして子どもたちとの別離という辛い体験を経て今があるそうです。 愛する子どもたちと、離れて暮らすことになった時は、死んだほうがマシだ、というような悲しみと、苦しみを味わいました。毎晩、床につくたびに涙を流していました。これは分かりますよ。私も離婚にこそ至っていないものの同じような状況を体験しましたから。まだ小さな子どもたち [続きを読む]
  • 41. 市民メディアの分裂劇
  • こんにちは、絶學無憂です。 著書「医学不要論」などで知られる内科医の内海聡先生(うつみん)が、新しく「日本母親連盟」という政治団体に関わることになったそうですが、「バクロスTV」で知られる「市民メディア」の分裂劇について、日本母親連盟からの通達をFacebook上に公開しています。 「一般社団法人 市民メディア」および「同連合会」「平山秀善氏」の分裂・解散・退任などについて、日本母親連盟からの通達 YouTube上の [続きを読む]
  • 40. こうなっても良いや
  • バシャール好きのNEBULAさんのブログから。ですから嫌な事、起こってほしくない事を拒否するのではなく、一旦受け取ってあげます。”こうなっても良いや”という具合に、『どんな風になろうが自分は大丈夫!』という意識になります。すると面白いぐらい素早く貴方のブロックは薄れてゆくようになります。拒否する、っていうのは、内側にものすごい葛藤エネルギーを作り出してしまいます。Aというものと、Aの反対のBというものと両 [続きを読む]
  • 39. ”自分で変わるという意志が先ですね”
  • こんにちは、絶學無憂です。 エモーションフリーの稲垣さんのブログから。『私はセラピーをすれば良くなると決めています。そう感じています。そう信じています。そう考えています。そういうパターンを持っています。そういう部分を持っている自分を深く受け入れて深く愛します』 自分で変わるという意志が先ですね。 よく言われるように『エネルギーは意図に従う』わけですから、最初にそういう気持ちを持つことでそのゴールへ向 [続きを読む]
  • 38. ”劣等感と優越感は消せる”
  • これも書道家の武田双雲さんから。 優越感と劣等感の世界に生きてると同じ物差しで生きてる人たちを引き寄せる。 ちゃんと優越感を感じさせてくれる人と劣等感をくすぐる人が次々とやってくる。 ものさしがない世界で生きてると優越感とか劣等感という概念すらない。 そんな世界に生きてるととにかく楽。「引き寄せ」る、と書いてあるので一目瞭然ですが、「引き寄せの法則」ですね。 だいたいが学校教育というのは優越感と劣等 [続きを読む]
  • 37. コメントをいただきましたよ
  • こんにちは、絶學無憂です。 もう一ヶ月以上も前になりますが、「19. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その7 - YES/NO質問は良い悪い?」の記事にフィンさんという方からコメントを頂いておりました。 これまでずっと無視していたのではなくて、アメブロからメール通知は受け取って、内容を確認しようと思ったんですが、メールの中のリンク「↓ このコメントを公開する」を しても、コメントが表示されなく [続きを読む]
  • 35. ”セラピーなんか早く卒業しましょう!”
  • こんにちは、絶學無憂です。私のところは自然と卒業が来るシステムになっているので、真面目にやっている人は、早い段階でネガティブなことを考えなくなって、まともな生活になっていきます。 セラピーに安心を求めたり、常態化してしまうと、なかなか抜け出せなくなって、ずっとお金を払ったり新しいものを求めたりして、そういう業者を潤わせるだけです。こちらの稲垣さんはエモーションフリーという超簡単なセラピーを普及され [続きを読む]
  • 34. 歯列とパートナーシップ
  • こんにちは、絶學無憂です。私は歯茎の骨がもうあんまりなくてやばいんですが、数年前からそれに加えて気になってきたのは、左の前歯が上下ともに歯列から飛び出してきたなあということです。歯周病末期には歯列がガタガタになるのは普通とも聞いていたのでまあしょうがないかと思っていたのですが、念のために、と思って、「何かこれについて、積極的に歯列を乱すようなエネルギーが今も作用している」というのを筋肉反射テスト [続きを読む]
  • 33. 顔ねえ
  • こんにちは、絶學無憂です。 最近お題があまりないので、お題が欲しいと願ったらさっそく出てきました。何を願うか気をつけてください(笑)。 これも正体がバレるのでぼやーとしか書けませんが、私は仕事のほうで小さな勉強会を運営しています。これは、インフォーマルなもので、ビールを飲んだり、昼ごはんを食べたりしながら、あるテーマに沿った、研究上の疑問をみんなで持ち寄って、ワイワイ話す、というだけのもので、かな [続きを読む]
  • 32. ”パートナーシップで「自分らしく」”
  • 田宮陽子さん曰く「それで私が感じるのは、 理想のパートナーと出会って、 いい関係を育てていくには、 自分を大切にするということが、最大のキーワードになる ってことなんです。 一緒にいて、楽で、自然で、楽しくて、 さらに、自分が成長できる。 自分という活動を生き生きできる人が、本当のパートナー だと思うんです」 こちらは宇宙人バシャール曰く、今年の夏、宇宙存在バシャールにあった時に、 おもしろいことを言って [続きを読む]
  • 31. ”願いが叶う仕組み。なぜいやなことが起こるのか。”
  • 武田双雲さん曰く「願いは叶う」 というより 「日頃つい思ってることが、現実になっている。」 うん、引き寄せの法則だね。 「勉強しなさい!」といつも言ってるお母さんがいるとして、 その時のお母さんの頭の中をのぞいてみると 勉強していない子供の姿にフォーカスしている。望ましくない現実にフォーカスしていると、それを強化することになりますね。 そして、望ましいものと望ましくないもののどちらにフォーカスしている [続きを読む]
  • 30. ”完璧を目指すと自分を責めやすくなる。”
  • こんにちは、絶學無憂です。 自他共に認める完璧主義者です。「でした」であって欲しいですが、どうかな? 本田晃一さんの名言!完璧を目指すと自分を責めやすくなる。すでに完璧だと気付いてから、より良いものを目指すと喜びになる。そんな感じだっぺよ。これ凄いですね。よくこんなことを短い言葉で表現できるもんです。 両者の違いはいったい何でしょうか? 「完璧を目指す」=「私は不完全だ」という欠乏感がスタート地点にな [続きを読む]
  • 29. 一粒万倍日のエモーションフリー
  • こんにちは、絶學無憂です。あまり具体的に書くとすぐに正体がバレますからぼやかしてしかここには書けませんが、まあ結構長いこと、研究業界に身を置いているものの、未だに大きな仕事を自らものにしていないという思いがあります。ラボ内のビッグプロジェクトで重要な貢献をしたことはあり、そのおかげでボスも昇進し、私も今でもご飯を食べさせてもらっているわけですが、これも自身のプロジェクトではありませんでした。大学 [続きを読む]
  • 28. エモーションフリーで感情が解放される様子
  • こんにちは、絶學無憂です。 今いろんなことでお悩みの方、「そう簡単に悩みから解放されることはできない、もしそんな方法があればすでに広く知られているはずだ、プロのカウンセリングなど受けたってなかなか解決しないじゃないか」と信じている方が多いと思いますが、すでに世の中には、あっけないほど簡単に、ものすごく厄介な感情的な問題から解放してくれるようなツールが結構ゴロゴロしています。テレビのニュースや新聞が [続きを読む]
  • 27. ”ライトエモーションフリーのやり方(簡易版)”
  • こんにちは、絶學無憂です。 稲垣正信さんという方の開発された、日本発の感情解放テクニック「エモーションフリー」をご存知ですか? その簡易版、ライト・エモーションフリーは内容が無料公開されており、手順に従えば誰でも手軽に感情解放を体験することができます。 やり方をご覧になると分かりますが、胸のポイントさすりながら言葉を唱える、というもので、EFT (Emotional Freedom Techinique) タッピングや、キネシオロジ [続きを読む]