眼力Blog さん プロフィール

  •  
眼力Blogさん: 眼力Blog
ハンドル名眼力Blog さん
ブログタイトル眼力Blog
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gannriki
サイト紹介文日々刻々の時事を頼りない眼力で読み解いてみよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 6日(平均18.7回/週) - 参加 2018/10/10 16:06

眼力Blog さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中国市場の火が消える
  •  上海総合指数は、とうとう年初来高値から991ポイント下げて30%近く下落した。ニューヨーク市場は同時株安の発火点だったが意外と平静に戻った。 一方、中国上海市場は2,600を軽るく割り込んできた。日本市場も負けん気出して張り合っている、困ったもんだ。米国との貿易戦争で、中国市場は虫の息になってしまったようだ。 中国は取引中10%下げると取引が中止されるのだ。11日はなんと7%の下落だった。どれほどの額が失われ [続きを読む]
  • 安倍首相消費税10%へ引き上げ決断
  •  今日の午前の日本市場は冴えない、下げ相場のようです。為替がドル安、円高になって日本株売られているようですね。もうひとつ、株式市場を冷やす材料が、安倍さんから出ました。>消費税10%へ引き上げ あす表明 来年10月実施 緩和策もFNN PRIME 2018年10月14日 日曜 午後0:03これは画像です、動画で見るには見出しがサイトへリンクされていますので して視て下さい安倍首相は15日、消費税率を2019年10月から、予定通 [続きを読む]
  • 反日・嫌中の元凶は奸“江沢民”
  • >自民・石破茂元幹事長、「反中」「反日」利益にならず2018.10.14 14:57 産経ニュース 自民党の石破茂元幹事長は14日、都内で開かれた日本と中国の政財界が集まるシンポジウムに参加し、今後の日中関係のあり方に関し「お互いの悪口を内政に利用するのではなく、環境問題や医療などの課題に共通認識を持って取り組める関係を構築することが大事だ」と述べた。 日中関係の現状については「中国において『反日』が政治的に利用 [続きを読む]
  • ジェノサイド 国際社会は中国を制裁せよ
  • >中国 再教育施設を設置できる条例制定 ウイグル族拘束正当化かNHK NEWS WEB  2018年10月11日 中国西部の新疆ウイグル自治区で、過激思想の影響を受けた人物を再教育するとした施設の設置を可能にする条例が制定されました。国際的な人権団体からは、少数民族のウイグル族を大勢拘束している施設を正当化しようとする動きではないかと警戒する声が上がっています。・・・以下省略(全文はリンクされた見出しを してお読み [続きを読む]
  • 青瓦台の暴走にホワイトハウスが苦言
  •  9月に文在寅韓大統領が空路で平壌へ赴き、金正恩と南北首脳会談に臨んだ。文在寅と金正恩は二人仲良く手を取り合って、金王朝の聖地白頭山を詣でた。朝鮮民族の悲願である統合へ意気投合したようだ。文在寅の表情からは北朝鮮の聖地白頭山を詣でることが出来て感極まった面持ちである。 しかし、韓国にとって北朝鮮の金王朝とは骨肉の戦争を仕掛けられた憎むべき相手である。その敵であった首領様の聖地白頭山に詣でる文在寅、 [続きを読む]
  • 株急落よりも怖い新興国債務と中国のドル建て債務
  •  一昨日の世界同時株安はニューヨーク市場が震源地でした。米国株はトランプの景気刺激策もあって、ダウ平均は市場最高値を更新していました。 景気が過熱気味でFRBは金利を引き上げました。これはFRBとしてはもっともなことですが、市場は金利上昇に反応して一気に800ドルも急落してしまいした。 これにトランプ大統領の不満が爆発、金利引き上げたFRBは狂っていると毒つきました。FRBからしてみればトランプ氏に毒つかられる [続きを読む]
  • 米財務省スタッフ、中国は為替操作せずと報告
  •    さあ、どうするトランプ大統領 アジア市場は午前中は売り優勢でした、午後から反謄して日経平均もわずかですがプラスで終わりそうです。これで世界市場もひとまず落ち着くのではないでしょうか。今日は中国への為替操作国指定をメインに、朝御飯前の一時書いていたのですが、市場が荒れたので、中途半端で終わってしまったので、改めて第二段を書きました。>米財務省スタッフ、中国は為替操作せずと長官に報告Bloomberg 20 [続きを読む]
  • NYダウ続落 2日で−1,389.78
  • 今朝のニューヨーク市場続落 ダウ平均−2.13% −545.91 終値 25,052.83本日の日本市場やアジア市場もダウの下落は影響を及ぼします。世界の市場も大荒れな取引が予想されます。こんな状況が来週にも持ち越されると、これはリーマンショック以上の世界恐慌の引き金にもなりかねません。>米国株が大幅続落、値動き荒く>株式相場は20%急落が必要か、「Fedプット」期待なら今日は中国の為替操作認定をテーマにしていた [続きを読む]
  • トランプ 韓国に特大のくぎ
  • >取引再開に米国の許可必要 トランプ氏、韓国にくぎ産経ニュース 2018.10.11 13:36 トランプ米大統領は10日、韓国の康京和外相が北朝鮮との経済取引再開を検討していると表明したことに対し「(再開は)米国の許可なしにできない」と述べ、南北融和を進めたい韓国側にくぎを刺した。ホワイトハウスで記者団に語った。 韓国は、2010年3月の海軍哨戒艦沈没への報復として同年5月に北朝鮮に発動した南北間の経済取引を禁 [続きを読む]
  • 今日は世界同時株安
  •  日経平均もー3%(700円安)から始まる。>ダウ平均800ドル超下落、ハイテク株売りに拍車ウォールストリートジャーナル日本語版2018年10月11日 米国債利回りが大幅な上昇を続ける中、10日の米株式相場は大幅に下落した。ダウ工業株30種平均は800ドル余り急落し、S&P500種株価指数も約2年ぶりの連続安を記録した。 ダウ平均とS&P500種は一日の下げ幅がともに4月以来の大きさになる勢いとなっている。S&P500種は5日連続安 [続きを読む]
  • 韓国健常者がパラリンピック柔道で金メダル?
  •  何も知らない人「おめでとうございます。」事情のわかる人、スポーツには不正がつきものですwwスポーツにはルールというものが在るわけですが、それを守っていては勝つことはおろか出場もままならない、そこで不正というものが行われるわけです(わらいなんちゅうあほらしいこと書いてるんじゃと思われるかもしれませんが、実際スポーツは不正が頻繁に行われているわけですから仕方ありません。また韓国人の不正ですかそうなん [続きを読む]
  • 間の抜けたオーストラリア あんた大丈夫?
  • >日豪2プラス2、北朝鮮対応で連携 豪外相、安倍首相が11月に訪問と表明産経ニュース 日本、オーストラリア両政府は10日(日本時間同)、シドニーで外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開いた。北朝鮮の非核化実現に向けた制裁維持や、海洋進出を強める中国をにらんだ海洋安全保障分野での連携を確認。共同訓練を含む防衛当局間の協力も議論する。 日本側は河野太郎外相と岩屋毅防衛相、オーストラリア側はペイン外相とパ [続きを読む]
  • ペンス米副大統領本気モード 中国共産党に「宣戦布告」
  • 実直なペンス米副大統領がここまで言うとは驚いた。>ペンス米副大統領が演説 中国共産党に「宣戦布告」大紀元 2018年10月06日 15時40分「北京(中国当局)は政府全体で政治・経済・軍事的手段およびプロパガンダを駆使して、米国内で自国の影響力を拡大し、利益を得ようとしている」ペンス米副大統領は4日、シンクタンクのハドソン研究所で行った講演で中国当局を非難した。50分におよぶ講演で、副大統領は米中関係の変遷に言及 [続きを読む]
  • 中国を日米欧の自由貿易圏から追放
  • >中国との貿易協定阻止、日欧にも条項盛り込む可能性=米商務長官[ワシントン 5日 ロイター] - ロス米商務長官は5日、新たな米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に盛り込まれた中国との貿易協定締結を阻止する「毒薬条項(ポイズンピル)」について、米国が今後締結を見込む日本や欧州連合(EU)などとの貿易協定にも取り入れる可能性があるとの認識を示した。ロス長官はロイターとのインタビューで、毒薬条項 [続きを読む]
  • 日本「旭日旗」掲揚“自粛”を拒否
  • 本日、状況が変わりましたので追記します。>韓国への自衛艦派遣を中止へ 旭日旗掲揚自粛「受け入れられず」 政府は5日、韓国が主催する国際観艦式への海上自衛隊の派遣を中止する方針を固めた。韓国側は自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めているが、日本側は拒否。政府は双方の要求が折り合わないと判断し、派遣を見合わせる。・・・だ、そうですww今後の韓国との関係は、非韓三原則を厳守すべきだ。1)助けない2)教えな [続きを読む]
  • 韓国「国際観艦式」の旭日旗を拒否
  •  ブログを休止して間が空きすぎてしまいましたが、体調もよくなってきたし暇もいっぱいあるしで、久方ぶりにエントリーしてみたw 10月11日韓国南部の済州島で10年ごとに開く「国際観艦式」に、海自の艦船も招待されています。海自のシンボルマークは誰でも知っている、また韓国でも知られすぎている有名な旭日旗です。旭日旗 朝日の曙光を意匠化したすばらしい海自の軍艦旗です。ともかく旭日旗のデザインは世界でも好まれ、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …