Junko さん プロフィール

  •  
Junkoさん: 大地くんとの最後の30日間〜初めての老犬介護
ハンドル名Junko さん
ブログタイトル大地くんとの最後の30日間〜初めての老犬介護
ブログURLhttps://ameblo.jp/yamato-0424/
サイト紹介文狆の大地くんが17歳で虹の橋を渡るまでの介護記録です。すでに30日分の日記が公開済。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 4日(平均17.5回/週) - 参加 2018/10/08 19:04

Junko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 最後の1日目
  • 2018-03-08 日記  午前0時過ぎ。 Dai(大地)が、わたしのソファマットに上がってきた。 上がってはいけないと知っているのに。  でも、そこで寝させてやった。 「今月で17歳だから、もう甘やかそう」と感じたので。  仕事をしているわたしの足元で、Daiは丸くなった。 [続きを読む]
  • 最後の3日目
  • 2018-03-10 日記  昨日 外出から帰った後、横になった。 半睡状態のとき、なぜか、涙があふれ出た。 夢をみたのではない。悲しいわけでもないから、ふしぎだった。  就寝前に和室のほうを見ると、Dai(大地)がふらふらしていた。 足が立たないようだ。 勢いよく起き上がろうとしては、もんどりうって倒れてしまう。  でも、苛立ってはいない。 驚いているようにも見えない。 焦っているようにも見えない。  淡々 [続きを読む]
  • 最後の4日目
  • 2018-03-11 日記  昨夜。 就床すると涙が溢れ、「わたしは、いま幸せなのだ」と何度も心で呟いた。 タオルで涙を拭いながら泣き続けた。 「幸せだから、変わることが哀しいのだ」と呟いた。 赤ん坊は大きくなる。 子どもはおとなになる。 子犬は成犬になる。 「小さな愛しいものたちを、わたしに授けてくださって、ありがとうございます」と呟いた。 全てのものが揃って、いま暮らしている。  本日。 ひさびさに家族4人 [続きを読む]
  • 最後の5日目
  • 2018-03-12 日記  昨夜。 Dai(大地)は、抱っこすると、見つめてくれるのが嬉しい。「可愛い狆だるま」と名づけて、そう呼んでいる。  前の晩に抱っこすると咳が出そうになったので、身体に負担がかかるのか、と考え、見つめてもらえない抱き方に変えてみた。それで大丈夫。   本日。 Daiは、Hi(夫)の仕事場から帰ってくるとすぐ晩ごはんを食べた。 朝は食べなかったそうだ。 昼間は、ぼぅっとしているとのこ [続きを読む]
  • 最後の6日目
  • 2018-03-13 日記  昨夜。 Yu(息子)は、「Dai(大地)が鳴き続けてはって眠れませんでした」と軽い調子で話したが、新しい仕事を始めたばかりなのに睡眠不足はよくない。  わたしが起きている間は、Daiを別の部屋に居させようと考えた。  わたしのソファマットで寝たがるなら寝させてもよい。 もう、躾の必要な子犬ではないのだから。  Daiはわたしのすぐ横で丸くなっていたが、鳴くので両脚の間に載せた。 D [続きを読む]
  • 最後の7日目
  • 2018-03-14 日記  昨夜。 Dai(大地)は、Hi(夫)がソファマットにおろすと、そのまま丸くなった。 わたしが横に座っても動かないから、仕事を始めた。  Daiが頭を上げ、小さな声で鳴いた。 両腕を伸ばして抱き寄せ、あやすように軽くたたいた。 しばらく、そうしていた。  左手でDaiを抱っこして右手で作業。 Yu(息子)が赤ん坊だったときと同じだとおもった。 Daiはわたしの腕の中でおとなしくして [続きを読む]
  • 最後の8日目
  • 2018-03-15 日記  昨夜。 Dai(大地)を両脚に載せたまま、ソファマットで過ごした。 Daiが鳴くと、抱き方を変えたりシートクッションを傍らにおろしたりした。床にそのままおろしたりも。  しばらくはおとなしくても同じ姿勢で居ると「寝返り」をしたくなるのだろう。 しばらくはおとなしいのが救い。  水は、正座した両膝の間にDaiの後脚を入れて支えてやると、自分で飲む。  Hi(夫)が後脚用のハーネスを仕 [続きを読む]
  • 最後の9日目
  • 2018-03-16 日記 つい先日まで、キャリーの蓋を開けると、Dai(大地)は待ちきれなくて出てきた。 お腹が空いているときには。  だから、帰ってくるまでに出迎え準備は整えておいた。 そうすると、「かき出す」まで待っていた。  きょうは、「Dai、生きてますか〜」と冗談を言いつつ開けると、静かに座っていた。 「チーズをやろう」とHi(夫)。 仕事場で薬入りチーズを食べなかったという。「昼間は食べた」との [続きを読む]
  • 最後の10日目
  • 2018-03-17 日記  昨日。 10年に1回くらいの頻度で、Hi(夫)に対して烈火のごとく怒る。 それが昨晩だった。  Dai(大地)を抱き上げながら、「Daiは、こういう日にはしねません、とおもったね」と呟いて笑った。  Daiを抱っこして写真をたくさん撮ってもらった。 わたしは写真が苦手なので子どもとの写真さえもない。子どもたちも写真が苦手だから。 生きているDaiと写真を撮れたことが嬉しかった。  眠 [続きを読む]
  • 過去の記事 …