トリステーザ・ガンダルヴァ さん プロフィール

  •  
トリステーザ・ガンダルヴァさん: 南国珈琲
ハンドル名トリステーザ・ガンダルヴァ さん
ブログタイトル南国珈琲
ブログURLhttps://saltedapple.hamazo.tv/
サイト紹介文「新しい潮流」という意味のボサノバと珈琲をこよなく愛する塩漬けリンゴの管理人。
自由文「新しい潮流」という意味のボサノバと珈琲をこよなく愛する塩漬けリンゴの管理人。ゆったりしたラウンジと南国風情に心ひかれます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 14日(平均15.0回/週) - 参加 2018/10/06 21:28

トリステーザ・ガンダルヴァ さんのブログ記事

  • 内緒の話し6
  • あと、神霊の中には、憂国の志士のような神霊もいらっしゃいます。国を守ることを使命とした、かなり位の高い神霊でいらっしゃいます。日本史をひもといても出てきますね。八幡神は、おそらく、こうした位の高い神霊だと思います。国を守り、人々の救済を目指していらっしゃる。ちなみに、八幡神は、突如として現れた神さまで、日本神話にも出てこない、それこそ奈良時代に突如現れた新興の神さまだったりします。奈良時代は、政治 [続きを読む]
  • 内緒の話し5
  • あと、カルト的な教団は、やっぱりカルト的な性質、パーソナリティ障害の神霊がいらっしゃいます。先ほども書いた通りです。要は、その教団のカラーが、そのまんまゆかりのある神霊なり霊人なり精霊なわけですね。「類は友を呼ぶ」のたとえの通りです。ただ、宗教団体に縁のある神霊のすべてが「おかしい」というわけではなく、教祖なり開祖が霊示を受けたりした神霊の中には、相当位の高い神霊がいることも事実です。具体的に、ど [続きを読む]
  • 内緒の話し4
  • で、人間が神霊に対して提供するお金やモノ、供養、感謝の気持ちは、霊的世界では、エレメンタルという霊的次元の物資的エネルギーになっています。で、これが神霊のエネルギー源(お食事)にもなります。言い換えると、「お給料」みたいなものですね^^;人間から支持され、人気が高まるほど、その神霊は強くなります。悟空の元気玉みたいなもので、「オラにみんなの元気をわけてくれ」です^^もしかすると、「AKB48天女集 [続きを読む]
  • 内緒の話し3
  • で、人間界にゆかりのある神霊は、実に人間臭いわけですね。性質が人間によく似ています。人間にも、権勢を誇って、おごり高ぶって、傍若無人なことをする人もいます。これと同じです。意地悪をしたり、嫉妬をしたり、縄張りを作ったり、威張ったり、足を引っ張ったり、お金やモノ(霊的世界ではエネルギーですが)を求めたり。時に強要したり。パーリ仏典にも、性質の悪いヤッカ(神霊)の事例があります。殺したり、盗んだり、姦 [続きを読む]
  • 内緒の話し2
  • で、宗教団体に集まってくる神霊は、ちょっと変わった方(神霊)でもあるわけなんですね^^;ギブ&テイクを好んだり、自分(神霊)に関心を向けてもらうために仕掛けやイタズラをしたり。「仕掛けやイタズラ」の意味は、推し量ってください^^;で、こうした神霊は、ある程度の力は持っていますが、あまり性質が良いとは言えません。が、こうしたタイプが、宗教団体に集まってきます。しかも、集団化する場合があります。似たよ [続きを読む]
  • 内緒の話し
  • 宗教団体。良い教団?もあれば、悪い教団もあります。もっとも宗教は、団体になった時点で、組織を維持するといった命題は発生して、ここから宗教特有の問題が出てきますね。なので、宗教団体そのものが、問題を抱えているということになります。そんな宗教団体なのですが、実は、それぞれの宗教団体には、その宗教団体に縁のある神霊がいましてね。ええ、いらっしゃいます。で、多くは「本尊」とか「祭神」として祀られるようにな [続きを読む]
  • 神霊と創造主としての神との違い
  • ブログではいろんなことを書いていますが、書いていない(書かない)ことのほうが圧倒的に多かったりします。やはり、文字にしますと、いろいろと差し障りが出てくることがありますので、あんまりなことは書けないですし、書きたくないんですね。で、まあ、ちょっと、ネットでは書きにくいことを、ちょっと書いてみましょうかね。私は、神霊の存在を感じています。心霊ではなく、神霊ですね^^神霊とは、天人のことです。天界に住 [続きを読む]
  • サムシング・グレートとハート・エネルギー(アナハタ・プラーナ)
  • 幼少の頃、大自然の中に「なにか」を感じるケースは多かったりします。人によっては、その「なにか」を「サムシング・グレート」といっています。私も、小さい頃、「サムシング・グレート」を感じていました。で、この「サムシング・グレート」こそ、ハートで感じる「存在の本質」です。いわゆる「それ」。「大いなる存在」です。で、これが鮮烈な体験として感じられるのが「覚醒体験」。「一瞥体験」もそうです。これは、唐突に光 [続きを読む]
  • 安倍政権20の愚策と堤未果「日本が売られる」
  • これはよくまとまっています。【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1) | 「新」経世済民新聞https://38news.jp/economy/12102【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その2) | 「新」経世済民新聞https://38news.jp/economy/12114・PB黒字化目標・消費増税・インフラの未整備・インフラの劣化・公共事業費削減・科学技術予算削減・成果主義(労働時間でなく成果評価)・働き方改革(労働時間と報酬との関係を分断)・労働者派遣法改正・ [続きを読む]
  • スピな怖い話し
  • いやあ、この記事は怖いですね。リンクリファラーを出したくありませんので、興味のある方はURLをコピペしてhを付けてご覧になってください。◎原彰晃 6ttp://asdlkj43.blog.fc2.com/blog-entry-1065.html?sp麻◎彰晃 7ttp://asdlkj43.blog.fc2.com/blog-entry-1069.html?spあと、こういうのもあります。女性の下着を透視するなど楽しいヨガ・サークルだったオ◎ム真理教が「殺戮集団」へと変化した決定的瞬間http://tablo. [続きを読む]
  • 安心できる人間関係の「島」は必要
  • 数日前は、やや深刻気味なご相談。もっとも、悟り系に興味のある方ですので、そっち方面の話しにも。悟り系に興味関心があり、専門的な言葉や観念もわりと知っている方ですので、説明がしやすいですね。突っ込んだ話しもできます。やはりなんだかんだといっても、知識や情報は大切ですね。これがあると無いとでは、説明のしやすさ、奥まったことが言える言えないの違いが出てきます。最上なのは、瞑想もしていて、仏教などの専門的 [続きを読む]
  • 冨田勲「青い地球は誰のもの」に聴くピュアな素直さ
  • 青い地球は誰のものようつべ先生で、たまたま見つけた懐かしい動画。「青い地球は誰のもの」。なんと、冨田勲先生の作品。しかし。結構、ストレートで、小っ恥ずかしいですな^^;あいやー、この手の音楽って、どこか「党首様、万歳!」といった、中国共産党とか、北朝鮮を彷彿とさせる、ちとヤバめな素直さを感じさせましょうか^^;っと、こういう受け止め方は、ひねくれトンボなのかもしれませんが、いやはや、さすがに、あか [続きを読む]
  • 仏教史研究ハンドブック
  • 「仏教史研究ハンドブック」というのがありましてね。原始仏教から、テーラワーダ、チベット、中国、朝鮮、日本の全ての仏教を網羅した仏教総合書です。しかし、購入するのは、いささか抵抗がありましてね。どうも、今ひとつな感がするからです。ところが、幸いに図書館にあったので、借りました。で、借りてみたところ、案の定^^;この本は、仏教の資料を説明したような総合書なわけですね。ただ資料的な価値がありますので、そ [続きを読む]
  • 大変なお仕事
  • それにしても、久しぶりに、いわゆる「スピリチュアル」な界隈を探索しています。何年か前に、覚醒系の人達が、たくさん出てきた時期たありましてね。雲 黒斎(うんこくさい)賢者テラさとう みつろうありがとうアシュタールの人などなど。次から次へと、出てくるんですね^^;こちらの、ブログランキングを見ていると、今の様子がよくわかります。哲学・思想 | 人文 - 人気ブログランキングhttp://blog.with2.net/rank1620-0.htm [続きを読む]
  • ドビュッシー「月の光」
  • わたしゃ、今度、人間として生まれてくるなら、もう少し普通であるとか、異端であっても苦労しない生涯を送りたいですね^^もっとも、この地球、日本での人間界の有り様とは別に、亡くなった後は、天界へ往き、そこでは充実した時間を過ごすであろうと感じていますので、別段、この人間界での生涯に、トラウマがあるとか、悔恨があるというわけではないんですが、やっぱり、人間界というのは、物質的な拘束のある世界だなあ、と思 [続きを読む]
  • マイナス思考・ネガティブ思考とプラス思考・ポジティブ思考との違い
  • マイナス思考、ネガティブ思考の人は、側頭葉が活発であると。プラス思考、ポジティブ思考の人は、前頭葉、脳幹、視床、松果体が活発であると。これを聞いて、「その通り!」と思いましてね。言われて、納得。昔から、頭に響く感覚で、その人となりを感じていましたが、この説明の通り。で、「いまここ」は、脳幹、視床、松果体辺りに共鳴する感じを受けるわけですね。しかし、脳の圧力・共鳴で、思考の仕方を見つけるというのは、 [続きを読む]
  • シックな感じのヒップホップがいい
  • idealism - dont say a word最近のヒップホップはいい。シックな感じがいい。「idealism」。たまたま見つけた。「dont say a word」。この静かな感じがいい。昨日は雨。いただいた百合の花が咲き誇っている。芳醇な香りが、部屋に漂う。まるで天界の如き。百合の花はいい。香りもいい。花はいいものだ。夕方、遠鉄デパートへ行く。「日本美術と高島屋」という展示会が行われている。立ち寄った。素晴らしい。 [続きを読む]
  • Tomppabeats「The Girl Next Door」の元ネタはピエロ・ピッチオーニ
  • Tomppabeats - The Girl Next Doorようつべ先生で、たまたま見つけたヒップホップ。「Tomppabeats」という人の「The Girl Next Door」。いいですなあ。この静かな感じが今風。しかし、元ネタは、60年代の音楽。で、元ネタの音楽は、聞いたことがある。てか、以前、ブログで何度か紹介した曲。はて?なんだったけな?で、ごそごそと検索してみたんですね。マイ・ストック音源を。で、見つけました。これです。Piero Piccioni - Am [続きを読む]