K さん プロフィール

  •  
Kさん: それでも生きていく
ハンドル名K さん
ブログタイトルそれでも生きていく
ブログURLhttps://ameblo.jp/wemustbeholy/
サイト紹介文プラントベースホールフードのダイエットで糖尿病治療にチャレンジ中です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 16日(平均11.8回/週) - 参加 2018/10/04 08:32

K さんのブログ記事

  • ミッシェル先生の論文 その8
  • こんにちわ。今日はミッシェル先生の論文の続きです。 この論文は実際に実験をした結果ではなく、たくさんのプラントベースと糖尿病についての論文を集めて、分析してまとめたもののようです。 ミッシェル先生はプラントベースドクター(最近海外ではそんなドクターが増えてるらしい)なので、いわゆる「確証バイアス」、つまり(プラントベースを支持するデータだけを集めてネガティブなデータは入れない)はあると思います。 そ [続きを読む]
  • プラントベース食ブログの先輩たち
  • こんにちわ!もちあわが、卵の代用になるというので今日は「PBWF版ほうれん草と卵炒め」を作ってみました。 もちあわをよく煮て、ちょっと豆乳と玄米甘酒入れてドロドロ状態にして、そこにほうれん草としめじ入れて、塩コショウと醤油少々。 すごい、おいしい! 今日のお昼ご飯。お味噌汁は里芋とわかめとほうれん草。ほぼ炭水化物です(笑)。雑穀をおかずに、玄米食べてるのですからー。ご飯は玄米+もち麦。かなり満足。 プラ [続きを読む]
  • マッピツー食のメニュー例。
  • こんにちわ♪昨日のマッピツーダイエットの食材の穀類の中の「ミレット」ってのを私は「キビ」と訳しておいたんですが、ミレットにはキビの他にもアワとかヒエとかも含まれるそうで、「雑穀」を訳すのがふさわしいのかもしれません。 私、少し前に農産物直売所で「もちあわ」ってのを買いました。 玄米に混ぜて炊くとおいしいかも、って思って。そして、ご飯炊くたびに少しづつ混ぜてみました。米粒や麦粒に紛れてしまって、あま [続きを読む]
  • 糖尿病改善速度最速のダイエットとは?
  • こんにちわ!今朝もなんとか体重キープ。60.7?。体脂肪率は減ってた(一般的な体重計なのであまり当てにはならないけど。)このまま行けば60?の壁を越えられるかな? アメリカのサイトでプラントベース食について調べてると、時々目にする「Ma-Pi2 ダイエット」「マッピツー」?って何じゃろ?そういう名前の置き換えシェイクか?なんて思ったんだけど、調べてみると・・・ 「イタリアのMario Pianesi氏が考案した2型糖尿病治 [続きを読む]
  • もち米玄米お赤飯とリブレのレポート
  • 今朝炊いた玄米お赤飯。これはお友達への差し入れ用。 黒ゴマがないので、クコの実とフラックスシード(亜麻仁)を散らしてみました。ちょっと水が多かったみたいでベチョベチョしてる。 ネットで調べたら、水加減は玄米の目盛りでってことだったけど、やや少なめのほうがいいのかも。炊くのは「白米やわらかめコース」にしてみました。これも「ふっくらコース」のほうがいいのかなあ?でもおいしかったです。 炊き立てより冷めて [続きを読む]
  • ファスティングは毒なの?薬なの?
  • 今日でリブレちゃんとお別れ。さっきセンサー外しました。便利な道具ですが、やはりそれなりにストレスは感じるので、今ちょっと解放感。 次のセンサーはもう届いてるけど、次に付けるのは一か月後くらいにします。それまでは血糖値は測らない〜! 今回の2週間の平均血糖値は123でした。(推定A1cはたぶん6くらい)前回(約一か月前)は114。カナグル(SGLT2阻害剤)を止めて9?/dlの上昇。 でも空腹時血糖値はほとんど変わってな [続きを読む]
  • 脂肪毒性アゲイン
  • こんにちわー。今朝の体重は61?ジャスト。61キロの壁、暑いです。今朝はもち米玄米ご飯を冷ごはんで食べたけど、おはぎみたいでおいしい。1/2合ほど食べたけど、血糖値はリブレで140くらいまでしか上がらなかった。グッドジョブ!もち米玄米ちゃん。 さて、あれからまた「脂肪毒性」について調べてました。私、絶対オタクだと自分でも思う(笑) 日本語の文献でわかりやすいものはあまりなかったのだけど、徳島大のこの文献が先 [続きを読む]
  • 未精製炭水化物と食物繊維はきっと味方だ。
  • もち米玄米が届いたので炊いてみた〜。 もち米2合に、もち麦1/2合混ぜました。 もち麦は黒っぽい「ダイシモチ麦」ってものです。今まで食べてた真っ白のもち麦はどう見ても精製されてる(袋の裏にも普通精麦と書いてある)ので、もったいないけど、もう捨ててしまおうと思います。 もち米玄米ご飯、モッチモチでものすごくおいしい!普通の玄米の10倍おいしい! 今ある玄米(ロウカット玄米)がなくなったらこれからはもち米玄米 [続きを読む]
  • ミッシェル先生の論文 その7
  • つ、ついにブログ村のランキングが10位になった〜。 そしていきなりアクセス数が増え始め昨日のアクセス数が600越え!! この閑古鳥ブログに何が起こってるんでしょう? 昨日ご紹介したカリフォルニア大学のサイトの記事は、かなりざっくりと一般人向けに脂肪とインスリン抵抗性とインスリン分泌低下の関係を説明していたのだと思います。 あれから、再び脂肪とインスリン抵抗性について調べてみましたが、とにかくそのメカニズム [続きを読む]
  • なぜ脂肪は敵なのか?
  • 昨日の記事で紹介したUCLAデービス校のサイトの記事、ざっと読んだら、非常に気になった・・だから訳してみました。2年前の記事で、当たり前のように書かれているのだけどなぜ日本ではこんな情報に触れることがないんだろう。右を向いても左を向いても「糖質オフ」「糖質カット」「ロカボ」そんなんばっかしで・・・それにしても、飽和脂肪酸ってこんなに怖いわけー? そいうえば、私も30代で糖尿病と診断される前、20代後半です [続きを読む]
  • ”2009年のニールバーナード博士らの論文の結果”
  • 昨日のリブレの結果。 なんとなくいい感じです。もちろん3食しっかり糖質食べました。 朝とお昼は玄米+もち麦ご飯。おかずは豆腐やサラダやひじきの煮物など。お味噌汁は「まこも」とキノコ類。夜はベジカレーとオートミール。ナッツ類、みかんやブルーベリー等のフルーツも食べた。 体重は変わらずですが連日体脂肪率が減っていっています。朝34%まだまだデブ。 楽天のセールなので来月用のリブレセンサーを購入しました。もう [続きを読む]
  • 本当の敵は?糖質?脂肪?
  • ブログ村のランキング、17位になった〜(笑)これは昨日のリブレの結果。やっと落ち着いてきた。 2型糖尿病村のブロガーさんたちは多くが糖質制限系のようです。まだまだ日本では糖質制限はメジャーなのかな。 「飽和脂肪酸がインスリン抵抗性を上げる」ことや「血中遊離脂肪酸が膵臓のβ細胞の機能を低下させる」ことが、たくさんの臨床試験と論文で証明されている感じなんだけど、なぜ日本ではそれほど広まらないのかしら。 ア [続きを読む]
  • 糖尿病のおかげでむしろ健康♪
  • ブログ村のランキング、現在20位ですって(笑)応援してくださった皆様ありがとうございます。 今日は祝日で仕事もお休み。そしてとってもいいお天気でした。 木曜に24時間ほどのファスティングしてその後乱高下していた血糖値も昨日と今日はかなり安定。 昼食後はなんと120までしか上がらなかった! お昼は朝の残りのお味噌汁に冷凍餃子入れて(だいぶ前に買った冷凍餃子がまだフリーザーにある。捨てるのはもったいないので時々 [続きを読む]
  • ミッシェル先生の論文 その6(糖尿病性腎症)
  • お昼ご飯、糖質80g〜90gって感じで食前が108で、食後の最高値は190くらい。(リブレの数値なので実際はもう少し低い?)昨日より落ち着いた感じですかね。まだまだ私の体はポンコツだなあ・・ あの玄米パスタのフィットチーネ、めっちゃうまでした。もちもちしてて。同じ麺の「うどん」ってのもあるので鍋をするのが楽しみ〜(4つで送料込み1000円だったかな。) ではミッシェル論文の続きです。今回は腎症。 プラントベースダイ [続きを読む]
  • ファスティング明け、半端ねえ。
  • おはようございます。今日仕事すれば明日から2連休だわ。昨日はファスティング明けだからか血糖値の乱高下が半端なかったです。(それなのに、シャトレーゼの栗とあんこたっぷりのお餅を食べた大バカ者。) 耐糖能異常の人はファスティングしないほうがいいのかもしれません。インスリンを出さない時間をあえて長引かせると、インスリン感受性が良くなるという説もあるけど、どうも私の場合はだめみたい。たぶんまだまだインスリ [続きを読む]
  • ミッシェル先生の論文 その5(合併症)
  • こんにちわ。今朝の体重は60.3? 来週ぐらいに夢の50キロ台になりたい! 昨日のリブレの結果。食べないと血糖値ってほとんど動かない。途中ウォーキングしたり、スクワットしたり仕事で緊張したり、ストレス感じたり、夜は温泉行ってかなり長く漬かってましたし、それでも90−110の間をずっとキープ。やはり血糖値を動かすのは食べ物なんですね。 寝る前にミネステローネと枝豆とみかん食べてプチスパイク発生しています。今日の [続きを読む]
  • プラントベースで血管をきれいに
  • いまいち仕組みはよくわからないけどブログ村ってところの2型糖尿病のジャンルに登録してバナーを貼ってみました。さて、今日は木曜恒例の間欠的ファスティングの日!朝とお昼は抜いて、夜は昨日の残りのミネステローネ(もちろん肉系は入っておりません)をお椀に一杯いただく予定。 今朝の体重は61?ジャスト。あと1キロの壁が大きい。 昨日は昼も夜も食事後に血糖値200越えましたが夜中に何度か目覚めてその都度リブレで測った [続きを読む]
  • ミッシェル先生の論文 その4
  • 今日も食後血糖値が高くて怯えております。でも明け方は70くらいだったし、食後に上がっても、下がるのも早いので、インスリンは出てるけど、タイミングがおかしいか、体の感受性が悪いか、どっちかに違いない、と信じることにします。明日は木曜恒例のファスティングDAYです。今朝の体重は61.2?。体脂肪率がちょっとづつ減ってきてます。 ミッシェル先生の論文の続きです。 プラントベースダイエットによる2型糖尿病の予防と治 [続きを読む]
  • プラントベースダイエットによる糖尿病治療
  • 昨日の夜は結局ファスティングではなくフルーツとミューズリーに野菜スムージーをかけたものとナッツ少々で済ませておいて今朝やっと体重が少し減って61.1?になりました。 しかし、カナグルをやめたせいか血糖値が高い・・・一日を通してベースラインが高い感じがする。 今日の昼食後も200越え。思わずまた医者に行ってカナグル出してもらおうかと思うほど。でもやっぱりもう飲みたくないなー。 今朝も起きる前にベッドの中でリ [続きを読む]
  • ミッシェル先生の論文 その3
  • プラントベースダイエットによる2型糖尿病の予防と治療Michelle McMacken and Sapana Shah(ニューヨーク医科大学医学部総合内科) 2-2) プラントベースダイエットの食材と栄養成分プラントベースのホールフードダイエットは、豆類、全粒穀物、野菜、果物、ナッツを主体とし、高食物繊維である。これらすべての食材は糖尿病を予防する効果があることが明らかになっている。 全粒穀物、すなわち全粒小麦、全粒シリアル、玄米などは [続きを読む]
  • 今日からリブレ装着
  • 皆様台風の被害はなかったですか?私の地域は比較的雨風も強くなかったです。 昨日の夜にリブレのセンサーを装着しました。今日からまた2週間、リブレ先生に血糖値を見張っていただきます。 リブレって最初の一日はかなり不安定だという噂で、私も昨日の夕方付けて、真夜中に目が覚めたとき2回測りましたが「Lo」と表示されました。計測できないほど低いって意味。んなわけあるかーい!とそのまま寝ました。朝起きる前でも70。 ど [続きを読む]
  • ミッシェル先生の論文 その2
  • プラントベースダイエットによる2型糖尿病の予防と治療 Michelle McMacken and Sapana Shah(ニューヨーク医科大学医学部総合内科) 1)イントロダクション 糖尿病患者は世界で約4億2200万人で、中所得国と低所得国でも急速に増えている。2011年から2012年のアメリカでは成人の12-14%が糖尿病であり、38%が糖尿病予備軍である。糖尿病予備軍は65歳以上の高齢者で増えている。アメリカの糖尿病患者にかかる医療費は非糖尿病の人の [続きを読む]
  • がんばって論文訳します。
  • 今朝の体重はちょっと戻して61.2?。でも筋肉量が増えて、体脂肪率がかなり下がり、体内年齢が2歳若返りましたw 私はまだまだ完全なるヴィーガンにはなれずなんちゃってヴィーガンのレベルですが(明日の朝もコメダモーニング!)アメリカではヴィーガンがすごい勢いで増えてて去年の時点で人口の6%になったそうです。ベジタリアン(卵や乳製品は食べる)を合わせるとプラントベースの人は10人に一人以上なのかも。 日本じゃ、 [続きを読む]
  • ファス明けのご飯は最高〜!
  • 24時間ファスティング、なんとか無事終了ー。昨日の朝と昼を抜いて、夜はリンゴ一個と梨を一個食べました。 すごく気持ちよく眠れて、今朝は6時前にすっきりお目覚め。 そして張り切って朝ごはんの用意をしました。炊き立ての玄米ともち麦ご飯に、わかめとキノコの味噌汁。メカブと大根おろしを合えたもの。塩麴豆腐、きゅうりの塩麴&リンゴ酢漬け。デザートにマンゴーとブルーベリー(冷凍を解凍) おいしかったー。 ファスティ [続きを読む]
  • ニューヨークのブルックリンの区長さん
  • 本日、間欠的ファスティングDAYです。(今朝の体重 61.4?)今日は朝と昼を抜いて、夜にリンゴ食べる計画。おおよそ24時間のファスティングです。 食べ物を入れないことで、追加インスリンを極力抑えて、グルカゴン(脂肪を分解するホルモン)の分泌を促進し、脂肪の分解を促進し、同時に抹消のインスリン感受性も上げる(インスリンの量が減れば、体は敏感になる)、という理屈ですが、体の中でその通りのことが本当に起こるの [続きを読む]