白鳥 萌 さん プロフィール

  •  
白鳥 萌さん: 甘い疼きー萌の日記ー
ハンドル名白鳥 萌 さん
ブログタイトル甘い疼きー萌の日記ー
ブログURLhttp://izumin3942.blog.fc2.com/
サイト紹介文川崎・堀之内にある美巨乳ソープ愛に在籍 非日常の世界で暮らす萌ママの日記です☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 106日(平均7.1回/週) - 参加 2018/10/04 17:53

白鳥 萌 さんのブログ記事

  • 堀之内という街で生きる【前編】川崎遊郭物語
  • 『吉原が遊郭だったのは知ってますが、堀之内の始まりは何だったんですか?』 時々お客様から聞かれる度に 『川崎宿の名残りなんじゃないでしょうか?』 朧げな記憶でお答えしておりましたが、ちゃんと調べたらビミョーに違っておりました!自分用の備忘録としてもちゃんと書きたいと思いますので、長くなりますがよかったら読んで頂けましたら嬉しいです☆ & [続きを読む]
  • 海と猫と大佛次郎@ティールーム霧笛
  • 小さな灯台と丸みを帯びた水平線カキ棚がお行儀良く並んだ海 故郷から離れ暮らす私にとって、懐かしく思い出すイメージは『海』そのものです その海は時として、大きな災害をも引き起こしてしまうけれど…それでも、今も故郷の記憶はずっと…海と共にあります そんな海に久しぶりに逢いに行って来ました♪ 向かった先は一番近い海のある場所横浜です^ - ^ [続きを読む]
  • 前略、二十歳の貴方様へ
  • 前略二十歳の貴方様へ 『二十歳』 萌の二十歳は恋ばっかりしておりましたw今思うと謎の?『恋』や『愛』という言葉に振り回されてばっかりだったと言うのが正しいのかもしれませんwそして、大好きだった19歳が終わってしまった事を悲しんでいた年齢でもありましたw 19歳の1年間が、一番若さを贅沢に楽しんだ年齢だったような気がします♪大人でも子供でもない、そんな自分をめ [続きを読む]
  • 不良になりきれない女
  • 私、不良でした! 学生時代、確かに不良と呼ばれていたのですw 黒髪にパーマをかけ、茶髪に染め下手くそなお化粧をして風紀の先生に生徒手帳に『紅!』と書かれw 学生カバンをぺったんこにして制服のスカートを長く作り直し 親に嘘を付いて彼氏の家にお泊りしエッチ三昧の夜を過ごし安いウイスキーを飲んでみたり彼氏のタバコをいたずらし [続きを読む]
  • この気持ち良さを知らずにいたなんて…!
  • 『それは萌ちゃんでしょ!w』 風俗業界も口コミの時代⁈w ア○ルでの快感を追求されているお客様が、姫様からのご紹介で愛にお越しくださいました 『過去のものもM性感に関するブログは全部読みました♪』 お客様からのリクエストは前立腺の正しい位置を知る事と、ドライオーガズムそして萌からのプレゼントはM性感ならではのさらに奥で感じる強い快感&nb [続きを読む]
  • 夢見る熟女の独り言w
  • 夕月を撮ったつもりが満月に写ってしまうという不思議w 『大きくなったら何になるの?』 子供の頃って、学校でも家でも良く聞かれていたと思うのです 小さな頃は恥ずかしがり屋で、人前に出るとすぐにほっぺが真っ赤になってしまう子供だった私は上手く自分の意見を伝えられなくて… それでも多分、小さな声でお嫁 [続きを読む]
  • 金閣寺なのか銀閣寺なのか、それが問題だ!w
  • 金閣寺と銀閣寺、どちらが好きですか? これはとても小さなアンケート結果にはなるのですが、目にも麗しい金閣寺を選ぶ人の方が多いのでしょうか? 建てられた目的も時代背景も異なる金閣寺と銀閣寺比べる事はもちろん無理なのですが、そこは観光地、京都! 数ある観光ルートをどう回るのか?金閣寺と銀閣寺のどとらを先に見るのかによっても、それぞれの印象ってかなり変わっ [続きを読む]
  • 古都にて…。
  • 昨年に続き、今年も冬の京都に行って来ました♪今年は京都観光ナンバーワン人気の清水寺からスタート! 朝から降っていた雨を晴れ女パワーで晴らしつつ、訪れました初めての清水寺 『清水の舞台から飛び降りる』 その語源の場所へ♪ その崖から飛び降りると所願成就の時に怪我をせずにすみ、もしくは死んで成仏出来ると言われ昔から身を投げる人が絶えなかったと言われてい [続きを読む]
  • 同じ時間を生きること
  • これ持っててね 起きがけの夢の中で渡されたわんこのリードが気にかかり起きていいのか悪いのか目覚ましを止め悩む朝 私が起きているのに気がついて覗き込む我が家のわんこ君でも、お隣のわんこのリードを預かったから起きてしまったらリードを離してしまうかも…そう思うとなかなか起き上がれない朝でした 君があのペットショップで売れ [続きを読む]
  • 四十八手に学ぶ??姫始めを語ってみた件!
  • 2019年新しい年が始まりましたが、皆さま姫始めはもうお済みでしょうか? 本来の姫始めは2日に行うそうなので、3日の今日は既に時遅し…!となる訳なのですが、2日に行う姫始めは柔らかく炊いたご飯(ひめいい)を初めて食べる事! まーーーったく!エロい事とは関係が無かったそうなのですが、そこは語呂合わせが大好きな日本人w 姫始め姫と遊ぶ秘め事という風に、江戸時代にはすっかりエ [続きを読む]
  • にんげんだもの@相田みつを美術館
  • どれほどこの方の詩に励まされてきたか分かりません 相田みつをという人を知らなければ白鳥萌という風俗嬢はもうこの世界にはいなかったのかもしれません 心惑う時心痛む時いつもいつも…心の中でこの方の詩を繰り返し 俯いた顔を上げ前を向き天を仰ぎながら 何度も何度ももう一歩もう一日と歩き続けてきたような気がします &nb [続きを読む]
  • 感じる場所は一つじゃない
  • 『男性だって感じていいんです♪』 乳首もタマタマも全く感じないおちん○んさんしか気持ち良くない そんな男性の方が少ないのをご存知でしょうか? 『ア○ルが気持ちいい』そんなお客様の多さにびっくりして学び始めたM性感プレイ☆ フェザータッチや指、アネロス・エネマグラ達の繰り広げる快感しか無い世界 普段は責めの方でももちろん大丈夫です普段は頑張っ [続きを読む]
  • 平成ラストはワンピース!キタ━(゚∀゚)━!
  • 思い返せば去年の有馬記念…ジュヴァルグランを買ったつもりが買っていなくて外した萌でございます! この一年間というもの、競馬の話が出るたびに『佐々木の馬がさー(`ε´)ぶーぶー』 3連単の最期の一頭を外した訳ですよ! もうね、この一年しつこく言い続けていた訳ですよ! そして来ました!因縁の有馬記念!!! 因縁のシュヴァルを買ってみたり、買 [続きを読む]
  • 20代美少女【お皿のバイト!】
  • 師走・12月僧侶や先生だけじゃなく一般人も全力で忙しく走り回るこの季節 アルバイトの募集もかき入れ時のようで、お祝い金まで付いて盛り上がっておりまして、ネットニュースや動画にも広告が入る入る!! あ〜いそがし( ̄□ ̄||))) (((( ̄□ ̄||)あ〜いそがし アルバイトかぁ…。 そう言えば、不思議なアルバイトの話 [続きを読む]
  • 天丼を食べずに生きた20年
  • 一人暮らしを始めてしばらくして、学校の友達と原宿に遊びに行った時の事 今も昔も、若い子は原宿が大好きwカラフルな洋服や小物にワクワクドキドキしながら、キラキラする街を興奮気味に歩きました 『お腹空いた〜!』 原宿と言えばクレープだけど、どこに連れて行ってくれるんだろう?? 東京生まれ東京育ちのその友達はモデルさん♪綺麗でスタイルも良く、めちゃめちゃ [続きを読む]
  • 面接前はAV3本と吉原炎上!
  • 風俗の世界を全く知らずに生きていた女にとっての疑問 そこはどんな世界なのだろう? 謎に包まれた世界を垣間見れる術は、映画や動画くらいなもの ソー○の面接に挑もうとしていた当時の萌は、吉原炎上という映画とソー○物のAV3本を観て勉強してから堀之内にある人妻熟女ソー○上流夫人へと向かったのでございますがその勉強が正解だったのかどうかを6年経った今、今更ながらに検証し [続きを読む]
  • 心が震えた日@正岡子規の生きた場所
  • 結核が進行し、身体に穴が空き膿が流れ出す…そんな痛みの中、布団に付いた肘で身体を支え書き続けた正岡子規 冷たい風の吹く師走訪れた子規庵は、ものを書く人間にとっての故郷のようでした 病と戦いながらも書き続ける子規と周りで支える仲間達 痛みに声を上げ、もがき苦しみ、そんな中でも笑い合い支え合う当時の光景や音までもが聞こえてきそうな空間が [続きを読む]
  • Googleストリートビューに映り込む風俗嬢
  • 海外からのニュースで、亡くなってしまった愛犬がGoogleストリートビューに映り込んでいるのをみつけ、感動の再会を果たしたという物語が紹介されました♪ もう会えないと思っていた愛犬の元気な姿がそこにある当たり前だと思っていた日常を奪われてしまった飼い主さんにとって、その当たり前の光景にもう一度出会える事はどれ程嬉しかったことか! 同じようにわんこを育てる萌としては、飼い主さんの喜びと [続きを読む]
  • 痩せれば痩せるほど時給が上がる世界
  • なんでそんなに細いの? 同僚が何気なく聞いた質問に返ってきた答えは、何だと思いますか? それは『4日に1度しか食べないから』 HP写真の撮影に挑む前、4.5日は薬を飲み眠り続ける嬢目が醒めるとお腹が空くから、目覚めてしまったらまた薬を飲んで眠る… おトイレに行く為に起きるのが嫌だから、オムツをして眠る撮影当日まで何も食べず、小顔矯正に向かい少しの浮腫みな [続きを読む]