絶學無憂 さん プロフィール

  •  
絶學無憂さん: まんなかを生きる
ハンドル名絶學無憂 さん
ブログタイトルまんなかを生きる
ブログURLhttps://ameblo.jp/6-mannaka-9/
サイト紹介文陰と陽 離るる力 纏めれば 立ちいずるなり 春の静けさ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 12日(平均8.2回/週) - 参加 2018/10/03 06:20

絶學無憂 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 18. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その6
  • 前回からの続き最初から読む こんにちは絶學無憂です。繰り返しですが、私の筋肉反射テストは基本的に独習です。筋肉反射テストについて公式のトレーニングを受けたり資格をとったりしていません。一素人の個人的意見として、参考にしていただければ幸いです。さて、前回の記事でお話したとおり、いろいろ考慮すべき点はあるものの、セルフ筋肉反射テストはやっていい、と私は考えています。というか、自分がセルフ筋肉反射テスト [続きを読む]
  • 17. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その5
  • 前回からの続き こんにちは絶學無憂です。ここらでもう一度断っておきますが、私はキネシオロジーは独習であり、いまのところ何の資格も得ていません。ごく最近、オンラインのTFHのコースを受講し始めましたが、これとて非公式のものです。また、筋肉反射テストを始めてからのキャリアというのも高々二年です。自分以外の方の筋肉反射テストでセッションをしたのは二回しかありません。これはせっかく習得しても、プロとして看板 [続きを読む]
  • 16. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その4
  • 前回からの続きこんちは、絶學無憂です。約束ですので、そろそろセルフ筋肉反射テストのお話をしなければいけない気がしますね。私自身は、健康状態の悪化に悩む中で、ある本を読みました。テニス界のチャンピオン、ノヴァク・ジョコビッチが、不振のために伸び悩んでいたとき、キネシオロジーの筋肉反射テストによってグルテン不耐症が発覚した(後に病院でELISA 検査によって診断確定)ことにより、食生活を一変させて一挙にチ [続きを読む]
  • 15. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その3
  • 前回からの続き こんちは、絶學無憂です。さて、だいぶ引っ張ってしまったので、そろそろ一人で行う筋肉反射テストの話に持っていこうと思います。....ですが、その前にもうひとつだけ。しかもこれは筋肉反射テストそのものよりも大事かもしれません。これは二年前の自分にも是非聞いてあげたいと思うことですが、質問です。 ずばり、あなたがセルフ筋肉反射テストを習得しようと思うのは何故ですか?どこが一体ゴールでしょうか [続きを読む]
  • 14. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その2
  • 前回からの続き こんちは、絶學無憂です。まず、やり方そのものよりも先に、ここでお話しているセルフ筋肉反射テストとは一体なんぞやということをはっきりさせておく必要があるでしょう。もし、セルフ筋肉反射テストというのはなんか美味いものだろうと思って最後まで読んでいたら、なんだ食べられないのか、ってがっかりすることになるでしょうから。一言で言えば、一人でやる筋肉反射テストのことを、セルフ筋肉反射テスト sel [続きを読む]
  • 13. セルフ筋肉反射テストのやり方を教えてください。その1
  • こんちは、絶學無憂です。少し前の自分が喜ぶようなことを書けばいいんだ、と改めて思いついた(変な日本語ですが)のが、9月18日。「改めて」というのは、同じ本田晃一さんのブログで2年くらい前に、実は同じ内容の記事があって、当時もしっかりと赤線を引いたりなんなりしていた、というのが後で発覚したからです。ま、ともかく、新鮮な気持ちで、既に知っているはずのことを「再発見」して、3年位前位の困っている自分が喜ぶよ [続きを読む]
  • 12. 欲しい未来の自分と今の自分とを8で結ぶ
  • こんにちは、絶學無憂です。 先日の記事(こちらとこちら)で、過去のダサい自分と、今の自分とを「8の字テクニック」と呼ばれるもので結んで、再統合するという簡単なワークをご紹介しました。この「8の字」というのは、横倒しの数字の8のことを意味していて、英語では lazy 8 (ダラけた8)とも呼ばれますが、∞、つまり無限大マークでもあります。キネシオロジーというセラピーの中の最大流派タッチフォーヘルスの公式マニュア [続きを読む]
  • 11. 英語ペラペラの私がなぜ他人の英語に妙に厳しいのか。その3
  • (前回からの続きです) 前置きがずいぶん長くなりましたが、ここから実際に過去の英語がまだペラペラでない自分、そして1000時間かけて英語を学んでいる時の自分との統合を図りたいと思います。今のペラペラの私は、ペラペラでなかった頃のダサい自分を否定していて、そのダサい過去の自分が持っていた分のエネルギーを失っていると言いましょうか。失った分のエネルギーはどこへ行くかと言うと、分離の感情エネルギーとして、極 [続きを読む]
  • 10. 英語ペラペラの私がなぜ他人の英語に妙に厳しいのか。その2
  • (前回からの続きです) 私の理解はずうっとここで止まっていたのですが、ここへ来てようやく気づいたのは、これはあたかも私と他の人との関係のようでいて、過去の自分との関係を投影しているんではないかということです。 お気づきの方もおられるでしょうけど、要はまたしてもこれですよ。 苦労して得たスキル、っていうところが厄介で、学んでいるときは私なりにかなりのコンプレックスや、悔しい思い、恥ずかしい思いをしなが [続きを読む]
  • 9. 英語ペラペラの私がなぜ他人の英語に妙に厳しいのか。その1
  • こんにちは、絶學無憂です。私はいわゆる英語ペラペラに相当します。で、これはずうっと自覚があるのですが、私は英語が苦手な日本人や、訛りのものすごい外国人に対して、態度がかなり厳しい。もうちょっと優しくてもいいじゃないかと思うけど、なぜか厳しいな、と思ってました。この理由がやっとわかった気がします。そこで、今回はまず英語学習法について私の意見を紹介した上で、なぜ私が他の人の英語に妙に厳しいのかという [続きを読む]
  • 7. 「大変な人」をなかなか放っておくことが出来ません
  • こんにちは、絶學無憂です。 今日もこちらのラヂオを聞きながら仕事しておりました。いやー、心当たりありまくりです。 晃ちゃんは「大変な人」をほっときますか? http://m.himalaya.fm/jp/episode/363837/22068083/2 かな〜り長いこと、私は身の回りに困った人を見つけると、「なんとかせねば」「なんとかしてあげないと!」と思って、他の人がみんな無視しているような状況でも、話しかけたりなんかしてました。それでも、 [続きを読む]
  • 6. あなたの活動を支えるエンジンの燃料は黒ですか、白ですか?
  • こんにちは、絶學無憂です。 本当はもっと仕事をしようと思ったんですが、なぜか分かりませんが、異常に眠たくて、体がだるくて、頭が働かず、全くのデクノボーみたいなもんですから、ちょっと諦めまして、今日はブログでも書いてやれと思って早く帰ってきました。 さて、三年前の私、何しているでしょうか?2015年の9月ですから、季節的には大学教員としてちょうど忙しくしている頃かなあ。 はっはっは、まさか三年後に家庭崩壊 [続きを読む]
  • 5. 三年前の自分が喜ぶこと、欲しくて欲しくてたまらないことを書く
  • こんにちは、絶學無憂です。 先日の記事で、「これで半年前の自分や、今の父に、問い聞かせるつもりでブログの文章を書けばよいのだ、という方向性が見えてきました。」と書きましたが、な、なんと、私が勝手に師匠の一人と考えている本田晃一氏が、つい最近のネットラジオ番組「せかゆる」の中で全く同じことを、ブログを書く人へのアドバイスとしてお話してくださっていました。 体験から自分で先に気づいたので(ラジオ番組は [続きを読む]
  • 過去の記事 …