すずらん さん プロフィール

  •  
すずらんさん: 子どもと子ども
ハンドル名すずらん さん
ブログタイトル子どもと子ども
ブログURLhttps://wchildren.hatenablog.com
サイト紹介文こどもの発達支援の仕事をしています。 こどもと接して楽しかったこと、発見を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 14日(平均12.0回/週) - 参加 2018/10/06 19:18

すずらん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 言葉じゃなくても〜言葉を発しない男の子と〜
  • 言葉がほとんど出ない3歳の男の子と関わった。人に対する意識も乏しいから、どうしよっかなと思いつつ、その子の真似をしながら後ろからついて歩いたら、だんだん意識してくれて、私が持っていたブロックの車が崩れると、直して私に手渡してくれた。「やってくれたの?ありがとう!」そう言っても、ほとんど反応はない。でも、明らかに私を意識してやってくれたのを実感して、気づいたら心から「ありがとう!」ってもう一回言って [続きを読む]
  • 親である方へのお願い
  • 親である方へのお願い虐待を受けている子、受けた子にも「育ててもらったんでしょ」「お母さんやお父さんも大変だったんだよ」って言いますか?言えますか?たった一つ忘れないでほしい。大人と子どもは対等ではなかったということに。子どもは体力的にも精神的にも大人よりずっと弱い存在であるということに。精一杯抵抗しても、大人のちからには決して敵わないということに。「親に育ててもらったんでしょ」。間違いではありませ [続きを読む]
  • 名言「9に決まってるだろ!」
  • 療育でボーリングをやっていたときのこと。1.ピンを倒す。 2.サイコロを振る。ピンの数にサイコロの目の数をかけたものを点数にすることに。「9×1はー?」とスタッフが発達障害のこどもに聞くと。「9に決まってるだろ!!」と。私は思わず爆笑しました。「そうだよね。9に決まってるよね!」。その時、あ、こういうとき算数や数学って役立つんだなって思いました。だって、揺るぎないルールだから。いつもは、ルールの伝え方に工 [続きを読む]
  • ホストクラブ風!
  • ある日、出張で行った幼稚園でホストクラブを味わいました(笑)。お寿司さんだよと、仕切られた狭い空間に誘われ、入ってみると3人の男の子がおもてなしをしてくれる。特別なセットで〜す?と3人がそれぞれ料理をもってきてくれる。そこまでは、よくあるパターン。しかし!このお店では、私が食べるのを3人が囲んで寄り添ってくれる(笑)。おいしい!おいしい!と喜ぶ私を微笑んで見ていてくれる。食べ終わると、デザートで〜す? [続きを読む]
  • 私の修行〜キッズシッター編☆〜
  • 一時期かけもちで行っていたシッターの仕事。派遣会社経由で依頼がくる。体力的にきついかもと思いつつできる限り受けている。もうこれ以上入れたらヤバいかもと思っても、「仕草がとっても可愛らしい女の子です」とかいう紹介のフレーズに負けて受けてしまう(笑)。幼児だけじゃなく小学生も。宿題促すのもお風呂促すのもテクが要るので頭はフル回転。こどもといる時は元気な私も終わるとぐったり。行ったら実はギプスしてる子で髪 [続きを読む]
  • 行動の見立てと自分の気持ち
  • 今、私は嬉しいと思ってる。今、私はちょっといらっとしてる。今、私は困っている。今、私は嫌だと思っている。秒単位で変わる自分の気持ちを映像化しているかのように意識してしまい、時々疲れる。仕事でも同じ。あ、先生に叱られた。たぶん数秒後あの子は物を投げる。あ、たぶん先生の指示についていけてない。だから身体がそわそわしている。わざとじゃない。常に頭は分析中。こどもはわかってくれたという表現をしてくれるけど [続きを読む]
  • ささやかな信頼〜キッズシッター編〜
  • 一時期、仕事帰りにキッズシッターの仕事も掛け持ちしていた。始めは緊張して恐る恐る玄関から顔を出し、ママが用意してくれたごはんも食べず黙っていた小学4年の男の子。何のきっかけだったが、急に仲良くなりよく話すようになった。ママからは宿題やお風呂も済ませておいてほしいとのことだったから、いろいろ工夫して関わった。ある日、疲れていたみたいで、促しにやだと言ったり、何か理由をつけてさぼることも何度か。それで [続きを読む]
  • 小さな視線
  • ある日、出張で行った保育園で、私は気付くと5歳の子と羽根つきをしていた。多分、やろうと言われたと思うけど覚えていない。お片付けの時間になり、その子は部屋に戻った。違うクラスも見なきゃいけないので、違うクラスに行っていると、視線を感じる。さっきの子だ。遠くから私を見ている。しばらくしたあと、またその子のクラスへ。他の子と関わっているとまた視線を感じる。あの子だ。何か用事があるなら自分から話してほしい [続きを読む]
  • おんなじ〜!
  • ある日、幼稚園に出張に行った時のこと。ポンチョみたいな形の服着てたんだけど、同じような形の服を着ていたAくん&その友達(4歳)と話が盛り上がった。友達「何か〜くんと服似てるじゃん」私「そうだね〜!」Aくん&私「おんなじ〜(*^-^*)」。そのあとしばらくしてお弁当の時間。Aくんより。「こっちこいよ!同じ服なんだからさ。同じ服は一緒にいるの。そういう決まりなんだよ」(笑)。最近、このパターン多いな…。リードする [続きを読む]
  • 子どもが強気に出れる時!
  • 「ちびっこ)あれ何?」<私)これ?>「ちびっこ)違うよ、あれ!」<私)これ?>「ちびっこ)違うよ、あれだって!!」<私)どれよ?!!!!自分でこっちまで来て教えて!>「ちびっこ)もう〜(ぶつぶつぶつ)」。今日来所した5歳のちびっことのやりとり(笑)。同級生みたいなやりとり(笑)。今まで担当していたスタッフによるとその子がそんな強気に出てくることは今までなかったとのこと。格下に思われたかな?(笑)。 [続きを読む]
  • きっと大事にされてる子なんだな
  • 保育園に行って年少さんのクラスに行ったら、まだ発音未熟な男の子が話しかけてきたから近づくと、手を取りながらかわい!って言ってくれた笑。私の指のかさぶたに気づき、あ!って言うから、あー、けがしちゃったって言うと、今度は黙って頭をなでなでしてくれる笑。ほっぺをつんつん!とかされたことは何度かあるが、頭なでなでは初めて。単純に嬉しい。きっとママにいつもこうされている子なんだろうな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 友達同士で学んでいくって素敵☆
  • 保育園に出張に行った時の話。年長さんの男の子に、チューされた(;^_^A。嬉しいが、教育に携わる者として、「やめて。近すぎだよ」となんとか言うが、やめてくれない。無視する作戦をとるが、今度は髪にチュー(;^_^A。見ていた他の男の子が、「おい!こっちこい」とその子を違うところに連れて行き、叱ってくれる。その後、チューはなくなった。叱ってくれた子に、こっそり、「ありがとう」と言うと、「うん」と笑う。友達同士で学 [続きを読む]
  • 自閉症の子と真剣な闘い!
  • 仕事で子供と張り合ってます。自閉症の子が課題をヤダヤダとぐずるので、何個だけ!とこちらも粘ります。その子のペースに合わせるだけではその子のためにならないから。本来できる力を引き出せないから。始めは3つだけやるよ!と言いましたか、お互い譲らないので(笑)、んー…じゃあ1つだけね!と私が譲歩して駆け引きで何とか応じてくれました。泣いたり奇声を発していたけど(;^_^A。私だってつらい。でも、その積み重ねで自閉 [続きを読む]
  • 不登校の中学生が外に出れた日
  • よく不登校の子の対応で、その子がエネルギー出てくるまで、無理に学校に促さずゆっくり見守るっていう対応あるけど、私は逆効果だと思う。この日だけは行ってみようとか誘い出す人が本当は必要だと思う。一人でそれができるエネルギーがないから動き出せない。家に迎えに来てくれても多分いい。高学年からずっと不登校の中3男子の担当をしたことがある。始めは母だけの面談だったが、私は、本人を連れてきてほしいとお願いした。 [続きを読む]
  • 不登校について思いを馳せる
  • 優しく穏やかでニコニコしていて話し方も柔らかく、友達とうまくやっていける様子満載なのに、ずっと不登校の女子。中学生だったし、作品作りなど非言語的なことを中心に関わっていたけど、私にはこの子がどうして行かないんだろう‥って率直に思っていた。いつも同席する、一見淡々と何事も動じませんというように構えているように見える母に話しかける形で、いつも私に思いを伝えていた彼女。一度あえて保護者と分離で時間を過ご [続きを読む]
  • 中学生の人間関係〜いじめ?〜
  • 5人の中学生が電車に乗っていた。2人は多分二年生。3人は多分一年生。二年生の一人が一人の一年生をいじめている。やめてと言われているのにやめない。もう一人の一年生は媚びるように荷担している。別の二年生は、始め離れた席で様子を見ていたけど、見ていられなくなったのか、近くに行ってさりげなくとめようとしている。電車の中なのにだんだんエスカレートしてきて私はイライラしてきた。荷担している子が立ちながらフラフ [続きを読む]
  • 関係性について
  • もうかれこれ4年目の付き合いになる親子。3年前初めて担当になった時は始めは緊張している感じであまり話さないお母様だったけど、だんだん何かあればすぐに相談してくれるようになった。ある日、封に入れたお手紙を頂いた。なんだろって思ったけど、この前電話相談を受けた時のお礼だった。お母様自身も私を頼りにしていると改まって書いてくれていた。いや、助けられてるのは実は私。1年くらい前だったか、もう途方にくれてお [続きを読む]
  • 虫のお世話〜ダンゴムシ型のクワガタ〜
  • 保育園で年中の男の子が、虫を捕まえたと言って見せてくれた。見ると白色の小さな小さないもむし。わあ!ちょうちょさんのこどもかな?と言うと、角があるからクワガタだと。私も普通にそうなのかと思いこんな小さいうちからもう角があるんだね!と言った。葉っぱを敷いてはベッドだといい、土がごはんだと言って準備したり何かとお世話している。その子の手があたるとそのいもむしはすぐに丸まる。何度もそう。ん??あれ?これ、 [続きを読む]
  • 泣けること
  • 最近、私が電話で話を聞くといろんなお母さんが泣きます。泣かれると妙に動揺する支援者がいるけれど、私は、昔、ベテラン保育士さんに、泣けることは大事だと教わり、お母さんが泣くとよく褒められました。だから、私は相談者が泣いても、そんなに動揺しない。むしろ、話を深めるチャンスだと思える。初めて電話したんですけど、って方も話しているうちに声を詰まらせる。すみません、って言われるけどいいですよって思う。今日は [続きを読む]
  • 思春期おめでとう\(^o^)/
  • 6年男子が男性スタッフだけにエロトークをしている。女性スタッフにはしてこないのがある意味わきまえている。男性スタッフもちょっと戸惑い、「6年ってこんなもんなんですかねー?」と私に言ってくるから、「仕方ないよ!中学生くらいはエロの時代なんだからさっ!」とあえて子供の前で言うと、「あの、し、ししゅんき?ってことなのかな‥?」ってある6年男子が言う。「きっとそうだよ!思春期ってことだよ!」って明るく返すと [続きを読む]
  • お話頑張った!〜ドクター診察編〜
  • 私の担当の子で、今日は、私のところではなくドクターの診察を受けに来た子が、今日も私と遊ぶと思ったのか、診察室で私のことをずっと呼んでくれていたらしい(^^)。私の名前を繰り返し言っていたらしい。ママがドクターに挨拶するよう声掛けしたら「サカタセンセイコンニチハ」とのこと(笑)。でも、いつも私の前では私の名前なんて呼んでくれないんだけどなー(^^;)。看護師さんとケースワーカーさんに「印象に残ってい [続きを読む]
  • 赦し
  • 出会った当初はお茶いるか聞いても「いりません!」、バンソウコウいるか聞いても「いりません!」、痛いんじゃないの?と聞いても涙目のくせに「痛くありません!」とか言っていた6年男子。私には大人を拒否しているというより、大人に対して諦めている感じに見えていた。習い事もしているから来る回数は少ないけど、「また待ってるね!」と時々手紙渡したりしていたら少しずつ私にちょっかい出してくるように。彼が久々来た。み [続きを読む]
  • ある夏休み!ちびっこにフォローを受ける私
  • 夏休みなのできょうだいも一緒に来所することが多いです。今日、会った子もお兄ちゃんと来所(^^)。「Aくん!」と呼ぶところを「Bくん!」とお兄ちゃんの名前を間違って呼ぶこと数回の私。その都度、「ごめん(^^;)」と謝っていると、お兄ちゃん(小学校低学年)に「だいじょうぶ、だいじょうぶ。(名前)似てるからさ」と笑顔でフォローされる私(笑)。ごめん、名前、全然似てないよね・・・(笑)。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 保育園児からランチのお誘い!
  • 出張で訪問した保育園でのエピソード。「あのさっ。ごはんみんなとたべるの?」「食べないけど12時まではホールには一緒にいるよ!」「じゃあさ、いっしょにすわろ!いこ!」ついていくと、ここだよ!と言って椅子まで持ってきてくれる。座ってしまうと他の子のところに行きづらくなってしまうからこまったが、「すわっていーよ(^o^)v」…。(笑)午前中、この子と関わりなかったのに、よくみてんな。オレのとなりでたべよ?とお誘 [続きを読む]
  • 過去の記事 …