すれいく さん プロフィール

  •  
すれいくさん: キャバ嬢を辞める方法と昼職転職先のブログ
ハンドル名すれいく さん
ブログタイトルキャバ嬢を辞める方法と昼職転職先のブログ
ブログURLhttps://sleque.hatenablog.com/
サイト紹介文夜職を辞めたいキャバ嬢・水商売女子に向けて夜職の辞め方と昼職候補先をまとめています。
自由文歌舞伎町・池袋・渋谷・六本木・湯島・北千住・神奈川・千葉・埼玉など、夜の仕事で活躍する女性たちの向いている昼職の転職先について、事業プロデュース業をしている管理人が、実際のコンサルティングを基に考察しています。夜職を辞めようとしているナイトワーカーのハローワークになるために、日々、やや熱く、考察しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 50日(平均5.7回/週) - 参加 2018/10/13 19:49

すれいく さんのブログ記事

  • No:36_キャバ嬢を辞めたい時は飛んでも大丈夫なの?
  • 結論から言いますと、今のキャバクラを飛んでしまっても大丈夫です。しかし、人生からは飛んではいけません。人生の岐路に立ったときは、それぞれの選択肢でのメリットとデメリットを考えることが重要です。そしてメリットがデメリットを上回っているのならば、メリットが大きいほうを選ぶべきです。もちろん、過去エントリのトピのように人間には現状維持バイアスがあるので、どのような選択肢であっても「選択する」ことは難 [続きを読む]
  • No:35_キャバ嬢を辞めて議員秘書に転職する方法。
  • キャバ嬢を辞めて秘書になりたいというのは、比較的人気があるパターンですが実は、過去のエントリーでも考察してきた通り、秘書といっても色々な秘書があります。そんな様々な秘書のうち、一番なりやすいのが議員秘書というポジションかとも思います。議員秘書というと、ドラマや映画で政治家の先生をサポートする仕事の華々しいイメージがあるかと思いますが、そもそも論として、日本には議員という仕事が実は結構な数存在し [続きを読む]
  • No:34_キャバ嬢を辞めたいが、家が寮・社宅のため辞められない時はどうするの?
  • いい高校に入学して、いい大学に入学して、いい会社に入る。このようなテンプレート的な人生のレールを一度外れてしまうと日本は非常に復帰が難しい国家です。その難しさに拍車をかけているのが家の問題です。外国の人、いわゆる不法入国の労働者の人ではなく、留学生として日本に来たというようなちゃんとした人でも、日本で家を借りるというのはそれなりにハードルが高いです。そして、現実問題として、家がないと、日本で [続きを読む]
  • No:33_キャバ嬢を辞めたいが、店長に引き留められる時はどうするの?
  • 働く人にとって、一番大切なのは、自分の人生を楽しく生きることです。もし、今の人生があまり楽しくなくて、その原因が今の仕事にあるのだとしたら転職をすることは全く問題はありません。会社や組織の目指す方向と自分の目指す方向にズレが発生するのは、よくあることです。もちろん、単なる逃げではなく、考えた上での結論であることが必要です。そして、従業員である自身にとって、会社の進んでいる方向を変えることは基 [続きを読む]
  • No:30_キャバ嬢を辞めて弁護士秘書に転職するにはどうするの?
  • 仕事をしていく上で重要なのは、生産性を上げることです。利益や儲けと考える場合もありますが、学校や病院など、必ずしも利益を求めていない仕事もありますので、生産性を上げることのほうがより最大公約数でしょう。そして、生産性を上げるために必要なことは、分業です。複数のことを同時に行うよりも、1つ1つ細かく分割し、その1つにだけ集中することで、効果的に「慣れる」ことができるため、より上達することができます [続きを読む]
  • No:28_キャバ嬢を辞めて大企業の受付嬢に転職するにはどうするの?
  • 大きな会社、大きなビルで受付嬢をする仕事というのは女性にとってあこがれの仕事の1つと考える人も多いでしょう。実際、受付嬢というのは企業の顔であり、企業のイメージを具現化したビジュアルの女性が多く働いています。企業の顔として受付嬢として働いてみたい、と考える女性は多いことと思います。では、実際のところ、大企業の受付で働くにはどのような方法があるのでしょうか。そして、キャバ嬢のネクストキャリアと [続きを読む]
  • No:27_キャバ嬢を辞めて在宅の仕事で働く。
  • 世の中に仕事は実は2種類しかありません。それは、「他の人がやりたくないことをする」もしくは「他の人ができないことをする」の2つです。人がお金を出してでもやりたいことを仕事にするには、そのプロフェッショナリティを他の人ができないレベルにまで高めていく必要があります。■仕事の種類は2つしかない。・他の人がやりたくないことをする。※他の人にとってやりたくないことでも、自分にとってやりたければOKです [続きを読む]
  • No:26_キャバ嬢を辞めて土地バイヤーに転職する。
  • 大変な事件が起きました。都心の一等地を買うということで、積水ハウスという大手企業が地面師という詐欺師によって、50億円以上の金額をだまし取られたという事件です。gendai.ismedia.jpもちろん、地面師の手口が巧妙だったということもあるでしょう。しかし、積水ハウス側が本来の所有者や弁護士の忠告を黙殺し、取引を行ったなど、積水ハウス側の体制にも多くの問題があったのでという情報も多く出ています。上場企業と [続きを読む]
  • No:25_キャバ嬢を辞めてIndeedコンサルタントに転職する。
  • 仕事で大切なのは、お金もそうですが、真剣に打ち込めるかどうかです。経営者であっても、従業員であっても、いただいたお金以上の貢献をしない限り、常に他の誰かに代わられてしまう可能性があります。大切なのは、何でもよいのでナンバーワンになることであり、オンリーワンになることです。これは、バイトでも派遣でも正社員でも、どんな仕事に従事する人でも同じです。経営者でも従業員でも、競争から逃げることはできま [続きを読む]
  • No:24_キャバ嬢を辞めて社長秘書に転職する。
  • 女性にとって、秘書として働いています。ということはある種のロールモデルに近いものがあることでしょう。映画やドラマの世界に登場する秘書は、いつの時代も往々にして活躍する女性のシンボルとして描かれていることが多いです。しかし、どのような仕事でもそうですが、映画やTVのが映し出す煌びやかな世界と、現実の世界は大きく異なります。TVや映画の世界での田舎暮らしは美しいですが、現実の田舎暮らしは不便で、害 [続きを読む]
  • No:23_キャバ嬢を辞めてウォーキングトレーナーに転職する。
  • 今の皆さんの状態は、マイナスでしょうか、プラスでしょうか。どんなビジネスでもそうですが、ビジネスで社会に貢献していくためには、何らかの形で個人か組織をプラスの方向に変革させていく必要があります。ナイトワークをしている中で、へこんでいたり、落ち込んでいたりするお客様や、よりよい明日への活力を得るために夜の街に来るお客様など、様々なお客様のお相手をしたことはありませんか。突き詰めていくと、夜のお店 [続きを読む]
  • No:22_キャバ嬢を辞めて日本語学校の先生に転職する。
  • 小学生、中学生だった時に、外国人の先生に英語を教わったことがある人も多いと思います。それと同じように、外国の人に日本語を教えることが日本語学校の先生の仕事です。しかし、日本語を教えるだけが日本語学校の先生の仕事ではありません。今後、日本のグローバル化は確実にどんどん加速していきます。留学生だけでなく、日本で暮らす外国の人、または海外の人に日本を発信し、日本のグローバル化を日本語というツールを使 [続きを読む]
  • No:21_キャバ嬢を辞めて投資用不動産業に転職する。
  • ナイトワーカーが昼職に転職する際には、ナイトワークで培ったコミュニケーション能力を活用できる仕事を探すことが鉄板です。自分の能力を客観的に分析し、どのような仕事ならば活躍ができるか。を明確にすることで、自分自身のネクストキャリアに対してある程度の見通しを立てることができるでしょう。これは、英語の得意な帰国子女が、英語を使う仕事に就いたり、法律を学んだ法学部の学生が法律職で働くことと、本質的に同 [続きを読む]
  • No:20_キャバ嬢を辞めて資格を取得して転職する。
  • 就職・転職のために、資格を取ろう。ということは誰でも一度は考えたことがあるでしょう。現代は資格ブームであり、仕事に直結するもの、趣味の延長線上的なもの、様々な資格が存在します。しかも、資格を取るための学費、例えば専門学校等の学費というものは、国からの補助があるケースも多いです。あまり大々的に宣伝がされていないので、必要な情報が必要な人に届いていないという現状はありますが、この国は、本気で頑張 [続きを読む]
  • No:18_キャバ嬢を辞めて旅行代理店に転職する。
  • 忙しい日々の中、少し長めの休暇が取れた場合、旅に出るという人も多いでしょう。旅行をすることは、同じことの繰り返しになってしまう毎日に、普段の生活とは違う何かを提供してくれます。その普段の生活とは違う何かを提供するのが、旅行代理店の仕事の本質です。旅券の手配など旅行に付随する面倒な手続きを代行するというのも、旅行代理店の重要な仕事ではあります。しかし、仕事一生の思い出になる何かをお客様と一緒に [続きを読む]
  • No:16_キャバ嬢を辞めて大和撫子養成講師に転職する。
  • 仕事をしていく上で特に考えなければいけないのが、自分自身が創造した価値を、それが必要な人に届けるということです。価値のクリエイターである貴方が生み出した価値がどれほど素晴らしかろうと、その価値を欲しがっている人に届けなければビジネスとしては意味がありません。日本国内で普通の水道水は売れませんが、砂漠の国ならば、日本の水道の水は高値で売れます。この国の水道水は美味しいです。価値を創り上げるこ [続きを読む]
  • No:15_キャバ嬢を辞めて写真家・フォトグラファーに転職する。
  • カメラガール、カメラ女子。昔はカメラマンという言葉が示す通り、どちらかというと男性主体だったフォトグラフ業界に、女性写真家が続々と進出してきています。カメラに対するイメージが変わってきたということもありますが、カメラの軽量化や、それなりのクオリティの写真でよいならば比較的簡単に撮れるというようなカメラの高性能化という要因もあるでしょう。いずれにしても、カメラ一台で始めることができる、という [続きを読む]