MASAKAZ さん プロフィール

  •  
MASAKAZさん: ドラマティクな日々
ハンドル名MASAKAZ さん
ブログタイトルドラマティクな日々
ブログURLhttp://masakaz.biz/
サイト紹介文ドラマ分析サイト あらすじ、ネタバレ、解説、感想等 ドラマから深いメッセージを読み取る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 16日(平均10.9回/週) - 参加 2018/10/06 21:56

MASAKAZ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 僕らは奇跡でできている 第2話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • ネタバレ少年時代の一輝は、授業中にハエに気を取られる。つい立ち上がって観察する一輝は、先生に怒られる。普通にできずに怒られてばかりいる一輝は、その自責から泣いていた。そんな一輝に祖父は「ハエの足の数」を尋ねる。「6本」と答える一輝に、「大発見だ」と認めてくれる祖父だった。 抜歯をした一輝(高橋一生)は、いつも通り山田(戸田恵子)と朝食をとっていた。山田がズボンを洗ったことに慌てる一輝。「どうしてポ [続きを読む]
  • 僕らは奇跡でできている 第2話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • ネタバレ少年時代の一輝は、授業中にハエに気を取られる。つい立ち上がって観察する一輝は、先生に怒られる。普通にできずに怒られてばかりいる一輝は、その自責から泣いていた。そんな一輝に祖父は「ハエの足の数」を尋ねる。「6本」と答える一輝に、「大発見だ」と認めてくれる祖父だった。 抜歯をした一輝(高橋一生)は、いつも通り山田(戸田恵子)と朝食をとっていた。山田がズボンを洗ったことに慌てる一輝。「どうしてポ [続きを読む]
  • SUITS/スーツ 第2話 あらすじ(ネタバレ)見逃し
  • 第二話あらすじ甲斐(織田裕二)にプロボノ案件を丸投げされた鈴木(中島裕翔)。甲斐は、ボランティアに無関心。鈴木は、一人でその対応にあたっていた。相談相手は、セクハラ院長に追い込まれた看護師・河瀬だった。愛人になるよう迫られた上、不当に解雇、再就職の邪魔もされているという件だった。 甲斐は、物証がない以上「勝てないから辞めろ」と一蹴。しかし、相手の院長の名前を見て気が変わる。それは、政界にも太いパイ [続きを読む]
  • SUITS/スーツ 第2話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • ネタバレ甲斐(織田裕二)にプロボノ案件を丸投げされた鈴木(中島裕翔)。甲斐は、ボランティアに無関心。鈴木は、一人でその対応にあたっていた。相談相手は、セクハラ院長に追い込まれた看護師・河瀬だった。愛人になるよう迫られた上、不当に解雇、再就職の邪魔もされているという件だった。 甲斐は、物証がない以上「勝てないから辞めろ」と一蹴。しかし、相手の院長の名前を見て気が変わる。それは、政界にも太いパイプを持 [続きを読む]
  • 獣になれない私たち 第1話 感想
  • 第1話 感想働き盛りの30代。結婚も考える30代。仕事でもプライベートでも周りを気遣い、円滑に回すためには自分を犠牲にしてしまう。癒しは、行きつけの飲み屋くらい。そんな、忙しすぎる毎日に押し潰れさてしまう女性。現代では少なくないのかもしれない。空気を読める人間は相手に合わせることができる。それは、人に好かれる生き方だが、同時に自分を犠牲にしている。そして、仕事が出来る人は頼られ、甘えられる。 そんな頑 [続きを読む]
  • 不惑のスクラム 最終話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • 最終回「グラウンドで会いましょう」あらすじグラウンドで坂巻(戸田菜穂)と再会する丸川(高橋克典)。坂巻は、「形だけの離婚」という言葉を信じて、丸川の帰りをずっと待ってきた。届かない手紙を書き、娘と丸川のために一人、頑張ってきたのだ。生きることを諦めて、一方的に縁を切っていた丸川は、その気持ちを裏切っていた。「また、一緒に暮らしたい」と訴える丸川だが、坂巻は、「東京で再婚する」と丸川に伝え縁を切る。 [続きを読む]
  • 不惑のスクラム 最終話 あらすじ(ネタバレ)感想 まとめ
  • 最終回「グラウンドで会いましょう」あらすじグラウンドで坂巻(戸田菜穂)と再会する丸川(高橋克典)。坂巻は、「形だけの離婚」という言葉を信じて、丸川の帰りをずっと待ってきた。届かない手紙を書き、娘と丸川のために一人、頑張ってきたのだ。生きることを諦めて、一方的に縁を切っていた丸川は、その気持ちを裏切っていた。「また、一緒に暮らしたい」と訴える丸川だが、坂巻は、「東京で再婚する」と丸川に伝え縁を切る。 [続きを読む]
  • 獣になれない私たち 第1話 あらすじ(ネタバレ)見逃し
  • 第1話 見逃し放送は、huluがおすすめ 行きつけのクラフトビールバー「5tap」でデート中の深海晶(新垣結衣)と花井京谷(田中圭)。目線の先には、派手なファッションの女性・橘呉羽(菊池凛子)と根元恒星(松田龍平)のカップルがいた。出会ったばかりの男と結婚するという呉羽に戸惑う恒星。急遽店全体で乾杯することに。恒星と呉羽は、ただの友人でもない、付き合ってるでもない微妙な関係だった。晶と恒星は、目が合い会釈 [続きを読む]
  • 獣になれない私たち 第1話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • ネタバレ行きつけのクラフトビールバー「5tap」でデート中の深海晶(新垣結衣)と花井京谷(田中圭)。目線の先には、派手なファッションの女性・橘呉羽(菊池凛子)と根元恒星(松田龍平)のカップルがいた。出会ったばかりの男と結婚するという呉羽に戸惑う恒星。急遽店全体で乾杯することに。恒星と呉羽は、ただの友人でもない、付き合ってるでもない微妙な関係だった。晶と恒星は、目が合い会釈する。お互い話すことはないが [続きを読む]
  • 僕らは奇跡でできている第一話 感想
  • 感想兎と亀ウソップ物語は「油断した兎」と「コツコツ努力型の亀」が教訓だが、今回の解釈は違う。 亀は、ひとりきりで山奥に住む陶芸家の如く。周りを気にせず、勝ち負けもない。あえて勝負の相手があるとすれば、それは自分自身くらい。走っていたら決して気づくことのできない道端に置いているものをひとつずつ探索しながらゆっくり、じっくりと歩いていく。それはそれで、確実に一歩ずつ前進していて、そこでしかみれない景色 [続きを読む]
  • 僕らは奇跡でできている第一話 感想
  • 感想兎と亀ウソップ物語は「油断した兎」と「コツコツ努力型の亀」が教訓だが、今回の解釈は違う。 亀は、ひとりきりで山奥に住む陶芸家の如く。周りを気にせず、勝ち負けもない。あえて勝負の相手があるとすれば、それは自分自身くらい。走っていたら決して気づくことのできない道端に置いているものをひとつずつ探索しながらゆっくり、じっくりと歩いていく。それはそれで、確実に一歩ずつ前進していて、そこでしかみれない景色 [続きを読む]
  • 僕らは奇跡でできている 第1話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • ネタバレ森でひとり、探検をする少年。虫や緑と戯れ、大木を発見する。森にある祖父の工房に戻った少年。祖父は、陶芸家だった。祖父の作品の器をうっかり落として壊してしまう。「割れた器を輝かせる方法」を問う祖父。割れた器は、亀の水槽に入っていた。大人になった相川一輝(高橋一生)がiPhoneのアラームで目を覚ます。住み込みの家政婦・山田(戸田恵子)と朝食を摂る一輝。二人は、20年間同居していて、仲が良かった。自転 [続きを読む]
  • 僕らは奇跡でできている 第一話 あらすじ(ネタバレ)見逃し
  • 第1話ネタバレ森でひとり、探検をする少年。虫や緑と戯れ、大木を発見する。森にある祖父の工房に戻った少年。祖父は、陶芸家だった。祖父の作品の器をうっかり落として壊してしまう。「割れた器を輝かせる方法」を問う祖父。割れた器は、亀の水槽に入っていた。大人になった相川一輝(高橋一生)がiPhoneのアラームで目を覚ます。住み込みの家政婦・山田(戸田恵子)と朝食を摂る一輝。二人は、20年間同居していて、仲が良かった [続きを読む]
  • SUITS/スーツ 第1話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • ネタバレ幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める「幸村・上杉法律事務所」は、日本4大弁護士事務所。その事務所のクライアントの社長、ダイス・スズキは、パワハラのスキャンダルに巻き込まれていた。「甲斐先生はどこにいる」チカに詰め寄る。甲斐正午(織田裕二)は、コンサート会場で女性とデートの真っ最中だった。弁護士資格を持つダイスは、しびれを切らせ、「自分で交渉をする。顧問契約は解消だ」という。甲斐不在の [続きを読む]
  • 不惑のスクラム第6話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • 第6話「ワンフォーオール・オールフォーワン」あらすじ週末に丸川(高橋克典)を呼び出した金田(村田雄浩)。そこでは、少年ラグビーチームのコーチをする金田の姿があった。丸川の見事なキックを見て素直に喜ぶ少年たち。居酒屋で学生時代の話をする二人。忘れられない試合を振り返る。金田は、優勝候補にして、一回戦で敗退した過去があった。その後、大学で怪我で辞めた金田。実際は、ライバル中岡に比べ、自分の先を見切って [続きを読む]
  • 不惑のスクラム第5話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • 第5話「トライのある人生」あらすじ丸川(高橋克典)と麦田(松尾諭)は、「ヤンチャーズ」に復帰。再び全員揃っての練習が始まる。そんな中、二階堂(高橋光臣)は、会社で冴えない管理職をやっていた。技術屋として、現場が好きだった二階堂は部下を持つ管理職に中々慣れなかった。「空気が読めない」周りには、そう言われるタイプであった。夜の階段でひとりトレーニングをする丸川。そのトレーニングに二階堂が付き合い、相談 [続きを読む]
  • 不惑のスクラム第4話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • 第4話「命のパス」あらすじ丸川(高橋克典)は、弁護士に賠償金を払いに来ていた。しかし、被害者遺族は、受け取りを拒否。自己満足でしかなかった。車椅子の梅塚(竹中直人)が宇多津(荻原健一)の見舞いにきていた。宇多津は、3年前の試合で怪我をさせた梅塚に改めて謝罪する。しかし、梅塚は人のせいにはしていなかった。強い梅塚に宇多津は、死への恐怖を打ち明ける。「ラグビー(人生)は、ターンオーバーしてからが見せ場 [続きを読む]
  • 不惑のスクラム第3話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • 第3話「シャドウ・キャプテン」あらすじ自分の過去を打ち明けられないまま「ヤンチャーズ」に入部した丸川(高橋克典)。ラグビーのお陰で、再び生きる目的ができていた。緒方(徳井優)は、「ヤンチャーズ」の主務である。プレイではいまいち活躍できないが、裏方として、チームを支えていた。チームのブログ運営を担う緒方。丸川から写真の削除依頼を受けていた。緒方は、宇多津(荻原健一)の会社の部下だった。14年前に人数 [続きを読む]
  • 不惑のスクラム第2話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • 第2話「おやじの居場所」あらすじ「ヤンチャーズ」への入部を決めた丸川(高橋克典)は、皆に歓迎されユニフォームを渡される。彼は丁度記念すべき100人目のメンバーだった。初練習の後、いつものように飲みに行く。そこで、キャプテン金田(村田雄浩)は、練習中に声の出てない丸川を「卑怯者だ」と叱りつける。チームメイトの陣野(渡辺いっけい)はフォローする。しかし、皆に自分の過去を話していない丸川は、その言葉が胸に [続きを読む]
  • 不惑のスクラム第1話 あらすじ(ネタバレ)感想
  • NHKオンデマンドならU-NEXTがオススメ第一話「老いてなおヤンチャであれ」あらすじ刑務所から出所した丸川(高橋克典)は重い過去を背負い死に場所を探していた。橋の下で覚悟を決め薬を大量に飲もうとする。とそこに、ラグビボールが飛んでくる。丸川は鬱陶しそうに蹴り返した。ボールは見事に飛んでいく。ボールを拾いに来たのは高齢のラガーマン宇多津(荻原健一)だった。丸川をラグビー経験者と見込んだ宇多津は、強引にグラ [続きを読む]
  • 義母と娘のブルース 最終話 解説 感想
  • 見逃し配信はU-NEXTがオススメあらすじ章のプロポーズは、亜希子に受け入れられなかった。理由は、「良一を忘れていないし、すでに私は満たされている」ということだった。その一件があって以来、店内ではお互いに遠慮する微妙な関係になっていた。一方みゆきは、大学受験の当日を迎えていた。亜希子も親として自分のことのように全力で応援する。そんな中、良一の元上司笠原から亜希子にぴったりな転職先を紹介される。興味を示す [続きを読む]
  • 義母と娘のブルース 第9話 解説 感想
  • 見逃し配信は、U-NEXTがオススメあらすじリニューアルオープンした「ベーカリー麦田」は、亜希子の戦略のお陰で大好評。テレビ取材が来るほどになった。その取材対応にも深い配慮を見せた亜希子に章は感動。ついにプロポーズする。しかし、その手の話に鈍感な亜希子は全く理解せずに終わってしまう。一方、大樹は「母の恋愛」に対して、みゆきの心情が複雑であることを察し、章にそのことを伝えていた。しかし、その報告を聞いたみ [続きを読む]
  • 義母と娘のブルース 第8話 解説 感想
  • 見逃し配信は、U-NEXTがオススメあらすじ亜希子はファンのいない今の店を一度閉め、リニューアルオープンで仕切り直すことにする。ママ友達と打開策を練り、今の麦田が個性や魅力に欠けていることに気付く。先代の頃は確かにファンが多かったことから章の父に協力を頼む。しかし、焼かせるだけで何も教えない父に章は怒って店を飛び出してしまう。そこで明らかになったのは、「思い入れ」の違いだった。まずは「自分が本当に旨いと [続きを読む]
  • 義母と娘のブルース 第7話 解説 感想
  • 見逃し配信は、U-NEXTがオススメあらすじ「ベーカリー麦田」は、倒産寸前。全く自覚のない章に亜希子は、プロ並みのコンサルティングで再建を挑む。その甲斐あって一度は客足が戻るが、結果としてパン自体の魅力の無さが明るみに出る。受験生のみゆきは勉強が苦手。ひろきに勉強を教えてもらうが、中々結果はでない。優秀な母親を持つ子供としての劣等感をついに爆発させてしまう。亜希子と喧嘩したみゆきは、ひろきに相談。亜希子 [続きを読む]
  • 義母と娘のブルース 第6話 解説 感想
  • 見逃し配信は、U-NEXTがオススメあらすじ学校にいたみゆきに突然、良一が亡くなったと伝えられ、葬儀が開かれる。喪主の亜希子は淡々と手際よく業務をこなす。皆が心配する中、みゆきも平気な様子。亜希子に距離をおいて手伝いをしていた。不自然に思った下山は、「母親として娘と悲しむべきだ」と亜希子を叱る。みゆきは、状況を察し、一人で生きていく覚悟をして気丈に振る舞っていた。亜希子は、みゆきを抱きしめ「二人で楽しい [続きを読む]
  • 過去の記事 …