いたち さん プロフィール

  •  
いたちさん: 雨に唄えば
ハンドル名いたち さん
ブログタイトル雨に唄えば
ブログURLhttps://ameblo.jp/man-bcancer/
サイト紹介文神は僕にどこまで試練を与えるのか。
自由文2014年に男なのに乳がんを宣告され、三大療法の甲斐も空しく2017年1月に遠隔転移し、ステージ?へと昇格する。
現在、女性特有の病気に困惑しながらも、終わりのない治療を続けている。
これからの人生は、先送りにしないことを決意して、悔いのない生き方を模索する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 8日(平均9.6回/週) - 参加 2018/10/09 23:14

いたち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 505 2018.10.16診察日「メタメタ」
  • 今日の診察では、先日の頸部造影MRIとPET-CTの結果が分かるはずだ。前の記事にも書いたとおり、首のしこりに端を発した今回の騒動は、首のしこりの消失と共にしっかりと幕が下ろされるはずだ。教授先生の「異常なし!今の治療を続行だな」と、今回も自分の出番がなかったことに不満の色を見せながら宣言する顔が、今から目に浮かぶようだ。その前に、耳鼻科でまだ若い医師の診察がある。抗がん剤ハゲの僕が言っちゃいけないが、若 [続きを読む]
  • 504 2度目のPET-CT
  • 左頸部のしこりに端を発した騒動で、○ 体幹部(胸・腹)造影CT検査(2018.8.29)○ 頸部造影MRI検査(2018.9.26)に続き、今日はPET-CT検査を受けてきた。PET-CTは大学病院に転院した時に受けた全身スキャンの時(2016.11.7)以来で、今回で人生2度目の検査になる。前回撮った画像はこれで、気道が二つに分岐しているところの周りの縦郭リンパ節が、5つほど光っていた。この結果を受けて生検したところ、乳がんの遠隔転移が判明 [続きを読む]
  • 500 頸部造影MRI
  • 前回の診察でスルーできない首のしこりが見つかり、教授先生に頸部MRIとPET-CTのオーダーを入れられてしまった僕だが、現在の首のしこりの状態はというと・・・。ちっさくなりました!あれだけ腫れて炎症性の痛みがあったのに、すっかりそれが引いてしまった。まだしこりのようなものには触れるけど、指の腹で何度かさすらないと見つけられないほどまでに小さくなってしまった。いったいこれはなんだったんだろうか。耳鼻科医は、 [続きを読む]
  • 498 2018.9.18 診察日「造影CTの結果」
  • 2016.1.17に遠隔転移が判明し、ステージⅣに昇格した時に教授先生は僕にこう言った。「これからは年単位で弱っていくだろう。やりたいことがあるのなら早めに済ませておくように・・・」と。これと同じ言葉を今日聞くことになるなんて思いもよらなかった。------------------------僕は毎月1回、大学病院の腫瘍血液内科の予約時間の前に、SASの治療で耳鼻咽喉科に通っている。この病院は僕の初発の乳がんを手術した病院で、大学病 [続きを読む]
  • 497 (続)首のしこり
  • 左頸部に今まで触れたことのないしこりをみつけ、「大騒ぎするほどのものでもないよ」と主治医である教授先生に言われたけど、それでも頸部が入るように造影CT検査をオーダーしてくれた・・・というのが前回までの記事だった。検査結果はまだお聞きしていないけど、その後のしこりの状態を記録しておく。首のしこりが気になってしょっちゅうしこりを触る癖がついていたのだが、昨日、少し押すと痛みがあることに気が付いた。でも、 [続きを読む]
  • 496 体調やや曇り
  • 「小説家に必要なのは、書かずにいられないという「内的なドライブ(衝動)」と、孤独な執筆を長時間持続できる強靭な忍耐力があるか。これが小説家の資格のようなものだ」(村上春樹)記事を更新しない期間がかなり開いてしまった。言い訳ならたくさんある。○ ブログの引っ越し作業に手を取られていたこと。○ 仕事が非常に忙しかったこと。○ それなのに3泊4日で北海道へ行っちゃったこと。○ 体調が悪いこと。・・・など [続きを読む]
  • 495 造影CT検査
  • 前回の診察で、左頸部にこれまで触れたことのなかったしこりを見つけたことを話すと、我が教授先生はその場で触診をして、「大騒ぎするほどのものでもないと思うけど、一度CTを撮ってみるか。半年ぶりだしね。」と、オーダーを入れてくれた。僕は再発乳がん患者だが、教授先生はあまり検査を入れない先生だと、以前看護師さんか技師さんにうかがったことがあった。確かにこの大学病院に転院して全身スキャンをした後の一年間は、血 [続きを読む]
  • 494 女性化乳房
  • タイトルはもちろん男性向けの言葉だ。男性乳がんは全乳がん患者の1%弱と言われていて、なんで僕がこの病気になったのか、これまでにも何度か自問を繰り返してきた。がん情報サイトの他、男性乳がんを解説しているページではそのリスク因子として、○ 遺伝○ 放射線にさらされる○ エストロゲン量の増大→女性化乳房なんてことが共通して書かれている。某巨大掲示板では、なんと「ホモ」がリスク因子として書かれていた。こん [続きを読む]
  • 493 2018.8.21診察日「骨シンチ結果発表」
  • 一時期に比べればずいぶんマシになったとは思うが、まだまだお天道様は朝からじりじりと身を焦がすような熱線を送ってくる。夜遅くになると随分涼しくなったなって思うこともあるが、このお昼間の暑さを考えると、こおろぎの声色を聞くのはもう少し先になりそうだ。今日は月一回の定期診察日で、先日の骨シンチの結果を聞けることになっている。病院の駐車場への入庫待ちの車列はすでに長い列を作っていたが、採血は意外と空いてい [続きを読む]
  • 490 2018.8.3「2年ぶりの骨シンチ」
  • 前回の診察で尾骨が痛むことを申し出ると、「骨メタがある君には骨シンチを受ける資格は十分あるよ」という教授先生の一声で、本日、骨シンチを受けることになった。先ほど地下の管理された核医学検査エリアで注射を打ち、今は薬剤が体内へ浸透するまでの3時間を、院内のドトールで過ごしながらこの記事を打っている。前回の骨シンチ検査がどうだったのか・・・どうも記憶がPET-CTとごっちゃになっているようでよく思い出せない。 [続きを読む]
  • 487 2018.7.23 診察日「新たな骨メタ?」
  • 僕が時々見る予知夢のことについては、過去に何度か記事にしてきた。僕の予知夢はよく当たるので、僕は50歳台の早いうちに死ぬんだと半分覚悟をしているほどだ。そんな中、最近また気になる夢を見た。目が覚める寸前の夢でもやっとしていて詳しくは覚えていないのだが、我が主治医である教授先生が「再再発」という言葉を発したことだけは明確に覚えている。「再再発」・・・僕にとってはいったいどういう意味があるのだろう。初発 [続きを読む]
  • 過去の記事 …