京都の女医 さん プロフィール

  •  
京都の女医さん: 皮膚科&美容皮膚科医 京都の女医ブログ
ハンドル名京都の女医 さん
ブログタイトル皮膚科&美容皮膚科医 京都の女医ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyotonohihukai/
サイト紹介文京都市内で皮膚科と美容皮膚科医をしています。皮膚に関するいろいろな情報を発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 17日(平均7.0回/週) - 参加 2018/10/05 12:28

京都の女医 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 爪水虫 ② 内服治療
  • 爪水虫の塗り薬に関しては、以前お話しました。今日は飲み薬のお話です。塗り薬では治らない爪水虫には、飲み薬を飲む方法があります。今は3種類の飲み薬が発売されています。①イトリゾールとても古くからある薬です。爪水虫の飲み方は少し特殊で、1回4カプセルを1日2回、1週間内服してその次の3週間はお休みします。これを3回繰り返します。肝臓に影響することがあるので、必ず月1回は採血をします。また、飲み合わせが悪い薬 [続きを読む]
  • トーニング
  • 用語集です????トーニング??主に肝斑に対して使用される、QスイッチNd:YAGレーザーを1064nm、低出力で反復照射していく治療。肝斑は強く刺激し過ぎると悪化するので、刺激しすぎない強さでメラノソームを破壊して色を薄くします。トーニングをするときは、以下も開始して2.3ヶ月してお肌の状態を整えてあげてから治療を開始するとより効果的です??①紫外線予防②洗顔の際にこすらないようにする③トラネキサム酸&ビタミンC [続きを読む]
  • 肝斑について② 治療法
  • 肝斑パート2??治療法のお話です。肝斑は厄介とお話しましたが、焦らずじっくり時間をかければかなり目立たなくすることができます。まずは紫外線予防‼?これは非常に重要です。地味なことですが、今ある肝斑をこれ以上濃くしないことは治療をすすめる上でとっても大事なことです。次に、トラネキサム酸とビタミンCの内服で体の中から治療します。以前お話したハイドロキノンの外用もしっかりして、肌の状態を中と外から整えま [続きを読む]
  • 爪水虫 ① 外用治療
  • 「爪水虫」というと、夏の病気、男性の病気、というイメージが強いかもしれません。確かに足の水虫、「足白癬」は梅雨から夏にかけて患者さんの数が増えます。カビはあたたかくて湿っぽいところが大好きです。でも、爪水虫は、夏だけとは限らずどの季節でも発症することがあります。また、女性の患者さんも多いのが特徴です。足の水虫は皮膚の表面の感染ですが、爪水虫は爪の表面から爪の裏側までにまで白癬菌がいるので、ジワジワ [続きを読む]
  • 肝斑について ①
  • 今日は、今までもちょくちょく名前を出してきた、肝斑についてです。「しみ、くすみ」の治療のためにクリニックに来られる患者さんは本当に多いです。「このシミはなんですか?」と聞かれることも多いのですが、一人の方にシミの種類がいくつか混じってたり、重なっていることも多いので、「あなたのシミは〜で、治療はこれで大丈夫です‼?」とはっきりお伝えするのが難しいこともあります。中でも肝斑を多少なりともお持ちの方は [続きを読む]
  • フォト IPL治療
  • 用語集です???フォトフェイシャル??光治療、IPLとも呼び、幅広い波長を持つフラッシュランプという機械を使う治療。標的はメラニン(シミ)、ヘモグロビン(血管)、水(皮膚)の多岐に渡り、老人性色素斑等のシミ、くすみ、赤ら顔、肌のハリや小じわに効果があります。肝斑は悪化させることがあるので別の治療が必要になります。??治療の流れ??ジェルを患部に塗ってレーザーを照射します。麻酔はしないのが一般的です。 [続きを読む]
  • フォトフェイシャル 光治療について シミの治療④
  • 今日はフォトフェイシャルについてです。フォトフェイシャルは光治療、IPLとも呼び、Qスイッチレーザーとは違い幅広い波長を持つフラッシュランプという機械を使う治療のことです。波長に幅があるため、様々な肌のお悩み、老人性色素斑等のシミ、くすみ、赤ら顔、肌のハリや小じわに効果があります。しかし、波長に幅があるということは、逆に言うといろいろなお悩みにそれぞれマイルドに効く、ということ。ですので、数回の繰り返 [続きを読む]
  • ピコレーザー シミの治療③
  • ここ数年で美容皮膚科の治療はみるみる進歩しています。シミの治療にもたくさんの機械が登場して、治療の選択肢も広がっています。中でも画期的な機械が本日お話するピコレーザーです。今までのQスイッチレーザーは、ナノ秒で光が出るものでした。それでも十分に短い時間なのですが、ピコレーザーは、さらに短いピコ秒でレーザーを照射するので、シミ以外の正常な組織まで熱が広がる時間がありません。それによってメラニンを効果 [続きを読む]
  • 水いぼ
  • 大分涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。それでもしぶとく残って親を悩ませるのが…子供の水いぼです。正式な名所は「伝染性軟属腫」といいます。ウイルス感染によってできる、白くぷくっとした出来物で、保育園、幼稚園や小学校のお子さんによくできます。「取るべきか取らないべきか」の議論は多くありますが、私は取っちゃったほうが早いと思っています。放置してもいつかは自然に消えるのですが、数カ月から1年近くか [続きを読む]
  • Qスイッチレーザー
  • これから皮膚科に行こうかと迷っておられる方のために、簡単な皮膚科&美容皮膚科の用語集をちょくちょく書き溜めていこうと思ってます。ご興味のある方は一読頂けると嬉しいです???Qスイッチレーザー??いわゆるシミ取りレーザー。メラニンに選択性の高い波長を使い、色素を破壊してシミを薄くします。3種類あり、クリニックによって導入している機器が異なります。①アレキサンドライトレーザー755nmの波長のレーザー。②ル [続きを読む]
  • Qスイッチレーザー シミの治療②
  • 昨日のブログの続きです?シミ治療の中でも一番メジャーなレーザー治療といえば、Qスイッチレーザー、いわゆる「シミ取りレーザー」です。このレーザーはメラニンに吸収されやすい波長を持っていて、アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザー、YAGレーザーなどの種類があります。シミのサイズによって料金は異なります。治療中には輪ゴムで弾かれたような痛みがありますが、我慢できないほどではなく、麻酔は通常はせずに行いま [続きを読む]
  • ハイドロキノン シミの治療①
  • シミの治療についての続きです。クリニックに来られた方には、シミの正確な診断名をお伝えしてから治療法についてご説明します。皆さんに共通してお伝えすることは、とにかく日焼けをしないこと??です。日焼けは「百害あって一利なし」です。季節や天気に関わらず紫外線は降り注いでいます。日焼け止めは毎日使用することをお勧めします。その次は内服治療です。私は以下の三点セットをご希望を聞いて処方しています。この中でも [続きを読む]
  • 保湿剤 ヒルドイドフォーム
  • 先日のブログでお話した、保湿剤についての第二弾です。 この前お話したヒルドイドフォーム よく振ってから、上のノズルを押すとふわふわした泡がでてきます。飛び散りやすいので少し注意が必要です。 塗り心地はさっぱりしていて、すっと馴染みます。 泡状スプレーはいくつかありますが、ベタつきが嫌な方はこのヒルドイドフォーム、もう少ししっとりする方が好みの方は後発品のヘパリン類似物質外用泡状スプレーを希望されるとい [続きを読む]
  • シミのいろいろ
  • 今日は美容皮膚科のお話です。美容皮膚科の相談に来られる方の悩みの中でも特に多いのがシミです。「シミ」と一口に言っても多くの病名がありますので、まずは皮膚科で診断を受ける必要があります。シミを取って欲しいと来院された方が、実は皮膚癌で手術が必要になった、ということはそこまで珍しいことではないからです。数が多いのが老人性色素斑肝斑雀卵斑(そばかす)太田母斑です。それぞれ治療法が異なりますので、皮膚科専 [続きを読む]
  • ステロイドについて
  • 秋はお肌の乾燥する季節。それに伴って乾燥肌による痒み、いわゆる皮脂欠乏性湿疹を発症する方が増えています。先日ご紹介した保湿剤だけで改善する方は良いのですが、そうはうまくいかないことも多く、その場合は他の塗り薬を追加します。ステロイド外用剤です。「ステロイド」と聞くと抵抗感を持たれる患者さんもいらっしゃいますが、種類と塗る部位、期間を間違えなければ非常に効果的なお薬です。ステロイド外用剤は大きく分け [続きを読む]
  • 保湿剤のいろいろ
  • 皮膚科にいくと様々な薬を処方されると思います。その中でも多いのがヘパリン類似物質(ヒルドイド)です。今は先発品、ジェネリックを含めると数多くの種類があって、使い分けに迷ってしまうこともあるかと思います。大きく分けると、軟膏、クリーム、ローション、そして比較的最近発売になった泡タイプがあります。保湿力は軟膏〉クリーム〉ローションの順で、泡タイプはローションに近い保湿力です。軟膏はお風呂上りの肌には伸 [続きを読む]
  • はじめまして?
  • はじめまして皮膚科&美容皮膚科医をしています。二人目の出産を機に、生まれ育った京都市内で働くことになりました。湿疹やアトピー性皮膚炎、とびひといった一般的な皮膚の病気から、しみ、しわ等のレーザー、注入系の美容治療まで。皮膚に関するいろいろな情報を書いていきたいと思いますよろしくお願いします? [続きを読む]
  • 過去の記事 …