むぎ さん プロフィール

  •  
むぎさん: 乳がん患者のWELL-BEING
ハンドル名むぎ さん
ブログタイトル乳がん患者のWELL-BEING
ブログURLhttp://mugibrest.livedoor.blog/
サイト紹介文乳がんになってしまったからこそ、明るく幸せな人生を!〜麦は踏まれて強く育つ〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 10日(平均11.2回/週) - 参加 2018/10/10 18:34

むぎ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 乳がん関連イベントに初参加 #2 〜 不安解決
  • こんにちはむぎです。ご訪問ありがとうございます。今日は午前中、うちの近くのスポーツセンターに行って太極拳に行ってきました。区が運営しているので、民間のスポーツジムよりずっと安く利用できます。プールやトレーニング室もあり、ヨガやピラティスなどレッスンもやってくれてるから、すごくありがたいです。金曜日の午前に1コマだけ太極拳をやっていて、仕事をしてた時は参加できなかったけど、前々からやってみたかったの [続きを読む]
  • 術後の通院
  • 昨日、術後4回目の通院日でした。通院の1回目は、術後1週間め。乳腺科で中堅の男性の先生でした。傷の様子を見てもらい、傷を覆っていたテープをはがしてもらいました。傷の状態も良いとのことでした。でも、このあと、次の受診日まで、傷がすれる痛みが結構あり、術後に貼っていた「オプサイト」を買って貼ってみたり、ドラッグストアでガーゼとテープを買って貼ってみたりと試行錯誤でしたが、どれもあまり効果がなく、仕事中に [続きを読む]
  • 乳がん関連イベントに初参加 #1
  • 昨日、10月14日、「第17回 With You Tokyo」のイベントに参加してきました。先月受診した時に、乳腺科にポスターが貼ってあり、それが「With You Tokyo」のポスターでした。今回が第17回なので、過去に参加された方や昨日参加された方もいらっしゃいますか?今年は、「よく食べ!よく眠る!」というテーマで、関心のある内容だし、思い切って申し込んでみました。前半にワークショップもあり、こちらは乳がんの患者さんと触れ合 [続きを読む]
  • 手術後 平和な入院、早い回復
  • 手術後、目が覚めた時は病室のベッドでした。まだ、手術着を着て寝てましたが、胸をのぞくと病院で買ったブラジャーをつけてもらってました。それをちょっと引っ張って、右胸がどうなってるのかをみるともともと貧乳ではありましたが、さらにぺたんこ・・・でも、脂肪を残して切除すると言われていたので、骨の上を1〜2cm、脂肪が覆ってる感じで思ったより厚み?がありました。傷にはテープが張ってあったので、傷の様子などはま [続きを読む]
  • ついに手術(@_@)
  • 2018年7月25日(水)。普段と同じ6時くらいに起きたと思います。看護師さんが検温に来てくれ、この日の流れを説明してくれました。センチネルリンパ節生検をするため、9時に注射。10時に撮影、点滴開始。14時ごろ手術着に着替え、歯磨きをして、手術室から連絡が来たら看護師さんの付き添いで、手術室へ歩いて向かい、15時手術予定。手術開始時間は、乳腺外科の3人目の予定だったので、前の手術次第で前後することになりますが、そ [続きを読む]
  • 手術の前
  • 2年前の7月に母が亡くなりました。実家は九州で、私は、大学進学時に上京し、就職、結婚も東京だったので、以来、ずっと東京に住んでいます。今年は、母の3回忌にあたり、日程も春には決まっていたので、早くから飛行機のチケットも買い、準備していました。高齢の父が健在でいてくれるので、海の日の時の3連休に年休をつけて、検査の合間をぬって、帰省してきました。長兄夫婦は、〇〇〇感染騒ぎの時から知っていますが、高齢の父 [続きを読む]
  • 検査、検査、検査!再建・・・(-"-)
  • 手術日が決まったのと同時に、MRIやCTの予約も空いている時間に前倒しになりました。それに加えて、心電図、胸のレントゲン、呼吸機能の予約、執刀医の術前の診察、麻酔科の術前の説明を受ける予約と手術前の検査がたくさんあることは聞いたことがありましたが、こんなにあるとは知りませんでした。(手術は今回が初めての経験でしたので)MRIもCTも初めてです。MRIは音がうるさいからとヘッドホンをしてくれました。うつ伏せで二 [続きを読む]
  • びっくり退職
  • 今年9月から専業主婦になった私。テレビを見る時間がすごく増えました。お笑いが大好きで、特に博多華丸大吉さんがすごく好きなこともあり、毎朝、「あさいち」を見るのがすっかり日課になってしまってます。今朝は「がんになった時のお金の話」についてでした。ゲストも乳がん患者の生稲晃子さん。手術前や手術、手術後にかかるさまざまな費用を紹介していました。確かに、検査の段階から医療費以外にも下着やら自分が入院してい [続きを読む]
  • 20年来のママ友と会う
  • 10月8日(土)の夜、長女の小学校の時のママ友4人で集まりました。子どもが小さかった時は保護者会のたびにお茶したり、子どもと一緒に遊びに出かけたり、ランチ会・飲み会と結構会う機会も多かったのですが、子どもも大きくなり、学校行事で会うこともなくなり、みんな仕事を持ったりするうちにだんだん会う頻度が少なくなり、今回、半年ぶりの再会でした。前回会ったのは、まだ、乳癌に気づいていない時です。もともと、お酒大 [続きを読む]
  • 血液検査の結果
  • すごーく、長く感じた1週間。この日も、始業前に呼んでもらえました。いつもの先生が「陰性でしたよ」と伝えてくれました。安堵した私は、思わず涙が出てしまいました。で、すぐに、また手術の方向で話が進みはじめました。もともと、その先生は再建を進めることはなかったし、私も感染騒ぎで、もう再建はどうでもよくなり、むしろ、再建後のケアの方の心配もあったり、何より胸の痛みや分泌液がでるようになった方が気になってい [続きを読む]
  • 3回目の受診後・・・
  • 長くなるので、分けることにしました。このあとのことが、再建することをやめ、仕事を辞めることにした大きな理由です。形成外科の先生との予約も取り、同僚に経過を報告し、きわめて平常心で仕事をしていました。昼食だって、普通に食べられたし。そしたら、3時過ぎ・・・いつも診てくれている乳腺科の先生が私のいる職場に直接来てくださり、「ちょっといいですか?」とおっしゃるので、人通りのない通路の隅っこに行き、「血液 [続きを読む]
  • 3回目の受診
  • 針生検を受けてからの2週間。人間ドックを受ける前から右胸は時々痛かったのだけど、針生検をした翌日くらいから、局所的に内側からじわーっとくる痛みを感じ始めました。乳癌かもしれないという不安から来る精神的なものかもしれませんが、私が乳癌があるとマンモで指摘されたのが右胸のC領域。前々から痛かったのはCかDの領域。生検を取ったのはD領域。生検後、手術の日まで、痛みを感じていたのはA領域。この領域の違いは今で [続きを読む]
  • 2回目の受診と針生検
  • 最初の受診後、1週間のネット検索。特にお世話になったのは、  日本乳癌学会 患者さんのための診療ガイドこのサイトは、乳癌について一から教えてくれて「患者さんのための」と謳っているだけあって、初心者にはわかりやすかったです。乳癌が確定されてから同じ内容の本も購入しました。あとは、やっぱり、癌と言えば、国立がん研究センターかな、と  国立がん研究センター がん情報 乳がんこの二つが二大お世話になったサ [続きを読む]
  • 最初の受診と検査(触診、超音波)
  • 病理診断で仕事をしていると病理診断科内の仕事はもちろんだけど、いろんな臨床科から問い合わせや、依頼にも対応します。特に乳腺科は、泌尿器科と並んで、セカンドオピニオンや、転院で他院へ行く患者さんや、他院から来る患者さんが多いのでプレパラートの貸し借りが日常茶飯事でした。なので、乳腺科の先生や看護師さん達とは、4年しかいなくてもほとんどのスタッフとは仕事上で関わっていたと思います。先生、誰かなぁと思い [続きを読む]
  • 乳腺外科の紹介状が入ってた(@_@)
  • リアルタイムのことでなく、申し訳ないです。自分の闘病記録にもなるので、4ヶ月前の2018年6月のことから、少し書かせてもらいますね。私は、2人の子供が大学受験が終わって手が離れたのを機に4年前から病院の病理診断科でフルタイムで働いてました。(8月で退職しましたが・・)人間ドックが年に1回受けることが義務になっているので、今年は5月に受けました。なんせ、勤務先が病院ですから、勤務先の病院の健診センターで。で [続きを読む]
  • ご挨拶
  • はじめまして、むぎです。ご訪問ありがとうございます。 「麦」は踏まれて強く育つと言います。私は、今年2018年7月、57歳で浸潤性乳管癌のため、右胸全摘手術を受けました。 乳がんがわかった時、すごく不安になったし、落ち込みもしました。でも、逆転の発想?、「麦が踏まれて強く育つ」ように乳がんがわかったからこそ、今後の人生をより明るく、より楽しく幸せに過ごそう!と決意しました(そうありたい)。 私の乳がんは右胸 [続きを読む]
  • 過去の記事 …