mokke さん プロフィール

  •  
mokkeさん: piyocom
ハンドル名mokke さん
ブログタイトルpiyocom
ブログURLhttps://piyocom.co
サイト紹介文手乗り崩れでお迎えした文鳥と、そろそろ老いじたくが必要なキンカチョウとの日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 67日(平均3.6回/週) - 参加 2018/10/07 18:31

mokke さんのブログ記事

  • 我が家のペレット試食会
  • ネルをお迎えしたことをきっかけに、ペレットのお試しセットを取り寄せてみました。 我が家では、・先々代の時代(10年以上前)…ペレット?何それ。な状態・先代の時代(5-10年前)…おやつかサプリには、なるかな?な状態な感じで、ペレットとつきあってきました。 やっぱり、鳥たち自身が好きなものを食べさせてあげたい、というのが私の考え方なので……。我が家の鳥たちは、明らかに、シードを食べているときの方が美味しそう [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え20日目-おにぎり文鳥めざしてGO-
  • 最近はもっぱら、ケージの外へネルを呼び出す道具としてYoutubeを使っています。呼び出すだけならどんな文鳥動画でもよいのですが、文鳥のケンカ声が入っているものは避けています。ネルが緊張してしまうためです。うーん。温和なのか、ビビリなのか……? 今はもう日課になりましたすこし前の記事にも書きましたが、我が家では、ネルに水浴びを勉強してもらうためにYoutubeを使ったことがあります。ネルに何か覚えてほしいことが [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え19日目-初☆手の上でうとうと-
  • リビングに移動してから数日後、ネルのケージを、ラックの下段に移しました。それからは、できるだけネルから見える場所にいてあげられるよう、私は近くのサイドテーブルで仕事をするようにしています。作業するには少し窮屈な場所なのですが、馴れてもらうまでの辛抱だと思って。 大騒ぎして出せ出せアピールをするくせに、ケージの扉を開けても、ネルはすぐに飛び出してきません。まだ、外の世界が少し怖いみたい。 文鳥動画を2- [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、シニアキンカに怒られる
  • もう長いこと、モノたんの怒り声は聞いていませんでした。数年ぶりに、聞くことになるとは。 たしかにモノたんは、若い頃はケンカっぱやかったのです。自分の倍くらい大きな文鳥に向かって、一歩も引きませんでした。(そして、文鳥の気性もご存じのとおりなので、同時放鳥はあきらめました……) それが、3-4歳くらいから急に怒らなくなって……。年を取って丸くなったのかと思っていました。 先代とモノたんの2ショット。同い年 [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え18.5日目-里親の悩み。お迎え前の習慣-
  • ネルは少しずつですが、我が家に慣れてくれているように思います。しかし、つい数週間前まで、ネルは別の家で暮らしていました。それまでの習慣だと思われることで、今も悩んでいることがあります。 前回の記事でもさらりと書いたのですが、ネルは朝晩に大騒ぎをするのです……。 具体的に言うと、決まって朝7〜9時、夕方16-18時くらい(放っておくとその後もずっと)まで毎日、 ・激しい呼び鳴き・ケージ内を飛び回る&金網に張り付 [続きを読む]
  • 今年の保温、まだまだ試行錯誤中……
  • もう12月!先月下旬から、都内も一気に気温が下がってきました。我が家でも先日、ようやく今年の冬支度が完了しましたよ。 とは言え、既製品とハサミしか使っていない(ほとんど工作無し)の対策なので、手を動かす時間はほとんどかかっていません……(笑) 今年はビニールシートでラックごと覆ってみました。 前面は上げているので、分かりにくいですが、側面と背面にシートがかかっています。最寄りのホームセンターの量り売りコ [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え16日目-手乗り化への道、ふたたび-
  • 健康診断やケージ移動などで、ネルの放鳥は数日ぶりとなってしまいました。それに、健康診断の際のキャリー移動で、飼い主への信頼度も下がっており……。それ以降は、軽く避けられているような雰囲気でした(涙) もっとも、今のネルは、新しい部屋に慣れるのに忙しいのかもしれません。本気噛みは、気がつくとほとんどなくなっていました。 今でもほんとうに怖いときは、ツボ巣に逃げ込んでしまいますこれまでは、リビングとは別室 [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え14日目-先住鳥とご対面-
  • 健康診断を終えた翌日、晴れてネルのケージをリビングへ移動しました。我が家の鳥たちは、代々そこで過ごしています。今後はネルも、ここで過ごしてもらう予定です。 これからは、心の中にいるからね。移動前に、それまでほぼ生前のままにしておいた先代文鳥のケージを片付けました。お空に帰ってから、もう何ヶ月も経っていたのに、また泣いてしまいました……。だいぶ立ち直ったつもりではいましたが、やっぱり、一緒に暮らした [続きを読む]
  • キンカチョウ、くちばしの色
  • ふと気になって、モノたんのくちばしの色を、時間を追ってさかのぼってみました。気になった理由は、文鳥だと、血行がくちばしの色にそのまま表われるからです。キンカチョウもそうなのかな?と思いまして……。 文鳥だと、年を取ったら、病気はなくても、くちばしの色は少しずつ薄くなっていくような気がしています。ヒナくちばしの黒色が抜けてきていますモノたんの写真を見比べてみました。生後一ヶ月ほど。ヒナ換羽中だったみ [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え13日目-健康診断で信頼ゲージ激減-
  • ネルをお迎えしてから約2週間。やっと、健康診断に行ってきました。 手乗りの子でも、病院に連れて行くのは気疲れします。温度や揺れに気を遣わなくてはいけないので、私などは毎回ぐったりです。(もちろん、鳥たちも疲れるのでしょうが……) 手乗りくずれの場合は、それに加えて「ケージに入れる」作業が加わります。これが大変なのですよね……。手乗りなら、ヒナ時代になれさせているので、キャリーにはすんなり入ってくれま [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え12日目-文鳥もYoutubeを活用-
  • 手乗りになってもらうことが最優先だったので、あまり気にしないようにしていましたが……。なかなか慣れてもらえなかったことの一つが、水浴びです。 もちろん、バードバスをケージ周辺に置いたり、設置してみたりしてはいました。でも、ネルはこれまでまったく関心を示さなかったのです。視界に入っても、怖がることはなくなったので、バードバス自体には慣れたのだと思います。 いつか、ケージにつけるタイプのバードバスを使っ [続きを読む]
  • キンカチョウの寝言
  • モノたんは寝かせた後に、ほぼ毎日寝言を言います。正確には寝言なのか、目をカッと見開いて言っているのか、お休みカバーの内側のことなので分かりませんが……。とにかく、モノたんが若い頃からそうなのです。 時間もだいたい決まっていて、午後8-9時ごろに1回目。これで終わる日もありますが、午後10時を過ぎてからもう一回鳴いたりします。もしかしたら、深夜、人間が眠ってからも言っているかもしれません。 若い頃。昼間も狭 [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え11日目-思い出した文鳥の足-
  • ケージに手を入れても、ネルは細くならなくなりました。餌の交換どきには、手を入れた状態で少し動きを止めていると、寄ってきてつつくようになってくれています。 ただし、軽くつつくだけのときもあれば、本気噛みのときもあり。そのタイミングのネルの気分らしく、タッチされるまでどっちになるか分からないので、毎回スリリングです……。 数日前から、歌だけでなくちょんちょんと跳んで、ダンスっぽいこともたまにやるようにな [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え10日目の怪談
  • ケージの中だけど……。すごく噛まれてますけど……。やっとネルに手に乗ってもらえました!うれしいです。 でも、ここまでのネルとのやり取りで、怖いとまで思ってしまっていることがあります。「鳥は人の心を読む」鳥を飼っている人には、思い当たることも多いと思います。 分かりやすい例だと、ケージに入れられたくなくて、鳥が逃げるときでしょうか。なぜか同じように近づいても、「捕まえてやろう」と思っているときとそうで [続きを読む]
  • 発作のその後
  • モノたんがはじめての発作を起こしてから、しばらく経ちました。今のところ、再発はせずに済んでいます。 その代わり、と言って良いのか、放鳥時のモノたんの行動パターンが変わりました。発作を起こしたときに、収まるまで抱っこしていたのですが、どうやらそれが気に入ってしまったようです。 破壊活動中。これまでは、時間いっぱい遊んでいました。先代文鳥が亡くなってからは、私の周りにいることも多くなってきましたが、それ [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え9日目-ケージ内*限定*手乗りへ-
  • 数日前から、お世話のためにケージ内に手を入れても、ネルは動じなくなりました。 この日は菜挿しを取ろうと手を入れたら、手をつついてくれました。偶然、くちばしが当たったのかなとも思いましたが、青菜を交換してもう一度ケージに手を入れた時も、わざわざ近づいてきてつついてくれたのです! 一方で、ガブガブ噛みも続いていますが……(涙)。今回のは遠慮がちでご挨拶といった感じ。 手をつついてもらっただけで、こんなに嬉 [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え7日目-ガブガブの洗礼-
  • お迎え一週間目となったので、ネルの今の状態をおさらいしてみました。ヒナ換羽は済んでいて、おぼつかないさえずりも始まっている、生後約5ヶ月の男の子です。 ・ケージの中ではリラックス・ケージの中では呼ぶと寄ってきてくれる・手には乗れない、でも手渡しで餌は食べる・食べ物はまだ新しいものも受け入れる・ケージの外は怖い・飼育用品の変更はもう怖がる 書き出すと、こんな感じでしょうか。 ほぼ成鳥に近いので、これから [続きを読む]
  • シニアキンカ、初めての発作
  • ついこの間の話になります。モノたんは、生まれてはじめて発作を起こしてしまいました。 その日も、ケージから出して肩に乗せるまで、モノたんに変わった様子はありませんでした。ただ、いつまでたってもモノたんは肩から降りてきません。いつもなら、勝手に飛び降りて遊び始めるのに……。 おかしいなと思って、振り返ったら、モノたんはふらふらしていました。そのまま、肩から転げ落ちてしまったのです。 おどろいて抱き上げま [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え6日目-アウェイよりホームで仲良く-
  • ケージの中では、のびのび過ごすようになったネル。しかし、そのせいなのか外出(ケージの外に出る)には、ますます興味がなくなったように見えます。呼ぶと首は伸ばすのですが、入り口を開けても出てこなくなりました。 おとといまで、餌でおびき寄せる作戦だったのですが……。これはネルがケージから出てこないことには実行できませんし……。出てきたとしても、食べに来てくれないし……。 なのに、ケージのある部屋に入ると、 [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え5日目-ケージ越しなら平気だよ-
  • お迎えして5日目になりました。まだまだ手には乗ってくれませんが、今朝から、ネルの態度が少し変わってきました! 朝の餌や水の交換で、緊張しなくなりました。お世話のときに、指の付け根くらいまでならケージに入れても騒がなくなったのです。 親しげに近づいてきましたうれしかったのは、名前を呼ぶと、そばに降りてきてくれたこと。なになに?って表情ですね。ケージの金網越しだとかなり警戒心が解けたみたいで、名前を呼ぶ [続きを読む]
  • シニアキンカのバリアフリー③
  • 前回の記事で触れた、モノたんのケージが介護に向いていないと思った点について、書いておくことにします。特定のケージについて書くことになってしまいますが……そもそも、介護のことが考えられたケージというものが、国内に存在していないように思います。(ので、そのケージだけにもの申したいわけではないです)なので、結論も出ていない記事です……。 今はペットとして長生きする小鳥も増えてきたそうです。また、そうでな [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え4日目-初めてのケージ掃除-
  • 今日は、ネルのケージの清掃を予定していました。 荒鳥のケージ掃除の方法を調べてみると、同じケージを二つ用意して、入り口をくっつけるというのがあるそうです。掃除の時は(掃除しないケージへ)移動してもらう。確かにこれだと鳥のストレスは少なそうです。 でも、ネルは荒鳥ではないです。それに、自分でケージに戻れるということだったので、放鳥しておけばいいかと考えていました。 しかし、うちに来て4日目。今のところ、 [続きを読む]
  • 手乗りくずれ文鳥、お迎え3日目-いやいやタッチ&ゴー
  • 3日目。お休みカバーをめくると、ネルは奥の止まり木へ逃げていきました……。 もちろん、心当たりはあります……。昨夜、追い回して捕まえたからです。手乗りにする場合は、鳥が嫌がることや、怖がることは絶対にしてはいけません。ネット上でもさんざん言われていることなのに、やってしまいました。初日と同じくらいにネルとの心の距離が離れてしまったと思います。 ヒナから育てた子たちも、嫌がること(爪切りなど)をすれば [続きを読む]
  • キンカチョウは馴れづらい?
  • たびたび、そんなトピックをネット上で見かけます。 これまでモノたんしかお世話したことがありませんが……個人的には「愛情表現がヘタなだけで、学べれば、だんだんうまくなっていく(馴れていく)」かな?と思っています。 モノたんは、文鳥やインコのように、最初から人間に分かるように、愛情表現をするわけではなかったです。手乗りは手乗りなんだけど……。 呼ばれてるなー。どうしようかなー。(だいたい来ない)挿し餌期 [続きを読む]