すぎやん さん プロフィール

  •  
すぎやんさん: 株や投資信託で老後資金を無理なく貯めよう
ハンドル名すぎやん さん
ブログタイトル株や投資信託で老後資金を無理なく貯めよう
ブログURLhttp://fanblogs.jp/kabubest/
サイト紹介文私が、株について思った事やいろいろな情報を書いていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 8日(平均15.8回/週) - 参加 2018/10/07 00:21

すぎやん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 分散投資した方が本当にいいのかな
  • リスクを減らすために分散投資をした方がいいとよく言われていますが、今のように世界的な株価の下落の時は分散投資しても分散投資しなくても同じように金額が下がっていっていると思います。しかし、世界的な株価の下落ではない場合は分散投資していた方が確かにリスクが減ると思います。1か所に集中していてそこが潰れたら終わりですからね。まぁ、要するに分散投資・・・ローリスク・ローリターン集中投資・・・ハイリスク・ハ [続きを読む]
  • IDECOをする場合、銘柄選びで気を付ける事
  • イデコは、分配金にかかる税金が0円です。また、分配金は自動的に再投資されます。そこで、私が考えるイデコの銘柄選びのポイントは、本当にその銘柄は、分配金が出るのか?私が、投資信託をした時はほとんどの銘柄の分配金が0でした。今、投資信託の銘柄を見てみると分配金を出す銘柄が多くなっています。しかし、分配金を出さない銘柄はあいかわらず多いです。分配金が、0ならば税金がタダでも意味がありません。もちろん、0なら [続きを読む]
  • お金を貯めるには
  • お金を貯めるには、お金を貯めるような仕組を自分で作っておくといいでしょう。たとえば、イデコのように毎月きまった額をひきおとされたり、積み立てNISAのようなに毎月、決まった額を積み立てたり、いろいろな方法があると思います。いざ、お金を貯めようと思っても実際には、なかなか貯められない物です。よく、家計の支出を調べてどの部分を削ると書かれてありますが、あなたなら本当にできますか?恐らく、ほとんどの人が挫折 [続きを読む]
  • IDECO(イデコ)とは
  • イデコとは、国が作った個人型年金制度です。毎月、決めた金額を60歳まで貯める年金制度です。このIDECO(イデコ)には、税金の面で優遇措置が取られています。期間中に発生する利益に税金が発生しない事です。現在、どんどん利用者が増えてきている物です。 [続きを読む]
  • 人気証券会社の比較
  • 人気証券会社の比較・商品数が多いのが一番の売りです。・投資情報が多いのも売りですね・少額の手数料が安いので、コツコツと貯める人に向いています。・銀行に預けておくとついお金を引き出しそうな人は、ここに少額づつお金を置いておくのもいいかも知れません。 [続きを読む]
  • NISAと積み立てNISAとジュニアNISAの違い
  • NISAと積み立てNISAとジュニアNISAの違い NISA積み立てNISAジュニアNISA ・年に120万円、最長5年間 非課税となる。(最大600万円)・対象は、日本に住む20歳以上の人。・取引できる口座は、1人1口座。・非課税となるのは、上場株式や株式投資信託の譲渡益と配当金。 ・少額から投資できる。・年に40万円、最長20年間 非課税となる。・最初に毎月積み立てる金額を設定すれば、後は勝手にその金額を投資し [続きを読む]
  • 日本国債は、本当に安全?
  • よく、国債は元本割れをしないから安全といわれています。しかし、ネットで調査してみるととんでもない結果になっていました。それは、日本の金利があまりにも安いので銀行に預けてもそこまで利子がつかないという事と、もう一つは日本の物価がものすごく上がっている事です。つまり、どういう事かというと仮に銀行に100万円預けたとします。現在、利子がすくないのでよくて数百円くらいにしかなりません。一方、物の値段はどんど [続きを読む]
  • デイトレードと長期保有 どっちがお得?
  • デイトレードと長期保有 どっちがお得?これは、私はデイトレードはハイリスク・ハイリターンだと思います。一方、長期保有は、ローリスク・ローリターンだと考えています。しかし、会社の業績悪化で会社が倒産してしまう事もありますので必ずしも長期保有がいいとは言えません。要は、株をする人がデイトレード向きなのか それとも 長期保有向き なのかの違いだと思います。また、デイトレードをする人はよくパソコンで調査し [続きを読む]
  • 会社の社員のやる気を引き出すやり方
  • 会社の社員のやる気を引き出すやり方社員全員に会社の株をやるという方法です。ただし、社員には株を売買できないように会社が管理しておくと更に良いでしょうその社員が、会社を辞める時に社員に渡していた会社の株を渡せばいいだけですからね♪すると、どうでしょう!会社の業績が上がると、配当金をアップする会社があります。つまり、給料以外にも会社の業績が上がれば上がるだけ貰えるお金が増えるわけです今まで、普通に働い [続きを読む]
  • 株価が下がりました。もう、売り時でしょうか?
  • 株価が少し下がったからと言ってすぐに売り時と勘違いをしてはいけないまず、その会社の今置かれている状況にもよります。世界的に株価が下がっている場合は、また持ち直す可能性があります。また、このような場合 本当に損をしているのでしょうか?株価が下がったから損をしていると決めるのは早計ではないでしょうか?なぜなら、それまでその会社から貰ってきた配当金や株主優待があるからです。仮に25万円が20万円に株価が下が [続きを読む]
  • 【投資信託】ドルコスト法とは
  • ドルコスト法って聞くけど何?投資と言っても「一括投資」と「積み立て投資」というものがあります。例えば、投資信託で買った金額が10000円から9000円になったとします。一括投資の人の場合は、損をしたと思うでしょう。しかし、「積み立て投資」の人は逆に今が設け時と思う人もいると思います。それは、「積み立て投資」の場合定期的にある物を買うように設定してあるからです。つまり、100口10000円だったのが100口9000円(投資 [続きを読む]
  • 毎月、分配金が来る銘柄
  • この投資信託の銘柄は、毎月分配金が来ます!毎月、分配金が来る銘柄はよく元本を崩して分配金を支払っているとよくネットで見かけます。本当にそうでしょうか?企業が、損をわざとしてまでするでしょうか?私は、投資信託の口数を買うとお金が手に入るのでそれで株を買っているのが投資信託だと思っています。つまり、企業には上場企業から配当金が入って来ているはずです。その一部を分配金として毎月出していっていると思ってい [続きを読む]
  • 老後資金の私の考えた貯め方
  • 【老後資金の私の考えた貯め方】皆さん、お金を貯めようと思っていてもお金があるとすぐに使ってしまっていませんか?また、すぐに使わないように貯金しておこうと思っても「今、お金が必要だから仕方ないからお金をおろそう」とかおもっている人も多いと思います。また、貰える年金の金額もだんだんと減っていっています。そこで、私の考えた老後資金の貯め方を紹介したいと思います。1.まず、株を買います。これは、株を買うとほ [続きを読む]
  • 過去の記事 …