ほうじょう さん プロフィール

  •  
ほうじょうさん: うたかたのあとさき
ハンドル名ほうじょう さん
ブログタイトルうたかたのあとさき
ブログURLhttps://utakatanoatosaki.hatenablog.com/
サイト紹介文日々湧いては消える思いを形にする だれも言わないけど感じていることを 書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 12日(平均24.5回/週) - 参加 2018/10/05 08:22

ほうじょう さんのブログ記事

  • 刹那的な多幸感 恒常的な幸福 選び取る必要のある2種類の幸福
  • はじめに 多様な幸福のあり方 幸福感と幸福であること 薬物・快楽殺人鬼 「私は幸福だからほかはどうなっても構わない」 幸福である手段と幸福を得る手段 まとめはじめに形としてあるものと形としてはないものの同居について考える、ほうじょうです。今回は幸福って何?幸せって何?という哲学における倫理の分野で常に問題になることを考えてみたいと思います。いろいろ問題のある「私は幸福だから [続きを読む]
  • うどんという自分にとっての神
  • 今週のお題「最近おいしかったもの」 はじめに ケチな私 「かけ 中」に挑戦 「かけうどん」以外も食べる うどんは私に食欲の存在を思い出させてくれた かま玉の布教 まとめはじめにやせ細り、食べることに消極的になっていた、ほうじょうです。今回はうどんを毎日食べるようになって、体型が標準的なものになったことの喜びについて語りたいと思います。食べてるのに体重が増えない……。そんな方に [続きを読む]
  • 哲学の異端児 相対主義の精神について
  • はじめに ありとあらゆる文化 ありとあらゆる宗教 本来は発言権がなかった人たちのうめき声 相対主義の原理的矛盾 インターネットはすべての発言を等しく発信する 相対主義は哲学というよりも倫理に近い 相対主義は受け入れることしかできないがゆえに最も過激である 狂った思考もまた価値の一つ 相対主義的な表現の自由 原理的な相対主義から修正された相対主義へ まとめはじめに絶対的 [続きを読む]
  • 宗教と実存主義の2種の劇薬 苦痛をオブラートに包むには?
  • はじめに 倫理は強制である 宗教と実存主義の差 偶像の有無 倫理のとらえ方の違い 実存主義が廃れた理由についての憶測 存在論における第一段階としての実存主義 実存主義に耐えるための装飾としての宗教 まとめはじめに時には形なき者同士をつなぎ合わせたい、ほうじょうです。今回は「劇薬」という点で一致した宗教と実存主義の類似性を考えたいと思います。utakatanoatosaki.hatenablo [続きを読む]
  • 哲学者卒業生が考える実存主義という劇薬
  • はじめに 39度の高熱が3日続くと…… 実存主義の役割 レヴィナス まとめはじめに苦しいことこそが存在であると思う、ほうじょうです。今回は実存主義についてアウトプットする記事となります。39度の熱が3日も続くと思い出されるものが実存主義です。utakatanoatosaki.hatenablog.comこの記事の振替でもあります。実存主義とは何か、気になる方やめっちゃ苦しいけど生きながらえている方におすす [続きを読む]
  • 風邪の時に思うこと
  • はじめに 体力が資本ならば、それがない人はどうする? インターネットという新たな活路 福が転じて…… まとめはじめに虚弱体質のほうじょうです。今回はutakatanoatosaki.hatenablog.comこの記事の振替として、日本のキャリア制度について考えたいと思います。子供のころから思っていた、「自分は普通に働くことなどできない」という思いを書いていきたいと思います。ついでに学校に対する無限の [続きを読む]
  • 哲学者は引きこもりか? 哲学科卒業生の失敗から考える
  • はじめに 「ドーナツの穴を残しながらドーナツを完食する」ための正攻法 一人で難題を考えても…… 対話 哲学者は引きこもれない まとめはじめに自分に囚われすぎないようにしたい、ほうじょうです。今回は哲学者は一人で哲学をできるかについて考えます。結論から申し上げると、一人で哲学はできません。哲学をやる上で他人との関係は避けられないという話をします。「ドーナツの穴を残しながらドー [続きを読む]
  • 検索初心者のための検索の基本
  • はじめに 検索は言葉を2種類以上入力する 検索したら、サイトは5つぐらい開く 有用じゃないと思ったサイトは窓を閉じる まとめはじめに情報を検索する技術を磨く、ほうじょうです。今回は初めてインターネットを使う方やインターネットを何となく検索をしている方のために効率のいい検索の方法をお伝えします。一つ意識するだけで大きく検索の効率が上がります。検索は言葉を2種類以上入力する皆さ [続きを読む]
  • 本日のブログ更新、お休みします
  • 生の苦痛に苛まれるほうじょうです。今回は風邪のためブログ更新をお休みします。今日も風邪でつらい。呂律が回らなくて、だるい状態ですまた時間をかけて、体力を取り戻したら、書き直します。皆様も今の時期は風邪を引きやすいので、きちんと養生してくださいね。虚弱体質のほうじょうより [続きを読む]
  • 風邪をひいたとき思うこと
  • はじめに 極限状態が続く、ほうじょうです。今回は風邪を引いてしまったため、いつものように書くことができません。とりあえず風邪の症状を並べていきます。症状体温:39度口の痛み喉の痛み鼻水などです。割とつらいので後日熱を出したときの自分の対処方とそのときに見る夢の鮮明さを騙りたいと思います。今回はブログの体裁すら整えることが難しいです。明日、治ったら書き直します。 [続きを読む]
  • 銀行は虚業なのか? 安全というヒトの基本的な欲求から考える
  • はじめに クレジットカードは安心のために使う 安心にかけるお金 銀行・保険・証券 安心に対する欲求 まとめはじめに安心という形のないものにお金をかけたい、ほうじょうです。今回は虚業という形のないもの、安定していないものを売る業界に銀行・証券・保険は含まれるか考えてみました。結論としては銀行・証券・保険は虚業ではありません。なぜなら、人々は安心と安全にコストをかけるためです。 [続きを読む]
  • 日本の神様事情から考える「お客様は神様」論の是非
  • はじめに 日本の神様のゆるさ お客様を神様と呼ぶのは自然 福の神も疫病神はどちらも神様 疫病神には丁重にお帰りいただく まとめはじめにどこにでも神様はいるものだと感心する、ほうじょうです。今回は「お客様は神様」という物議をかもす言葉に対して答えを出したいと思います。日本の神様の定義はゆるゆるなのでだいたいすべてのものごとが神様になります。ですが、神様に対する勘違い。「神様 [続きを読む]
  • 「うたかたのあとさき」のあとさき 2ヶ月記念
  • はじめに 3ヶ月の鬼門 ネタ切れとの戦い 休憩はやっぱり重要 ネタは一元管理しておく 過去の自分は他人 どれだけつらくても まとめはじめにいつもいつでもギリギリで生きている、ほうじょうです。今回はブログ「うたかたのあとさき」設立から2ヶ月が経過したので振り返りと叱咤激励をしたいと思います。完全に自分のため、正確に言えば、未来の自分ための記事のためですが、初心者ブロガーが毎 [続きを読む]
  • 戦略的小休憩 自由時間編
  • 自由時間 自由時間を休憩なしで過ごしたら…… 自由時間に休まないのは甘え 自由時間での休憩方法 まとめはじめに自由の重みに押しつぶされている、ほうじょうです。今回は自由時間の使い方が下手な私が自由時間を有効活用するための方法を考えてみました。自由時間を過ごすのが下手なのには理由がありました。それは自由というのをはき違えていたからです。自由時間まずは自由時間がどのような役割 [続きを読む]
  • あなたの信じるものを私は信じます 多神教を突き詰める
  • はじめに 偶像崇拝とは何か 一神教ではなぜ偶像崇拝が禁じられているのか 偶像崇拝を禁ずるのは不可能 私の信仰 日本人と新興宗教 まとめはじめに形ないものだろうが形あるものだろうが等しく信じている、ほうじょうです。今回は私の偶像信仰に対する考えをお話ししたいと思います。ありとあらゆる偶像、概念も含めた偶像を信じることとその根拠を書いていきます。偶像崇拝とは何か偶像崇拝と [続きを読む]
  • 劇症の痛み止めとしての宗教
  • はじめに 宗教に「入る」 宗教とは心の麻薬である 信仰内容よりも信仰していることが重要 困ったときにしか神に頼ってはならない まとめはじめに宗教で身持ちを崩す人がたくさんいるため、本来の宗教の役割を考えてみました。宗教に「入る」たぶんみなさんは「宗教』と聞くと悪いイメージしかないと思います。戦争の原因になる。一族郎党一文無しにまで追い込まれる「殉教」してしまうなどなど。 [続きを読む]
  • 倫理に狂う獣が考える、ヒトと人間の差
  • はじめに 見たうえで避けない人 ヒトと人間 ヒトの個体差 人間というのは最も人工的な概念である まとめはじめに強烈なストレスで過激な疑問が浮かんだ、ほうじょうです。今回は他人に配慮しない人を人間と言っていいのか?それはおなかをすかせていないだけの大型の肉食獣なのではないか?そういう疑問を形にしたいと思います。少し文章にとげがあるかもしれませんが、それは私自身が私に課したと [続きを読む]
  • 多文化世界の生命 個体差から考える差別
  • はじめに 魂とは意識である 意識は感覚器官の有無である 各生物種によって感覚器官は異なる 同種の生物でも感覚器官の個体差が存在する 差別はなぜ生まれるのか まとめはじめに生命すべてに意識があると考える、ほうじょうです。今回は一寸の虫にも5分の魂ということわざを現在の生物学・哲学の知見を利用して説得力を持たせるための記事です。生物と生物の種差がなんとなく現在の多文化社会(グ [続きを読む]
  • 中学3年生のための自己分析
  • はじめに 自己分析って何? 具体的な自己分析方法 自分だけではなく他人の視点も必要 自己分析を生かす 自分は何が得意なのか 自分は何がしたいのか 結局自分で自分の道を決めないといけない まとめはじめに子供のころに進路を決めさせられている国に住むほうじょうです。今回は中学3年生の時にこそ自己分析すべきという話をします。大学生になってからでは遅 [続きを読む]
  • 間違いを指摘するときの作法 5W1Hの法則
  • はじめに 理由なしの指摘 理由を添えて、間違いを指摘しよう まとめはじめに間違っているときは間違っているといってほしい、ほうじょうです。今回は何かおかしいぞ?間違っているんじゃないか?そういうことを感じた時、穏便に指摘する方法をお伝えします。理由なしの指摘私は1度公立学校を名乗る刑務所に無実の罪で放り込まれたことがあります。そこで一度「うるさいから授業中に質問するな」と言わ [続きを読む]