TA2YA さん プロフィール

  •  
TA2YAさん: 失敗しない30代のSE転職
ハンドル名TA2YA さん
ブログタイトル失敗しない30代のSE転職
ブログURLhttps://se-tensyoku.net/
サイト紹介文30代のSEが過去の失敗経験をもとに、失敗しない転職についてご説明します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 25日(平均3.1回/週) - 参加 2018/10/04 15:47

TA2YA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【SEの転職】汎用系からオープン系へのスキルチェンジ
  • これまでずっと汎用機でCOBOLのSEをやってきたけど、そろそろJavaとかRubyとかPythonといったオープン系に転向したいな。でも30代でスキルチェンジできるかな。勉強とかどうしたらいいんだろう?今回は汎用機SEからオープン系SEへのスキルチェンジについてご説明します。新たなスキルを身につけることのメリデメメリット両方のスキルを持っていることで仕事の幅が広がる汎用機とオープン系の両方のスキ [続きを読む]
  • 【SEの転職】MIIDAS(ミイダス)は使える?使えない?
  • 転職する際にリクナビNEXTや各転職エージェントを使用すると思います。そんな中新たな転職サービスとして登場したMIIDAS(ミイダス)について、どのようなサービスなのか、登録方法、実際に転職できるのかをご説明します。※今回は写真のスクショが多いためスクロールが長くなりますが、文章量は多くないです。MIIDASについてMIIDASとはMIIDASはdodaを運営しているパーソルキャリア(旧インテリジ [続きを読む]
  • 【SEの転職】リクナビNEXTを使って転職できる?
  • 私が転職を意識してまずはじめに行ったことはリクナビNEXTへの登録でした。それは当時の会社の先輩の勧めもありましたが、就活の時もリクナビを使っていたので一番信頼できる転職サイトだと考えました。結果として私は転職エージェントを活用して転職をしましたが、リクナビNEXTで転職できるのかについて、今回はご説明します。リクナビNEXTとは?説明は不要かと思いますが、日本最大級の転職サイトで転職成功率もNo [続きを読む]
  • 【転職全般】転職活動の失敗談
  • 私自身、直近の転職活動でようやく転職することができました。しかし、それまで過去何回も転職活動に挑戦して、その度に失敗を重ねて跳ね返されました。今回はそんな過去の失敗談についてご説明できればと思います。失敗経験1:転職エージェントに勧められるがままに志望度の低い会社に応募し時間と労力を無駄にした転職エージェントに登録すると、「とりあえず書類選考だけでも応募しませんか?」と企業へのエントリーを進められ [続きを読む]
  • 【SEの転職】汎用機SEの転職
  • 汎用機をメインとしてこれまで仕事をしてきたSEは、JavaやRubyなどのオープン言語の普及によって、現在はあまり多くないかと思われます。ただ、就職してからずっと汎用機を扱ってきた人が転職を考えた時に不利にならないか不安に感じるかと思います。今回は汎用機専門のSEの転職事情についてご説明します。そもそも汎用機とは何か汎用機とはメインフレームとも呼ばれ、以下の通り定義されています。メインフレーム(英 [続きを読む]
  • 【SEの転職】転職活動が上手くいかない時の対処法
  • 転職活動を続けていると、選考に落ちることは多々あります。特に書類選考や適性検査で落ちた時は自分を否定された気持ちになりませんか?今回は転職活動が上手くいかず行き詰まった時の対処法についてご説明します。書類選考で落ちる時書類選考の通過率は良くて20%と言われています。10社応募すれば2社選考に通ればいい方です。 なぜ書類選考の通過率はそこまで高くないのかは以下のことが考えられます。  企業が求めるス [続きを読む]
  • 【SEの転職】面接当日の流れと心構えは?
  • 事前準備もしっかりやって、いよいよ面接本番。面接当日は緊張するけど、どのように臨めばいいのかな?今回は面接本番の流れと心構えについてご説明します。面接の流れ大きく分けると以下の流れになります。自己紹介→面接官からの質問→あなたからの質問(逆質問)自己紹介まずは自己紹介から面接が始まりますが、会社によって聞き方が異なります。 職務経歴のみ 職務経歴+自己PR 職務経歴+転職理由 職務経歴+自己PR+ [続きを読む]
  • 【SEの転職】面接に向けて事前に準備は何をしたらいい?
  • 転職エージェントから希望する企業に応募して、書類選考を通過して次は面接だ。面接に向けて事前に準備すべきことって何があるんだろう?今回は企業との面接に向けて事前に準備すべきことについてご説明します。面接企業について調べる企業のホームページを見る 面接を受ける企業のホームページを隅から隅まで見て企業に対する理解を深めましょう。特に見るべき箇所は、企業理念、社長メッセージ、社員インタビューです。 企業理念 [続きを読む]
  • 過去の記事 …