soulgoodman さん プロフィール

  •  
soulgoodmanさん: ヒトリゴト日記
ハンドル名soulgoodman さん
ブログタイトルヒトリゴト日記
ブログURLhttps://soulgoodman.hatenablog.com/
サイト紹介文発達障害とアレルギー持ちの子供について、本音のヒトリゴト。時には趣味の海外ドラマの感想も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 45日(平均8.6回/週) - 参加 2018/10/05 10:03

soulgoodman さんのブログ記事

  • 習い事は向いていない
  • 今日は息子の習い事事情について書いていきます。実は息子はこれまで習い事をしたことがありません。そのかわりといってはなんですが、年長の頃は某有名療育教室と市の言葉の教室に通い、小学生になってからは放課後等デイサービス2か所に通っていました。デイは、遊び&預かりメインのところと、集団SSTメインのところです。もともとデイは、理解ある大人のもとで集団行動を学んでほしい・学校以外の居場所になるように、という [続きを読む]
  • 続・息子のゲーム事情とサンタの説明
  • 息子にクラスで流行っていることを聞いてみたら、交流のほうでは、語尾に『メー』をつけてしゃべることだと教えてくれました。実に小学生らしい(若干幼いけど)ですね。支援級のほうでは、ゲームの話で大盛り上がりすることが多いそうです。でも、息子は『僕はわからないから。』と言って内容にはついていけないそうです。ちなみに、息子は自分からゲーム機が欲しいということがなかったので、DSもスイッチも持っていません。タブレ [続きを読む]
  • 「僕じゃなかった」
  • 11月になって、私の地域では夕方のチャイムの時間が4時になりました。我が家はチャイムの時間まで遊んでいいことにしているので、この時期は6時間授業の日は遊ぶことができなくなります。さみしいですが、すぐ暗くなってしまうし、時間を守ることを覚えてほしいのでこの方針は変わりません。 数少ない5時間授業の日に、息子が元気のない様子で帰ってきました。『今日は遊ぶ約束ないよー』近所のお友達は習い事が増えたり、用 [続きを読む]
  • プログラミング教育の誤解
  • 昨日は英語教育について書きましたが、今日はプログラミング教育について。これも前回同様、保護者向け講座で学んだ内容から感じたことです。 プログラミング教育のイメージ私も誤解していたのですが、プログラミング教育というと、ナントカ言語を使ってプログラムの組み方を学ぶことだと思っていました。確かにプログラミングは流行っていますし、将来的に役に立つかもしれませんが、そんなこと小学生に必要なの?と。でも、それ [続きを読む]
  • 英語は苦手かもしれない
  • 少し前の話になるのですが、息子が英語の歌詞が入っている歌を歌っていて思い出したので、今日は英語の話を。以前、保護者向けのイベントで、2020年からの英語教育についての理解を深めるといった内容の講義があり、たまたま息子の小学校(しかもちょうど4年生)の英語の授業が見学できると書いてあったので参加してきました。4年生レベルの英語とはこれまでもブログ内で息子の学習面について書いてきた通り、凸凹はあるものの、 [続きを読む]
  • 学習発表会
  • 先日小学校の学習発表会がありました。息子の小学校の場合は、これまで学んだことや調べたことを教室でグループごとに発表したり、見に来た人たちに体験してもらうというもの。体育館のステージでみんなで発表、みたいなものとは全然違います。支援級の児童は支援級・交流級のどちらのクラスで発表するのかという問題を以前ブログで書きましたが、ちょうど息子の出番の時間とかぶっていたので、支援級だけの発表は見ることができま [続きを読む]
  • つくばに住みたい 【つくば科学フェスティバル】
  • 昨日は家族でつくば科学フェスティバルに行ってきました。去年は夫と息子だけで参加したのですが、今回は私も一緒に。つくばは様々な研究施設が集まる街として有名ですよね。しかも見学できるところも多いので息子も私も大好きな街です!街並みも綺麗ですしね。息子が特にお気に入りなのは、地図と測量の科学館|国土地理院筑波実験植物園(つくば植物園) Tsukuba Botanical Garden国立研究開発法人物質・材料研究機構 | NIMS地 [続きを読む]
  • 発達障害とアレルギーの問題に関する共通点②
  • 前回に引き続き、第2弾です。前回の記事はこちら↓soulgoodman.hatenablog.com今回は、学校での個人対応についての共通点という視点で書いてみたいと思います。※あくまで、私が個人的に感じる問題の共通点なので、個人差・地域差がもちろんあります。個人対応には限界があるという問題アレルギーがあると、医師の診断書を学校に提出し、給食の対応について話し合いをしますよね。除去食・代替食・弁当持参なのか、給食当番や [続きを読む]
  • 発達障害とアレルギーに関する問題の共通点①
  • 以前のブログ記事でも予告していましたが、今日は発達障害とアレルギーに関する問題の共通点について。発達障害の子を持つママさんたちとランチをしている時も、アレルギーの子を持つママさんたちとランチをしていている時も、メンバーは違うのになぜか最終的に同じような話をしていることがあり、『あれ?なんか前もこの話したな…』と感じる場面が多いと思ったのです。以前のブログ記事でも書きましたが、特別支援教育には進路 [続きを読む]
  • 忘れ物が多い理由がわかったような気がする
  • これまでも何度か話に出てきましたが、息子はとにかく忘れ物が多いです。家では私がチェックしているので、持っていくものを忘れることはほとんどないのですが、問題は学校から持ち帰るものについて。毎日ではないけれど、その頻度はやはり多いですね。昨日もここ2週間ずっと学校に忘れていた移動ポケットをやっと持って帰ってきたかと思うと、今度は箸などが入った給食袋を忘れてくる始末。これも一種のところてん式と言えるよう [続きを読む]
  • 三半規管から学ぶ『息子と私の違い』
  • いきなりですが、正直私には、息子の言動は理解できないことばかりです。発達障害だからとわかっていても、『なんでこうなんだろう』と思ってしまうことが多いです。発達障害であってもなくても、子供と自分は別人格なんだから認めてあげなきゃ〜というような考え方も最近よく聞くような気がしますが、それはわかっているつもりです。わかっているからこそ、社会性を身に着けるために周りと同じ行動・考え方ができることを世間から [続きを読む]
  • 今は過渡期 【発達障害の子を持つ私の思い】
  • おかげさまでブログをはじめて一か月がたちました!ちなみにTwitterに手を出して一週間の超初心者でもあります。ネットでただ見ていただけの頃より、自分の気持ちが良くも悪くも揺さぶられることが多くなったなというのが一番の変化かもしれません。今日は、そんなわたしの思いをブログに書きました。誰かを批判するつもりで書くわけではありませんよ。あくまでも私の思いです。 特別支援教育の問題点ブログをはじめてから、アクセ [続きを読む]
  • おでんとアレルギーと私
  • ここ数日は特に朝晩の冷え込みが強くなってきた気がしますね。そんなとき食べたくなるのが鍋やおでんといった体が温まる食べ物。ちなみに、作るのが楽なので、鍋は一年中食卓に上がる我が家です。この時期は一般的におでんの登場回数も多くなるかと思いますが、アレルギー持ちがおでんの食材を集めるとかなり割高になってしまうという問題があり、我が家ではおでんはちょっとした贅沢品という分類なのです。ですが、基本的に切って [続きを読む]
  • 歯磨き問題のその後
  • 恥ずかしながら、小学4年生の息子は未だに歯磨きを自分でしっかりやることができません。歯が生え始めたことからずっと悩まされてきた歯磨き問題の現在の様子を今回は書いていきます。幼児期の歯磨きの様子はこちら↓↓soulgoodman.hatenablog.com仕上げ磨きの変化幼児期はあんなにふざけまくって話が通じていなかった息子ですが、年齢とともに仕上げ歯磨きの重要さを意識するようになったため、現在は仕上げ磨き中は割とおとな [続きを読む]
  • 息子なりの優しさ
  • いろいろと面倒ばかり起こす息子ですが、今日はそんな息子に助けられた話をご紹介します。先日、とある山の中にある遊園地へ家族で行ってきました。私と息子は乗り物フリーパス付きなので、ほとんど休む暇もなくアトラクションに乗りまくりました。絶叫マシン系はさすがに怖いので、子供向けのジェットコースターなどですが。問題がひとつ実は私、ちょっとした高所恐怖症なのです。息子にはママは高いところは苦手だということは話 [続きを読む]
  • 自主学習へのこだわり
  • 息子の学校では、3年生以上は宿題の他に自主学習もやることになっています。自主学習用のノートがあり、それに書いて提出するので、家庭学習とは別です。毎日強制ではありませんが、できるだけやりましょうという感じ。息子はこの自主学習にちょっとこだわりがあるのです。いいところもあれば、困るところもあるこだわりです。以前もブログで書きましたが、息子は計算ドリルや漢字ドリルのように、ひたすら同じことをするタイプ [続きを読む]
  • 支援級合同運動会を見学して感じたこと
  • 先日、市内の支援学級を対象にした合同運動会がありました。支援学級の子供たちが、平日に総合体育館などに集まって、簡単な競技でミニ運動会を行うイベントです。こういう行事は地域によって違うかと思いますが、支援級だけの運動会というのは割とポピュラーなようですね。私の地域では保護者も見学できるので行ってきました。以前の記事でも書きましたが、支援級だけの行事の意味は、子供本人がいかに成長を実感できるかだと思 [続きを読む]
  • 支援級だけの発表の場は必要か
  • 芸術の秋ということもあって、この時期は学芸会・文化祭などをやっている学校が多いですよね。息子の小学校でも、来月そのような行事があります。保護者や地域の方を呼んで、総合学習で学んだことをグループでまとめて発表したり、見に来た人達に体験してもらったりするという内容です。これまで、私が知る限りでは、支援級の児童はみんな交流学級の方に交じってクラスごとの発表に参加していました。ところが、今年は担任の先生方 [続きを読む]
  • 息子の思い描く未来予想図
  • 息子はドラえもんが好きなこともあり、タイムトラベル系の話をよくします。未来の街のことをアレコレ話すのも好きですね。早く大人になりたいと思っている息子に、未来の自分のことを聞いてみました。 『僕は早く大人になりたいなー。まず、18歳になったら車の免許をとって、自分で運転したい!僕はゴーカートも得意だからすぐとれるよ!大人になったら宇宙の立体地図を作る人になって、休みの日は鉄道模型で遊ぶの。僕の性格を [続きを読む]
  • 初めてのフラッシュバック
  • それは突然に先日、息子が初めてフラッシュバックを起こしました。今日はその時の話を書いていきます。その日の日中は特に普段と変わりなく過ごしていました。夜、そろそろ眠ったかなと思った頃、息子が2階から降りてきたのです。ポロポロ涙を流していたので、いったい何があったのかと私はびっくり!話を聞くとこんなことを言い出しました。『雪が降って楽しかったけど、とけて悲しかったことを思い出して涙が止まらなくなったの [続きを読む]
  • ゴミ箱に入れて
  • 毎年季節の変わり目は、我が家のティッシュ消費量が大幅にアップします。そう…アレルギーです。小さい頃は食物アレルギーだけだったのですが、成長するにつれ、環境系のアレルギーが次々発症。アレルギーマーチというやつですね。幸い喘息は軽度なので、今ではほとんど気になりませんが、アレルギー性鼻炎・結膜炎と肌の弱さには常に悩まされます。いったいいつまでお風呂上りに保湿クリームを塗らなくてはいけないのか…。眼科の [続きを読む]
  • ご褒美制復活
  • 小さいころから何かとご褒美制度をとってきた我が家。最近は特にやっていなかったのですが、少し前からまた復活させました。うちでは、例えば以下のような事柄に対してポイントを与えています。ちなみに、項目によってポイントの配分は違います。高いものほど社会生活で重要だとわかってほしいので。(学校内のことを高ポイントに設定しています。)学校では静かに授業を受けるノートをとる時間内に行動する忘れ物をしない友達に親切 [続きを読む]
  • 息子のゲーム事情
  • 所謂ゲーム機は持っていませんそんな子今どきいるのかと思われそうですが…実は息子はDSやスイッチといった個人で使えるゲーム機は持っていません。あえて与えていないわけではありませんよ!息子が欲しいと言ったことがないから買っていないだけです。個人的には、そういうゲーム機を持っていたほうが、友達と気軽に遊べるんじゃないかなと思うので、欲しいといえば買ってあげるつもりなのですが、欲しくもないのに買ってあげるほ [続きを読む]