funky-harmonica さん プロフィール

  •  
funky-harmonicaさん: my-harmonicaブログ
ハンドル名funky-harmonica さん
ブログタイトルmy-harmonicaブログ
ブログURLhttps://my-harmonica.blog
サイト紹介文ハーモニカにはまっています。クロマチック、テンホールで楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 10日(平均12.6回/週) - 参加 2018/10/08 08:05

funky-harmonica さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 穴番号も大切でした
  • にほんブログ村昨日のブログで譜面は穴番号でなく、音符を見て練習したい。なんてこと書きましたが、いざ実際に穴番号を外して音符を見ると落とし穴に気が付きました。譜面が”♯”も”♭”も付いていない場合には文句なしにわかりやすい。しかし、♯”も”♭”が三つ、四つも付くようになると混乱することに気がついた。take fiveの譜 ひとつくらいならなんとかなりそうですが、曲を暗譜できるようになるまで肩肘張らずに譜面と向 [続きを読む]
  • OrchestraとJazz
  • にほんブログ村 2018-10-15Jazzとオーケストラの違い学ぶ楽しさ出来上がる嬉しさを音楽に向き合うようになって知りました。昨日のブログでは楽譜の数字ばかり当てにして練習していると曲が個性がなくなってしまいかねない、なんてこと書きました。そうであるかどうかは自分なりの思いつきなので、ご批判があるかと思います。ブログ=日記 と言うスタンスで自分が感じたことを書き続けます。さて、今日の話題はJazzとオーケ [続きを読む]
  • ハーモニカ譜面で便利な穴番号
  • にほんブログ村ハーモニカ譜面で便利な穴番号ハーモニカの楽譜には吹き吸いの音穴を番号で表しているのでとても便利です。吸いは○で囲んだ数字。半音には○の下にアンダーライン・吹きは○無し、半音はアンダーライン。それが逆に不便に感じる時がある。練習していてその穴番号しか目にゆかない。ハーモニカで使用する音符には吹き吸い番号があります 親離れ子離れ要するに音符をまるで見ていない、確認していない。確認していな [続きを読む]
  • 上達のコツ
  • にほんブログ村上達するコツは?何年か前にグレゴア・マレのクロマチックハーモニカとFederico・binariのテンホールハーモニカ講習会に行った時に奇しくも同じ事を教わった。それは練習の基本は毎日の音階(スケール)練習だと。特に半音の入ったスケール練習の繰り返しがセオリーだ、と。同じことを話された。そうは言うものの音階(スケール)練習は退屈で飽きる。しかし単純な繰り返しのリズムは時にして快く思える時もある。退 [続きを読む]
  • 川崎Jazzアカデミー第4回目
  • にほんブログ村川崎jazzアカデミー第四回を受講川崎Jazzアカデミー第4回 今回のテーマは「即興演奏とはポリリズムとペンタトニック」講師はピアノ歴60年奏者の佐藤允彦氏です。Jazzとはアフリカ由来のリズムとヨーロッパ由来の和音の融合した音楽のこと。これぞJazzだと言う定義はない。Jazzの名前の由来は多数あるが、そのうちのひとつに花のジャスミンがある。ポリリズムとは黒人の二分割、三分割で歩く独特な歩行リズムが、繰 [続きを読む]
  • クロマチックとテンホール比較
  • にほんブログ村ようやくハーモニカで曲を吹けるようになって来たかなと思える昨今です。そんな程度ですがクロマチックハーモニカとテンホールハーモニカの比較をしてみます。自分が手にしてる楽器の範囲内での感想なので、プロのハーモニカミュージシャンから間違いだとご指摘されるかも知れません。ですがそこはブログの話題という程度のあえて比較をしてみた感想です。◎クロマチックハーモニカ・クロマチックハーモニカでは音符 [続きを読む]
  • ハーモニカの掃除
  • にほんブログ村ハーモニカのメンテナンスこれから寒くなるとクロマチックハーモニカに大敵なバルブの引っ付きが起こります。息を吹き込む際にを出すときに”ん、っぷ”とか”プッくん”と音が出にくい症状。自動車の窓ガラスが曇るのと同じなんですね。冷たくなってるハーモニカに息が吹き込まれた事によっての症状。通常、寒冷期には演奏前にはハーモニカを温めておくようにと注意書きがあります。かといって、そうそう演奏、練習 [続きを読む]
  • ハーモニカテクニック
  • にほんブログ村ハーモニカのテクニック一体どんなハーモニカテクニックなのかと疑問に思われるでしょうね。タイトルどうりのテクニックではありません。ハーモニカでつまづいた時の単なる解消法です。歌い出し、演奏の音だしで曲の先頭がとても緊張します。緊張してるから口元が硬くなる。硬くなるから音が割れる。休符が入っているとさらに緊張は高まる。半拍の、一泊の、さらには八小節待ってとなると気持ちの高まりはさらに悪化 [続きを読む]
  • 空洞が音を創るハーモニカ
  • にほんブログ村ハーモニカは身体の一部分で音響効果が決まる。ギターやピアノは胴の空洞で音が増幅され妙なる音が醸し出されます。 空洞の胴を持つギター ハーモニカは小さな楽器です。どうやっても音響効果を生み出す空洞はありません。その空洞は演奏するす人の身体で表現します。身体のどこを空洞にするのでしょう。ハーモニカを咥えた時の舌と上顎の空洞を創り出し共鳴させます。空気を吸った時、吹いた時に舌を [続きを読む]
  • サイレンサー付きハーモニカ
  • にほんブログ村サイレンサー付きハーモニカ「サイレンサー付きテンホールハーモニカ「忍SHINOBIX(シノビクス)」」がSUZUKI楽器から10/19発売予定だそうです。通常のハーモニカと比べて音量を約1/5まで下げられるとのこと。音を気にせず練習できて良さそうです。小さな楽器のですが、高音になると周囲が気になります。特に夜間の練習時だと近所に気兼ねして窓を開けることも憚られます。同居している家族にも迷惑になりがち。そんな [続きを読む]
  • 川崎JAZZアカデミー第3回を受講
  • 川崎JAZZアカデミー第3回を受講しました。今回の講師は梶原順氏。川崎jazzアカデミー3回目を受講しました。柁原順氏の抑えたトーン声質でjazzの歴史からポップス、jazz、ブルースの違いを講演。3回目のjazz講義を大まかにまとめてみました。ブルースとは歌い手のパーソナルな話題が歌詞。ブルースは誰かが「きょうの仕事は辛かった」に「辛かった、辛かった」と周囲が一緒に歌い上げるのがブルース。ブルースは人種差別の象徴でも [続きを読む]
  • クロマチックってなんだろう?
  • にほんブログ村クロマチックハーモニカのクロマチックって、どんな意味?クロマチックハーモニカのクロマチックってどんな意味を持つのかchromagticの英語自体には”色彩”との意味があるようです。ところで楽器のっクロマチックとは、何?クロマチックはリード楽器で半音階が出る楽器とありました。クラリネット、サキソフォンもリード楽器ですがクロマチックとは呼ばないようです。ではどんな楽器が該当するのか。アコーデオン、 [続きを読む]
  • クロマチックの音のキレ比べ
  • 2018-09-30にほんブログ村ハーモニカの音の違いを二日前に試しました。きょうはハーモニカが変わるとキレに違いが出るかを試しました。多くの本数を持っていないので、手元にあるだけのクロマチックでキレ比べです。キレ比べするのは前回と同様の3本。では比べてみます。・LARRY ADLER-16 7574/64https://my-harmonica.blog/wp/wp-content/uploads/2018/09/Larry.m4a ・SUZUKIã?®SIRIUS S-48https://my-harmonica.blog/wp/wp- [続きを読む]
  • 川崎JAZZアカデミー(2/5回)
  • 川崎シンフォニーホールで2回目のJAZZ講習会がに出席した。今日の講師はJAZZシンガーの斉田佳子さんでした。川崎JAZZアカデミー後半は♪.ギター平岡雄一郎さんで斉田佳子さんが歌う。とても良かった。講習の内容は1)バンドとシンガーの立ち位置の違い。・曲のキーの変更をバンドは嫌う。・ヴォーカルがの譜面は読みづらい。・バンドはアドリブを演奏するのが大好き。2)popsとJAZZの違い。○ pops・よりオリジナルに近くカバ [続きを読む]
  • クロマチック聴き比べ
  • 2018-09-28きょうはクロマティックハーモニカの吹き比べをして見ました。テストしたのはSUZUKIのSIRIUS S-48とHOHNER Larry Adler Professional 16HOHNER Super 64練習曲で吹き、聴き比べです。まずはLARRY ADLER-16 7574/64https://my-harmonica.blog/wp/wp-content/uploads/2018/09/Larryadler.m4a SUZUKIのSIRIUS S-48 12穴48音https://my-harmonica.blog/wp/wp-content/uploads/2018/09/Suzuki.m4a HOHNER Super 64 7584/412ht [続きを読む]
  • Chromatic harmonicaって何?
  • 2018-09-27クロマチックハーモニカの特徴はレバーをスライドさせて半音が出ることです。ひとから趣味はと問われてハーモニカを練習しています。すると「ああ、小学校でやったよ」が大方の返事。ハーモニカには色々な種類があります。クロマチックハーモニカ、テンホール(ブルースハープ)、複音ハーモニカ、アンサンブルハーモニカ。結構あるんですね、ハーモニカといっても。クロマチックハーモニカの穴数は、下記写真にある通り [続きを読む]
  • ひまわり
  • 2018-09-24映画『ひまわり』は、マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンが主演した、1970年公開のイタリア・フランス・ソ連の合作映画です。音楽はヘンリー・マンシーニ作曲の悲しげなメロディで切ない戦争の悲惨な映画でした。『ひまわり』は映画館で2回、TV映画劇場で2回ほど観ました。なぜそれほど観たのか思い出せません。20代にっ観た時には、その悲惨さは伝わってきませんでした。自分は若い頃はそれほど女性に [続きを読む]
  • 山下伶コンサートに行って来た
  • 山下伶 横浜コンサートに行って来た。50名ほどの小ホールはファンで満員だった。5時30分スタートの演奏は途中15分ほどの休憩を挟んで7時30分まで。今回は田中葵さんのピアノと共演でした。山下伶さんが演奏する童謡「赤とんぼ」、映画音楽「ひまわり」に始まり、伶さん、葵さんの作曲したオリジナル曲と新旧織り交ぜたクロマチックハーモニカの魅力を堪能してきました。誘って一緒に行った友人たちはクロマチック演奏を聴くのは初 [続きを読む]
  • 過去の記事 …